カフェ イン 致死 量 モンスター。 モンスターエナジーのカフェイン量と飲み過ぎ本数

【危険】20代男性が死亡したエナジードリンクは何?どれくらい飲んだら死ぬのか?

カフェ イン 致死 量 モンスター

カフェインの過剰摂取について 作成日:平成27年12月25日 更新日:平成29年7月14日 エナジードリンクを多用して死亡した男性について、解剖を担当した医者がカフェイン中毒死と判断したとの報道がありました。 この件が示すように、特定の栄養・機能成分を添加した食品や飲料の過剰摂取には注意が必要です。 消費者の皆様がこのページを食生活の見直しに役立てていただければ幸いです。 カフェインの過剰摂取に気をつけましょう 眠気覚ましなどをうたってカフェインを添加した清涼飲料水が多数販売されていますが、カフェインの過剰摂取には注意が必要です。 飲み過ぎに注意しましょう。 カフェインの人に対する影響 カフェインは、神経を鎮静させる作用を持つアデノシンという物質と化学構造が似ており、アデノシンが本来結合する場所(アデノシン受容体)にとりついてアデノシンの働きを阻害することにより神経を興奮させます。 コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られていますが、カフェインを過剰に摂取し、中枢神経系が過剰に刺激されると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠が起こります。 消化器管の刺激により下痢や吐き気、嘔吐することもあります。 長期的な作用としては、人によってはカフェインの摂取によって高血圧リスクが高くなる可能性があること、妊婦が高濃度のカフェインを摂取した場合に、胎児の発育を阻害(低体重)する可能性が報告されています。 (参考) 国立がん研究センター コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について (外部リンク) 国立がん研究センター コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について (外部リンク) ニュージーランド食品安全庁(NZFSA):Risk Profile: Caffeine in Energy Drinks and Energy Shots, Prepared for New Zealand Food Safety Authority, Dr. Barbara Thompson, April 2010 (外部リンク) オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関 FSANZ :Report from the expert working group on The safety Aspects Of Dietary Caffeine 2000 (外部リンク) 特に、市販されているエナジードリンクや眠気覚まし用の清涼飲料水の成分表示の多くは、100 mL当たりの濃度で書かれています。 缶や瓶1本当たりにすると、コーヒー約2杯分に相当するカフェインを含むものもありますので、1日に何本も飲まないように注意しましょう。 コーヒー(浸出液) 0. 5 分 玄米茶(浸出液) 0. 5 分 ウーロン茶(浸出液) 0. 5 分 紅茶(浸出液) 0. 5~4 分 (注) エナジードリンク又は眠気覚まし用飲料(清涼飲料水)は、市販11製品の成分表示等(2015年12月22日) コーヒー、インスタントコーヒー、紅茶、せん茶は、「日本食品標準成分表2010」 (外部リンク) 各国におけるカフェインの摂取に関する注意喚起等 カフェインの摂取に関しては、国際機関等から以下のアドバイス、注意喚起がされています。 世界保健機関(WHO) カフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料は同じくらいの量のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを、1日3~4カップまでにすることを呼びかけています。 (参考) (外部リンク) 米国 保健福祉省(DHHS)及び農務省(USDA)による2015年の栄養ガイドラインに関する科学レポートでは、健康な大人では、適正なカフェイン摂取、すなわち1日当たり3~5カップ又は1日当たり400 mgまで、であれば心血管疾患などカフェインの慢性的毒性のリスクは増加しないとしています。 一方、カフェインをお酒(アルコール)と一緒に摂取した場合の健康影響について懸念を示しており、アルコールとエナジードリンクを一緒に摂取するべきでないとしています。 (参考) Scientific Report of the 2015 Dietary Guidelines Advisory Committee (外部リンク) 米国FDAによるカフェインに関する消費者向け情報提供 (外部リンク) 米国疾病予防管理センター(CDC)は、エナジードリンクとアルコールを混ぜて飲むことの危険性に関して、注意喚起しています。 エナジードリンクとアルコールを混ぜて飲むと、エナジードリンク中のカフェインがアルコールによる機能低下を隠してしまいます。 なお、カフェインはアルコールの代謝に影響しません。 呼気中のアルコール濃度を低下させることもありません。 カフェイン入りのエナジードリンクをお酒(アルコール)と混ぜて飲むと、アルコールだけ飲んだ場合に比べて3倍飲み過ぎた状態になります。 (参考) Fact Sheets Caffeine and Alcohol (外部リンク) 米国FDAは、インターネットで入手可能な純粋な粉末状のカフェインを摂取しないよう消費者に注意喚起しています。 (外部リンク) 欧州 欧州食品安全機関(EFSA)は、2015年にカフェインについてリスク評価を行っています。 また、習慣的なカフェイン摂取に関しては、妊婦を除く大人では1日当たり400 mgまでであれば健康リスクは増加しないとしています。 妊婦及び授乳婦については、習慣的なカフェイン摂取に関し、1日当たり200 mgまでであれば、胎児や乳児の健康リスクは増加しないと評価しています。 (参考) Scientific Opinion on the safety of caffeine EFSA Journal 2015;13 5 :4102 (外部リンク) カナダ 2003年に食品中のカフェインについてレビューした結果から、以下の推奨摂取量を定め、2010年に消費者向けに注意喚起しています。 4~6歳の子供では、1日当たり45 mg 7~9歳の子供では、1日当たり62. 5 mg 10~12歳の子供では、1日当たり85 mg (コーラは、355 mL缶(12オンス)1~2缶まで) 妊婦や母乳で保育している母親は、1日当たり300 mg (コーヒーは、237 mL(8オンス)カップで2杯まで) 健康な大人は、1日当たり400 mg (コーヒーは、237 mL(8オンス)カップで3杯まで) (参考) Caffeine in Food Health Canada (外部リンク) また、2015年12月にエナジードリンクについてリスク評価を行い、典型的なエナジードリンクについて、大人では1日当たり2本までであれば、健康への悪影響の懸念はないとしつつも、子供ではカフェイン摂取を抑制するべきとしています。 (参考) (外部リンク) 豪州・ニュージーランド 2014年にカフェインについてのウェブページを公表しています。 5~12歳の子供では、1日当たり95 mg(コーラ約2缶)、大人では210 mg(インスタントコーヒー約3カップ)に相当するとしています。 (参考) (外部リンク) 食品安全委員会 食品中のカフェインについて情報提供するためファクトシートを公表しています。 (外部リンク).

次の

【カフェインの致死量って?】各社エナジードリンク徹底解剖してみた

カフェ イン 致死 量 モンスター

Key:RYYVLZVUVIJVGH-UHFFFAOYSA-N 物理的データ 1. ヒトなどに対して興奮作用を持ち、世界で最も広く使われているである。 カフェインは、に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 (coffee)からドイツ人によって単離されたため、カフェイン(: Coffein)と命名された。 主に、、、、、、やなどの、などにカフェインが含まれる。 一方で、妊娠期や過敏体質により、などカフェインを含有しない飲料の需要もある。 医薬品ではやなどに用いられる。 その際のとして不眠、などが含まれる。 減量あるいは中止によるとして、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。 カフェインは肝臓の代謝酵素で代謝されるため、この阻害作用のある薬と併用すると、血中濃度が高まり作用が強く出るを示すことがある。 一方、にはCYP1A2の代謝誘導作用があるため、習慣的にニコチンを摂取しているとカフェインの作用は減弱する。 カフェインの作用。 ヒトに対するカフェインの主な作用は、を興奮させることによる覚醒作用および弱い強心作用、脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果 、脳細動脈収縮作用、利尿作用などである。 体重減少作用を確認した研究がある。 医薬品にも使われ、眠気、倦怠感に効果があるものの、副作用として不眠、めまいなどの症状が現れることもある。 医薬品として [ ] 主に無水カフェインとして、一般消費者向けの総合感冒薬や鎮痛薬に配合されることが多い。 この他に、臨床的に偏頭痛等に用いられる場合があり 、にカフェインが配合された製剤も見られる。 また、カフェインの禁断症状として現れた頭痛に対して、一時的にカフェインを使用する場合もある。 総合感冒薬ではカフェインの作用である鎮痛補助目的が主で、配合されたやなど催眠性の強いの副作用を緩和する目的ではない。 しかし、逆に風邪を引いている時にぐっすり眠れるようにと、意図的にカフェインを配合していない感冒薬もあるように、消費者の心理的作用を利用した製剤もある。 また、はカフェインに安息香酸ナトリウムを加えて水に溶けやすくした物である。 芳香族化合物である安息香酸ナトリウムカフェインは、清涼飲料などの保存料の他に、単体と同じく興奮作用などを期待して使われる。 なお、カフェインの強心作用は非常に弱いため強心薬としては使用されず、むしろ、左心不全に伴って発生した呼吸器の症状を改善するため、主に気管支拡張作用を期待して補助的にカフェインが使われる場合がある程度に過ぎない。 パフォーマンス向上 [ ] カフェインは中枢神経を覚醒させ、疲労や眠気を軽減する。 通常の量であれば学習と記憶に影響し、一般的に反応時間、覚醒、集中、運動コントロールを向上させる。 これらの効果を得るために必要な量は個人によりけりであり、体格と耐性に依存する。 これら効果は経口摂取後約1時間で発生し、3時間から4時間後には半分程度に低下する。 外用薬 [ ] に対し血管形成を促し、ランダム化比較試験では浮腫と色素沈着を軽減している。 用クリームには、、、カフェインといったメチルキサンチンがよく配合され 、の結果、大腿部の太さを中程度に減少させたことが示された。 特定集団において [ ] 成人 [ ] 健康な一般成人の場合、1日当たり400 mg以上を摂取しないようは勧告している。 児童 [ ] 健康な児童にとってカフェインの摂取効果は「おだやかで一般的に無害」とされている。 カフェインが児童の成長を妨げるという根拠はない。 12歳以下の児童では、体重1 kg当たり2. 5 mg以上を摂取しないようカナダ保健省は勧告しており、これを子供の平均体重を加味して換算すると以下の値である。 年代 推奨される1日当たり摂取上限 4—6歳 45 mg 標準的なカフェイン含有350 mL飲料に含まれる量よりもわずかに上 7—9歳 62. 5 mg 10—12歳 85 mg コーヒーではカップ半分ほど 青年 [ ] カナダ保健省はデータが不充分であるため青年のためのアドバイスを作成してはいないが、この年齢群については1日のカフェイン摂取量が体重1 kg当たり2. 5 mgを超えないことを提案している。 何故ならば成人におけるカフェイン最大摂取量では、少年または成長中の青年には適切でない可能性があるためである。 1日の摂取量が体重1 kg当たり2. 5 mg以下であれば、大部分のカフェインを消費する青年らに影響を与えないであろうとの考えによる。 これは安全側にとった提案であるため、年長者で体重が充分にある青年では、成人と同じ量のカフェインを摂取しても、副作用の影響はないと思われる。 妊娠と母乳育児 [ ] は妊婦のカフェイン摂取量については、安全側にとって、1日200 mg未満に制限すべきであると勧告しており、これはインスタントコーヒーではカップ2杯、ドリップコーヒーではカップ1. 5~2杯に相当する。 (ACOG)は、妊娠中の女性のカフェインの摂取は1日当たり200 mgまでは安全であると2010年に示している。 授乳中の女性、妊娠している女性、または妊娠する可能性がある女性については、カフェイン摂取は1日当たり300 mg以下にするようカナダ保健省は勧告しており、これはコーヒーカップ(237 mL)2杯分に相当する。 副作用 [ ] カフェインの摂り過ぎは骨を弱くし、酷い場合には死亡する恐れもある。 がある場合には、カフェイン摂取は制限するか控えること。 身体的影響 [ ] カフェインは一時的にを止める働きがある一方で、常用するとかえって頭痛が起こりやすくなる。 これは、カフェインの脳血管収縮作用により頭痛が軽減されるためで 、時間の経過と共にこの血管収縮作用が消えると、反動による血管拡張により頭痛が生ずることがある。 カフェインの常用で血圧が4〜13 mmHgほど上昇する可能性も報告されている。 カフェインはの分泌を亢進させる働きがあるため、などのエストロゲンによる症状がある場合、カフェインの摂取を控えることで症状が改善する場合がある。 非喫煙者でコーヒー、カフェイン摂取量が高いほどのリスクが高くなるとの報告あり。 なお、では、「カフェイン」及び「コーヒー(飲用)」は「グループ3:発がん性を分類できない」に分類されている。 中毒 [ ] 詳細は「」を参照 カフェインのには、頭痛、短気、集中欠如、疲労感、過眠、胃・上半身・関節の痛みなどがある。 カフェインの禁断症状は、カフェインに依存の状態にある者がカフェインの摂取を中断してから12時間から24時間後に発生し、ピークはおよそ48時間後で、通常は2日から9日間で収まるとされる。 カフェインの禁断症状としてありふれた症状に頭痛が挙げられる。 長期間のカフェインの摂取者では、禁断症状として、不安、胃腸不快感、筋肉痛、カフェイン摂取の欲求などが報告されている。 経験者の知識・助言・支援などは禁断症状からの離脱の助けになるであろう。 市販の鎮痛薬に含まれるカフェインや他の成分への依存や禁断症状が、の発症に寄与する。 カフェイン離脱は、における診断名である。 過去の版ではカフェイン中毒があったものの、離脱は存在しなかった。 薬理 [ ] カフェインは、クモに作用し、巣作りに影響を及ぼす。 (下写真) カフェインはヒトにおいて経口摂取を始めとして、様々な経路から吸収され得る物質である。 カフェインが吸収されて血中に入ると、を通過することができる。 こうして脳内に移行したカフェインが脳内でを遮断することにより、脳内にATPの代謝物であるが蓄積しても睡眠の誘発が起こり難くなり、結果としてを維持しやすくなる。 アデノシン受容体は、ドパミン神経系のシナプスの後ニューロンに発現しており、ドパミン受容体と共役の関係にあることから、アデノシン受容体にアデノシンが結合すると、ドパミン受容体が不活性化され、シナプスでのドパミンによる刺激伝達が抑制されるわけだが、この時にアデノシン受容体のであるカフェインを服用すると、ドパミンによる通常の刺激伝達が行われるようになる。 つまり、脳内でカフェインそのものがヒトを覚醒させるわけではなく、脳内でアデノシンがヒトを眠らせようとする作用をカフェインが邪魔しているのである。 なお、シナプス間隙近傍のアデノシンは、覚醒時に次第に増加してゆき、睡眠時に減少する性質を持っている。 また、通常の状態ではドパミン刺激によって覚醒効果が得られるのだが、実際の覚醒はドパミン神経系の下流にあるヒスタミン神経系の放出するヒスタミンによって維持されているため、抗ヒスタミン薬による眠気には拮抗作用を持たない。 この他に、カフェインを始めとする誘導体に共通の活性として、の非選択的な阻害作用があり、細胞内濃度の上昇を引き起こす。 これにより、収縮力の増大、の弛緩、脳細動脈の収縮のような興奮様作用を示す。 これらの作用の結果、血管拡張により GFR が増大し、さらにでの水分の再吸収の抑制により利尿作用を現わす。 またに取り付いてその作用を抑制しているアデノシンの働きをカフェインが妨害するために頻尿になるという説もある。 さらに、cAMPの濃度の増大はを産生する細胞では、を活性化し、胃酸分泌を亢進する。 また、わずかではあるが骨格筋収縮力を増大させる作用もあり、2004年まではに対する禁止薬物リストにも含まれていた。 薬物動態 [ ] ヒトがカフェインを経口摂取した場合、最大血中濃度に達するのは、30〜45分後である。 ヒトの成体において、体内でのカフェインの半減期は通常、約4. 9時間程度とされている。 ヒトの体内でカフェインは代謝されて、主にに変換された状態で、尿中へと排泄される。 ただし、ヒトの場合、カフェインの代謝に関わる肝臓に発現している薬物代謝酵素の一種であるシトクロムP450のは、妊娠すると、その量が減ることが知られており、カフェインの代謝は遅くなる。 また、CYP1A2は、ヒトでは1歳になる前までに成体と同じレベルの量に達するものの、それ以前は少なく、特に出生前(胎児)のカフェインの排除能力は成体と比べて著しく低い。 その反面、1歳過ぎから思春期の頃までは、カフェインの排除能力が成体よりも高くなることが知られている。 なお、カフェインの排除能力の低いヒトの胎児では、CYP1A2による酸化とは全く別に、メチル化するという代謝経路も利用されることが知られている。 なお、カフェインの代謝産物は、最終的に尿中へと排泄される。 薬物相互作用 [ ] 「」も参照 カフェインは一部の薬とも相性が悪く、を阻害する薬剤(、、など)との併用では中枢神経作用が強く出現することがある。 MAOI との併用では頻脈・血圧上昇が見られやすい。 これは、カフェインがCYP1A2を阻害するとともに、カフェインのはCYP1A2およびにより行われることに起因する。 コーヒーや紅茶と一緒に薬を飲んでいけないと言われている理由は主にここにある。 一方、ニコチンはCYP1A2を誘導するため、カフェインの代謝が促進される。 そのため、喫煙者はコーヒー等で眠け覚まし目的にカフェインを摂取しても、非喫煙者よりその効果は低い。 また、カフェインは最終的にへと代謝され体内から排泄されるため、代謝が促進されると、それだけ尿酸の生産量も促進される。 また、カフェインには利尿作用もあるため、体内水分量が不足し、尿酸が析出しやすくなる。 尿酸はの原因物質である。 したがって、喫煙者でコーヒー等を日常的に摂取している人は痛風を発症する危険性が通常より高くなる。 痛風は男性に多い疾患ながら、女性にも起こり得る疾患であり、特に女性の痛風発症は喫煙およびコーヒーの日常的な過剰摂取が原因ともされている。 エタノールとの併用 [ ] DSST試験においては、エタノールはパフォーマンス低下を及ぼす一方で、カフェインは有意な改善を示す。 エタノールとカフェインを同時に摂取すると、カフェインによる影響は変化するが、エタノールによる影響はそのままである。 たとえば酒類にカフェインを加えたところで、エタノールの作用は変化しない。 しかしエタノールが追加された場合、カフェインに起因する不快感、注意力低下は減少する。 エタノール単独の場合は、行動制御の抑制と活性化の両方の側面が低下した。 カフェインは、行動抑制の活性化を低下させるが、行動制御抑制には効果が無い。 タバコ [ ] 喫煙は、カフェインを含む様々な薬剤の代謝に関与するを誘導し薬の効能を弱める作用がある。 バースコントロール [ ] の半減期は、カフェインにより延長されるため、カフェインを摂取する際は注意が必要である。 医薬品 [ ] カフェインは幾つかの医薬品の効果を増強させる。 例えば頭痛薬など。 また、脳内のアデノシン受容体は、ドパミン神経系のシナプスの後ニューロンに発現しており、ドパミン受容体と共役の関係にあることから、アデノシン受容体にアデノシンが結合すると、ドパミン受容体が不活性化され、シナプスでのドパミンによる刺激伝達が抑制されるわけだが、この時にアデノシン受容体のアンタゴニストであるカフェインを服用すると、ドパミンによる通常の刺激伝達が行われるようになる。 なお、シナプス間隙近傍のアデノシンは、覚醒時に次第に増加してゆき、睡眠時に減少する性質を持っている。 そのため、やを使用して、何日も睡眠していないと、これら薬物によりシナプス間隙のドパミン濃度が高値に保たれていても、後ニューロンが刺激を受容できない状態になり、覚醒効果の低下が生じてくる。 こうした状況では、カフェインの服用によって劇的な覚醒効果が得られる。 カフェイン含有量 [ ] カフェインは初めて単離されたコーヒーの原料の以外にも、やややなどにも含まれている。 したがって、これらから作られた飲食物、例えば、各種、、、、、などの飲料や、などの加工食品にもカフェインは含まれる。 さらに、やなどの飲料や、一部ののように、人工的にカフェインを添加した食品も散見される。 また、一部ののように、カフェインはとしての利用もなされている。 なお、茶に含まれるカフェインはと結びつくためにその効果が抑制されることから、コーヒーのような興奮作用は弱く緩やかに作用する。 ここで言う「天然のカフェイン」とは、コーヒーの種子又はチャの葉から得られたカフェインのことである。 から人工的に合成したカフェインなど、合成品のカフェインは使用できないと定められている。 代替品 [ ] カフェインの副作用を考慮して、嗜好品の中には、カフェインの含有量を通常の物より抑えた代替品が存在する。 これらはカフェインレスとして知られ、コーヒー、コーラ、茶類などのうち、カフェインの含有量の少ないもしくは含まない物としては、ノンカフェインコーヒー()、ノンカフェイン紅茶、ノンカフェインコーラ、またや、、、、、、、、、などがある。 デカフェ [ ] 詳細は「」を参照 東洋人とは異なり、西欧人にはやの代謝活性の高い者が多く、酒を飲んでも表情に出ず酔い潰れにくいということがあるが、反面、 カフェインへの耐性が無い、または低い人が多く、このような人はしばしばコーヒー酔いを起こす [ ]。 (カフェイン除去済みのコーヒー)の需要も存在し、21世紀初頭において、そのような製品も流通している。 デカフェの方法としては、例えば超臨界流体を利用して、カフェインを抽出するといった手法が存在する。 2005年にアメリカ合衆国で発売されたは、カフェイン入りの甘い酒であり、ガラナなど興奮成分も含有し、若年層に人気があったが、その若者でも飲みやすい味や12%以上のアルコール度数などから、多数の患者を出したことで、政府当局も問題視する声明を発表し、後にノンカフェインなど対策品も発売された。 歴史 [ ] (一説には1820年)にのによってコーヒーから世界で初めて単離された。 分析化学者であったルンゲに、コーヒーの薬理活性成分の分離を勧めたのはであったと伝えられている。 この化合物はコーヒー(coffee)に含まれていることから、カフェイン(: Coffein)と命名された。 ウードリーはに含まれる化合物を テインと命名したが 、 及びカール・ジョブスト によってテインはカフェインと同一であると確認された。 脚注 [ ]• Molecular Neuropharmacology: A Foundation for Clinical Neuroscience 2nd ed. New York: McGraw-Hill Medical. 2009. 375. "Long-term caffeine use can lead to mild physical dependence. A withdrawal syndrome characterized by drowsiness, irritability, and headache typically lasts no longer than a day. True compulsive use of caffeine has not been documented. Boca Raton: CRC Press. 2009. 229—230. "The suggestion has also been made that a caffeine dependence syndrome exists... In one controlled study, dependence was diagnosed in 16 of 99 individuals who were evaluated. The median daily caffeine consumption of this group was only 357 mg per day Strain et al. , 1994. Since this observation was first published, caffeine addiction has been added as an official diagnosis in ICDM 9. This decision is disputed by many and is not supported by any convincing body of experimental evidence. All of these observations strongly suggest that caffeine does not act on the dopaminergic structures related to addiction, nor does it improve performance by alleviating any symptoms of withdrawal"• American Psychiatric Publishing. 1—2. 2015年7月10日閲覧。 Additionally, the diagnosis of dependence caused much confusion. Most people link dependence with "addiction" when in fact dependence can be a normal body response to a substance. DSM-5 will not include caffeine use disorder, although research shows that as little as two to three cups of coffee can trigger a withdrawal effect marked by tiredness or sleepiness. There is sufficient evidence to support this as a condition, however it is not yet clear to what extent it is a clinically significant disorder. Abingdon: CRC Press. 2007. 222—223. Psychopharmacology Berl. 176 1 : 1—29. の29 January 2012時点におけるアーカイブ。 Pharmacological Reports 68 1 : 56—61. February 2016. DrugBank. University of Alberta 2013年9月16日. 2014年8月8日閲覧。 Pubchem Compound. NCBI. 2014年10月16日閲覧。 ChemSpider. Royal Society of Chemistry. 2014年10月16日閲覧。 Brain Research. Brain Research Reviews 17 2 : 139—70. 1992. Engl. Med. 327 16 : 1109—14. 池ケ谷 賢次郎「茶の機能と衛生」『食品衛生学雑誌』第30巻第3号、1989年、 :、。 Greenway 2001-8. Obesity reviews : an official journal of the International Association for the Study of Obesity 2 3 : 199—211. 治療薬マニュアル2010 p. 385,• 治療薬マニュアル2016 p. 397,p. 407• 治療薬マニュアル2016 p. 455,p. 456• 治療薬マニュアル2016 p. 438• Orthomolecular Psychiatry 10 3 : 202—211. 1981. Journal of Alzheimer's Disease 20 Suppl 1: S85-94. 2010. "Caffeine does not usually affect performance in learning and memory tasks, although caffeine may occasionally have facilitatory or inhibitory effects on memory and learning. Caffeine facilitates learning in tasks in which information is presented passively; in tasks in which material is learned intentionally, caffeine has no effect. Caffeine facilitates performance in tasks involving working memory to a limited extent, but hinders performance in tasks that heavily depend on this, and caffeine appears to improve memory performance under suboptimal alertness. Most studies, however, found improvements in reaction time. The ingestion of caffeine does not seem to affect long-term memory. Its indirect action on arousal, mood and concentration contributes in large part to its cognitive enhancing properties. Ivan Vrcek, Omar Ozgur, Tanuj Nakra 2016. Journal of cutaneous and aesthetic surgery 9 2 : 65—72. Sadick, Neil 2019. International Journal of Women's Dermatology 5 1 : 68—72. Turati, F. ; Pelucchi, C. ; Marzatico, F. ; et al 2014. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology 28 1 : 1—15. 2010年3月. 2010年11月8日閲覧。 Castellanos, F. ; Rapoport, J. 2002. Food and Chemical Toxicology 40 9 : 1235—1242. Levounis, Petros; Herron, Abigail J. 2014. American Psychiatric Pub. 2009年8月3日閲覧。 American College of Obstetricians and Gynecologists August 2010. Obstetrics and Gynecology 116 2 Pt 1 : 467—8. 中屋豊『よくわかる栄養学の基本としくみ』秀和システム、2009年6月、• 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ、「」、2016年7月13日閲覧• 、2016年7月17日閲覧• 安藤健二 2015年12月21日. ハフィントンポスト. 2016年1月30日閲覧。 『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』、2004年、625-626頁。 Caffeinedependence. org. 2012年5月25日閲覧。 Pharmacol. Rev. 51 1 : 83—133. 柴田護、鈴木則宏「」 pdf 『日本内科学会雑誌』第96巻第8号、2007年、 1634-1640頁、 :。 Matt Peckham 2013年5月31日. Time. 井上 雄一、林 光緒 編集 『睡眠の科学 - そのメカニズムと対応 -』 p. 46 - p. 48 朝倉書店 2011年1月25日発行• Eric R. Kandel 「カンデル神経科学」第5版 p. 293• Penny Cameron Le Couteur、Jay Surreson 著、小林 力 翻訳 『スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質』 p. 267 中央公論新社 2011年11月25日発行• Eric R. Kandel 「カンデル神経科学」第5版 p. 293• Medscape Multi-Drug Interaction Checker. 2012年1月5日閲覧。 高折修二、福田英臣、赤池昭紀、石井邦雄・監訳『グッドマン・ギルマン 薬理書〜薬物治療の基礎と臨床 〜(上巻)』第11版、廣川書店、2007年。 150, 151. 有吉範高、北田光一、「」『臨床薬理』 Vol. 34 2003 No. 4 P. 141-148• Mackay M, Tiplady B, Scholey AB April 2002. Human Psychopharmacology 17 3 : 151—6. Drug and Alcohol Dependence 63 2 : 123—9. July 2001. 11 3 : 228—36. August 2003. Clinical Pharmacokinetics 36 6 : 425—38. June 1999. Annual Review of Medicine 41: 277—88. 1990. American Family Physician 83 3 : 271—80. February 2011. Eric R. Kandel 「カンデル神経科学」第5版 p. 293• Nutrition Action Health Newsletter. 1996年. 2007年6月14日時点のよりアーカイブ。 2009年8月3日閲覧。 2006年7月7日. 2009年8月3日閲覧。 Caffeine Informer. 2013年12月8日閲覧。 J Anal Toxicol 32 8 : 702—4. Elmwood Inn. 2012年1月12日閲覧。 水出しにした場合、抽出時間にもよるが、これよりずっと少なくなる "" 2015年11月16日閲覧。 Guayaki Yerba Mate. 2010年7月17日閲覧。 平成8年4月16日厚生省告示第120号• 中村洋、「」 『化学と教育』 2015年 63巻 12号 p. 588-591, :• (グリー・ニュース2010年10月19日)2012年5月19日閲覧• Weinberg, BA; BK Bealer 2001. The World of Caffeine. Routledge. Dictionary. com 2010年. 2010年7月10日閲覧。 Oudry M 1827. French. Mulder, G. 1838. Jobst, Carl 1838. Liebig's Annalen der Chemie und Pharmacie 25: 63—66. 参考文献 [ ]• , 関連項目 [ ]• - カフェインと構造が似ており、カフェインと同じくによって代謝される。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (英語)• (英語).

次の

カフェインの過剰摂取について:農林水産省

カフェ イン 致死 量 モンスター

モンスターエナジーによる死亡原因 モンスターエナジーを飲みすぎることで死亡する主な原因とかんがえられるのがカフェインです。 一応カフェイン以外の主な成分を説明すると、糖分、ビタミン類など。 エナジードリンクらしい成分として高麗人参やガラナ、カルニチンなどが入っていて、海外ではタウリン、日本ではアルギニンが配合されていますが、これらはごく微量であり何本も飲んだからといって死亡する原因になるとは考えられないようです。 カフェインはこれらの成分よりも少なく配合されていますが、多く摂取することでカフェイン中毒になり、飲みすぎると死亡する可能性がある成分であることはわかっています。 もちろんモンスターエナジーだけでなくコーヒーなどもこの危険性に該当するので、実はモンスターエナジーが危ないわけではなくカフェインが入っているものはすべて同様の危険性を持っていると考えるべきなんですね。 何本モンスターエナジーを飲むと危険? モンスターエナジーに含まれるカフェイン量によって、何本飲むと危険かがわかります。 ちなみに100mlあたりに含まれるカフェイン量は、1本473ml 160mg配合 のアメリカよりも1本355ml 142mg配合 の日本のほうが多いことはほとんど知られていません。 主な症状は動悸、頭痛、吐き気、不安、焦燥感などです。 普通はこの段階でモンスターエナジーに限らず何かを飲もうとか食べようと思える状態ではなくなります。 例えば座りたい、横になりたい、水を飲んで落ち着きたい、と思うのが一般的な行動でしょう。 カフェインに弱い人はモンスターエナジーを2本 コーヒー2~3杯分程度 飲んだだけでも急性カフェイン中毒の症状を感じますがカフェイン耐性がある人は3本くらい飲んでもまったく症状をかんじることない場合もあり、人によって「どれくらい飲んだら危険水域か」というのは差があります。 ここでは一般的にほとんどの人が急性カフェイン中毒になる量をまとめました。 約半数の人が急性カフェイン中毒になるモンスターエナジーの量 急性カフェイン中毒は、体重1kgあたり6. 5mgのカフェインを摂取すると、約半数の人に現れるとされています。 カフェイン量 本数 アメリカのモンスターエナジー 455mg 3本 約1. 5L 日本のモンスターエナジー 455mg 3本半 890ml 体重70kgの成人男性は1時間以内に455mgのカフェインを摂取すると半数の人に急性カフェイン中毒の症状があらわれます。 致死量となるモンスターエナジーの量 年齢、体格、カフェイン耐性等々個人差が大きく関係しますが、5~10gのカフェインを短時間に摂取するとカフェインで死亡します。 このことをモンスターエナジーの本数と量で考えてみましょう。 カフェイン量 本数 アメリカのモンスターエナジー 5,000mg 31本 約14L 日本のモンスターエナジー 5,000mg 35本 12. 5L アメリカも日本のモンスターエナジーどちらも10リットル以上を短時間に飲むことで死亡します。 正直ここまでの量を飲むことは至難の業です。 モンスターエナジーは1ケース24本入りなのでアメリカにしろ日本にしろ短時間で1ケースを軽く飲みきってさらに10本近く追加で飲み続けないと死亡に至ることはできないと考えられます。 エナジードリンクは水分量が多いこともあり、死亡する量のカフェインを摂取するためには大量の水分を飲みこまなればいけないのです。 簡単に死亡することは難しく、これだけ飲むのは拷問に等しいでしょう。 改めて言いたいことは、この量を1日や1ヶ月で飲むと死亡するのではなく短時間の間に一気に摂取した場合です。 個人差がありますが数時間以内にすべて飲むと致死率が非常に高くなると思われます。 ここで注意したいのは体格が70kgの人の場合ですので、体重の軽い子供の場合は1ケース24本を一気飲みすれば死亡する可能性があります。 が、やっぱり1ケース10リットルのモンスターエナジーを体が軽く細い子どもが飲みきるのはかなり厳しいのではないかと思います。 ではなぜモンスターエナジーで死亡したとされるニュースがあったのか モンスターエナジーを飲んで死亡されたとされるアメリカなどのニュースでは、ほとんどが子供だったことです。 子供の場合は体が軽く臓器の働きも大人に比べればまだ弱いこと、また人によってカフェインに弱い人もいることなど大人よりもカフェインに弱い可能性が高いことが考えられます。 またカフェインの錠剤や粉末、コーヒーなどをモンスターエナジーなどエナジードリンクとは別に摂取していた可能性なども考えられるでしょう。 カフェイン錠剤や粉末は当然エナジードリンクとは比べ物にならないほど簡単に大量のカフェインを摂取できます。 日本人男性が死亡した際もエナジードリンクが取り沙汰されましたが実際は錠剤も飲んでいたことがわかっています。 アメリカのモンスターエナジーは死因がモンスターエナジーの飲み過ぎによるものだったとは言えないと発表しています。 飲み過ぎるという量では死亡することができないのは前述のとおりで、どう考えても10リットル以上飲み続けるのは子供では無理ですよね・・・。 アメリカのモンスターエナジーがこのように発表するのも当然でしょう。 モンスターエナジーをはじめとするエナジードリンクは危険であるというイメージが世界中どこでも持たれていることと、「エナジードリンクの飲み過ぎで死亡」というワードは印象としてはかなりインパクトがあるため定期的にニュースやコラムがネットに出回りアクセス数を稼ぐ定番ネタになりつつあります。 しかし多くの記事は最後に「エナジードリンクとの因果関係はまだわかっていない」と書いて締めています。 実際どのような成分が入っていてどのくらい飲むと体調を崩すのか、さらに死亡するにはどれくらいの量を飲む必要があるのかを計算してみないと見えてこない部分が今回のテーマでした。 飲み過ぎは糖分やカロリー面で健康的にもどうかなと思う部分はありますのでほどほどにしつつ、変なニュースにはまどわされないようにしたいですね。

次の