三井生命 学資保険。 【徹底比較】学資保険のおすすめ人気ランキング8選【2020年最新版】

特徴としくみ

三井生命 学資保険

ご契約者に万一のことがあっても、お子さまが大学を卒業されるまで成長を支え続けます。 登2017-H-088 2018. 24-2020. 30 2位 / - お子さま22歳満了 お子さま18歳満了 - - - あり お子さまの健やかな成長を見守る保険です、進学時にはお祝金をお届けし、ケガや病気をしてもしっかり保障。 ご契約者に万一のことがあっても、お子さまが大学を卒業されるまで成長を支え続けます。 登2017-H-088 2018. 24-2020. 調査概要:申込件数が多い順。 ご検討に関しては、必ず「パンフレット」・「契約概要」・「注意喚起情報」・「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。 保険商品を選択される際には、保険料だけでなく、保障(補償)の内容等他の要素も含め総合的に比較・検討くださいますようお願いいたします。 このページでは、異なる保険会社の保険商品を記載しており、それぞれの概要を表示しておりますので、商品を選択される際の参考情報としてご活用ください。 各商品の詳細については、資料をお取り寄せのうえ必ず「パンフレット」、「契約概要」、「注意喚起情報」、「ご契約のしおり・約款」等をお読みいただき、保険料についてはパンフレット等でご確認ください。 (記載している保険料および保障内容等は2018年04月02日現在のものです。 ) 保険用語の解説 用語 読み方 解説 年齢方式 ねんれいほうしき 契約者の年齢の数え方が保険会社によって異なる場合があるためご注意ください。 「 満期年齢方式」では、誕生日が基準になっており、誕生日以降に年齢を1歳繰り上げる仕組みとなっています。 それに対して「 保険年齢方式」では、誕生日まで6ヶ月を切ると1歳繰り上げる仕組みになっています。 保険期間 ほけんきかん 保険契約が有効となる期間で、いわゆる保険の加入期間のことです。 「 終身」とは一生涯の保険期間のことをいいます。 「 歳満了」とは60歳、70歳など定めた年齢までが契約期間となります。 「 年満了」とは10年、20年など定めた年数が契約期間となり、契約満了後に更新できるタイプの保険もあります。 なお、通常どのタイプも保険期間中における主契約(特約を除く)の保険料は一定となります。 保険料払込期間 ほけんりょう・はらいこみきかん 保険契約者が保険料を支払う義務がある期間です。 「 全期払」とは、保険料を支払う期間を保険期間と同じ期間に定めるもので(例えば、20年払込20年満期)、「 短期払」とは、保険料を支払う期間を保険期間よりも短く定めるものをいいます(例えば、20年払込30年満期)。 [関連ページ] 返戻率 へんれいりつ 返戻率とは、支払う保険料の総額に対する受け取る保険金(一時金・学資金・年金など)の総額の割合をいいます。 例)「学資保険にて契約者となる親が死亡した場合に、以後の保険料を免除する」など 保険料払込免除 ほけんりょう・はらいこみめんじょ 保険会社が定める条件を満たした場合に、 その後の保険料の支払いが免除されることです。 例)「学資保険にて契約者となる親が死亡した場合に、以後の保険料を免除する」など 出生前加入 特則 しゅっせいまえかにゅう(とくそく) 子供が 生まれる前から保険契約できることをいいます。 保険会社や商品によって異なりますが、一般的には出産予定日の140日前から契約可能となります。 その場合、被保険者の年齢は0歳として計算し、被保険者の名前は空白となります。

次の

学資保険そのものがないプルデンシャル生命で提案される学資向け保険の評判はイマイチすぎる

三井生命 学資保険

大樹生命の想いをはぐくむ大樹の学資の保障内容やデメリット、口コミ 大樹生命は、旧三井生命が2019年に社名変更し新たなスタートを切り、その報告CMはテレビで頻繁に目にしますよね? そんな 大樹生命から同年5月、外貨建て学資保険「想いをはぐくむ大樹の学資」が発売されました。 外貨建ての学資保険商品は 保険業界初であり、教育費積み立ての新たな選択肢として注目を集めています。 しかし、外貨建ては円建てより仕組みがわかりづらく加入するのに不安を持たれる方も非常に多いのが現状です。 そこでこの記事では、• 想いをはぐくむ大樹の学資の保障内容について• 想いをはぐくむ大樹の学資のデメリットや知っておきたいリスク• 想いをはぐくむ大樹の学資ならではのメリット• 想いをはぐくむ大樹の学資のリアルな口コミ・評判• 想いをはぐくむ大樹の学資を、ジブラルタ生命「ドリーム・ゲート」などと徹底比較 以上について解説します。 この記事を読めば、大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」についての概要や良い点・悪い点がわかり、教育費積み立てや資産運用方法など一つの参考にしていただけるかと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 想いをはぐくむ大樹の学資の保障内容を解説!生命保険の特約内容は? 大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」は、正式名称を「 無配当外貨建学資保険」といい、日本円で払い込んだ保険料を米ドルまたは豪ドルで運用する仕組みになっています。 初めに、大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」の基本情報を確認します。 保障内容• 死亡:死亡給付金• 満期時:満期学資金• 契約者: 男性 18歳~69歳 女性 16歳~69歳• 被保険者:出生予定日の140日前~8歳 契約者 被保険者の両親・祖父母または被保険者を扶養する人 保険料払込期間• 25円 保険金等を円で受け取る際の為替手数料 25銭 0. 25円 契約者貸付 有り 初回の学資金支払日の前日まで可能 告知 有り 以上に加えて、計5回の学資金の受け取り方を• 学資金フラット型• 初回学資金2倍型• 一括受取 の3パターンから選択することができます。 「学資金フラット型」の場合、5回全ての受取金額が外貨建てで同額となります。 「一括受取」はその名の通り、積み立てた学資金が全て一括で受け取れます。 また保険料の払い込み通貨は「日本円」ですが、その払い込み方法については• 外貨の金額を固定 払い込み円貨が毎月変動• 日本円の金額を固定 払い込み外貨が毎月変動• 外貨・日本円の金額を共に固定 変動なし から選択できます。 は契約時に外貨での払い込み総額や受け取り総額が確定しますが、一方で毎回為替レートの影響を受けることになります。 一方メリットとして 「ドルコスト平均法 円高時に多く購入し、円安時は控える投資方法 」を活用できるので、有効に資産運用ができます。 は、大樹生命が設定した「円固定換算レート」が適用されるので、保険加入時に払い込み金額・また外貨での受取金額が確定します。 そのため 将来の計画が立てやすく、外貨建て保険の為替リスクをかなり受けにくいシステムとなっています。 さらに、払い込み期間中に契約者が死亡した場合、その後の払い込みが免除されたり、また急遽お金が必要な場合は積立金の取り崩しができるなど、もしもの時も安心なサービスが備えられています。 それではここで、 契約を具体的に シミュレーションしてみましょう。 また、大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」に付加できる特約は以下の通りです。 外貨建て保険は内容が複雑な商品が非常に多く、契約前に「元本割れリスク」や「実質利回り」などをしっかり理解しておかないと、大きく損をする可能性があります。 そのため外貨建て保険を検討されている方には、ぜひ確認していただきたい内容になっています。 積立利率は保険料全てに適用されるわけではない?実質利回りの考え方を解説 外貨建て保険は、外貨ならではの高い積立利率が一番の魅力です。 ただし積立利率は「払い込んだ全保険料から手数料諸々を差し引いた額」に対してかかる利率なので、払い込んだ全額に対して適用されるわけではありません。 一方で、実際に運用した結果の利益率 どれくらい増えたか を「実質利回り」といい、これは「積立利率」より低く、またリアルな数字でもあります。 実質利回りはパンフレット等に記載されていませんが、保険選びの際はこの「積立利率と実質利回りの違い」を覚えておくとより安全に資産運用ができます。 ドル建て保険には為替リスクがつきもの!為替レート変動の危険性とは 大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」を含む全ての外貨建て保険は、為替レートの影響をそのまま受けるという大きなリスクをはらんでいます。 つまり為替レートが変動することで、払い込み・受け取りなどの取引時に円の価値が高いか低いかによって、外貨で見れば同じ金額でも日本円では得をしたり損をしたりします。 例えば保険金を受け取る場合は、 円高時より円安時に受け取った方が受取金額が多くなります。 また保険料を支払う場合は受け取るときと逆で、円高時の方が安い保険料で済むのです。 このように外貨の取り扱いがある保険では、取引するタイミングで常に為替の状況をチェックし、慎重に資産を動かさなければなりません。 ただし最近では、毎月の保険料を円で固定することで、結果的にリスクの少ない方法 ドルコスト平均法 で 保険料の払い込みができる商品が増えてきています。 もちろん、ここでご紹介している大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」でも可能であり、この方法は為替リスクのデメリットを減らすことができるのでおすすめです。 中途解約 は元本割れの危険性あり!解約返戻金が市場価格調整で減額! ? 外貨建て保険は長期契約を前提としており、例えば10年未満などで早期解約してしまうと、支払った保険料分も戻ってこない、つまり元本割れしてしまう可能性が大いにあります。 元本割れの理由としては、外貨建て保険は契約初めに多くの手数料が引かれるので、運用期間が短いと手数料分の利益がまだ出ていないことが挙げられます。 解約控除率は契約年数が長くなるほど少なくなり、また10年以上になると無くなる場合が多いので、一度契約したら少なくとも10年間はそのままにしておくのが良いでしょう。 さらに、外貨建て保険商品の中には「市場価格調整」という仕組みを持つものがあり、これは解約時の市場価値によって解約返戻金の金額が上下するというものです。 なぜこんなことが起こるかというと、途中解約した場合は解約返戻金を賄うために、運用している外国の債券を売却します。 その 売却時における指定通貨 米ドルなど の市場価値によって、債券がいくらで売れるか変わるため、それを受けて解約返戻金の額も変わってきます。 このように早期解約にはいくつものデメリットがあるため、外貨建て保険は「長期契約」を前提とすることが大切です。 想いをはぐくむ大樹の学資のメリットとは?外貨ベースでは大きく資産増 ここまでデメリットについて解説してきたので「やはり外貨建て保険は不安だ」と感じられた方も多いのではないでしょうか? しかし外貨建て保険は、仕組みやデメリットをしっかり理解すれば、とても有効に資産を増やせる方法でもあります。 ここからは大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」の大きなメリットについてご説明します。 高金利な外貨で一時払保険料を運用!積立利率は2. また外貨建て保険は長期運用することで十分な利益が見込めるよう設計されているので、満期まで契約を継続させることが重要です。 待機期間が長い分リターンも大きいので、将来の生活費や教育費の積み立てなどのために、今ある資産をしっかり増やしたいという方にはとても良い商品だと言えます。 積立利率は固定される!保険料も円ベースで固定されるので支出の予測が立ち安い 大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」を契約した場合、2. それに加えて毎月支払う保険料も日本円で固定されるので、毎月の固定費として計算しやすくなっています。 実は外貨建て保険商品によっては、為替レートの影響で毎月支払う保険料が違う場合もあるので、それらに比べると「想いをはぐくむ大樹の学資」はとても分かりやすい商品内容です。 契約者が死亡した場合は保険料免除!学資保険のメリットも解説 大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」では、払い込み期間中に契約者が亡くなってしまった場合、残りの保険料が免除されます。 国内の一般的な学資保険と同様、安心のサービスですね。 もちろん保険料免除になったときも保障内容は変わらないので、将来給付金を受け取ることができます。 学資保険は子供が自立するまでの教育費を積み立てる保険なので、親に万が一のことがあった場合についてもきちんと考えられています。 さらに学資保険には、この他にも教育費積み立てに適した仕組みが揃っています。 例えば保険料の払い込みについては、子供が小さいとき または出生前 から少しずつ積み立てることで、より多くお金が必要になる頃までには払い終えることができます。 大学への進学率が高い現代だからこそ、教育費として大学の入学料や授業料等のことも考えたいですよね。 そんなニーズにぴったりの学資保険は、教育費の積み立てにとても有効な方法です。 預貯金などよりも学資保険で積み立てる方が、このように様々なメリットを受けることができます。 目標到達特約あり!目標未到達の場合は自動的に円の払い出しを抑制してくれる 大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」は、保険加入時に「 目標到達時円建学資保険移行特約」を付加することで、円建ての目標値 運用成果 を設定することができます。 そして運用期間中にこの目標値を達成できれば、自動的に円建ての学資保険に移行され、運用益は日本円で確保されます。 つまり目標達成以降は、給付金を日本円で受けとることになります。 外貨建て保険には様々なリスクがつきものなので、このように「運用益を出したのち円建て保険へ移行できる」というのは非常に嬉しいシステムです。 一方で目標値を達成できなかった場合には、指定した外貨での受け取りになります。 外貨のまま受け取る理由は、為替リスクを回避し、少しでも多く給付金を受け取るためです。 大樹生命が破綻しても生命保険契約者保護機構が契約を保護してくれる 大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」を含む全ての生命保険契約は、運営する保険会社が破綻しないことを前提としています。 もし破綻してしまうと、多くの契約者から預かっている資産が危機に晒されてしまうからです。 そこで生命保険業界は、もしもの時の契約者保護のために「生命保険契約者保護機構」という相互扶助システムをつくり、国内で業務を展開している全ての生命保険会社がこれに加入しています。 具体的には、ある保険会社が破綻してしまった場合、• 契約を引き継ぐ「救済保険会社」によって契約が存続する• 救済保険会社が現れなかった場合、「承継保険会社」または「生命保険契約者保護機構」によって契約が存続する これら2つのうちどちらかの処置が取られ、契約自体や契約者の資産などを保護します。 このシステムがあるので、もし契約先の保険会社が破綻しても、そのまま契約がなくなることはまずありません。 ただし契約先の生命保険会社が破綻してしまうと、場合によっては責任準備金 保険金等を確実に支払うための積立金 が削減されてしまう恐れがあるので、是非とも避けたいところです。 各生命保険会社は経営に十分気を配っており、公式HPなどには会社の健全性を示す「ソルベンシー・マージン比率」が公開されているなど、これから契約する方にも経営状況がわかるようになっています。 契約先または検討先企業の経営状況が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。 想いをはぐくむ大樹の学資は資産分散をしたい方におすすめ 大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」は外貨建て保険なので、実際に契約した場合は、日本円だけでなく指定した外貨でも資産を持つことになります。 通貨を複数持つことの大きなメリットは、所有するひとつの通貨の価値が急激に下がったとしても、別の通貨として持っている一部の資産は守られるということです。 近年、大きく揺れ動く国際問題などもあり、もしもの時に備えて資産分散を考える人が多くなっています。 資産分散の方法はいくつかありますが、このように資産を複数の通貨に分けて所有するのはとても有効な方法だと言われています。 また外貨建て保険であれば、資産形成も同時に期待できるという嬉しい利点もあります。 想いをはぐくむ大樹の学資の口コミや評判は?みんなの意見をご紹介 想いをはぐくむ大樹の学資のメリットは理解できても、本当にいい保険なのかまだ疑問が残る方は多いことでしょう。 そこで、ご検討中の方が一番気になる、実際の加入者の口コミ・評判をいくつかまとめてみました。 想いをはぐくむ大樹の学資の運用例、具体例に触れることで今後の資産運用のイメージを固めていきましょう。 実際の口コミや評判を紹介していきます。 「 当初子供の学費を外貨で積み立てるのはやや抵抗がありました。 しかし、高い利回で長期間運用できることや高金利が 固定して運用されるされることを知り、安心して加入することができました。 外貨建て初心者という方や、教育資金を外貨建てで用意することに抵抗がある方でも始めやすいと思うのでおすすめです。 」 老後資金などのように確実に用意したいのがお子さんの教育資金ですよね。 しかし、高いリターンも期待できると同時に利率が乱高下することもないこの商品は学資保険でありながら、外貨建て保険の性質を上手く活用できているといえるでしょう。 口コミ提供ありがとうございました。 「うちは子供が2人なので生活費や学費の見通しをはっきりしないのは困ると思っていました。 そのため、毎月保険料や支払額が変わってしまう外貨建て保険はデメリットが大きすぎると感じていました。 しかし、この学資保険は円で払う保険料も固定されているので毎月の支出が見えやすく助かっています。 また、利率が高い状態で固定されているので積立金が極端に減る心配もなく安心です。 」 為替変動によって毎月の支出が読めないというのは家計にとっては困りものですよね。 この商品は保険料が固定されているので家計にも優しい保険となっています。 口コミ提供ありがとうございました。 「 受け取り方法を選択できるというのも魅力的でした。 ただ我が家は大学進学にお金がかかるだろうと考え、初回学資金2倍型を選びました。 満期額資金は独立資金の足しにもなりますし、高金利で着実に増えていくので必要な時に必要な額をもらえるというのはこの学資保険ならではですね。 」 お子さんが既に小学校に進学していればその状況に合わせていつどのくらい学資金を受け取るかを選ぶことができるというのは心強いですよね。 また、外貨建てならではの高い利回りも特徴的です。 口コミ提供ありがとうございました。 大樹生命の想いをはぐくむ大樹の学資 とジブラルタ生命のドリーム・ゲートを比較 学資保険として使うことができる外貨建て保険には、ご紹介している大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」をはじめ、これに類似した商品もいくつかあります。 そこでこの章では、特に比較されることが多いジブラルタ生命「 ドリーム・ゲート」について、保障内容を比較していきます。 このドリームゲートは正確には学資保険ではありませんが、円建て学資保険の代わりに開発された保険なので、教育費の積み立てに非常に適した保障内容となっています。 それぞれの特徴や、どんな人にどちらをおすすめできるか詳しく解説しますので、是非参考にしていただければと思います。 まずはこれら2つの保険について、主な基本情報をご紹介します。 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」は、計5回の生存給付金を受け取った後には契約が消滅します。 一方でジブラルタ生命の「ドリーム・ゲート」では全ての生存給付金を受け取った後も契約は残り、そのまま終身保障となります。 この点が学資保険とそうでない保険との違いであり、学資保険も終身保険も同時に備えたいという方には「ドリーム・ゲート」をおすすめします。 また「想いをはぐくむ大樹の学資」は学資保険に特化しているからこそ、より細かいニーズにも応えられるよう考えられています。 具体的には、 お子さんの出生前でも契約が可能であること、保険料の払い込みや生存給付金の受け取りについて選択肢が多いことなどです。 このように、 より計画的に教育費を積み立てたい場合には「想いをはぐくむ大樹の学資」の方がおすすめです。 外貨預金や投資信託とも比較検討しよう 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」は、高金利な外貨で資産運用しつつ教育資金を積み立てることを目的とした保険です。 このように近年では、外貨建て保険などを利用した資産運用に注目が集まっています。 また他の資産運用方法としては「外貨預金」や「投資信託」なども人気なので、それぞれの特徴や、外貨建て保険と比較した場合のメリット・デメリットを比較してみました。 外貨預金とは、その名の通り資産を外貨にして預金する資産運用の方法です。 現在日本は超低金利時代なので、資産を日本円で預金しても利子はほとんど期待できませんよね。 そこで、日本円より圧倒的に高い金利が付く「外貨での預金」が大きな注目を浴びるようになりました。 外貨建て保険と比べた場合のメリットは、• 少額から始められる• 自分の好きなタイミングで預け入れ・引き出しができる などが挙げられます。 一方デメリットとしては、為替レートや外貨に対して最低限の知識がなければ、損をしてしまう可能性があることでしょう。 外貨預金で資産を動かす際は自分自身で為替の状況を確認しなければならないので、安全に資産運用できるよう、仕組みについてきちんと理解することが大切です。 比較的簡単に始められる外貨預金ですが、このようなデメリットもあるため、初めての方は少額から始めることをおすすめします。 投資信託とは、運用のプロ ファンドマネージャー が自分の代わりに資産を運用してくれるという仕組みです。 資産運用したいけれどよく分からない、自分の判断で投資先を決めるのは不安だ、という方でも安心して始めることができます。 外貨建て保険と比べた場合のメリットは、• 少額から始められる• 投資などに対しての知識がなくても始められる などが挙げられます。 一方デメリットは、他の資産運用方法と比べて、負担しなければならない手数料が多いことでしょう。 理由として、運用してくれるファンドマネージャーにも手数料を支払う必要があるからです。 少額から始めたい、また気軽に投資したいのであれば、投資信託をおすすめします。 こちらでご紹介した「外貨預金」「投資信託」は外貨建て保険に比べると、ある程度自由に資金を動かすことができ、初期費用が少額で済むという共通したメリットがあります。 比較すると外貨建て保険は負担が大きいように感じますが、万が一の時には保障があり、さらに将来は大きな運用成果が見込めるのが最大のメリットです。 これらを参考にして、またご自身の将来設計などを考慮しながら、最も良い資産運用方法を選んでみてください。 業界初の外貨建学資保険?為替リスクを上手くカバーする商品設計 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」は、業界初の外貨建て学資保険として人気です。 金利の低下により円建て学資保険の魅力が薄まってきている今、高金利で運用できる外貨建てが注目されるのも自然な流れでしょう。 しかし外貨建て保険はハイリスク・ハイリターン商品のイメージが強いため、確実に積み立てが必要な「学資保険」として利用するには不安ですよね。 実は大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」は、学資保険として問題なく機能するために、外貨建て保険ならではの為替リスクをカバーできる内容となっています。 特に注目したいのが、保険料の払い込み方法について• 外貨建ての保険料を固定する• 円建ての保険料を固定する• 外貨建て・円建て両方の保険料を固定する の3パターンから選択できるということです。 特に3の方法なら保険加入時にレートが固定されるため、 為替レートの変動を受けないので安心です。 また、あらかじめ払い込み総額 円貨 や学資金額 外貨 がわかるので、資産計画が立てやすいという点も学資保険に適しています。 高金利で効率的に、さらに安心して確実に教育資金を資産を増やしたいのであれば、大樹生命「想いをはぐくむ大樹の学資」はとても有効だといえます。 しかし、具体的な投資金額を決めるには様々な考慮すべきことがあり、なかなか簡単には決められないのではないでしょうか。 そんな方に「資産三分法」という有名な考え方をご紹介します。 これは現在お持ちの資産を、用途別に• 流動性資金 急な出費用のお金:入院など• 使用予定資金 具体的な使用予定があるお金:入学資金など• 利殖性資金 しばらく使う予定のないお金 の3つに分けて管理する方法です。 そして3の「利殖性資金」が、最も投資に適している部分だと言われています。 投資は必ずリスクを伴うものなので、万が一の場合でも日常生活に支障が出ないよう、慎重に計画しましょう。 まとめ:大樹生命の想いをはぐくむ大樹の学資を子供の教育費積立に活用しよう! 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」について、また資産運用について解説しいてきましたが、いかがだったでしょうか。 この記事のポイントは、• 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」は業界初の外貨建て学資保険であり、学資保険として安心できる優秀な保証内容が魅力• 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」には元本割れなどのリスクが潜み、特に中途解約には注意が必要• 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」では学資保険と外貨建て保険のメリットを同時に得ることができる• 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」や他の投資性商品は、用途や目的などに合ったものを選択することが大切 以上のことでした。 大樹生命の「想いをはぐくむ大樹の学資」は、外貨建てながら学資保険である唯一無二の保険です。 外貨建て保険はリスクが大きいイメージがありますが、こちらは教育費を確実に積み立てられる安心の仕組みを備えていることが大きな特徴です。 学資保険をお考えの方は、国内の保険だけでなく、ぜひ外貨建て保険も併せて検討してみてください。

次の

クレジットカード払いできる学資保険が一目でわかる一覧表

三井生命 学資保険

プルデンシャル生命の学資保険代わりの保険の評判 プルデンシャル生命では学資保険の取り扱いがないため、主に「ドル建て保険」を学資保険代わりに提案されることが多いようですが、その評判はあまり良くはありません。 主にプルデンシャル生命で学資保険代わりに提案される保険は、「米国ドル建終身保険」と「米国ドル建リタイアメント・インカム」が多いようですが、実はこの商品たちを他社競合商品と比較すると驚きの結果になるからです。 今回は、プルデンシャル生命で提案される学資保険代わりの具体的な評判やドル建て保険で学資資金を準備する上での注意点などに簡単に触れ、その後プルデンシャル生命の販売方針について簡単に言及したいと思います。 プルデンシャル生命の学資保険代わりの評判はイマイチ? 学資保険代わりに提案されるドル建て保険をはじめプルデンシャル生命で取り扱っている保険そのものの保険料が非常に割高となっております。 しかし、実際は同じような外資系保険会社であるジブラルタ生命やソニー生命のドル建て保険と比較するとそれほど返戻率という点で良くはありません。 その結果、学資保険向けとしてドル建て保険を提案されて加入したは良いが、その後他の保険会社の同種のプランと比較してみると、その返戻率等パフォーマンスが非常に悪く、契約しなければ良かった、という声も少なくないため、評判をイマイチと判断せざるを得ないのです。 ドル建て保険を学資目的として プルデンシャル生命に限った話ではありませんが、外貨建て保険を取り扱っている保険会社では、ドル建て保険を学資目的として提案されることが多いようです。 「学資満期金」などが支払われる学資保険とは異なり、ドル建て保険は、「解約」を前提とした「解約返戻金」を学資費用に充てることを目的としています。 保険種類としては「終身保険」や「養老保険」となるため、学資保険にはない「死亡保障」があることも違いと言えます。 これら保険商品を、金利水準の高い米ドルで運用するわけですから、円建ての保険よりも相対的に予定利率が高いため、あくまで「外貨ベース」ではありますが、返戻率が高めなものが多いようです。 学資満期金が自動的に支払われることに対し、ドル建て保険は、契約者の意志で「解約」の手続きを行わなければならない点も注意が必要です。 学資費用を変動リスクのあるドルで準備すること 予定利率は高いとはいえ、外貨建て特有の「為替リスク」があります。 為替レートは常に変動を繰り返しているため、学資資金が必要になる年齢において、日本円でいくらもらえるかわからない、ということがリスクとなります。 ドルのまま解約返戻金を受け取ったところで、ドルで学費を支払える学校であれば良いですが、国内にはそういった学校はありませんので、その時の為替レートで日本円に替えなければなりません。 ドルベースにおいては、高めの利率で解約返戻金は増えてはいきますが、学資資金が必要になるときの為替レート次第では、過度な円高により、大きな損失を被る危険性 リスク があることは承知しておく必要があるでしょう。 学資資金が不要になった場合 学資保険の場合、学資満期金を受け取った段階で保険は終了となりますが、ドル建て終身保険などの場合には、学資費用の準備が不要になった場合には、そのまま保障を継続できることができます。 あくまで「解約」したときにお金が戻ってくる仕組みであるため、解約しなければそのまま保険期間満了までの死亡保障としても活用することができます。 その際には、解約返戻金は年々増えていきますので、老後資金としての蓄えとして持っておいても損はないので、この点は融通が利くメリットの部分だと言えます。 プルデンシャル生命の保険料はなぜ高い どの保険商品でもプルデンシャル生命の保険はそのどれもが非常に割高な保険料設定となっています。 そしてその事実を販売員であるライフプランナーも理解しています。 高いとわかっているものをなぜ販売し続けるのでしょうか? それは、彼らが自分自身の営業力を「安売り」したくないという、ある種プライドのような側面があるようです。 「高い営業力のある人間であれば、高い保険であっても売れる」、そして「高い保険を売れば高い報酬を得られる」という、まあ何とも保険契約者にとってはどうでもいい話なのですが。 他社と「比較」されることを恐れる ご存知の方も多いと思いますが、プルデンシャル生命の保険外交員であるライフプランナーは、異業界の優れた営業力・営業実績のある人を「ヘッドハンティング」して採用しています。 営業素質の高い人間を選りすぐって採用しているのには、自社の「高い保険料の商品」を販売してもらうためだと言えるでしょう。 プルデンシャル生命のライフプランナーが最も嫌うことは、提案した保険商品を「他社と比較」されることです。 他社の同種の保険と比較されると、驚くほど大きな保険料の開きが明確になってしまい、契約を控えられてしまうからです。 裏を返せば、プルデンシャル生命から提案を受けたら、ぜひ他社の「比較」してみることをおすすめします。 学資保険にプルデンシャル生命を選ぶ優位性はない 為替リスクのある外貨建て保険で学資費用を準備することに対しては、様々な賛否の意見があります。 一概に「良い・悪い」を判断することは難しいでしょう。 しかし、もし外貨建て保険で学資費用を準備すると決めたのであれば、そしてその提案がプルデンシャル生命からのものであったのであれば、そのまま急いで契約をせず、他社のドル建て保険と「比較」をしっかりとしましょう。 契約後に比較をしても、既に保険料を支払ってしまっている状態で現実を突きつけられても、ショックが大きくなるだけです。 それほど、プルデンシャル生命の保険料水準の評判は良くないです。 学資保険そのものがないプルデンシャル生命で提案される学資向け保険の評判のまとめ 他社保険会社と同じ土俵で戦っても、プルデンシャル生命の保険商品はほとんど勝ち目がありません。 プルデンシャル生命は、比較されないように契約を急かしてくるかもしれません。 子供の将来のための学資費用の準備ですから、焦らず、赤ちゃん頃からしっかりと他社と比較をした上での判断が好ましいでしょう。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の