もん すけ テレビ。 NHKゴガク

NHKゴガク

もん すけ テレビ

概要 [ ] 番組のテーマは「日常にあふれるちょっとした文句についてちょっとだけ真剣に考えてみよう!」。 番組から出されるプチもんくテーマについて、なるみと黒田有がゲストとともに街頭インタビュー映像を交え、ひたすら 文句を言う番組である。 テーマから脱線することもあり、事実上の進行はホラン千秋が務めている。 出演者 [ ] MC• (第9回~第12回は産休の為、休演)• (、第9回~第12回) 放送リスト [ ] 回 放送日 放送時間 ゲスト VTR出演 プチもんく数 1 2014年3月16日 16:30 - 17:25 (55分) 、 38 2 2014年3月23日 16:30 - 17:25 (55分) 、() 21 3 2014年8月24日 15:00 - 16:30 (90分) 、、、 98 4 2014年12月28日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 116 5 2015年6月21日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 123 6 2015年7月5日 15:00 - 16:00 (60分) 、 62 7 2015年8月30日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 106 8 2015年9月13日 15:00 - 16:00 (60分) 、 67 9 2015年12月27日 15:00 - 16:30 (90分) 、 112 10 2016年2月14日 15:00 - 16:00 (60分) 、、 、 72 11 2016年3月6日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 118 12 2016年3月20日 15:00 - 16:00 (60分) 、、 すっちー、、、川田裕美 78 13 2016年6月26日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 川田裕美 14 2016年7月17日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 94 15 2016年11月6日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 川田裕美 78 16 2016年12月11日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 92 17 2017年3月5日 15:00 - 16:30 (90分) 、、、鈴木奈々 96 18 2017年3月19日 15:00 - 16:30 (90分) 石田純一、、、 101 19 2017年7月23日 15:00 - 16:30 (90分) 、()、 鈴木紗理奈 112 20 2017年8月20日 15:00 - 16:30 (90分) 、()、 川田裕美 108 21 2017年12月24日 15:00 - 16:30 (90分) 、()、鈴木奈々 川田裕美 105 22 2018年1月21日 15:00 - 16:30 (90分) 、、河北麻友子 102 23 2018年3月4日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 ()、おのののか 24 2018年3月18日 15:00 - 16:30 (90分) 、()、、中村静香 110 25 2018年7月22日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 115 26 2018年8月12日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 菊地亜美 27 2018年11月11日 15:00 - 16:30 (90分) 、、川田裕美、 おのののか 28 2018年12月9日 15:00 - 16:30 (90分) 、、 29 2019年2月17日 15:00 - 16:30 (90分) 、的場浩司、 おのののか 30 2019年3月24日 15:00 - 16:30 (90分) 円広志、、アンミカ 川田裕美 31 2019年6月9日 15:00 - 16:30 (90分) 、東貴博、みちょぱ、 菊地亜美、おのののか 32 2019年7月14日 15:00 - 16:30 (90分) 関根勤、、武井壮 川田裕美 33 2019年12月15日 15:00 - 16:30 (90分) 、北斗晶、大久保佳代子 川田裕美 34 2020年1月19日 15:00 - 16:30 (90分) 、ふかわりょう、川田裕美 菊地亜美、 35 2020年2月16日 15:00 - 16:30(90分) デヴィ夫人、()、 アインシュタイン、鈴木紗理奈 36 2020年3月15日 15:00 - 16:30(90分) 円広志、ナジャ・グランディーバ、 川田裕美 スタッフ [ ]• 演出 - 山口将人• SW - 石田和也• CAM - 大橋優(第23,29,30,35回-)• LD - 奥嶋駿介(第23,25,26,28-32,35回-)• VE - 菊地健(第3,5,6,21,22,24-28,35回-)• 編集 - 渋谷良人• EED - 明石健二• テロップ - 井上ちひろ• 音効 - 竹内健司(第31回-)• MA - 古庄陽(第1,3,10-13,15-25,27-30,32,33,36回)• 美術 - 箕田英二(第27回-)• 美術進行 - 中村裕(第6回までは小道具兼務)• 大道具 - 佐藤貴(第27回-)• イラスト - 藤江友美• AP - 栗原佐知(メガバックス)• 宣伝 - 木下彩香(読売テレビ、第33回-)• ディレクター - 村上顕太(第21,22,26-28,30-33,36回)、金井啓(第19-22,25-30,32,34回-)、坂本一馬(第36回)[以上読売テレビ]、佐伯圭佑(第14-18,20,22,25,28,30,32,34,36回)、鈴木徹(第3回-)• プロデューサー - 野瀬慎一(読売テレビ、第32回-)、坂口大輔(吉本興業、第36回)• チーフプロデューサー - 竹綱裕博(読売テレビ、第31回-)• 制作協力 -• 制作著作 - 読売テレビ 過去のスタッフ [ ]• ナレーション - 今西由利子(第5-8回)、(第20回)• 演出 - 古河雅彦(読売テレビ、第25-28回、第3,5-11,13-23回はディレクター)• TM - 松浦正和(第1回はLD、第9,10回はTD兼務)• TD - 鈴木直人(第13-22回、第16-18回はMIX兼務)• MIX - 正木良(第27-32回)• CAM - 野平浩二(第9-12回)、坂口裕一(第15-22,25,26回)、井ノ口鉱三(第27,28回)、宮川竜之介(第27-30回)、加藤裕規(第29,30回)、野口忠繁(第31,32回)、黒田賢治(第33,34回)• LD - 堂免高志(第3回)、窪田和弘(第5-12,15-26,33-35回)、浜野眞治(第13,14回)、廣江貞雄(第27,28回、第25,26回は技術)• VE - 窪内誠(第1,9-12,19,20回、23回はTD兼務)、池見憲一(第7,8,17,18回)、米田忠義(第13-16,25,29-35回)• 音声 - 田口護(第1回)、藤本博樹(第3,9,10回)、高田哲也(第5,6回)、後藤敬介(第7,8回)、山崎多佳彦(第11,12回)、今堀晃行(第13-15回)• 音効 - 鏑木太郎(第8回まで)、副島圭祐(第9-30回)• MA - 堀内孝太郎(第3,5-9,14-23回)、寺本卓矢(第26-31,34,35回)• 美術 - 野沢桃子(第26回まで)• 大道具 - 橋本英実(第7-26回)• イラスト - 廣川淳志(第22回まで)• TK - 中嶋多美子(第1回)• リサーチ - フルタイム(第1回)• 編成 - 吉田聖(読売テレビ、第7回まで)• 宣伝 - 飯田將博(第1回)、嶋岡良介(第3回)、藤生朋子(第5-20回)、本家恵子(第25,26回)、(第27-32回)[全員読売テレビ]• ディレクター - 関典明(第1回)、吉田剛志(第1-11回)、土屋洋之(第5,6回)、植村勇太(第5,7,10,11,13,14,16-23回)、廣瀬拓万(第7,16,17,19-28,30,32,34,35回)、福田浩之(第15-18回)、門上由佳(第18回)、田中瑛人(第27-29,31,32回)、加藤崇(第30,31,33回、第21-23回は宣伝)、那須賢道(第31,34,35回)、岸本至生(第33,35回)、中埜勝之(第33-35回)、杉野嘉則(第34,35回)[以上読売テレビ]、光岡麦(第1-11,14,16,20,26-29,32,35回)、辻あゆみ(第1-23回)、小野謙馬(第3-32回)、前等(第11回)、久世恵太(第11,13,15,19,21,23,25,28,31,33回)、宮内宏輔(第12回)、宮井豊、後藤ちあき(第13回)• プロデューサー - 中島恭助(読売テレビ、第2回まで)、中西英行(読売テレビ、第3-31回)、植田隆志(、第5-18回)、牧里子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー、第19-30回)• チーフプロデューサー - 山岸正人(読売テレビ、第3回まで)、吉川秀和(読売テレビ、第5-30回) 脚注 [ ] [].

次の

モンキッキー

もん すけ テレビ

来歴・人物 [ ] 出身。 福島県立郡山工業高等学校(現・)を卒業した18歳の頃、ハワイアンバンドでの歌手デビューを目指し上京。 歌手の、らの付き人(かばん持ち)をする傍ら、作曲とを独学で学ぶ。 (昭和36年)、が歌い作曲奨励賞を受賞した『恋しているんだもん』でデビュー。 1962年(昭和37年)、畠山みどりの『恋は神代の昔から』がミリオンセラーとなり、翌年の『出世街道』も連続のミリオンセラーを記録。 (昭和39年)、の『』が3作目のミリオンセラーとなり大ヒット。 以後『』『』『』など、都はるみの一連のヒット曲を作曲。 都はるみを国民的歌手に育て上げた。 都はるみは恩師の市川を歌謡界のと慕っていた。 、の専属作曲家を務めた後、(昭和49年)にフリーとなる。 市川の門下生には都はるみの他、、、、、、、、らがいる。 (2年)から日本レコード大賞の実行委員長を務め、(平成10年)からレコード大賞の制定委員を務めた。 また、(JASRAC)の評議員、の副委員長も歴任した。 (平成4年)、特別表彰。 (平成8年)、受章。 (平成16年)、受章。 (平成18年)午前5時、のための病院で死去。 73歳没。 戒名は浄樂院賢優昭韻居士。 2006年(平成18年)午後 川崎市立で火葬が行われた。 主な作品 [ ]• しあわせの花 (遺作)• 海峡氷雨• さいはて海峡• 海峡出船(最後の録音立会い曲)• 恋吹雪• 別れてひとり• ふたりの灯• 伊豆の雨• 花咲港• 雪どけ• かしこい女じゃないけれど• 夢がたり(『』第2シリーズ主題歌)• 恋しているんだもん• 鳳仙花• 新宝塚音頭• 嶋崎由理(後の)• (『』主題歌)• たそがれの赤い月• 悲しみの十字架(クロス)• 涙ぐむ星空• 海辺のメルヘン• さようなら17才 (詩: )• 袴をはいた渡り鳥 元々は畠山みどりに提供するはずだったが、諸事情で水前寺清子「涙を抱いた渡り鳥」として世に出たもののオリジナル• イルカに乗った少年(『林あきら』名義)• 浪花そだち• 釜山海峡• (『いづみゆたか』名義)• 千葉由美• やるぞ一発!野球道(テレビアニメ『』主題歌)• 生きてこの道• 恋は神代の昔から• 出世街道• 七久里紅葉狩• (森昌子のを)• しのぶ• 龍馬残影• 浮草ぐらし• レモン月夜の散歩道• 皆の衆• 夫婦春秋• なみだの桟橋• 吉田よしみ(後の)• 大ちゃん数え唄(テレビアニメ『』主題歌)ほか多数• 参照 テレビ番組 [ ]• (、審査員)• (、審査員)• (、(水曜)審査員。 「昭ちゃん先生」の愛称で親しまれた)• (、審査員長。 余談だが、この番組と『女ののど自慢』はが司会を務めた)• (コロムビアソングス制作、・他、司会) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

テレビ天助

もん すけ テレビ

来歴・人物 [ ] 出身。 福島県立郡山工業高等学校(現・)を卒業した18歳の頃、ハワイアンバンドでの歌手デビューを目指し上京。 歌手の、らの付き人(かばん持ち)をする傍ら、作曲とを独学で学ぶ。 (昭和36年)、が歌い作曲奨励賞を受賞した『恋しているんだもん』でデビュー。 1962年(昭和37年)、畠山みどりの『恋は神代の昔から』がミリオンセラーとなり、翌年の『出世街道』も連続のミリオンセラーを記録。 (昭和39年)、の『』が3作目のミリオンセラーとなり大ヒット。 以後『』『』『』など、都はるみの一連のヒット曲を作曲。 都はるみを国民的歌手に育て上げた。 都はるみは恩師の市川を歌謡界のと慕っていた。 、の専属作曲家を務めた後、(昭和49年)にフリーとなる。 市川の門下生には都はるみの他、、、、、、、、らがいる。 (2年)から日本レコード大賞の実行委員長を務め、(平成10年)からレコード大賞の制定委員を務めた。 また、(JASRAC)の評議員、の副委員長も歴任した。 (平成4年)、特別表彰。 (平成8年)、受章。 (平成16年)、受章。 (平成18年)午前5時、のための病院で死去。 73歳没。 戒名は浄樂院賢優昭韻居士。 2006年(平成18年)午後 川崎市立で火葬が行われた。 主な作品 [ ]• しあわせの花 (遺作)• 海峡氷雨• さいはて海峡• 海峡出船(最後の録音立会い曲)• 恋吹雪• 別れてひとり• ふたりの灯• 伊豆の雨• 花咲港• 雪どけ• かしこい女じゃないけれど• 夢がたり(『』第2シリーズ主題歌)• 恋しているんだもん• 鳳仙花• 新宝塚音頭• 嶋崎由理(後の)• (『』主題歌)• たそがれの赤い月• 悲しみの十字架(クロス)• 涙ぐむ星空• 海辺のメルヘン• さようなら17才 (詩: )• 袴をはいた渡り鳥 元々は畠山みどりに提供するはずだったが、諸事情で水前寺清子「涙を抱いた渡り鳥」として世に出たもののオリジナル• イルカに乗った少年(『林あきら』名義)• 浪花そだち• 釜山海峡• (『いづみゆたか』名義)• 千葉由美• やるぞ一発!野球道(テレビアニメ『』主題歌)• 生きてこの道• 恋は神代の昔から• 出世街道• 七久里紅葉狩• (森昌子のを)• しのぶ• 龍馬残影• 浮草ぐらし• レモン月夜の散歩道• 皆の衆• 夫婦春秋• なみだの桟橋• 吉田よしみ(後の)• 大ちゃん数え唄(テレビアニメ『』主題歌)ほか多数• 参照 テレビ番組 [ ]• (、審査員)• (、審査員)• (、(水曜)審査員。 「昭ちゃん先生」の愛称で親しまれた)• (、審査員長。 余談だが、この番組と『女ののど自慢』はが司会を務めた)• (コロムビアソングス制作、・他、司会) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の