ひなまつり アニメ。 B9GOODアニメ 元ドメインb9dm

TVアニメ『ヒナまつり』公式サイト

ひなまつり アニメ

・アニメ人気 この3つの指標から、2期があるのか?を考察することが可能ですね。 今回は、円盤の売上データから見ていきましょう。 円盤売上からヒナまつりの2期を検証 現在、日本のアニメ界では、 「製作委員会方式」を取っています。 この方式の中で、大きな収益源となっているのは「円盤の売上」です。 制作側から見れば、円盤の売上によって作品の良し悪しが決まってしまう時代となっています。 もちろん、視聴者側から見れば、 円盤が全てでは無いのかもしれません。 しかし、制作側が何よりも重視するのは、視聴者の評価よりも 「売上の数字」なのです。 結局の所、お金が稼げなければ、アニメを作る意味はないと言えます。 それぐらい、アニメ界の財政事情は厳しいものとなっています。 これは、明らかに予想を下回っていて、 「失敗」としか言いようがありません。 円盤の売上だけを見るとすれば、2期制作の可能性は 「0%」ですね。 アニメの円盤売上は、平均5000枚が一つの2期制作ラインと言われています。 ただ、「干物妹うまるちゃん」などは、4000枚でも2期が制作されています。 一見、円盤の売上が全てではないように思えるかもしれませんが、 初動売上が1000枚を割ったアニメで、2期が制作された例は一つもありません。 この理由から、2期を作ることができる資金を調達できたとしても、制作には移らない可能性が高いでしょう。 もし、2期制作に有利な材料を挙げるとすれば、アニメの人気から原作が売れたということです。 しかし、こちらもすべてが製作委員会の渡るわけではありませんので、大きなプラス材料にはなりません。 このことから、円盤の売上の時点で、2期の可能性が非常に低いと結論付けることができますね。 原作ストックからヒナまつりの2期を見る 円盤売上で答えが出てしまいましたが、原作のストックにも触れておきます。 ヒナまつりは、KADOKAWAから発売されているコミックスが原作となっています。 ヒナまつりは現在、 14巻までのコミックスが発売中です。 では、アニメはどこまでの内容が放送されたのでしょうか? ヒナまつりは、アニメの 9巻途中の内容まで放送されました。 続きから見るならば、 9巻から購入すると良いでしょう。 放送当初から言われていたとおり、かなりハイペースでアニメ化していきました。 もう少しゆっくりとやってもいいレベルですが、テンポを重視したのでしょうか? ただ、アニメは9巻までの放送され、現在は14巻までしか原作が無いということで、 原作ストックも足りないことになります。 このことから、原作ストックの面でも足りていません。 つまり、2期制作の可能性は、ほとんど無いということになります。 9巻からはヒナが高校生になり、さらにずる賢い人間に。 また、瞳ちゃんは起業して社長になり、あんずはおじさんの味を継ぐためにラーメン屋を始めます。 実際、原作でもかなり楽しめる内容なので、原作を読み進めてもいいかもしれませんね。 ヒナまつりのアニメ人気や話題性から2期を見る 最後にヒナまつりのアニメ人気を見ていきます。 ヒナまつりのアニメ人気は、2期制作に十分なものとなっています。 アニメの完成度が高く、非常に面白いという感想が多い反面、 円盤が売れない。 これは、よくある現象で、特にギャグ漫画に多いですね。 「2度目を見ても面白くない」 ギャグアニメの宿命でもあります。 この理由が一番大きく、円盤が売れなかったケースですね。 ただ、今季に関しては、全体的に売上が良くなかった傾向にあります。 伸びたのは「ウマ娘」くらいで、もともと期待が大きかった「GGO」や「シュタゲ」も伸び悩み。 この辺りで、 円盤時代の終焉がさらに近づいてきていると言えるでしょう。 ヒナまつりは、いわゆる「萌アニメ」の類ではありません。 この理由から、グッズ収益も見込まれないため、 2期の可能性はとにかく低いでしょう。 考察の結論!2期放送の可能性まとめ では、ここまでの内容で、考察の結論を出していきます。 ヒナまつりの2期の可能性はどれくらいあるのか?ですが.... ハッキリいうと 「0%」に限りなく近いでしょう。 アニメ人気&話題性は問題ないですが、それが収益には繋がりません。 キャラの可愛さでは勝負していないところが大きいと言えます。 一つ希望があるとすれば、ヒナまつりが KADOKAWAのアニメであることでしょう。 KADOKAWAのアニメは、 製作委員会に角川が参加する形を取るのです。 この理由から、ヒナまつりの原作売上が上がれば、それだけ2期の可能性も高くなります。 ただ、かなり売上が上がらなければならないため、この辺りは2期を応援するファンが必要。 筆者も円盤は買いませんが、原作は買います。 このように、原作の購入でも2期の応援になることを知っておきましょう。 まとめ 今回は、ヒナまつりの2期制作情報をまとめていきました。 放送時期に関しては、2020年までに2期が制作されない場合は、もう諦めたほうが良いでしょう。 一つの有利材料に、製作委員会の中心がKADOKAWAという点です。 原作に関しては、売上を伸ばしているようですので、もっと原作の売上が伸びれば、チャンスもあるかもしれません。 ただ、円盤の売上が壊滅的なので、そこを補填する売上が出せるか?が勝負の鍵になるでしょう。

次の

【ヒナまつり】2期制作の可能性はまさかの0%!円盤時代の終焉か

ひなまつり アニメ

【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな 関連記事.

次の

ヒナまつり

ひなまつり アニメ

『瀬戸の花嫁』は木村太彦による漫画原作のアニメで、2007年に放送されました。 彼女はある日、溺れていた主人公・満潮永澄 みちしおながすみ を助け出します。 2人は掟に従い結婚を決断したものの、永澄の父とその仲間たちが大反対。 なんとかして「人魚」を殺そうとしてきます。 特殊な状況に置かれた2人と、その周囲を描くドタバタラブコメディ作品です。 アニメとして非常にテンポが早く、笑いながらサクサクと見れるのも大きな特徴。 ヒロインである人魚・瀬戸燦もとても可愛らしく、彼女の活躍ぶりが見どころになっています。 原作サンドロビッチ・ヤバ子と作画MAAMが贈る、コミック作品の『ダンベル何キロ持てる?』。 2020年1月現在も連載中で、2019年の7月から9月にはアニメ化もされました。 とにかく食べることが大好きな女子高生・紗倉ひびきはある日、太ったと指摘されたことを機にジムに通うことに。 そこで美人優等生・奏流院朱美と出会い、ひびきは筋トレの世界へと深く足を踏み込むことになるのでした。 美少女キャラたちが筋トレに励む、日常系ほのぼのアニメである本作。 強めのギャグ要素もあり、マッチョキャラなど登場人物も個性も豊かで、見どころ満載です。 さらに、正しいトレーニング方法などの解説もあり、筋トレを始めたい方にもおすすめの作品ですよ。 2010年から「月刊コミックフラッパー」にて連載中の漫画で、2012年の「全国書店員が選んだおすすめコミック」では4位を獲得するほどの人気を誇る作品です。 アニメは2014年1月から5月まで放送されていました。 授業中に教師の目を盗んで一人遊びをしている男子生徒・関と、彼の行動を観察し、時には妨害したり参加する女子生徒・横井の物語です。 その、関の一人遊びがぶっ飛んでいるのです。 机の穴でゴルフなどありきたりなモノはもちろん、一人将棋やチェス、ドミノ倒しをしたり、さらには砂金採りなど、一人遊びを超越したものばかりです。 机の上での一人遊びが、実は無限の可能性を秘めている事がわかると共に、次はどんな一人遊びを始めるのか気になってしまう作品です。 月刊アクション連載の中村カンコによるホームコメディ漫画『うちのメイドがウザすぎる!』が原作で、アニメはAT-XやTOKYO MXなどで2018年10月から12月までに全12話が放送されました。 高梨ミーシャはロシア人の血を引く少女で小学2年生。 ある日新しい家政婦の鴨居つばめが家にやって来ますが、なんと彼女は元自衛官でド変態級の幼女好き!ミーシャとつばめのドタバタ・ホームコメディが始まります。 インドア派のミーシャと、前職の知識を活かして家政婦の仕事をバリバリこなすつばめの両極端なキャラクターの対決が見どころ。 つばめの奇妙な言動に辟易しながらも、逆にそのおかげで不登校を克服したり登山などのアウトドアを体験したりと、性格も明るく変化していく様子が描かれます。 『ちおちゃんの通学路』は「月刊コミックフラッパー」にて川崎直孝が連載していた漫画作品で、2018年7月から9月にかけてアニメが放送されました。 主人公は女子高生の三谷裳ちお みやもちお。 いつも遅刻ギリギリな彼女の登下校にはトラブルが付き物でした。 遅刻ギリギリという焦燥感を利用したテンポの良さが、本作の大きな特徴です。 不良のバイクを目の前で傷つけてしまったり、ホームレスのおじさんに絡まれたり……。 三谷裳ちおが一体どう切り抜けるのかを楽しむことのできる、ドタバタギャグコメディです。 また、ゲームが大好きな「三谷裳ちお」の独特な感性にも注目。 1,000円を超えると「ゲームが買える……」とつい比較してしまいがちな金銭感覚は、共感できる人も多いかもしれません。 「月刊少年エース」で連載中の漫画です。 アニメは『機動戦士ガンダム』シリーズで知られるサンライズが制作し、2004年4月から2011年4月まで放送され、2010年4月から2011年4月まで『ケロロ軍曹乙』が放送されました。 地球侵略を目論む宇宙人 ケロン人 のケロロ軍曹が、地球の日向家に居候しながら、日々作戦を練っては失敗するドタバタコメディアニメです。 おバカなケロロ軍曹をはじめ、ケロロ小隊の部下たちや、そのパートナーとなる人間たちとの絡みが面白いです。 本気で侵略しようとしているのに、最終的には自滅してしまうケロロ達がおもしろおかしい非日常を過ごしていて、くだらないけど笑ってしまう、そんな作品です。 子供向けに見えますが、他のアニメのパロディやオマージュも含まれているので、大人も楽しめます。 『ヤングアニマル』にて連載中の、tugenekoによるコミック作品『上野さんは不器用』。 さわやかなエロが描かれていると話題になった同作を基に、2019年1月から3月にはアニメ化もされました。 とある中学校の科学部長・上野は、後輩かつ部員・田中に想いを寄せていました。 しかし彼は天然でどこか抜けており、上野の好意に全く気付くことがありません。 天才でヘタレな上野と鈍感な田中のラブコメを中心に展開されるこの作品。 基本的に1話完結型で、上野の発明品はかなり斬新なものばかり。 下ネタ要素強めですが、ぶっ飛んだストーリー展開でついつい見入ってしまうコメディアニメです。 アニメは2011年10月から12月まで第1期が、2013年1月から3月まで第2期が放送されていました。 聖クロニカ学園に転校してから、外見のせいでヤンキーと思われ友達ができない羽瀬川小鷹が、同級生の三日月夜空と出会い、彼女が所属する「友達を作る部活」通称・隣人部に入部し、残念な性格のため友達がいない美少女たちと学園生活を楽しむストーリーです。 日常っぽいのにどこか非現実なところにドはまりすること間違いなしです。 『ガヴリールドロップアウト』は、うかみによる同名漫画が原作の2017年アニメ作品。 天使として超優等生で、非常に優しい心を持っていた主人公「ガヴリール」は、天界の天使学校を首席で卒業。 更なる修行のため人間界へやってきました。 しかし、そんな超優等生の彼女は、人間界で「ゲーム廃人」になってしまい引きこもりに。 気付けば優しい心も蝕まれ「全ての人を幸せにする」という夢も「人類なんか勝手に滅んでください」に変化。 しかしそんな彼女を、悪魔の友達・ヴィーネが献身的に介護し、なんとかやる気を出してもらおうと画策しているさまが微笑ましいです。 悪魔なのに天使みたいな優しさを見せるヴィーネと、かつて神童とまで謳われた天使なのに自称・駄天使と化したガヴリールの日常を描いた、ゆるふわギャグコメディ作品です。 大川ぶくぶによる4コマ漫画のブラックコメディで、2017年までにまんがライフWINでシーズン3まで掲載されました。 アニメはTOKYO MXやBS11などで2018年1月から3月までに全12話が放送されました。 14歳のポプ子とピピ美のナンセンスな日常を描いたギャグアニメで、1980年代後半からのアニメやゲーム、ドラマなどのパロディが満載!公式が率先して「クソアニメ」と呼ぶなど自虐ネタもエッジが効いています。 主人公のポプ子とピピ美の声優が毎回変わっていることも驚き!各話どころか前半と後半の各パートごとに違う声優が担当し、三ツ矢雄二と日高のり子や、古川登志夫と千葉繁など、大御所たちの共演も大きな話題となりました。 ビーノによるコミック『女子高生の無駄づかい』。 『ニコニコ静画』で連載が開始し、その後には商業化され、2020年1月現在は『コミックNewtype』にて連載中の作品です。 2019年7月から9月にはアニメ化され、2020年には実写ドラマも放送予定になっています。 少し残念な女子高生が集まったさいのたま女子高校。 個性が強いキャラクターとテンポの良いストーリーが魅力的。 思わず吹き出してしまうようなシュールな笑いもあり、見ていると元気が出ます。 脱力感もあって、ゆるっと見られる作品ですよ。 『天才バカボン』は赤塚不二夫の漫画が原作で、1971年から2000年まで、計4回のアニメシリーズが放送されているアニメです。 ストーリーは、自由人のパパと優しいママ、少しおバカな長男・バカボンと次男で天才のハジメの4人家族と、近所の人々が織り成すドタバタが笑いを誘う日常ギャグアニメです。 原作者の赤塚不二夫は1962年に『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』で、一躍人気作家になり、その後1967年には『天才バカボン』が脚光を浴び、伝説的ヒットを残しました。 過激な描写の多かった原作と比べると、アニメ版はよりコメディタッチで見やすいストーリーに大幅に書き換えられており、原作よりもギャグ要素が強めになっています。 高校生でありながら人気少女漫画家の顔を持つ無口な男子高校生、野崎梅太郎とヒロインで同じ高校に通う佐倉千代が繰り広げる学園コメディ作品です。 学園でも人気の野崎に恋心を抱いていた佐倉、ある日佐倉は勇気を振り絞り野崎に告白するが、何を取り違えたか佐倉は漫画のアシスタントになってしまいます。 無口で無愛想、漫画の事しか頭にない野崎に振り回される佐倉ですが、同じアシスタント仲間や野崎の家族など親しくなっていきます。 そんな佐倉のことなど気に掛けない野崎でしたが、実は自身が描く漫画のヒロイン「マミコ」のモデルは佐倉でした……。 クスッと笑えるコメディ要素の面白さに加え。 イケメンキャラが多数登場することでも人気のこの作品。 イケメン好きの方にもおすすめです。 原作は大武政夫のSFギャグ漫画『ヒナまつり』で、アニメは2018年4月から6月までにAT-XやTOKYO MXなどで全12話が放送されました。 若手ヤクザ・新田の部屋に、突然未来からヒナと名乗る少女が出現!しかもヒナは超能力者で、その能力を恐れて新田は彼女を追い出せずに同居することに。 常識を知らないヒナに振り回されつつも、お互いに協力して信頼を得ていきます。 ヒナは美少女なのにズボラで非常識だったり、新田は金髪オールバックの若手ヤクザなのに家事全般が得意だったりと、ここにもギャップ萌え要素が!甲斐甲斐しくヒナのお世話する新田が、次第にヒナと本物の親子のようになっていく様子が微笑ましくもあります。 『ぐらんぶる』は、井上堅二原作・吉岡公威作画による漫画があ原作のアニメ。 2018年7月から9月にかけて放送されました。 「大学生活」と「スキューバダイビング」が、この作品のキーワードです。 そんないつもふざけてばかりの男たちがいざスキューバダイビングとなると目をキラキラと輝かせ、純粋無垢な子供のようになるギャップは愛らしく感じてしまうかも。 男たちが送るギャグ感満載の姿が面白い作品ですが、女性キャラクターたちは美少女ばかり。 温厚だけどシスコン気味なお姉さんキャラや、ツンデレだけどチョロい幼馴染などなど……。 萌え要素も盛り沢山な作品です。 2013年から角川スニーカー文庫で刊行されている暁なつめによるライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』が原作。 漫画が2014年から月刊ドラゴンエイジで連載され、アニメは2016年に第1期全10話、2017年に第2期全10話がTOKYO MXなどで放送されました。 1つだけ希望するものを異世界へ持っていけると聞いた和真は、なんと女神アクアを連れて行くことを希望し、2人で異世界「アクセルの街」に降り立ちます。 各メディアで幅広くメディアミックスされている人気作!漫画やアニメの他、2017年にPlayStation用ゲームソフトとして発売され、2019年には劇場版『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』も公開されました。 2015年からヤングアニマルに連載されている涼川りんのギャグ漫画『あそびあそばせ』が原作。 アニメはAT-XやTOKYO MXなどで2018年7月から9月までに全12話が放送されました。 キャラクターの見た目と内面の違い、それに加えて展開されるシュールなギャグや彼女たちの顔芸が引き起こすギャップ萌えにハマること間違いなし。 可憐なキャラクターたちが平気で下ネタまでグイグイ入れてくるため、独特の笑いを生み出しています。 『銀魂』は空知英秋原作の漫画で2006年から2018年まで、第4シリーズに渡り放送されたアニメです。 江戸時代末期の異星人・天人の襲来から20年後が舞台。 剣術道場の跡取り息子でありながらヘタレな性格で、アルバイトをして生計を立てている志村新八は、ひょんなことから風変りな男・坂田銀時と出会い、銀時の経営する「何でも屋万事屋」で働く事になります。 万事屋の依頼を通して、江戸の町で起こっている不可解な出来事に首を突っ込んでいく銀時と新八たちの人間模様をギャグタッチで描いたドタバタコメディです。 また、思いっきり笑える日常系の話から、シリアスで壮大な話まで楽しめることも魅力の1つです。 原作そのままの面白さなので原作ファンの方にもおすすめです! あらゐけいいちによるコミック作品を原作とした『日常』は、2011年4月から9月まで放送されました。 制作は京都アニメーションが担当しています。 時定高校に通う、妄想しがちな女子高生・ゆっここと相生祐子。 彼女の周囲にはロボットがいたり、鹿がいたり、歩いていると鮭やこけしが飛んできたりと、シュールかつ不思議なもので溢れていました。 のんびりと平和なムードで進む本作。 日常系ギャグ作品でありながらも、ストーリーはしっかりと構築されており、飽きることなくあっという間に見終わってしまいます。 そして、京アニの安定した作画で描かれているので、安心して見られる作品です。

次の