週間 天気 予報 2 週間。 長野県中・南部の週間天気予報の天気

バルセロナ 天気

週間 天気 予報 2 週間

今週は、北海道~東北北部は北からの高気圧に覆われて晴れる日が多い。 沖縄地方も太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多いが、週後半は風回りが悪く雲が出やすい天気となる。 それ以外の地方は曇や雨の梅雨空が続く。 梅雨前線の活動レベルは先週に比べるとやや低調となるため大雨リスクは少しだけ低くなるが、これまでに降った雨の影響で、今後少しの雨の量でも災害が発生するおそれがあるため、油断は禁物だ。 気温は週前半を中心に低めだ。 週後半は西日本で平年並、東日本~北日本ではやや高めとなる。 雨の量は先週に比べると少ない可能性が高い。 だが、これまでの雨で地盤が相当緩んでいるため、ちょっとの雨でも甚大な災害に発展するおそれがある。 引き続き災害リスクの高いエリアに所在する店舗では、危機管理をしっかりとしておきたい。 いよいよ日本列島は梅雨明けに向けて秒読みの時期となってきた。 平年では今週末から来週前半にかけて、各地で梅雨明けの頃である。 常に週間予報をチェックし、梅雨明けのタイミングを見極めていただきたい。 梅雨明け直後は熱中症患者が急増する。 また日差しが多くなることでUVケア用品なども需要が爆発的に伸びる可能性がある。 欠品に注意したい。 その後朝鮮半島~日本海付近に梅雨前線がジャンプして、日本付近は太平洋高気圧に覆われるようになる。 南西諸島は夏空となる日が多いが、念のため南海上に注目をしておきたい。 徐々に台風活動が活発になる兆しがある。 それ以外の地方は、予報が非常に難しく、常に最新の情報を入手して梅雨明けのタイミングの見極めをこまめにしていただきたい。 早ければ週前半、梅雨明けが続々と発表される可能性がある。 首尾よく梅雨明けとなれば、その後は晴天が続く。 一方で、北海道は天気が周期的に変化する。 気温は全般に平年並か高めとなる。 7月22日の土用の丑の日は、現時点で最も可能性が高いシナリオとして、梅雨明け直後の暑さとなるタイミングであるだろう。 状況としては追い風だ。 ロスを気にしつつ、やや強気の準備をしておきたい。 それ以外にも暑さ対策のスタミナ系食材としては、香辛料やビタミンB1を多く含む食材などだ。 週末は4連休ということもあり、家庭での焼肉パーティーを想定したセットなどもおすすめしたいところである。 奄美地方も週末には太平洋高気圧の勢力圏内に入り、晴れが続くようになる。 順調に行けば今週後半から今週末のどこかで梅雨明け発表か。 北海道も週後半は高気圧に覆われて晴れ間の見られる日が多い。 基本的に日本付近には梅雨前線が停滞し、しかも活動が活発な状態が続くため、雨の降りやすい日が多い。 今週も九州地方を中心に、全国のあちらこちらで非常に発達した雨雲が長時間にわたってかかる可能性がある。 引き続き記録的大雨に最大級の警戒をしておきたい。 気温は西日本で引き続き平年並みかやや低めの可能性がある。 東日本~北日本では平年並みか高め。 いずれにしても全般に湿度が非常に高く、不快な陽気が続く。 九州では前週末以降、記録的な豪雨に見舞われているが、決して峠を越えたわけではなく、今週も引き続き大雨に注意が必要だ。 土中には大量の雨水が含まれているため、今後ちょっとした雨でも土砂崩れや河川氾濫などが発生するおそれがある。 危機管理を徹底していただきたい。 またお客に高い防災意識をもっていただくためにも、飲料水、保存食、乾電池など、防災グッズの提案を引き続き強化したい。 週初めには、奄美地方に続いて九州南部まで、太平洋高気圧圏内に入る可能性がある。 早ければ週前半、九州南部で梅雨明け発表の可能性がある。 本州付近は梅雨前線が停滞し、九州北部から東北で梅雨空が続く予想だ。 週末は梅雨前線がどこまで北上するかによるが、梅雨明け秒読みとなる可能性はある。 とくに関東甲信地方がポイントだ。 気温は全般に平年並みか高めとなる。 11時に発表される週間予報を毎日こまめにチェックし、梅雨明けのタイミングを早めに見極めたい。 週間予報で、晴れ時々曇あるいは曇時々晴れの予報が続くようになれば、そのタイミングで梅雨明け発表の可能性があることを示唆している。 今年の場合、水着や浮き輪、サンオイル、花火などのレジャー用品は振るわないかもしれない。 梅雨明け直後は1年の中でも最も熱中症患者が増える時期なので、スポーツドリンク、塩分チャージ系商品などの欠品に注意が必要だ。 また、UVケア用品も在庫を厚めに持っておきたい。 7月22日の土用の丑の日に向けた売り込みも、現時点では追い風の状況だ。 北海道方面は週後半以降は高気圧に覆われ、晴れ間の見られる時間が多くなる。 また沖縄地方も週の半ば以降はまた太平洋高気圧の勢力圏内に入り、夏空が戻る。 東北~九州にかけて、基本的には曇や雨のぐずついた天気が続く。 細かくみると、前線上を低気圧が通過する1日 水 頃は全般に雨量が多くなりそう。 東北方面では週後半、梅雨前線から少しだけ離れるので天気の崩れは小さくなる。 また2日 木 は一時的に晴れ間の見られるところもある。 気温は最低気温が全般に平年より高め。 掛布団をかけて寝ると少し寝苦しさを感じるかも。 一方、最高気温はおおむね平年並みか、日差しが少ない分西日本では平年よりやや低め。 トータルで考えると全般に平年よりやや高め。 先週から日本列島のさまざまなところで大雨に見舞われており、本格的な梅雨末期の集中豪雨頻発の時期に入ったとみられる。 お客さまの防災意識が非常に高まっていると想定されるため、飲料水、保存食、停電対策関連、家屋修繕関連などの防災グッズの売り込みを強化したい。 全般に湿度が高く、ジメジメしているため、サラリとした触感の素材やのど越しスッキリの食材が好まれる。 南西諸島は太平洋高気圧に覆われて晴れ間が多く、奄美地方でも週初め頃までには梅雨明け発表の見通し。 九州から東北は曇や雨のぐずついた天気の日が多く、現時点ではまだ、これらの地方での梅雨明けの可能性を示唆する兆しは見られない。 北海道は天気が周期的に変化する。 気温も前週同様。 最低気温が平年より高く、最高気温は平年並か西日本でやや低め。 トータルでは平年よりやや高め。 南西諸島では晴れる日が多いため、平年より高め。 まだこの期間、九州~東北での梅雨明けが発表される可能性は低いが、週後半以降、週間予報にてその兆しが掴める場合がある。 毎日11時に発表される週間予報はこまめにチェックし、雨を示す傘マークが消え、「晴時々曇」あるいは「曇時々晴」の予報が続くようになったら、梅雨明けが発表される可能性があることのサインなので、夏に向けた売り込みの準備をしたい。 例年であれば、梅雨明け発表の声を聞いただけで夏物の消費が拡大するとの研究報告もあるが、今年はコロナ禍やそれによる生活スタイルの変化がどのように消費に影響を与えるか注視が必要。 ただ、いずれにしても梅雨入り直後の高温は1年の中でも最も熱中症患者が多くなるタイミングなので、暑さ対策商品やUVケア用品の準備も怠りなくしたい。 <By 常盤勝美>•

次の

気象庁は出しているのか!? 天気予報 長期(2週間・月間)の予報を知る方法 その2

週間 天気 予報 2 週間

日が沈む時間 サマータイム(3月の第4日曜日~10月の第4日曜日)等の関係で、日本より、バルセロナの方が、随分遅い時間に暗くなります。 1月 08時15分頃~ ~17時45分頃 2月 07時45分頃~ ~18時20分頃 3月 07時05分頃~ ~18時55分頃 4月 07時10分頃~ ~20時30分頃 5月 06時35分頃~ ~21時00分頃 6月 06時15分頃~ ~21時25分頃 7月 06時30分頃~ ~21時20分頃 8月 07時0分頃~ ~20時50分頃 9月 07時30分頃~ ~20時00分頃 10月 08時00分頃~ ~19時10分頃 11月 07時40分頃~ ~17時30分頃 12月 08時10分頃~ ~17時20分頃 バルセロナ年間服装 バルセロナを含めて、スペインでは、1月が一番寒い時期です。 夏が終りました。。。 今日、大雨が降る予定でしたが、5分しか降らなかったです。 しかし、カタルーニャ田舎では、特にタラゴナ県とジローナ県では、大雨が降り、多くの川が洪水しています。 5名が行方不明になっています。 ラジオ、テレビ等で流れるニュースが、雨の話が本当に多いです。 バルセロナ地下鉄、郊外電車、カタルーニャ電鉄、高速道路、エルプラット空港などでは、大変な日です:飛行機と電車が遅刻し、高速道路では交通事故が多かったらしいし、バルセロナ中心地が今朝から渋滞しています。 午後6時頃に雷が鳴りました。 1月下旬には、バルセロナのミモザが咲いていましたよ!しかし、 2月に入ってから、数回北ヨーロッパから寒波が来て、急に寒くなりました。 ピレネー山脈では、大雪が降りました。 3月は、暖かくなったり、寒くなったりして、体には、大変な時期です。 カタルーニャ内陸(レイダ県)では、モモ等の花がたくさん咲いていましたが、また、北ヨーロッパから寒波が来て、 バルセロナ付近でも雪が降りました。 今年の3月は、雨が降った日もわりと多かったです。 雨が西から(大西洋から)来て、カタルーニャ地方をゆっくりと横断しました。 農業には、以上に良かったです。 今週は、朝晩が寒いですが、お昼がわりと暖かいお天気で、暮らしやすい時期です。 これから、4月に入って、だんだん暖かくなります。 バルセロナからフランスの国境までのエリア(バルセロナ県、レイダ県とジローナ県)は、大雪になり日常生活が出来なくなってしまいました。 午後のテレビ・ニュースは30分番組ですが、雪のニュースで20分もかかりました。 バルセロナからフランスまでの電車は、全部ブロックされました。 からフランスまでの高速道路はストップされ、国境は閉まっています。 カタルーニャ州では、16万人の子供が学校に行けませんでした(それは、いいことかもしれません(笑)!)。 ジローナ空港では、いくつかのフライトがキャンセルされました。 午後中バルセロナの車の環状線が渋滞しました。 県では、漁船が港から出られませんでした。 ジローナ県では、20万軒が停電らしい・・・ 私は暖かいセーターを着て家を出て、街の中心地まで行きました。 家から地下鉄駅までの間、あちこちで写真を撮っている地元の人を見かけました。 ヤシの木は真っ白・・・ パセッチ・ダ・グラシア大通りの歩道も真っ白。 歩いている人は少なかったです。 車はゆっくりと走っています・・・とても変な感じ・・・ バルセロナ、湿気が余りないので、真夏でも気持ち良い!.

次の

2週間天気予報を見る3つの方法を紹介しますが、オススメはウェザーマップの天気予報です。

週間 天気 予報 2 週間

伊豆諸島南部では、土砂災害に注意してください。 伊豆諸島では、強風や高波、竜巻などの激しい突風、落雷、濃霧による視程障害に注意してください。 梅雨前線が、東シナ海から伊豆諸島付近を通って日本の東へのびています。 東京地方は、雨や曇りとなっています。 17日は、前線が伊豆諸島付近に停滞するため、雨で時々曇りとなるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり激しく降る所がある見込みです。 18日は、前線上の低気圧が関東地方の沿岸を東北東へ進むため、雨で昼過ぎから時々曇りとなるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり非常に激しく降る所がある見込みです。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、雨や曇りとなっています。 17日は、前線が伊豆諸島付近に停滞する見込みです。 このため、雨や曇りで雷を伴い、伊豆諸島では激しい雨の降る所があるでしょう。 18日は、前線上の低気圧が関東地方の沿岸を東北東へ進む見込みです。 このため、曇りや雨で、雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 伊豆諸島では、明け方から朝にかけて非常に激しい雨の降る所があるでしょう。 関東地方と伊豆諸島の海上では、17日から18日にかけて、うねりを伴い波が高いでしょう。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の