宇宙 エモい。 宇宙三部作を考察する※多忙につき更新中止

モンガー (もんがー)とは【ピクシブ百科事典】

宇宙 エモい

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年5月)() 真夜中の大江戸はぐれ町。 突然、うらら山が山火事になり町は大騒ぎに。 これに気づいたエビス丸は、ゴエモンのもとに走った。 裸で寝ていたゴエモンは大慌てで服を着てうらら山を見ると、山火事は治まっていた。 2人は安心して眠りにつく。 翌朝、2人は真意を確かめるために、うらら山に向うのだった。 うらら山で2人を待っていたものは…。 ゲーム概要 [ ] 本作はSFC版『』を踏襲した2Dグラフィックによるアクションアドベンチャーとなっており、各エリアの町を拠点に各地のダンジョンに入り、ボスを倒すことでシナリオが進行していく。 キャラクターのライフ(体力)の初期値は5 、残機数の初期値は3(表示は2)。 回復アイテムがないときにライフがなくなると残機が減り、残機がなくなると。 コンティニューした場合、最後に旅日記をつけた(セーブした)地点からやり直しとなる。 よろずやで大入り袋を買うことで、残機数を増やすことができる。 道中の各地やアクションステージに置かれている「銀の招き猫」を4つ、もしくは「黄金の招き猫」1つを集めると、ライフの最大値を1つ増やすことができる。 今作ではウェポンの性能や攻撃力の強化はレベル制となっており、敵を倒したり巻物を取ったときに、経験値を得るようになる(レベル・経験値は全員共通)。 経験値が一定以上になるとレベルが上がり、ウェポンの攻撃力や性能が上がる。 最大レベルは4であり、一応次のレベルに必要な経験値として99999と表示されるが、実際は99998でカウントがストップする。 本作のインパクト戦のシステムはSFC版『3』を踏襲した2D構成になっているため、3D作品で存在した視点移動の要素は存在せず、必殺技の大部分もそちらを踏襲している。 コクピット自体は2D描写だが、戦闘そのものはポリゴン描写になっている。 前哨戦ステージも存在し、『3』同様の低速横スクロールアクション『激震インパクトステージ』が挿入される(ただし、ゲーム中では1度しかない)。 2D描写であるため、味方側のパイロット描写やインパクト戦前後の敵との会話シーンが復活している。 登場人物 [ ] プレイヤーキャラクター [ ] これまでのシリーズに登場するゴエモンとエビス丸に加え、今作のみサスケとヤエに代わり、新キャラクターのゴロクとババンがメインキャラクターとなった(サスケとヤエはゲストキャラとして登場)。 旧作同様、キャラクターチェンジによる能力や武器の使い分けでゲームを進めていく。 また、過去作と異なり、各エリアマップ上ではキャラクター全員が隊列を組んで並んで歩いていくようになっており、そのままボス戦になることもある。 ゴエモン 正義の義賊。 ゲーム内ではわりと常識人で会話のツッコミ役。 ジャンプ力は2番目に高い。 メインウェポン:キセル キセルで相手を叩く。 リーチはやや短めだが、レベルが上がると炎が出るようになる。 サブウェポン:小判(1両消費) タメ撃ち:貫通小判(5両消費) 貫通小判は通常より攻撃力が高く、敵を貫通する。 エビス丸 ゴエモンの相棒で、自称「正義の忍者」。 しかし、見た目は泥棒にしか見えないおまぬけ忍者である。 会話ではもっぱらボケ担当で、シリアスなシーンでも平気でボケ倒す。 通称「エビちゃん」。 ジャンプ力は3番目に高い。 メインウェポン:マジックハンド マジックハンドで攻撃。 レベルが上がると攻撃力とリーチが長くなる。 また、『』『』における、ゴエモンの「チェーンキセル」と同様の効果を持ち、フックなど特定のポイントに引っ掛けて移動に用いることができる。 サブウェポン:手裏剣(2両消費) タメ撃ち:反射手裏剣(4両消費) 手裏剣は伏せて撃っても地形に沿わず、横に飛ぶ。 反射手裏剣は壁に当たると反射し、遠くにあるスイッチを作動させることが可能。 ゴロク うらら山のけわし谷に根城を構える山賊一味の頭。 ゴエモン同様、私腹を肥やす悪人しか狙わない義賊であり、弟子入り志願を断られつつも憧れのゴエモンの仲間となって行動を共にする。 エビス丸とはチームのお笑い担当。 単純だが、仲間思いで正義感が強い。 高所恐怖症。 うらら山付近の地理に詳しい。 ジャンプ力は最低だが力を活かして特定のブロックを動かすことができる。 メインウェポン:空手攻撃 パンチやキックで攻撃。 特定の障害物を壊すことができる。 レベルが上がると衝撃波が飛ぶようになる。 サブウェポン:岩(3両消費) タメ撃ち:爆発岩(6両消費) 岩を飛ばして攻撃。 特定の障害物を壊すことができる。 過去のシリーズにおけるサスケの「花火爆弾」と違い、放物線上に飛ばず下に投げ落とすような形となる。 ババン 宇宙警察銀河大隊に所属する宇宙刑事で、その名の通りおばあちゃん。 宇宙船イチバンブロ号で宇宙海賊リンダーラを追っていたが、リンダーラの息子アコギングに強襲された末に地球にたどり着き、アコギングのメカに捕らえられているところをゴエモンたちに助けられる。 ターミネーターのグラサン顔をモデルにした面持ち。 ゴエモンたちの腕を見込んで、仲間に加わった。 物知り爺さんの科学力に驚くなど、地球を満喫している様子。 ジャンプ力は一番高く、短時間ホバリングも可能で遠くの足場へと渡れる。 メインウェポン:ステッキ ステッキを刀のように振って攻撃。 レベルが上がると衝撃波が飛ぶようになり、リーチが長くなる。 サブウェポン:光線(エネルギーウェーブ)(通常1両、タメ撃ち4両消費) 光線を打ち出して攻撃。 火を消すことができる。 貫通性能はない。 タメ撃ちでは射程距離が長くなり、ホーミング性能が付く。 サブキャラクター [ ] ゴエモンインパクト 物知り爺さんが作った巨大からくりメカ。 最終決戦の前には物知り爺さんに宇宙仕様の改造を施される。 ダンサーを続けているかは不明。 おみっちゃん アコギングに誘拐された。 ゴエモンシリーズのヒロイン。 サスケ 今回はプレイヤーキャラクターから外れ、脇役に。 終盤ではサスケの頭部が重要な役割をする。 ヤエ ゴエモン一行をサポートするくの一。 サスケと同じく、今作では脇役で数回しか登場しなかった。 通称「ヤエちゃん」。 おゆき ヤエちゃんのいとこの隠密。 かめきち 物語のカギを握っている亀。 エビス丸だけカメ語を翻訳できる。 物知り爺さん ババンを驚かせる科学力を誇る伊賀の爺さん。 獅子重禄兵衛 未来の大江戸に住むゴエモンの子孫。 『がんばれゴエモン3』の最終ボスだったが、憧れの先祖であるゴエモンより義賊の心を教わって改心し、未来の大江戸を守ることを誓った。 本作では未来の図書館の歴史書でゴエモンに力を貸すことを知り、物知り爺さんと共にゴエモンインパクトを宇宙戦闘用に改造してくれる。 敵キャラクター [ ] 宇宙海賊アコギング 宇宙大海賊リンダーラの息子。 義賊である母とは違い、ワガママでマザコンでお調子者のドジ。 部下からも軽蔑視される。 地球の宝を根こそぎ奪うべくやってきた。 ゴエモン達に倒された後、リンダーラに収容され、根性を叩き直す為に暗黒星に送られた。 サーハットリ 最初に戦うボス。 宇宙海賊の偵察隊らしい。 うらら山のゴロクのアジトを襲った。 自称「紳士」。 番車 イチバンブロ号に潜んでいたボス。 ゴエモン達の後ろから現れ、攻撃してくる。 ボスとしては珍しく、言葉を話さない。 マシンガンやミサイルなどを搭載しているからくり。 からくり大介 巨大なメカに搭載されている敵。 警戒態勢中にゴエモンインパクトを見つけ、立ちはだかった。 一度負けた後、莫大な修理代を使ってまで戦法を変えてリベンジを狙うも、またも敗れた。 シーワールドではからくり大介に似たボスが現れた。 山奥の女 山奥に住む若い女。 その正体は山姥で、ゴエモン達に襲い掛かる。 四方八方に飛び回り、プレーヤーを苦しめる難敵。 倒すと「あったけえ」という竹が手に入る。 宇宙海賊ではなく、地元の妖怪のようである。 もちどざー かがみもちにメカの脚が生えたような姿をしたメカ。 鉱山のボス。 コンピュータに致命的なバグを抱えており、再生ボタンと間違えて自爆装置を作動させ、自爆した。 キンカク・ギンカク キンカクギンカクの塔のボス。 地底帝国への鍵を持っている。 キンカクは巨大なひょうたんでゴエモンたちを攻撃し、ギンカクは腕に装備された伊勢海老から出された小海老で動きを封じる攻撃をしてくる。 実は、2人とも同じコンピュータを備えたロボット。 なおキンカク戦では一度負けるとBGMが変化する。 飛車丸 地下帝国のマグマ採掘工場のボス。 クセ者だらけの宇宙海賊の中でも、かなりのドジ。 ババンに秘密を知られ、襲い掛かってくる。 がんちょき 亀神殿のボス。 あだ名星人。 すぐに冷静さを失うが、ギミック仕掛けのスペシャリストを自称している。 攻撃パターンはおもちゃ。 攻撃を当てるといかにも効いているような反応を見せるが、実はHPは無限であり、ある方法を取らないと倒す事ができない。 からくりでんでん 要塞クドーインの警備隊長。 元はただの犯罪者に過ぎなかったらしく、過去にババンに倒されて宇宙ゴミ解体センターに送り込まれたが、脱走。 その事をずっと根に持っている。 こでんでんを操り、プレイヤーの動きを封じる戦法をとる。 ろくろっくび オカマ口調の首が長いメカ。 首のアタッチメントを変えることで多彩な攻撃を行なう。 アコギングの命令を無視して勝手な行動をとり、ゴエモンインパクトのコックピットに置かれていたサスケの首を盗みコレクションとして飾っていたところをゴエモン達に発見されゴエモン達と戦う事になるも、最後にサスケの頭をつけた際、意識を取り戻したサスケに返り討ちに遭い破壊された。 ベンジャミン アコギング専用の伝言ロボ。 その性格は変態そのもので、アコギングにも引けをとらない。 片言の日本語を話す。 アクの強いキャラクター設定が好まれ、ファン投票でも上位にランクされることが多い。 アコギングの伝言を伝えた後、自爆した。 宇宙大海賊リンダーラ 宇宙最大の海賊団の女ボス。 元々は義賊の血筋で息子のアコギングを修行の為に一人立ちさせるも、その不甲斐なさと傲慢さに業を煮やしエンディングに登場。 敵キャラではあるものの彼女との戦闘は存在しない。 ババンとは昔からの好敵手。 専用戦艦はエビフライそのもの。 ババン曰く、ゴエモンインパクトでも歯が立たないほどの強力な戦艦らしいが技術に差があるにも関わらずアコギングと互角以上の戦ったゴエモン達を称えた。 その他のキャラクター [ ] どろろんぱ おみっちゃんの家にいた泥棒。 ゴエモン達に見つかるが、何とか誤魔化す。 その後、竜の宮にも現れ、役人に追われる。 まさし ゴロクの子分。 アジトへの道を塞いでいる大岩の消し方を教えてくれる。 礼儀正しい山賊。 たけとりじい はぐれ町に住むおじいさん。 ほろほろ寺の巨大な竹を「す〜ぱ〜なた」で切ってくれる。 かわらばんやの父親。 かわらばんや ネタ探しに苦戦している、たけとりじいの息子。 ゴエモン達に宇宙海賊の情報を教える。 父親思いである。 やすし かわらばんやの知り合いで、宇宙海賊の情報を彼に教えた。 家は留守になっているが、後に地下帝国にいることが判明する。 子供 はぐれ町にいる子供。 アメをねだる。 正体は宇宙人で、空間移動で逃げようとする。 あきやまもんばん 竜の宮の入り口に立っている門番。 悪人ではないが、顔色が悪い。 町・ステージ [ ] 大江戸はぐれ町 地理的には『がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め』とほとんど変わっていない。 ゴロクの先祖が作った秘密の通路の出口がある。 ほろほろ寺 おなじみのボロ寺。 今作ではうらら山入り口に通じている。 竹薮には巨大な竹がある。 うらら山 山賊の住む山。 途中、大岩が道を塞いでいる。 面積はかなり広い。 ゴロクのアジト 山賊たちのアジト。 宇宙海賊が多数巣食う。 奥にいるサーハットリを倒すとゴロクが現れ、仲間になる。 川下り 山火事があった場所まで行ける。 丸太に乗って下っていく。 イチバンブロ号 うらら山で大破しているババンの宇宙船。 中に敵が入り込んでおり、番車を倒すとクリア。 ババンからイチバンブロ号が墜落した事情を聴ける。 墜落のときに燃料制御装置が外れた。 海洋 はぐれ町で宇宙人の空間移動に巻き込まれ、飛ばされた海の上。 ゴエモンインパクトを呼ぶが、からくり大介に見つかってしまう。 秋山 海洋でからくり大介を退けると着く、竜の宮の近くの山。 迷路のように入り組んでおり、どこか怪しい雰囲気が漂う。 妖怪が住む家とどろどろ温泉という寂れた温泉がある。 竜の宮への入り口には顔色の悪い門番がいて、手形のない旅人を遠ざけている。 竜の宮 金山で栄える気候の差が激しい町。 旅人はほとんど訪れない。 穏やかな町だったが、宇宙海賊がはびこるようになってから治安が悪くなった。 シーワールドとキンカクギンカクの塔は宇宙海賊のアジトである。 ゴエモンたちはここでおみっちゃんが失踪したことを知る。 シーワールド 竜の宮の施設。 亀のショーで町人を楽しませていたが、宇宙海賊に乗っ取られた。 ボスを倒すとかめきちが現れ、「たーとるおれ」の情報を話して去っていく。 冬山 竜の宮と鉱山を結ぶ雪山。 「あったけえ」がないと体力が減っていく。 冬山では動きが鈍くなる。 鉱山 竜の宮の金山。 宇宙海賊に目をつけられ、もちどざー達が占拠。 以前とは比べ物にならないくらい掘り進められたらしい。 ガスが充満している所がある。 「キンカクギンカクの塔」の手形を入手すると、もちどざーが自爆する。 キンカクギンカクの塔 キンカクとギンカクの基地。 地下帝国の扉を守っている。 地下帝国 宇宙海賊の本拠地。 住民は宇宙人。 マグマ採掘工場 飛車丸の基地。 宇宙海賊の採掘場。 亀神殿 亀が奉られている遺跡。 心が清らかな者以外は追い出される。 カメディウス かめきちに乗って敵を撃つミニゲーム。 『』のパロディ。 宇宙要塞クドーイン ラストステージ。 アコギングの私用の要塞。 漫画 [ ] 『』()にて連載。 全4話で構成されている。 単行本は全1巻。 ババンが若作りをしていたり、ゴエモンとババンが恋愛関係になりかけるなどオリジナル要素がある。 ストーリーの長さは、シリーズでは特に短く、本編の内容を大幅に省略されており、ほとんどのボスキャラクターが未登場。 第1話 宇宙刑事参上! その名はババン• 第2話 最凶の宇宙海賊アコギングを追え• 第3話 おみつさらわる! 宇宙へ飛べGインパクト• 第4話 宇宙一大決戦! 勝者はオレさまだ 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

21エモン 宇宙へいらっしゃい! : 作品情報

宇宙 エモい

もくじ• 映画『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』とは? 出典:21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス 21エモン映画『21エモン 宇宙(そら)いけ! 裸足のプリンセス』は、1992年に『ドラえもん のび太と雲の王国』の同時公開作品として公開されました。 上映時間は39分とやや長め。 テレビシリーズの2年後という設定で描かれています。 ちなみにモジャ公ってこんなの。 amazon. 裸足のプリンセス』のあらすじ それでは早速『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』のあらすじをご紹介します。 裸足のプリンセス』DVD 21エモンはホテルつづれ屋の跡取り息子。 そんなある日、地球にノーブル星の王家がやってきます。 ノーブル星の王女であるファナは、王家としての窮屈な日々に退屈していました。 ある日ファナは城を抜け出す決心。 友達の助けで城を抜け出した世間知らずのファナは、1人で町を散策します。 そして疲れ果てて辿り着いた先が21エモンのいるホテルつづら屋だったのです。 宇宙へ飛び出す! 出典:映画『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』DVD ファナはそのままつづら屋に宿泊することになり、21エモン達と宇宙の話で意気投合します。 しかしそこへファナを追ってノーブル王家の親衛隊がファナを連れ戻そうとやってきました。 どうしても連れ戻されたくないファナは、21エモンに今すぐ自分の宇宙船で旅に出ようと言います。 事情はわかりませんが、ファナの必死さに21エモンは頷くと、モンガーのテレポーテーションでファナの宇宙船へと行き宇宙に飛び出します。 出典:映画『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』DVD その宇宙船は21エモンが興奮するほど整備の行き届いた性能の良い宇宙船でした。 ファナはお金持ちなんだね、と何気なく21エモンがそう言うと、ファナは一応父親がノーブル王だと告げます。 ファナが王女だと知った21エモン達はこれからどうするべきかを話合うため3人で緊急会議を実施。 ファナはというと、王女と言ってしまったことで21エモン達が他の人達と同じように自分を特別扱いするのではと気持ちが沈んでしまいました。 しかし21エモン達は態度を変えずにそのままファナに宇宙旅行を楽しもうと提案するのです。 宇宙レース『アステロイドラリー』に出場! 出典:出典:映画『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』DVD 宇宙へ飛び出して21エモン達はすぐに問題に直面します。 旅の資金が底を尽きそうになったのです。 お金はないのにゴンスケは超高級ホテルに泊まるしやり放題。 最後の手段ファナにお金を借りようとしますが、 ファナはお金を持っているどころか見たこともないというのです。 しかしレースの終盤になってもなかなかレースを抜けられず、宇宙船が破損してしまいます。 出典:映画『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』DVD そのままそれを理由に逃げようとゴンスケは言いますが、悔しい21エモンは宇宙船を修理してそのままレースを続行することを決断。 ライバルのヒロンとの真剣勝負やガルガの違反行為にもめげずに21エモン達はレースに臨みます。 レースの行方は一体どうなるのでしょう!? 映画『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』の登場人物 それでは『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』に登場する人物をご紹介します。 裸足のプリンセス』DVD この作品の主人公。 ホテルつづれ屋の跡取り息子。 家業を継ぐ気はないらしいが、自分のホテルに愛着は持っている様子。 1986年にデビューし活動を開始した今ではベテランの声優です。 また藤子・F・不二雄作品繋がりでいくと、 『チンプイ』の内木翔の声も演じています。 裸足のプリンセス』DVD テレポーテーションや透視の能力を持つ生き物。 21エモンを慕ってつづれ屋に住み着いている。 楽しそうに見えるが、 実はホテル代の肩代わりに置いていかれたという過去を持つ。 1986年から声優として活動を始めた女性声優になっています。 佐々木望さんとは声優活動開始は同じ時期なんですね。 出演作品の数が増えてきたのは1991年ごろからで、モンガー役も1991年に獲得した役のようです。 有名な作品は 『名探偵コナン』の円谷光彦、 ポケットモンスターの『サトシのピカチュウ』、 ONE PIECEの『トニートニー・チョッパー』があります。 長期連載作品への出演が多い印象がありますね。 裸足のプリンセス』DVD イモ掘りをこよなく愛する元イモ掘りロボット。 今はつづれ屋でボーイとして働いている。 無断で掘ったイモを焼いて食べたせいでクビとなり廃棄されるところを先代の20エモンに安く買われた経緯がある。 しかし 恩義を感じるどころか、イモのことしか考えていない。 1976年から活動をしている声優になります。 21エモン役の佐々木望さんやモンガー役の大谷育江さんからすると10年も活動歴が長い大先輩だったんですね。 出演作品の一覧を見ると主役を演じるという作品よりもサブ役としてたくさん出演されている印象がある声優です。 有名な作品としては 『ハイスクール! 奇面組』の大間仁、 『ドラゴンボール』のウーロンがあります。 藤子・F・不二雄作品では水田わさびドラえもんになった今もゴンスケとして多数の劇場版に出演されています。 裸足のプリンセス』DVD ノーブル王国の王女。 訪問の一環で地球を訪れるが、窮屈な生活に嫌気がさして城を飛び出す。 スーパー世間知らずで、怖いもの知らず。 1988年から活動を開始した声優で、佐々木望さんや大谷育江さんからすると後輩になるんですね。 活動開始序盤から主要な役を演じている作品も多いようで、有名な作品としては 『魔法使いサリー』の春日野すみれ、 『美少女戦士セーラームーン』の水野亜美、 『カードキャプターさくら』のケルベロスがあります。 裸足のプリンセス 銀河ラリー参加者のひとり。 ファナとは面識があるようす。 高飛車な面があるが正義感に厚く、正々堂々としたレースを信条。 1986年から活動をしている青二プロダクションの声優です。 早稲田大学卒業という異例の経歴をお持ちで何故声優になったか気になるところです。 最近ではテレビアニメへの出演は少なくなっています。 登場作品としては 『聖闘士星矢』のライオネット蛮、 『ONE PIECE』のジュラキュール・ミホークがあります。 裸足のプリンセス』DVD オオトカゲ風の容姿をした宇宙人で銀河ラリーの参加者のひとり。 卑怯に卑怯を重ねる卑怯者以外に表現しようがない卑怯者。 俳優、声優などとして幅広く活躍されていました。 残念なことに2010年に亡くなられています。 渡部猛さんはドラえもんの大長編映画のサブ役として出演されていました。 『ドラえもん のび太とアニマル惑星』の不動産屋、 『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』の種まく者〈魔神の姿〉、 『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』のマズーラなどがあります。 21エモン達とドラミちゃんの関係 突然ですが、21エモンとドラミちゃんがコラボしている映画作品があるのをご存知ですか? コラボと言っても同時に画面は写っていないのですが…。 』のエンディング。 ドラミちゃんの卒業式に21エモン、モンガー、ゴンスケの3人が参列しているのです。 』DVD ドラミちゃんの卒業式に何故21エモン達が参列しているかは謎ですが、 貴重なコラボシーンを是非一度ごらんください。 映画『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』感想やレビュー・まとめ それではここで『21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセス』の感想をTwitterで集めてみました! やはりマイナージャンルなので、感想古めのものが多いですがご容赦ください; ドラえもんのこと考えてたら21エモン見たくなってきたな…劇場版の「宇宙(そら)いけ、裸足のプリンセス!」は本当に名作だと思うけど今までだれかとこの感動を分かち合えたことが無いwこの作品のせいで宇宙レースもの大好物だから先々週くらいのスペースダンディはわくわくしっぱなしだったなー — onozucca onozucca マイナー作品だから故におもしろさを共有できる仲間がいないのは寂しいですね; ちなみに私はコメントやTwitterでいつでもみなさんの熱い思いを待っています。 あとウメ星デンカ 宇宙の果てからパンパロパン!とか21エモン 宇宙いけ!裸足のプリンセスとかも作画いい。 ドラ映画の堅実な作画も良いんだけど、併映は現代的な派手な作画。 — なぞろ🦖 akasata7zo6 そうです、同時上映作品だからってナメちゃいかんのです、ナメちゃ!.

次の

21エモン 宇宙へいらっしゃい!

宇宙 エモい

曖昧さ回避 「」のの変身形態は表記の「」の項参照。 CV: 81年映画版 91年版 藤子F不二雄ミュージアム版 概要 おんぼろ旅館「」に住む。 制度が存在しない出身のが、宿代の代わりに置いて行った「かわいい」。 その正体は 絶対生物の異名を持つで、のでも無制限に活動が可能であり、数万度のにも、近い低温にも平気で耐える恐ろしいほどのタフネスぶりを持つ。 は頑丈で、やをボリボリかじってにしてしまうほどの悪食。 基本的にで1週間に1回話せばいい方、という種族なのだが、たまたまが(がつまっている)にぶつかったせいでペラペラと饒舌にしゃべるようになった。 3㎞以内ならやといったが使える。 あだ名は「」。 ちなみにこれとは別のモンガーも登場している。 1991年アニメ版 ヘッコロダニ星雲タンバ星系ササヤマ星出身の「絶対生物」。 学術名ケイイチハラと設定されている。 なんとササヤマ星人のの中に入って しての登場。 つまりは犯罪者。 そのままつづれ屋に居着いている。 最初から饒舌。 超能力はテレポートのみだが、が言うにはの能力等が潜在していると言われている。 また、マジカル星人のの発明品が大量に入った無限トランクをうっかり飲み込んでしまってからは内のアイテムを出すことができるようになったものの、あまり使いこなせていなかった。 21エモンの息子のの代もゴンスケともども健在でお目付役的な立場で行動を共にしている。 余談 『』に登場する江戸川モンガースのキャプテンにしてエースピッチャーの門我は勿論こいつがモデルだが、つづれ屋とは違い実家はグラウンドを買い取れるほどの富豪である。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の