楽天モバイル プラン変更 できない。 楽天モバイルの契約変更の簡単ステップとベストプランの見つけ方まとめ

【話題】楽天モバイルのSIM届かず怒りの声 / 手続き進まない人も続出「問い合わせ電話通じない」「チャット返事ない」 | バズプラスニュース

楽天モバイル プラン変更 できない

[質問1]楽天市場店経由でRakuten UN-LIMIT申し込み時に楽天ポイントやクーポンを利用しましたが、正式契約の際に反映されていません。 利用した楽天ポイントやクーポンはどうなりますか? [回答1]楽天市場店でRakuten UN-LIMITをお申し込みした場合、決済画面では割引が表示されますが、決済は発生していないため、割引は適用されておりません。 また、正式契約でも、楽天ポイントやクーポンは反映されません。 利用した楽天ポイントやクーポンは、後日、楽天モバイルより「ポイント付与」にて返還させていただきます。 返還までしばらくお待ちください。 [質問2]今回の申し込みがプラン料金1年間無料キャンペーン対象か、どのように確認すればいいですか? [回答2]楽天市場でのお申し込みが完了した時点で、プラン料金一年無料キャンペーンの対象となります。 [質問3]プラン料金1年間無料キャンペーンは300万名のみ対象ですか?300万名に達した後はプラン料金が発生しますか? [回答3]プラン料金1年間無料キャンペーンは300万名が対象となり、300万名に達した後に申し込まれたお客様は 、 初月より2,980円のプラン料金が発生いたします。 詳しくは「」をご覧ください。 [質問4]楽天モバイル以外で購入した楽天回線の対応製品は使用できますか? [回答4]弊社ネットワークに必要な技術対応がなされていない場合、同じモデルの機種であっても、ご利用いただけない可能性がございます。 楽天モバイルにて、ご購入いただいた機種を動作確認済みとして推奨しております。 また「Rakuten UN-LIMIT」において、iPhone(iOS)は動作保証対象外となりますので、ご利用はお客様自身のご判断でお願いいたします。 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)でご利用されていたiPhoneも同様です。 [質問5]楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)から楽天回線へはいつ移行できますか? [回答5]「」から「Rakuten UN-LIMIT」にお申し込みいただくことが可能です。 現在利用中の電話番号のまま移行が可能です。 [質問6]申し込みが完了したかわかりません。 弊社にてお申込みを確認後、順次メールをお送りしますので、ご案内までしばらくお待ちください。 rakuten. [質問8]発表したプラン以外の提供はありますか? [回答8]Rakuten UN-LIMITのみのご提供となります。 [質問9]「Rakuten Link」と「楽天でんわ」を併用することはできますか? [回答9]恐れ入りますが、併用してご利用いただくことはできません。 なお、「Rakuten Link」をご利用いただくと日本国内宛ての通話料が無料となりますので、「Rakuten Link」をご利用ください。 [質問10]メールアドレスは付与されますか? [回答10]ご契約にあたりメールアドレスは現時点で付与されません。 あらかじめご了承ください。 [質問11]楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)から移行できるサービス・オプション・登録情報などについて知りたい [回答11]「」をご確認ください。

次の

【図説】楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする方法

楽天モバイル プラン変更 できない

楽天モバイルMVNOの新規受付終了、既存ユーザの今後の選択肢の目次• 既存ユーザの移行先の楽天回線のメリットとデメリット 楽天回線のメリット ・速度が速く平日の昼でも速度低下しない ・楽天回線エリアなら月2980円でギガ使い放題で電話かけ放題 ・Rakuten UN-LIMITなら1年間無料で使える 先着300万人まで 楽天回線のデメリット ・。 楽天回線 Rakuten UN-LIMIT の詳細は下記も参考にしてみてください。 1年間無料なので、楽天回線を試してダメだったら他社へ乗り換える方法もアリ 楽天回線のRakuten UN-LIMITはギガ使い放題 対象エリア外だと月5GB で、電話かけ放題、それを先着300万人が1年間無料で使えます。 1年間も無料で使える理由は楽天回線エリアが狭いからです。 ただし、1年無料なんです。 楽天回線のSIMカード またはeSIM と一緒にを入れておけば、月5GBエリアや電波が悪い場所では他社のデータSIMでネットができます。 とりあえずRakuten UN-LIMITを試してみて、我慢できないくらい電波が悪かったら、他社へ乗り換えるのもアリだと思います。 楽天モバイルのデータSIMを使っている人も、とりあえず1年間無料で使えるUNLIMITを試してみて、電波がダメだったらへ変更、大丈夫だったら1年無料で使ってから他社の安いデータSIMに変更するのがおすすめです。 そこそこ多くの人が、SIMが届いた後に転入手続きをせずに、SIMカードを入れ替えて使えないと悩んでいたりします。 楽天モバイルUNLIMITの申込みは下記を読んでおくことをおすすめします。 2019年10月以降に楽天モバイルを申し込んだ人やプラン変更した人 選べるのは正式プラン だけです。 先着300万人対象で1年間無料で使えるので、Rakuten UN-LIMITが自分にあってそうな場合は、300万人になる前に乗り換えることをおすすめします。 ただし、楽天回線エリアの電波はまだあまり良くないので、先着300万人に入る範囲で、移行はできるだけ遅くしたほうが良いです。 楽天回線エリア外の人で月5GBよりも必要な場合は、DSDV対応のAndroidスマホで他社のデータSIMを入れたり、eSIM対応のiPhoneで楽天モバイルはeSIMにしてSIMスロットには他社のデータSIMを入れて使うのがおすすめです。 電話をたくさんしなかったり、ギガをたくさん使わない場合は、へ乗り換えることをおすすめします。 データSIMの場合 組み合わせプランのデータSIMを契約している人の場合は、解約してRakuten UN-LIMITを新規契約することになります。 データSIMを使っている場合は、楽天モバイルを見限って別のデータSIMを検討することをおすすめします。 2019年9月以前からスーパーホーダイや組み合わせプランを使っている場合 正式プラン Rakuten UN-LIMIT を選ぶこともできますが、2020年夏頃に既存プランと同じプランのまま楽天回線へ移行できます。 楽天回線のRakuten UN-LIMITなら先着300万人は1年間無料ですが、既存プランのまま楽天回線へ移行する場合は、おそらく1年間無料は適用されません。 既存プランのまま楽天回線へ移行する場合でも何かしらの特典があると思いますが、お得度は大幅に少なくなるものと思われます。 基本的には2019年9月以前から楽天モバイルを使っている人も、楽天回線へ移行する場合は、先着300万人が1年間無料で使えるRakuten UN-LIMITがおすすめです。 楽天回線エリア外の人で月5GBよりも必要な場合は、DSDV対応のAndroidスマホで他社のデータSIMを入れたり、eSIM対応のiPhoneで楽天モバイルはeSIMにしてSIMスロットには他社のデータSIMを入れて使うのがおすすめです。 ただし、電話をたくさんしなかったり、ギガをたくさん使わない場合は、楽天回線へ移行するのではなく安く使えるへ乗り換えるのが無難です。 データSIMの場合 組み合わせプランのデータSIMを契約している人の場合は、解約してRakuten UN-LIMITを新規契約することになります。 データSIMを使っている場合は、楽天モバイルを見限ってを検討することをおすすめします。 旧FREETELユーザとDMMモバイルユーザの一番良い選択肢 楽天モバイルは旧FREETEL SIMとDMMモバイルを買収しましたが、この二者に関して言及が全くありません・・。 格安SIMの管理人はいまだに旧FREETEL SIMとDMMモバイルを契約して使っています。 ということで、旧FREETELとDMMモバイルに問い合わせたところ、選べるのは正式プラン だけでした。 旧FREETELユーザとDMMモバイルユーザの大半はギガをあまり使っていないので、ギガ使い放題のRakuten UN-LIMITではなくへ乗り換えることをおすすめします。 データSIMの場合 データSIMを契約している人の場合は、解約してRakuten UN-LIMITを新規契約することになります。 FREETELやDMMモバイルユーザ向けの楽天回線のデータSIMなんか用意されていません。 データSIMを使っている場合は、楽天モバイルを見限って別のデータSIMを検討することをおすすめします。 2回線スーパーホーダイSプランで親子で利用しています。 契約者は親ですので、UNLIMITED一年間無料が適用となるのは1回線のみ。 1回線UNLIMITEDに移行できたとして、もう1回線はスーパーホーダイS割引きはなくなってしまうのであればデメリットが大きくなりませんか?ご教授頂ければ幸いです。 コールセンターも繋がらず、AIにあれこれ言葉を駆使し質問しても役に立っておりません。 一度解約すれば、2回線とも一年間無料になる可能性があるのでしょうか?限定数に間に合えば…の話しですが。 うーん、コールセンターに聞いた方がいいかもです。 ただ、あそこ結構な割合で間違えた回答をするので信頼性が低いです。 お店で聞いた方が良い気がしますが、お店はその場で契約する人じゃないと質問に応じてくれないかも。。 1回線は1年無料で楽天アンリミットに移行できます。 もう1回線は、スーパーホーダイに残す場合は、長割引と会員割引は引き続き適用になると思います。 ゴールド割引もできそうな気がしますが少し怪しいかもです。 両方親名義の場合は、1回線は解約して子供名義で契約するのが良いと思います。 18歳未満の場合は、楽天モバイルショップへ子供同伴で行って、契約する必要があります。 18歳と19歳もネット経由だと面倒なので、店舗で契約が良いかと。 300万回線ですが、あと半年くらいはかかりそうな気がします。 あくまで予想です・・ どこに書こうか迷いましたが、ここに書きますね。 楽天アンリミットに申し込みをして、楽天からのメールを待っている状況です。 楽天モバイルのメンバーズステーションのページで以下の記載がありました。 (以前はなかったような気がします) >契約解除料 最低利用期間を終了している場合、2019年10月1日以降のご契約の場合、契約解除料は発生いたしません。 最低利用期間中の解約は契約解除料が発生します。 つまり、2019年9月30日以前にスーパーホーダイを契約していて、まだ最低利用期間が残っている場合は契約解除料がかかってしまうようですね。 一方、パートナーエリアの容量が5GBになったり、容量使い切った後は1Mとなるので、契約解除料のことはさておいても、1年無料のアンリミットに移行するのはアリだと思います。

次の

アンリミット開始で楽天モバイルMVNO契約者はどうなる?最新情報まとめ

楽天モバイル プラン変更 できない

iOS 2020. 28 スマホサポートライン編集部 iPhoneを楽天モバイルのeSIMで使用する設定手順。 物理SIMからの変更手続きや手数料についても 第4のキャリアとしてサービスを開始した楽天モバイル。 SIMの種類は物理カードだけでなく、eSIMの発行も可能です。 iPhone XSシリーズや11シリーズでは、1台のスマホで2回線(2つの契約・電話番号)を同時に利用できるデュアルSIMに対応しています。 eSIM単体でも使用できますが、物理SIMカードも挿し込めば2回線使用が可能となります。 この記事では、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT、MNO)の契約を物理SIMからeSIMに切り替える手順とiPhoneでの初期設定、手数料について解説していきます。 私が実際に物理SIMからeSIMに変更し、iPhoneでeSIMを認識させて通話、通信ができるまでに行った初期設定についてご紹介します。 eSIMと物理SIMについて 楽天モバイルのSIMには、物理SIMとeSIMがあります。 SIMをスマホに認識させることで、通話やデータ通信ができるようになります。 物理SIMは、実際にSIMカードをスマホに挿入して認識させます。 それに対し、eSIMはeSIMプロファイルをWEBからeSIMプロファイルをインストールすることでスマホに認識させます。 物理的なSIMカードを持たないeSIMは、スマホにSIMカードを挿入する必要ないため、機種変更の際に物理SIMのように差し替えたり、故障や紛失をしたりする心配はありません。 楽天モバイルのeSIM対応機種は? 楽天モバイルのeSIM動作保証の対象機種は「Rakuten Mini」のみです。 他に楽天モバイルの公式ページにeSIM対応機種として、下記の機種が紹介されていますが、動作保証外になります。 iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MAX、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、Google Pixel 4、Google Pixel 4 XL 公式: 今回は、自己判断でiPhone 11 ProをeSIMで設定し使用してみました。 eSIMの変更手数料について 楽天モバイルでは、物理SIMからeSIMへの交換手数料は3300円が発生します。 eSIMから物理SIMに切り替える際も同様に3300円が発生します。 一度、eSIMに変更手続きを行うと、原則キャンセルはできません。 プロファイルのインストールをしていなくてもできませんでした(楽天モバイルの電話窓口で確認) 物理SIMに戻したい場合は、交換手数料として3300円が発生します。 eSIMで機種変更する場合の手数料について eSIM対応機種を利用していて、別のeSIM対応機種に機種変更したい場合、新たにプロファイルをインストールする必要があり、手数料が3300円発生します。 (2020年4月時点、楽天モバイルの電話窓口で確認) 例えば、eSIMで使用中の「iPhone XS」から購入済みの「iPhone 11 Pro」に回線を切り替えて(機種変更)利用する場合、3300円の手数料が発生します。 これが仮に物理SIMで使用しているならカードを入れ替えて設定をするだけで使えるため、無料で切り替えが可能です。 iPhoneでeSIMを使用する手順 ここでは楽天モバイルで物理SIMを契約している状態から、eSIMに変更手続きを行い、初期設定を行います。 私が実際に行った手順をご紹介します。 「」にアクセスします。 楽天のユーザーIDとパスワードを入力してログインします。 申込内容、手数料を確認し、【次へ進む】をタップしてください。 「SIMカードの再発行を受付しました」と表示すれば完了です。 登録メールにも受付完了のお知らせメールが届いているので一緒に確認しておきましょう。 以上で、物理SIMからeSIMへの変更手続きは完了です。 この時点で物理SIMは使えなくなります。 次にプロファイルをダウンロードして設定を行います。 eSIMプロファイルのダウンロード期限は30日間です。 期限が過ぎると無効になり、再発行には手数料が発生します。 早めにインストールして初期設定を済ませておきましょう。 iPhoneにeSIMのプロファイルをインストールと設定 初期設定用QRコードを表示させて、iPhoneのカメラで読み取って設定を進めます。 最初にQRコードを画面に表示させてください。 QRコードを表示させるデバイスは、パソコンやタブレット、あるいはeSIMプロファイルをインストールするiPhone以外のスマホなどで開きましょう。 <iPhoneにeSIMプロファイルをインストールする手順>• iPhoneのカメラを起動させて、上記の「QRコード」を読み込んでください。 「モバイルプランのインストール」と表示します。 【続ける】をタップしてください。 デフォルトの回線を選択して【続ける】をタップします。 iMessage、FaceTime、Apple IDで使用する回線を選択して【続ける】をタップします。 eSIMプロファイルのインストールと設定が完了しました。 この状態では、電話が使えない状態でした。 下記の手順でVoLTEを有効にすることで通話できるようになります。 通話設定をする <VoLTEの設定をする>• 設定アプリを開きます。 以上で、楽天モバイルのeSIMの回線で通話、データ通信ともに使えるようになりました。 デュアルSIMとして利用する場合 iPhone11シリーズ、XSシリーズ、XR、SE(第2世代)はデュアルSIMに対応しています。 1台のiPhoneで2つの電話番号、契約を持っている状態です。 今回、eSIMを設定し、デュアルSIMとして利用する場合は、2つの電話番号・回線を使い分ける必要があります。 回線切り替えなどの使い方については、下記の記事で詳しく紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。

次の