時間 を はかる 漢字。 「測」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

「熱を計る」ではなく「熱を測る」ですか?

時間 を はかる 漢字

計ると測ると量るは、いずれも「はかる」と読み、「計測」「計量」「測量」という熟語もあるように、計器などを用いて数値を知ることを表すが、はかる対象によって使い分けられる。 計るは、「時間を計る」「タイミングを計る」「損失を計る」など、数や時間を数える際に使う。 「計」を使う熟語には、「時計」「計算」「会計」「累計」などがある。 測るは、「距離を測る」「身長を測る」「面積を測る」など、長さ・高さ・広さ・深さ・速さなどを調べる際に使う。 「測」を使う熟語には、「測定」「観測」「目測」などがある。 量るは、「体重を量る」「容積を量る」など、重さ・かさ・量などを調べる際に使う。 「量」を使う熟語には、「重量」「容量」などがある。 次のような場合は、使い分けを間違えやすいため、注意が必要である。 「体温をはかる」の「はかる」は、「体温計」から考えると「計る」と書いてしまうが、「体温測定」という言葉もあるように「測る」を用いる。 温度・熱などは、高低を表すため「測る」である。 「100mのタイムをはかる」の「はかる」は、距離と時間から「スピード(速度)」を連想し、「測る」と書いてしまうこともあるが、この場合は、その距離を走るのにかかった「時間」をいうため、「タイムを計る」と書くのが正しい。

次の

はかる

時間 を はかる 漢字

計ると測ると量るは、いずれも「はかる」と読み、「計測」「計量」「測量」という熟語もあるように、計器などを用いて数値を知ることを表すが、はかる対象によって使い分けられる。 計るは、「時間を計る」「タイミングを計る」「損失を計る」など、数や時間を数える際に使う。 「計」を使う熟語には、「時計」「計算」「会計」「累計」などがある。 測るは、「距離を測る」「身長を測る」「面積を測る」など、長さ・高さ・広さ・深さ・速さなどを調べる際に使う。 「測」を使う熟語には、「測定」「観測」「目測」などがある。 量るは、「体重を量る」「容積を量る」など、重さ・かさ・量などを調べる際に使う。 「量」を使う熟語には、「重量」「容量」などがある。 次のような場合は、使い分けを間違えやすいため、注意が必要である。 「体温をはかる」の「はかる」は、「体温計」から考えると「計る」と書いてしまうが、「体温測定」という言葉もあるように「測る」を用いる。 温度・熱などは、高低を表すため「測る」である。 「100mのタイムをはかる」の「はかる」は、距離と時間から「スピード(速度)」を連想し、「測る」と書いてしまうこともあるが、この場合は、その距離を走るのにかかった「時間」をいうため、「タイムを計る」と書くのが正しい。

次の

間違えて覚えていませんか!?「体重を“はかる”」は、“計る”と“量る” どっちが正しい?

時間 を はかる 漢字

今朝の新聞に載っている。 考古学には部外の徒ながら新しい発見にお喜びを申し上げたい。 ブログを書く際つい使い方に困る漢字がある。 「はかる」と言う漢字の使い分けである。 パソコンの標準辞書だけでも「計る、測る、量る、図る、諮る、謀る」とある。 本来は長さ、重さ、容量、温湿度、力、時間、方向、音、放射線等々を「はかる」時に使う漢字であるが、その使い方の判別がむつかしいのである。 人類はそれらにそれぞれの単位を決め、それらをはかるに便利な道具を開発した。 「はかる」の漢字をはかるのに自分には大切な道具がある・・・手元の手垢で汚れた国語辞典である。 さて、今日やっと政治が少し動き出す。 3党の党首会談が行われるとのことだ。 野党は臨時国会開会と引き換えに解散時期の明示を与党に迫るものとのことだ。 この際、政治を前に進めるためには首相の専権事項などと惚(とぼ)ける必要はない。 党首会談も行なったらいい。 党首としての人間力が試される時だ。 そうそう、政治家の人間力とは重さなのか、長さなのか、容量なのか単位はどんなか、どんな道具を使ってはかったらいいのか、残念ながらそんな便利な道具は開発されていない。 いわばその秤(はかり)は国民一人ひとりが持つ感性や判断力の中にある。

次の