コイワズライ 歌詞 コピー。 【Aimer/コイワズライ】歌詞の意味を徹底解釈!「恋煩い」に苦しむ主人公に共感する!?

高橋 優「秋にオススメの曲」|DI:GA ONLINE|ライブ・コンサートチケット先行 DISK GARAGE(ディスクガレージ)

コイワズライ 歌詞 コピー

Aimer エメ の 新曲「コイワズライ」について。 今回は「コイワズライ」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「コイワズライ」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 MV YouTube動画 は 歌詞の下に設置しています。 ぜひ歌詞をご覧になって歌ってみて下さいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 Aimer「コイワズライ」歌詞 コイワズライ 作詞 aimerrhythm 作曲 飛内将大 泣き虫を笑って 強がりは気づいて わがままを許して 気まぐれにつきあって そばにいたくって 寒いのは苦手 かじかんだ手と手 つないでみせて ねえ 苦しさをわかって ずっと続く愛しさをわかって そんな心はいつだって そっと溜息こぼす だから伝えたいことって いつも伝えられなくって 不器用に笑って誤魔化すんだよ ありふれた会話や仕草を 少しも忘れたくはないよ ゆらり きらり 白雪の様に 溶けてしまわないように 嘘つきは嫌いで 曖昧を選んで 会いたいを隠して 笑顔を祈ってる ねえ 伝えたいことって いつも伝えたくなくって すれ違ってばかりで 見逃すんだよ 色づいた街灯の明りが 少しも優しくなんかないから 空に きらり 瞬くように 涙は踊っていた 悲しくなっても 寂しくなっても 泣きたくなってもいいんだよ 悲しい時こそ 寂しい時こそ 大事なことがあるんだよ 悲しくなっても 泣きたくなっても 恋しくなってもいいんだよ 明日になっても 大人になっても いつまでたっても 色づいた街灯の明りが 少しも優しくなんかないけど 空にきらり 瞬いている 星降る夜に願いを ありふれた会話や仕草を 少しも忘れたくはないよ ゆらり ふわり 白雪の様に 恋が消えたとしても 寂しくなっても 切なくなっても 恋しくなってもいいんだよ 寂しい恋こそ 切ない恋こそ 大事なものになるんだよ 悲しくなっても 寂しくなっても 泣きたくなってもいいんだよ 悲しい時こそ 寂しい時こそ 大事なことがあるんだよ Aimer「コイワズライ」歌詞の意味を解説 泣き虫な私のことは 可愛いなぁと笑って見守って欲しい 強がりを言っていることは 本気ではないんだなとすぐに気づいて欲しい 気を引こうとしているだけの わがままは許して欲しい 気まぐれは 振り回したいわけじゃないと 分かっていて付き合って ずっとそばに居たいだけだけれど それだけでは不満 心も体も寒いのは苦手だから かじかんだ手をつないで暖めて欲しい ねぇ 好きすぎて苦しくなる気持ちを 理解して ずっと好きな気持ちがつづいていることを 理解して 主張してばかりじゃなくて どうしても分かって貰えないと思うところは 気持ちがすれ違うたびに 大きく息を吸って気持ちを鎮めて 耐えているの 伝えたいことは いつも上手に伝えられなくて 負担をかけないように 不器用に笑って ごまかしているの 日常のありふれた会話や あなたの仕草ひとつひとつを 少しも忘れたくない 覚えていたいよ ゆらりひらり降る 白い雪のように 溶けてなくなってしまわないように 大切に大事にしたい 時には寂しくなっても 切なくなっても 恋しくなっても 私は全然大丈夫だよ 寂しいと思う気持ちや 切ないと思う気持ち こういう感情を持てることこそが 本物の大切な恋なのだから 最後に Aimerの奇跡の声と、恋愛中の 女の子の複雑な気持ちに寄り添う歌詞が、 心にストンと落ちるラブソングだと思います。 本当はただお互いに 好きでいられたらいいだけなのに、 色んな駆け引きをしてしまい、 勝手に不安になる。 女心は複雑ですよね。 でもこの曲の彼女が恋する相手は、 全てを分かって 受け止めてくれる人のような気がします。 彼女のことが愛おしくて 大切にしてくれているような。 そういう人で あってほしいという願望もありますが。 この曲を聴くために初めて 「白雪とオオカミくんには騙されない」の PVを観ました。 女子高生の 3人に1人が観ているという人気番組の続編。 イマドキの女子高生の恋愛事情。 それとAimerの歌声が番組の内容とリンクして 切なくてもどかしくて… 女子高生たちの表情がリアルで、 短いPVですが、引き込まれました。 今まで観たことがない番組でしたが、 少し覗いてみたいと思いました。 (実際、以前の番組も観てしまいました) 最近、こんな感じの番組が 多いような気がしますが、 この女子高生たちの同じような世代以外でも、 こういった番組を観てときめきたい! キュンキュンしたい! と思う人が多いのでしょうね。 これがリアルなのか 偶像なのかはわかりませんが、 この世界に引き込まれたい私も その中の1人になりそうです。 Aimerというアーティストは、 今後もっとたくさんの恋愛番組の 主題歌になるだろうなぁと思います。 関連記事.

次の

Aimer(エメ)「コイワズライ」歌詞の意味を解釈!AbemaTV「白雪とオオカミくんには騙されない」主題歌

コイワズライ 歌詞 コピー

Aimer エメ の 新曲「コイワズライ」について。 今回は「コイワズライ」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「コイワズライ」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 MV YouTube動画 は 歌詞の下に設置しています。 ぜひ歌詞をご覧になって歌ってみて下さいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 Aimer「コイワズライ」歌詞 コイワズライ 作詞 aimerrhythm 作曲 飛内将大 泣き虫を笑って 強がりは気づいて わがままを許して 気まぐれにつきあって そばにいたくって 寒いのは苦手 かじかんだ手と手 つないでみせて ねえ 苦しさをわかって ずっと続く愛しさをわかって そんな心はいつだって そっと溜息こぼす だから伝えたいことって いつも伝えられなくって 不器用に笑って誤魔化すんだよ ありふれた会話や仕草を 少しも忘れたくはないよ ゆらり きらり 白雪の様に 溶けてしまわないように 嘘つきは嫌いで 曖昧を選んで 会いたいを隠して 笑顔を祈ってる ねえ 伝えたいことって いつも伝えたくなくって すれ違ってばかりで 見逃すんだよ 色づいた街灯の明りが 少しも優しくなんかないから 空に きらり 瞬くように 涙は踊っていた 悲しくなっても 寂しくなっても 泣きたくなってもいいんだよ 悲しい時こそ 寂しい時こそ 大事なことがあるんだよ 悲しくなっても 泣きたくなっても 恋しくなってもいいんだよ 明日になっても 大人になっても いつまでたっても 色づいた街灯の明りが 少しも優しくなんかないけど 空にきらり 瞬いている 星降る夜に願いを ありふれた会話や仕草を 少しも忘れたくはないよ ゆらり ふわり 白雪の様に 恋が消えたとしても 寂しくなっても 切なくなっても 恋しくなってもいいんだよ 寂しい恋こそ 切ない恋こそ 大事なものになるんだよ 悲しくなっても 寂しくなっても 泣きたくなってもいいんだよ 悲しい時こそ 寂しい時こそ 大事なことがあるんだよ Aimer「コイワズライ」歌詞の意味を解説 泣き虫な私のことは 可愛いなぁと笑って見守って欲しい 強がりを言っていることは 本気ではないんだなとすぐに気づいて欲しい 気を引こうとしているだけの わがままは許して欲しい 気まぐれは 振り回したいわけじゃないと 分かっていて付き合って ずっとそばに居たいだけだけれど それだけでは不満 心も体も寒いのは苦手だから かじかんだ手をつないで暖めて欲しい ねぇ 好きすぎて苦しくなる気持ちを 理解して ずっと好きな気持ちがつづいていることを 理解して 主張してばかりじゃなくて どうしても分かって貰えないと思うところは 気持ちがすれ違うたびに 大きく息を吸って気持ちを鎮めて 耐えているの 伝えたいことは いつも上手に伝えられなくて 負担をかけないように 不器用に笑って ごまかしているの 日常のありふれた会話や あなたの仕草ひとつひとつを 少しも忘れたくない 覚えていたいよ ゆらりひらり降る 白い雪のように 溶けてなくなってしまわないように 大切に大事にしたい 時には寂しくなっても 切なくなっても 恋しくなっても 私は全然大丈夫だよ 寂しいと思う気持ちや 切ないと思う気持ち こういう感情を持てることこそが 本物の大切な恋なのだから 最後に Aimerの奇跡の声と、恋愛中の 女の子の複雑な気持ちに寄り添う歌詞が、 心にストンと落ちるラブソングだと思います。 本当はただお互いに 好きでいられたらいいだけなのに、 色んな駆け引きをしてしまい、 勝手に不安になる。 女心は複雑ですよね。 でもこの曲の彼女が恋する相手は、 全てを分かって 受け止めてくれる人のような気がします。 彼女のことが愛おしくて 大切にしてくれているような。 そういう人で あってほしいという願望もありますが。 この曲を聴くために初めて 「白雪とオオカミくんには騙されない」の PVを観ました。 女子高生の 3人に1人が観ているという人気番組の続編。 イマドキの女子高生の恋愛事情。 それとAimerの歌声が番組の内容とリンクして 切なくてもどかしくて… 女子高生たちの表情がリアルで、 短いPVですが、引き込まれました。 今まで観たことがない番組でしたが、 少し覗いてみたいと思いました。 (実際、以前の番組も観てしまいました) 最近、こんな感じの番組が 多いような気がしますが、 この女子高生たちの同じような世代以外でも、 こういった番組を観てときめきたい! キュンキュンしたい! と思う人が多いのでしょうね。 これがリアルなのか 偶像なのかはわかりませんが、 この世界に引き込まれたい私も その中の1人になりそうです。 Aimerというアーティストは、 今後もっとたくさんの恋愛番組の 主題歌になるだろうなぁと思います。 関連記事.

次の

Aimer「コイワズライ」歌詞の意味は?『白雪とオオカミくんには騙されない❤』主題歌

コイワズライ 歌詞 コピー

今回は先週、Aimerさんが同時リリースした2枚のニューアルバム、『Sun Dance』と『Penny Rain』のHIDDEN STORY。 まずは、Aimerさんに2枚のアルバムを制作することになった理由を教えていただきました。 「最初のきっかけは、去年の2月頃に作った雨をコンセプトにしたシングルです。 ここまで雨をモチーフにした、シングル全曲雨、というものを作ったことが初めてだったので、雨というモチーフはひとついいなと思っていました。 そこで、太陽、という対になるものも作って2つのテーマにするのはどうかなという案を打ち出したんです。 そこに至ったのにはもうひとつの背景があって、それはベストアルバムのリリースのあとに武道館公演を初めてやったんですけど、そこでライヴっていうものが自分にとって大きなものになっていったんです。 それまでライヴでみんなと盛り上がる曲を意識して作ったことがなくて、結構静かなライヴが自分のライヴでは当たり前。 私のライヴに来るとどこかみんな緊張してるし、私もバンドメンバーもやっぱりちょっと張りつめた感じがあるし、それが自分の独特の空気感かなと思っていたんです。 でも、武道館で1曲だけ、アンコールで盛り上がる曲をやりたくて『ONE』という曲を作りました。 それはライヴでやることを念頭において作った初めての曲で、4つ打ちで、みんなを踊らせることができる曲。 自分としてはその曲でみんなと盛り上がった瞬間がすごく衝撃的だったんです。 私がいま太陽を歌ったのはみんながいたからで、そうやってベクトルが外を向いたからこそ作れた曲たちなんです。 」 アルバム『Sun Dance』の5曲目に収録されているのは、『コイワズライ』。 「 『daydream』という自分のアルバムに収録した『カタオモイ』という曲があって、これと『コイワズライ』はタイトルもどっちもカタカナで、イメージをそろえて作りました。 『続カタオモイ』じゃないけれど、そういう曲を作りたくて作った曲です。 というのも、『カタオモイ』はシングルカットしてないんですが、思った以上にいろんな子に届いているなという実感があって、特に年齢層の若いティーンの子にカバーしてもらっているという印象があったんです。 その曲が今までの自分にはなかったギターがメインの音数が少ない、コピーしやすい編成だったのかなと思って、それを意識してこの曲もギターポップを作ろうと思って作っていきました。 」 『カタオモイ』から『コイワズライ』へ。 太陽の光のなか、Aimerさんの声が切なく響きます。 続いて、雨のアルバム『Penny Rain』について。 オープニングのインストゥルメンタル・ナンバー『pluie』の次に聞こえてくるのは、『I beg you』。 「 『I beg you』は私にとっても今までになかった独特な曲で、こんなにオリエンタルな雰囲気をまとった曲は歌ったことがありませんでした。 梶浦由記さんに作ってもらった曲なんですけど、レコーディングもスムーズにはいかなくて。 どういう風に歌ったらいいんだろう?という、その選択肢がありすぎたというか、ヴォーカルがものすごく強くアタックが激しく歌うのか、静かに歌うのか、取り乱すのか、クールなのか、熱いのか、というヴォーカルのさじ加減ですごく印象が変わりえる曲だったんです。 最初は割りとフラットにいこうという話だったんですけど、言葉の滑舌、あいうえおをはっきり言うとか、リズムをあえて後のりで歌うとか、そういうのも含めて、最終的にはマックス激しさが振り切れているような状態でレコーディングしました。 」 『Penny Rain』の4曲目は、ディーンフジオカさん主演、テレビドラマ【レ・ミゼラブル 終わりなき旅路】の主題歌として制作された『Sailing』。 「 いただいたドラマの脚本を読んで作ったんですが、それ自体がすごく壮大でした。 例えば、「 つぐないきれないような間違いとか過ちをおかしても、それでも人は生きていけるんだろうか」とか、そういう大きなテーマがあったので、それにあわせて曲も大きく考えていきました。 でも、やっぱり自分たちが生きていて、私もそうだけど、日頃の大きな間違いにしろ小さな間違いにしろ、「あのときああいうこと言っちゃったけど大丈夫だったかな?」とか、「自分がこういうことしちゃったのはこれから取り戻せるだろうか」というのはいっぱいあるし、そういう部分で共感できるような歌詞が書けるといいなと思いながら作りましたね。 」 新たなチャレンジをした『Sun Dance』と自身の原点を表現した『Penny Rain』。 2枚のアルバムを完成させたAimerさんにうかがいました。 Aimerさんにとって、理想のヴォーカルとは? 「 自分が思う理想のヴォーカルは響きがいいヴォーカルです。 それでいてちゃんと音楽的な歌が歌えているヴォーカルが今一番理想としています。 もし自分が天才だったらパッって何も考えずにできちゃうと思うんですけど、そうじゃないのは分かっているので、ある意味、私はすごく考えながら歌っています。 自分の声の響きを一番いかせる空間の作り方、のどの中とか体の作り方とか考えて歌っているし、いろいろヴォーカルのメロディを自分でプロデュースしながら歌っています。 それを自分のなかで完璧にできたときに理想のヴォーカルになれるのかなと思います。 」 さらに、Aimerさんはこんなことも語ってくれました。 「私はあまり歌詞をものすごく読み込んで、ここはこういう気持ちだからこういう風に歌おう、とかそういうタイプじゃないんです。 そのとき歌った、自分の制限のなかでその響きとか音楽的なものを完全にコントロールした状態だからこそ出てくる言葉、ちょっとした言葉じりからの感情というのが一番気持ちがこもるし、自分でもよく分からないところに行ける気持ちよさがあります。 それは意識してできるものじゃないし、むしろ何も考えていないから不意にわきあがってくるものですね。 そうやって歌える歌が一番好きだし、自分でも意識していなくても、曲に、メロディに、その音楽に連れていかれるところが一番好きです。 思ってなくても勝手に涙が出てくるとか、そういうところで歌ってますね。 それこそライヴ中に泣いたりとか、プロだから泣かないように頑張ってますけど、ただ不意にそういう瞬間がありますね。 それは全然意識していなくて不意に。 ほんとに、音楽の力はすごく信じています。

次の