フレッツ 光 固定 電話。 ひかり電話のアナログ戻しとは?電話番号を継続するために必要?

お申込み

フレッツ 光 固定 電話

光電話には、光ファイバーケーブルが使用されます。 「"ひかり"電話」はNTTのサービス名でもあります。 ひかり電話とは、NTTの提供する光回線フレッツ光のオプションサービスです。 光ファイバーケーブルを利用した電話サービスで、を契約している方なら誰でも追加で契約が可能です。 されているのがウリです。 通話料は、どこの会社でもだいたい固定電話同士で3分8円前後で、 距離に関係がなく一定のため、長距離電話の多い人ほどお得になるしくみになっています。 このページでは、フレッツ光の「ひかり電話」について解説しています。 ひかり電話の解約 ひかり電話の解約はNTT東日本・NTT西日本共通のコールセンターへ 固定電話よりも通話料金が安いとはいえ、スマホの普及により、そもそも固定電話を使用することが減ってきました。 人も増えてきています。 毎月の月額使用料という無駄な出費を抑える、またオレオレ詐欺のようなトラブル回避のためにも、むしろ積極的に解約をした方が良いのかもしれません。 以下より フレッツ光のオプションとして契約していたひかり電話のみの解約方法と、ひかり電話も含め完全にフレッツ光を解約する場合の2つの方法についてご紹介します。 ひかり電話だけを解約する場合 ひかり電話だけを解約し、インターネットの光回線の契約(フレッツ光)は継続するケースについてご説明します。 ひかり電話だけを解約するまでの流れ• 0120-116116へ電話します。 (局番なしの116とは別の番号ですのでご注意ください。 ひかり電話だけを解約したい事を伝え、電話番号、名前、住所をオペレーターに伝えます。 ひかり電話の解約は以上で終了です。 なお、 ひかり電話のみを解約した場合、基本的には解約金や違約金は発生しません。 ただし、ひかり電話を申し込んだ際に、例外的に家電量販店などでキャッシュバックや値引きなどをしてもらった場合は、違約金が発生する事がありえます。 念のため解約前に確認することをおすすめします。 ひかり電話も含め光回線のインターネットを解約する場合 ひかり電話だけでなく、する場合の手続きに関してご紹介します。 家族が独立してネットを頻繁に使う人がいない、長距離電話もあまりしない、に変えたい、したい、などなど、そんな理由で、「ひかり電話」も「光回線」も解約したい、そんな場合は以下の要領で解約手続きを行います。 光回線とひかり電話を両方解約する場合は、事前に理解しておきたいポイントがあります。 注意点は以下の2点です。 工事が必要。 (ひかり電話の解約後、固定電話を使わないのであれば立ち合いの必要はなし。 ひかり電話を解約した後またアナログ回線で固定電話復活させる場合には工事に立ち合いが必要です。 解約金・違約金がかかることがある。 ひかり電話を光回線ごと解約するまでの流れ• 0120-116116へ電話します。 ひかり電話を光回線ごと解約したい事を伝え、電話番号、名前、住所をオペレーターに伝えます。 解約金が発生するか、また、電話加入権の状況など、現在の回線の状況を調べてくれます。 大抵、折り返しの電話になります。 工事に立ち合いが必要な場合、工事の日程を決めます。 NTTから貸与されていた機器(モデムやアダプター・ケーブル類など)を返送します。 プロバイダーの解約もお忘れなく。 (光回線とプロバイダー契約を別々にしている場合。 ) また、このように 光回線インターネット契約の解約も完全に行う場合は、プロバイダーの解約も忘れずに行いましょう。 解約したと思っていたら、料は払い続けていたというケースもありえます。 ひかり電話を光回線ごと解約する場合、光回線の解約に紐づいた解約金が発生する可能性もありますので、条件などを確認し、可能であれば、解約金のかからない時期を待って解約する方が得策です。 詳しくは以下でも解説します。 NTTひかり電話・解約電話番号 ひかり電話および光回線の解約は、0120-116116(NTT東日本・NTT西日本共通)で受け付けています。 受付時間:午前9時〜午後5時で土日・祝日も営業(年末年始を除きます)があります。 一般的に、休み明けの平日午前中の電話が込み合います。 ひかり電話を解約する時の注意点 ひかり電話を解約する際に注意すべき点をまとめました。 「解約してから、予定と違った・・・。 」とならないように以下の項目を是非参考にしてくださいね。 固定電話はどうする?そのまま解約か申し込むか ひかり電話を解約したら、その後の固定電話をどうするかを決める必要があります。 つまり、固定電話も完全に解約するか、再度、固定電話を設置するか、を決めるということです。 というのも、ひかり電話を解約する時には、解約後に固定電話を引くか引かないかで手続きが変わるためです。 もう「固定電話はいらない派」ならば解約した方が年間で大きく節約にもなるので良いかもしれません。 ただし、やはりなんとなく固定電話は残したい、「固定電話は残す派」は、固定電話を使う場合、電話加入権が残っているかいないかで、また手続きが変わりますので、以下をご確認ください。 固定電話をもう使わない場合 もう固定電話はいらないという方は、ひかり電話を解約すれば、もうそれで必要な手続きは以上です。 光電話解約後にまた固定電話を申し込む場合 固定電話を今後も使うので再度契約したいという場合、電話加入権が残っているかいないかで、手続きが変わりますので、まずは電話加入権が残っているかどうかを確認しましょう。 また、いずれにしても新規の契約手数料800円はかかります。 電話加入権とは?電話加入権は、文字通り電話に加入するための権利でアナログの電話回線しかなかった時代は電話を引くときに必ず払わなければなりませんでした。 なお、現在は「施設設置負担金」という名前になっています。 電話加入権が残っている場合 電話加入権が残っている場合、ひかり電話を利用している間は電話加入権を「休止」にしている事になります。 また、おそらくひかり電話に変更した時に昔の番号を引き継いだと思いますが、その番号を引き続き使う事が出来ます。 電話加入権が残っていない場合 電話加入権が残っていなかった場合、再度電話加入権(施設設置負担金)代を払わなければなりません。 金額は37,800円です。 と思われた方は、今は「加入電話・ライトプラン」という、電話加入権(施設設置負担金)がなくてもアナログ回線を使えるプランがNTTにはあります。 基本料金が普通の固定電話プランより高いですが、初期費用が抑えられます。 ひかり電話を解約して固定電話を申し込むまでの流れ• 局番なしの116もしくは0120-116-000へ電話します。 ひかり電話を解約して固定電話を契約したい事を伝え、電話番号、名前、住所をオペレーターに伝えます。 解約金が発生するか、また、電話加入権の状況など、現在の回線の状況を調べてくれます。 大抵、折り返しの電話になります。 電話加入権がなかった場合、電話加入権の申し込みをします。 固定電話回線の立ち会い工事の日程を決めます。 固定電話回線の工事をします。 固定電話の開通。 光回線も解約する場合は工事が必要 ひかり電話と一緒に光回線も解約する場合、工事が必要になります。 その後固定電話を使わないのであれば立ち合いの必要はありませんが、アナログ回線を復活させる場合には立ち合いの工事が必須になります。 そして気になる工事費用ですが、回線の状態などで変わるのでNTTに確認する必要がありますが、基本的には、2,160円~10,800円くらいになります。 この工事料金は、電話料金と一緒に後日請求されます。 解約金・違約金にご注意 ひかり電話の解約だけなら解約金が発生する事はほとんどありませんが、には条件を満たさないと解約金がかかる可能性があります。 少数ですが、解約金のかからないインターネットプランも存在しますが、大多数は解約金の設定があります。 (ご自身のアカウントにログインをして確認するか、NTT東日本/NTT西日本に電話にて問い合わせる必要があります。 ) 以下のような場合に光回線の解約金がかかります。 2年割りなどの割引料金を契約している場合(2年自動更新) 契約時の条件により、違約金の有無が異なります。 特にキャンペーンを利用した場合は要確認 はフレッツ光の割引サービスで、2年毎の更新月以外には解約しない、というしばりがある分、月々のインターネット料金が安くなるという内容のものです。 そして、更新月以外の日に解約をすると解約違約金がかかります。 もちろん、更新月を待って解約すれば、違約金を払わずにすみます。 ちなみに、「フレッツ光にねん割り」の違約金は、戸建て向けサービスの場合9,500円、集合住宅向けサービスの場合1,500円となっています。 加えて、プロバイダーにも違約金や解約金が発生する可能性があります。 契約時の条件や契約しているプランによりますから各人で確認が必要です。 光回線の工事費を分割にしていた場合 解約金とは正確には異なりますが、を払い終わる前に解約する場合は、残りを一度に払う必要があります。 光回線インターネットを契約する時、初期費用として契約料と工事費をインターネット事業者に支払っています。 もしこの工事費を分割にしていてかつまだ残りがある場合は、工事費の残りを一括で支払わなくてはいけません。 30回払い等が多いので、光回線を契約して2年以下であれば工事費が残っている可能性は高いでしょう。 インターネットの新規契約・光電話のあるインターネットプラン 光回線の新規契約が必要な場合、回線契約とプロバイダー契約が一緒になっているプラン()が分かりやすくで便利です。 またフレッツ光のに不満で解約をされた方は、独自回線のNURO光を検討してみると良いでしょう。

次の

フレッツ光が安くなる詐欺に注意!光回線の電話勧誘は全部断るべき|やさしくねっと.

フレッツ 光 固定 電話

この記事の目次• 「固定電話」は、NTTが提供のアナログ回線などを利用した電話回線で、市外局番と市内局番を用い、地域によって通話料金が異なる電話のことを言います。 「光電話」は、ネット回線を利用した電話回線で、通話料金は全国一律ですが、一部発信できない電話番号(「114」お話中調べや「0170」伝言サービスなど)があります。 NTT固定電話の番号は光電話でも引き続き利用可能ですが、NTT固定電話の番号をお持ちでない方には、「050」から始まる電話番号がドコモ光電話で新しく発番されます。 1 NTT固定電話とドコモ光電話の基本料金 NTT固定電話とドコモ光電話の基本料金に、ドコモ光電話のお得なオプションパックを含めて表にまとめました。 またドコモ光電話には、6つのオプションサービスと480円分の無料通話が付いたお得な「ドコモ光電話バリュー」というオプションセットがあります、こちらのプランを選んだ場合でも、NTT固定電話の基本料金より安く利用できるのでおススメです。 ドコモ光電話バリューに含まれるオプションは、後程詳しく紹介します。 2ドコモ光初期費用 初期費用は、契約方法により料金がだいぶ違ってきますので、ご自分の契約パターンがどれに当てはまるのかご確認ください。 【ドコモ光と光電話を同時に申し込んだ場合】 【ドコモ光契約後に光電話を追加で申込む場合】 このようにドコモ光と光電話は同時に申込むと、光電話の事務手数料はかからず、光電話の工事費も安く済ませることができるので、一緒に契約する事をおすすめします。 3ドコモ光電話通話料金 NTT固定電話とドコモ光電話の通話料金も、比べて表にまとめました。 5円 このようにNTT固定電話に比べ、ドコモ光電話のほうが、通話料金も安いことが分かります。 光電話は、県内・県外でも同じ通話料なのが特徴となっており、県外に電話をかけた場合に特にお得感が得られるでしょう。 4ドコモ光電話オプションサービス NTT固定電話で利用中の「ナンバーディスプレイ」などのオプションサービスは、ドコモ光の光電話でも引き続き利用可能です。 また、ドコモ光電話では基本料とオプションをセットにした「ドコモ光電話バリュー」を1,500円で提供しており、これに加入するとほとんどのオプションが利用できる他、毎月480円分の通話が出来るのでお得です。 ドコモ光電話のオプションサービスの内容と月額料金、またドコモ光電話バリューで利用できるオプションを「〇」で表しました。 しかし、全ての方がオプションサービスが必要な訳ではありませんので、利便性の高いオプションサービスとそうでないオプションを分けてみていきましょう。 5ドコモ光電話で必要なオプション・不要なオプション オプションをたくさんつけると、せっかく光電話で毎月の電話代を下げる事ができても、オプション代金が高くなってしまっては意味がないので、必要なオプションと不要なオプションを整理してみましょう。 【必要なオプション:発信者番号表示・ナンバー・リクエスト・迷惑電話ストップサービス】 今では、携帯電話で電話をかけてきた人がすぐに分かることに慣れているので、固定電話で知らない人からの電話を受けるのはちゅうちょしますよね、そんな時はオプションで「発信者番号表示」を付けましょう。 また、特定の番号からの通話で迷惑を受けている場合には、「ナンバー・リクエスト」と「迷惑電話ストップサービス」がおすすめです。 「ナンバー・リクエスト」は発信者が電話番号の先頭に「186」を付け、自分の番号の通知をしないとかからない仕組みになっており、かけた相手には、番号を通知を促すアナウンスが流れます。 その後かけてきてほしくない電話番号は「迷惑電話ストップサービス」でブロックすると、迷惑電話は激減するでしょう。 【不要なオプション:ダブルチャネル・追加番号】 反対に、あまり一般の方の利用が少ないオプションサービスは、「ダブルチャネル」と「追加番号」です。 「ダブルチャンネル」では電話機1台で2回線分契約できますが、電話機がそれに対応していない場合もあります。 また「追加番号」は、電話機1台で一つの電話番号で着信している場合、他の電話番号にかかってきた電話は受けることができませんので、この二つのオプションは事業者向けのオプションと言えるでしょう。 6ドコモ光電話の解約方法と料金 ドコモ光の光電話を解約する場合、電話での解約手続きとなり、解約を伝えた日が解約日となります。 ドコモ光電話の最終利用月の請求は、基本料金等は翌月、通話料金は翌々月になります。 ご自身で設定や配線ができる場合は、工事の必要はありませんが、ご自身でできない場合は、工事という形でドコモ光に依頼することも可能です。 また、ドコモ光とドコモ光電話を同時に申し込んだ場合は、ドコモ光の工事と同時に光電話の工事も行うため、ご自身で設定を行う必要はありませんので、ネット回線と光電話は同時に申込む方が簡単で安くすみます。 電話番号はそのままで、電話回線を移行することを「番号ポータビリティ」とよび、「番号ポータビリティ」で同じ番号を引き継ぐことができるのは、一番初めにNTT固定電話で発番された番号のみになります。 また、ドコモ光を解約し次の光回線でも、同じ電話番号を利用する場合にはいったん、NTTでアナログ戻しと言う作業が必要となり、工事費に2,000円がかかります。 光電話に変更した場合、NTTの電話回線は休止の手続きが行われ、5年毎に回線の休止更新手続きを行うとNTTの電話回線を保持する事が可能です。 加入したいオプションサービスが複数ある場合は「ドコモ光電話バリュー」を選択すると無料通話も付くのでおすすめです。 また、ドコモ光の光電話への申し込みは、ドコモ光と同時に申し込むほうが、単体での工事費が不要でお得です。 これからドコモ光を新規で開設する方は、現在工事費無料キャンペーンが行われていますので、初期費用の負担が少なく始める事が可能です。 さらに、プロバイダーのGMOとくとくBBのサイトから申込みを行うだけで、ドコモ光の公式キャンペーン特典に加え、GMOとくとくBBのキャンペーンも併用して受けられますのでおすすめです。 GMOとくとくBBのお得なキャンペーン内容は、「」の記事を確認してみてくださいね。 またこれからドコモ光を始める方へ、ドコモ光の詳しい内容は以下の記事にまとまっていますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の

料金|ひかり電話|フレッツ光公式|NTT西日本

フレッツ 光 固定 電話

量販店では携帯端末購入と同時かつ料金明細サービスがない場合に限ります。 その際にネットワーク暗証番号、口頭などでご本人さま確認をさせていただきます。 原則本人確認書類は不要です。 なお、ドコモの携帯電話契約がないお客さま、または「ドコモ光」と対となる携帯回線(以降、ペア回線とする)を設定されないお客さまについては、契約ID(お客さまID)等によりご本人さま確認をさせていただきます。 本日工事日が確定しなかった場合は、お客さまからドコモ光サービスセンターへご連絡をお願いいたします。 なお、お申込み内容の確認等のため、ドコモ光サービスセンターからお客さまへ、お電話またはSMSにてご連絡をさせていただく場合があります。 お申込み内容に確認事項があり、一定期間ご連絡がつかない場合、「ドコモ光電話」のお申込みを取消させていただく場合があります。 「ドコモ光電話」の課金開始日(以下、「利用開始日」とする)は、各サービスの提供が可能であることを当社が確認した日とします。 【ドコモ光のペア回線を設定していない場合】• 毎月のご利用料金等のご案内については、ドコモ光と一緒に紙媒体でのご案内(発行手数料無料)とさせていただきます。 ドコモオンライン手続きにて「ドコモ光電話」に関する契約内容の確認・変更はできません。 dポイント進呈の対象外となります。 「ドコモ光電話」に関する各種注文・お問い合わせの際に、「ご契約ID(お客さまID)」の確認により、契約者のご本人さま確認をさせていただきますので、「ご契約ID(お客さまID)」は大切に保管してください。 月額使用料はご利用月の翌月、通話料はご利用月の翌々月に請求となります。 「ドコモ光電話」のご利用料金は、「ドコモ光」のご利用料金と一括して請求させていただきます。 月額使用料の課金開始日以前に発生した通話料・通信料については請求させていただきます。 他社でご利用中の電話番号の継続利用をご希望される場合、現在ご利用中の電話サービスの契約状況によっては継続利用できない場合がございます。 転居される場合、現在ご利用中の電話番号を継続利用できない場合がございます。 「ドコモ光電話」にて新規に払い出された電話番号は、解約時にNTT東西の加入電話などへ番号ポータビリティして継続利用することはできません。 停電時は、緊急通報を含む通話ができません。 一部接続できない番号(114(お話し中調べ))がございます。 詳細はをご確認ください。 NTT東西にて、「ひかり電話エース」等無料通話分を含む料金プランをご利用中のお客さまが「ドコモ光電話」に転用する場合、転用前に保持していた無料通話分は引継ぎできません。 NTT東西のひかり電話から「ドコモ光電話」に転用する場合、電話帳への掲載内容、および電話番号案内の内容が引き継がれます。 NTT東西の加入電話などで電話帳へ掲載、および番号案内へ登録されている場合、再度お申込みが必要です。 お申込みされない場合は、電話帳へ掲載、および番号案内へ登録されている内容が削除されます。 NTT東西のひかり電話から「ドコモ光電話」に転用する場合、NTT東西のひかり電話の以下の料金プラン・オプションサービス・割引サービスは「ドコモ光電話」では継続してご利用いただけません。 また、転用前に保持していた無料通話分の残額は転用時に失効となります。 NTT東西のひかり電話で「安心プラン」「もっと安心プラン」をご利用のお客さまが「ドコモ光電話」へ転用される場合、原則「ドコモ光電話(500円(税込540円)/月」となります。 電話帳の掲載について、1つの電話番号につき、2つ以上の掲載をご希望の場合は、電話帳発行の都度追加分1掲載ごとに重複掲載料500円/年(税込540円/年)が必要です。 なお、転用前にご利用の場合で、重複掲載がご不要となる場合はNTTタウンページまたはドコモ光サービスセンターにお申出ください。 廃止のお申出のない場合、電話帳発行の都度同様のお取扱いとさせていただきます。 NTT東西の加入電話・ISDNや他社電話サービスから「ドコモ光電話」に切り替えて電話番号を継続利用する場合、現在お使いの電話サービスの契約内容を確認することにより、申込者が現在お使いの電話サービスの契約者から同意を得ているものとして受付いたします。 「ドコモ光電話」の契約者名義は「ドコモ光」と同一になります。 NTT東西のひかり電話の名義が「ドコモ光」と異なる場合、「ドコモ光電話」への転用時は契約者名義が「ドコモ光」の契約者名義に変更になります。

次の