ハッピー マニア。 45歳まで何があった…? 『ハッピー・マニア』の新展開に大人女子は目が離せない

『ハッピー・マニア』の続編が怖い!恋愛だけに打ち込んできた若い女の子が、45歳になったらどうなる?

ハッピー マニア

あらすじ [ ] 重田加代子(愛称:シゲカヨ)は、自分だけ恋人がいない事に日々悩んでいた。 理想の恋人を求めて突っ走るが、いつも何かに引っ掛かる。 しかし失敗しても、すぐに立ち直りスタートに戻る。 そんな彼女に振り回されるのが、シゲカヨの年上の親友・福永ヒロミ(愛称:フクちゃん)である。 「そんな男に引っ掛かちゃダメよ」と言うが、実は自身もここ数年いい男が目の前に現れない。 果たして、2人の「しあわせさがし」の行方は? テレビドラマ [ ]• 放送期間:1998年7月8日 - 9月23日• 放送時間:水曜日22:00 - 22:54• 放送回数:12回• 平均視聴率:16. 重田加代子(25):• 福永ヒロミ(27):• 松江剛(27):• 藤堂秀樹(34):• 高橋修一(21):• 三浦すみれ(20):• 坂巻麗子(32):• 山田肇(35):• 松本光二:• 田村純:• 堺邦彦:• 岸和田悟郎:• 梅本みどり:• 梅本駒人:• 大河内清次:• 大倉竜太:• 重田和代:• 水沢達也:• 中島俊介:• 高橋真一郎:• 高橋よし子: その他 [ ]• 他 出演協力 [ ]• スタッフ [ ]• 原作:安野モヨコ『ハッピー・マニア』(祥伝社フィールヤング連載)• 脚本:、• 音楽:• オリジナルサウンドトラック:ビクタースピードスターレコーズ• 企画:、• プロデュース:• 演出:、• プロデュース補:• 演出補:、明山智、岡嶋純一• 制作担当:坂下哲也• 制作主任:小川賢治、伊藤宏、織田真二• 音楽協力:• 協力:、、• 制作:フジテレビ、 テーマ曲 [ ]• 主題歌:『』()• 挿入歌:『Love2 Power』 受賞歴 [ ]• 第18回• ベストドレッサー賞(稲森いずみ) 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 視聴率 1 1998年7月08日 恋の暴走機関車!! 完全不倫宣言 14. フクちゃんの結婚式 18. 成田前離婚 不明 11 1998年9月16日 失礼な!! 嫁不適格だと!? この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 系 前番組 番組名 次番組.

次の

後ハッピーマニア5話ネタバレ【寿子の男を虜にする方法が気持ち良すぎてヤバい】

ハッピー マニア

は、月刊誌『 FEEL YOUNG』に連載されていた安野モヨコ先生の漫画で、1998年にはドラマ化もされた人気作品です。 『ハッピー・マニア』の何がすごかったのか 『ハッピー・マニア』は、連載当時かなり革新的な作品でした。 主人公は理想の恋人を求めて、痛い目を見ながら突っ走り続ける女・重田加代子(通称:シゲカヨ)。 数々の男性と関係を持ち、失敗しては親友のフクちゃんに泣きつく、というのがお決まりのパターンです。 最終巻では、自分のことを愛し続けてくれた真面目だけどイケてない書店員・タカハシの魅力に気がつき、結婚することを決意します。 通常の恋愛漫画であれば、「なんだかんだあったけど、最後には幸せな結婚ができてハッピーエンド。 これで、ハッピーを追求するシゲカヨの旅は終わった」となりそうなものですが、『ハッピー・マニア』は一歩先のラストを提示しています。 ラスト、ウエディングドレスに身を包んだシゲカヨは悩み続けます。 「なんでだ? あたし、なんでここにいるのかな。 ウエディングドレスとか着ちゃって、何をしようとしているのか。 何になるの? 何をしたいの? どーすんの? あー。。 彼氏欲しい。 彼氏欲しい!! ふるえるほどのしあわせって、どこにあるんだろう。 これからも、それを探して行くのかな」(第11巻 P. 218〜P. 222) 自分の幸せは何なのか、それが分からずに、世間の考える幸せの形を試してみようとする、そういった複雑な女性心理をギャグ要素たっぷりに描き、笑い飛ばしながらも、どこか他人事ではないように感じさせてくれる、『ハッピー・マニア』は、そういった迫力のある漫画だったのです。 恋愛だけに打ち込んできた若い女の子が、45歳になったらどうなる? ところで、数々の恋愛を繰り返し、職も転々としていたシゲカヨが、タカハシと結婚しとりあえず落ち着いたように見えたのは20代後半のことでした。 「幸せ探し」「自分探し」は20代までならかっこもつきますが、年齢が上昇すると同時に、イタさが増してきがちです。 去年(2017年)『FEEL YOUNG』上に掲載されていた、『ハッピー・マニア』の続編を読んだ時には、シゲカヨの痛々しさを正視するのがキツイほどでした。 続編では、シゲカヨは45歳。 タカハシに「好きな人ができた」と離婚を切り出されます。 シゲカヨは、40代にして、いきなりバツイチ無職になってしまう可能性がでてきてしまったのです。 離婚を突きつけられたシゲカヨは、親友フクちゃんに泣きつきます。 タカハシは以前別の女性と結婚しており、シゲカヨとの結婚はいわゆる略奪婚。 過去には同僚から略奪婚を責められ「自分が結婚して相手が他の女に走っても、当然文句言わねーんだ。 かっこいいー」と責められ、「ま、まあね。 (だって、恋は自由競争で、他に好きな人ができちゃったらどうにもならないから)」と割り切った考えを持っているように見えたシゲカヨでしたが、自分の身に実際に起こるとなると、やはり平静を保つことができなかったようです。 タカハシに離婚を突きつけられたのが、シゲカヨが20代後半のときだったら笑いながら次の恋のハンティングに出かけていたことでしょう。 でも、40代半ばのシゲカヨに次の恋をハンティングするバイタリティが残っているかは疑問です。 また、もっと切実な問題として、離婚後、経済的に苦しくなる可能性が多いにある、という点が挙げられます。 20代なら、いくらでもアルバイト先はあったでしょう。 シゲカヨはこれまでに、カフェ店員や書店員、美容部員など様々な就業経験があります。 でも、40代半ばともなれば、仕事先のチョイスはかなり狭まってしまいます。 「ふるえるほどの幸せ」を求め、恋愛至上主義で生きていた女性が、恋愛を失った後には何も残っていなかった、という危険性があることを『ハッピー・マニア』の続編は示唆しています。 ただ、ひとつ確かなのは、もしシゲカヨに親友、フクちゃんの存在がなかったら、笑えないほど孤独になっていただろう、ということ。 『ハッピー・マニア』の続編を読んだときに怖いと感じるのは、「年齢を重ねた先に、恋愛や夫しかよりどころがないという状態のリスク」「若さや恋愛によってもたらされる幸福の儚さ」をまざまざと見せつけられるからでしょう。 「年齢を重ねたあとに、自分には何も残っていなかった」というリスクを避けるためにも、家族や友達を大切にし、自分でも経済力を持っておくことが必要ではないか、と思わされる作品でした。 【PROFILE 今来今/Imakita Kon】 映画・舞台・漫画が好きなフリーライター。 映画評・書評・恋愛コラムを執筆中。

次の

45歳まで何があった…? 『ハッピー・マニア』の新展開に大人女子は目が離せない

ハッピー マニア

あらすじ [ ] 重田加代子(愛称:シゲカヨ)は、自分だけ恋人がいない事に日々悩んでいた。 理想の恋人を求めて突っ走るが、いつも何かに引っ掛かる。 しかし失敗しても、すぐに立ち直りスタートに戻る。 そんな彼女に振り回されるのが、シゲカヨの年上の親友・福永ヒロミ(愛称:フクちゃん)である。 「そんな男に引っ掛かちゃダメよ」と言うが、実は自身もここ数年いい男が目の前に現れない。 果たして、2人の「しあわせさがし」の行方は? テレビドラマ [ ]• 放送期間:1998年7月8日 - 9月23日• 放送時間:水曜日22:00 - 22:54• 放送回数:12回• 平均視聴率:16. 重田加代子(25):• 福永ヒロミ(27):• 松江剛(27):• 藤堂秀樹(34):• 高橋修一(21):• 三浦すみれ(20):• 坂巻麗子(32):• 山田肇(35):• 松本光二:• 田村純:• 堺邦彦:• 岸和田悟郎:• 梅本みどり:• 梅本駒人:• 大河内清次:• 大倉竜太:• 重田和代:• 水沢達也:• 中島俊介:• 高橋真一郎:• 高橋よし子: その他 [ ]• 他 出演協力 [ ]• スタッフ [ ]• 原作:安野モヨコ『ハッピー・マニア』(祥伝社フィールヤング連載)• 脚本:、• 音楽:• オリジナルサウンドトラック:ビクタースピードスターレコーズ• 企画:、• プロデュース:• 演出:、• プロデュース補:• 演出補:、明山智、岡嶋純一• 制作担当:坂下哲也• 制作主任:小川賢治、伊藤宏、織田真二• 音楽協力:• 協力:、、• 制作:フジテレビ、 テーマ曲 [ ]• 主題歌:『』()• 挿入歌:『Love2 Power』 受賞歴 [ ]• 第18回• ベストドレッサー賞(稲森いずみ) 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 視聴率 1 1998年7月08日 恋の暴走機関車!! 完全不倫宣言 14. フクちゃんの結婚式 18. 成田前離婚 不明 11 1998年9月16日 失礼な!! 嫁不適格だと!? この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 系 前番組 番組名 次番組.

次の