パチンコ 時短。 パチンコ『遊タイム』の詳細説明、ゲーム性の幅が広がることを強調

遊タイムとは何?パチンコも天井到達で時短発動?

パチンコ 時短

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が含まれているおそれがあります。 ( 2012年10月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2012年10月) 時短(じたん)は、「」の略で、タイプやタイプのに搭載されている機能のこと。 主に以下の2つの機能を指す。 (特別電動役物の開放)終了後、強力なデジタル短縮機能と普通電動役物(電動チューリップなど)の開放による始動口(スタートチャッカー)への入賞のサポート(いわゆる「電チューサポート」)を組み合わせ、一定回転数まで持ち玉を減らさずに効率よく回転させる機能。 特別図柄(メイン)の変動時間を通常よりも短縮し、時間効率を高める機能。 単に「時短」といった場合は前者を指すことが多く、後者は「短縮機能」などと呼ばれる。 混乱を避けるため、本項においても前者を「時短」、後者を「短縮機能」と称す。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年10月) 時短は大当たり終了後、一定回転数まで遊技をサポートする機能であり、機種によっては「チャンスタイム」などと呼ぶもの(「」など)もある。 時短中は次のような特徴が表れる。 強力なデジタル短縮が作動し、特別図柄や普通図柄の変動時間が短縮される。 普通電動役物の開放時間が長くなり、始動口へ入賞しやすくなる(電チューサポート)。 小当たり(普通電動役物の開放)の当選確率が2つ(低確率と高確率)設定されている機種では、小当たりの当選確率が高確率になる(小当たりの、大当たりの当選確率は低確率状態)。 これにより、持ち玉を減らさずに効率よく消化することができ、また持ち玉が連続して始動口に入賞することが多くなり、時間あたりの大当たり抽選機会も必然的に多くなる。 加えて、うまく打てば持ち玉を増やすことも可能である。 これらの特徴は大当たりのによる高確率状態でも表れるため、初心者は時短と高確率状態を混同してしまいがちだが、時短中の大当たり確率は通常時と同様、低確率である。 なお、時短中に大当たりを引くことを「引き戻し」ないし、大当たり確率が通常時と同様に低確率であることから、強調して「自力引き戻し」ともいう。 機種によっては画面演出が大当たりの高確率状態のものと酷似していたり、高確率状態なのか時短中なのか画面を見ただけでは区別できないものも存在する(ただ、実際には台のどこかにある特別図柄表示装置()に表示される特別図柄のパターンや小さなランプなどで判別は可能)。 短縮機能 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年10月) タイプおよびタイプの機種によって異なるが、通常、デジタルが変動を始めてから停止するまで約10 - 15秒程度かかるのが一般的である。 しかし、大当たりなのかハズレなのかは始動口に入賞した瞬間に決定しているため、変動時間は遊技者のための演出に過ぎない。 変動中に始動口へ入賞した場合は1つの始動口につき最大4個まで保留されるのだが、保留が貯まった状態で長い変動時間を消化するのは効率が悪く、タイムロスとなる。 このため、保留が貯まるとデジタル変動の短縮機能が作動し、時間効率を上げる機能が搭載されている。 機種によっては二段階以上の短縮機能が設定されている物もあり、保留が4個貯まると、さらに強力な短縮機能が作動する。 本来ならば常に短縮機能が作動していれば効率が良いのだが、保留が少ない状態で短縮機能が作動すると連続回転が途切れてしまうため、遊技者が「回らない」と錯覚してしまう。 そのため、保留が少ない時は変動時間を長くして遊技者に「回る」と錯覚させ、保留が貯まった状態では時間効率を上げるため、変動時間を短くする仕組みになっている。 遊タイム [ ] 2019年12月20日、警察庁が「技術上の規格解釈基準」を改定したことにより、時短の発動契機が大当たり終了直後以外にも認められた。 これにより、新たに認められたこの時短に対し、日本遊技機工業組合(日工組)が付けた愛称が「遊タイム(ゆうタイム)」である。 5~3. 8)回転まで継続可能である。 要するに『ハマリ』に対する救済措置であるが、「遊タイム」を搭載するには以下の条件を満たす必要がある。 5~3. 0)の範囲内に収まる回転数にしなければならない 具体的な例では、「遊タイム」を搭載したパチンコ機『Pリング呪いの7日間2』()の場合、遊タイムは885回転で発動し、最大1214回転まで継続することになっている。 要するに、通常時(低確率状態。 6)で885回転までの間に大当たりを引けなければ遊タイム(時短状態)に突入し、そこから1214回転までは出玉を減らさずに大当たり抽選が受けられる、というものである(但し、「遊タイム」中も大当たり確率は低確率状態のままである)。 なお、大当たりを引けば遊タイムは終了し、大当りボーナス獲得後は74回転限定のSTに突入する。 脚注 [ ]• webグリーンべると 2020年3月12日. 2020年3月26日閲覧。 webグリーンべると 2020年3月18日. 2020年3月26日閲覧。 マネーポストWEB 2020年6月15日. 2020年6月16日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - ガイドワークス.

次の

パチンコの質問です。

パチンコ 時短

時短は「時間短縮」の略語 時短とは『 時間短縮』の略語で、現在ホールで稼動している多くの台に導入されています。 えっ、何を時間を短縮するってどういう意味? ちょっと待ってください・・・ 時短とは主に確率変動が終了した後に突入するチャンスタイムのことで、スルー(エバ9であれば右下付近)を通過することにより、その下の電サポと呼ばれる電役(チューリップ)が開きそこに玉が入ることで1~3個の玉を獲得することができるシステムです。 言葉で書いたらややこしそうですが、要は 時短中は玉の消費をすることなく「無料」で遊戯することができます。 (厳密に言えば時短中でも止め打ちしなければ少しずつ減る) おいおい、時間短縮はどーなったとお思いの方もいると思うので補足します。 パチンコには4個 or 8個の保留が存在しますが、ここでは分かり易く保留が4個までの機種の場合で考えてみます。 通常時に遊戯している時に、保留が0個や1個しか溜まっていない状態でヘソに玉が入賞すると変動が開始して終了するまで時間がかかりますが、保留が4個全て溜まった状態で玉が入賞すると高速で変動が終了します。 また、保留が満タンの時の変動はリーチがかかりにくくなります。 体感的には、通常時で100回転遊戯するのと、時短で100回転遊戯するのとでは時短の方が3倍以上は早く消化できます。 このことが時間短縮と呼ばれる語源です。 ちなみに時短の回数は一昔前まではほとんどの機種で100回転でした、最近の機種は30回とか70回とか少なめの傾向があります。 確率変動中とは違う よく『 確率変動中』と同じと思ってる方もいらっしゃいますが違います。 確率変動は時短の要素もありつつ更に大当たりしやすい状態のことを言います。 通常時や時短中に比べると約10倍も当たりやすくなっています。 私がパチンコをやり始めた10年くらい前に「 時短が規制で無くなるのでは?」と噂されていましたが今でも存在しますよね。 時短中は技術介入が出来るので、そういった勉強をすると勝てる確率が上がるかもしれません。 最近は時短の無い台が多い 個人的には時短のシステムって好きですが、最近の台は牙狼のV-STシステムがハマったせいか、多くの台がST機です。 ST機の場合は、基本的に時短は無いので寂しいですね。 (V-STタイプは初回STに入らなければ時短になることが多い).

次の

【パチンコ初心者講座③】通常・確変・ST・時短など、パチンコの状態について

パチンコ 時短

パチンコの状態について 一般的なデジパチには、 大きく分けて「電サポ中」と「非電サポ中」二種類の状態があります。 最近の機種は電サポ中は主に右打ち。 更に、内部的には「通常状態」と「確変状態 ST状態 」があります。 通常状態(低確率)とは 通常状態とは、メインに滞在している状態で、大当りは低確率で抽選されています。 確変状態(高確率)とは 確変状態とは確率変動状態の略で、当選確率が高確率状態に変動する状態のことです。 高確率で大当りが抽選しているため、大当りが終了してもまたすぐに大当りする「連チャン」に期待できます。 ST状態(高確率)とは STとは「スペシャルタイム Special Time 」の略です。 確変状態と同じく高確率状態で大当りを抽選していますが、STは規定回数限定の高確率状態です。 規定のゲーム数を消化してしまうと通常状態に戻る「回数区切り確変」ということです。 パチンコの状態は四つに分けられる パチンコの状態を細く分けると、以下の4つに分けることができます。 電サポ無し通常状態• 電サポ無し確変 ST 状態• 電サポ付き通常状態• これら一つ一つについて詳しく説明していきます。 電サポ無し通常状態 電チューサポートが無く、大当りの抽選は低確率の「 通常状態」。 滞在している可能性が一番高い状態です。 電サポ無し確変 ST 状態 電チューサポートは無いが、大当りの抽選は高確率の状態です。 「 潜伏確変状態」や「内部確変状態」と呼ばれており、機種によっては外観から通常状態なのか確変状態なのか判断できない場合もあります。 主にモード移行演出などからこの状態に突入します。 潜伏確変搭載機種を打つ際は、事前に潜 伏確変に関する演出や小当り判別方法などの知識を身に付けてからにしましょう。 電サポ付き通常状態 電チューサポートが付くが、大当りの抽選は低確率の通常状態。 主に通常大当り後に突入する「 時短」のことです。 通常大当り後の「オマケ」のようなもので、大当りの引き戻しに期待しましょう。 電サポ付き確変 ST 状態 電チューサポートが付き、大当りの抽選も高確率状態の確変状態。 奇数図柄揃いや、大当り中の演出成功などから突入する「 確変」です。 パチンコの醍醐味「連チャン」に期待ができる、パチンコにおける 最上位の状態と言えるでしょう。 まとめ 以上、パチンコ初心者講座第三回「パチンコの状態について」でした。 最近のパチンコ台は、液晶上で様々なモード移行演出などがありますが、内部の状態は必ず上記で説明した 4種類のどれかです。 電サポ付き状態でやめてしまうことはまず無いでしょうが、潜伏確変中にやめてしまわないように、 台のスペックや大当り内訳をしっかり確認してから打ち出すように心掛けて下さいね。

次の