メンタル ヘルス マネジメント 検定 過去 問。 メンタルヘルス・マネジメント検定は過去問の解答を熟知しよう

メンタルヘルスマネジメント検定試験/過去問題と解答速報

メンタル ヘルス マネジメント 検定 過去 問

併願で合格可能 まず初めに言っておきたいのが メンタルヘルス・マネジメント検定は比較的簡単な部類の試験です。 そして、2種の内容は3種の内容を多く含んだ構成であるので 2種と3種の同時合格が可能です。 と言うより、併願の方が圧倒的に勉強効率が良いので併願しようか迷っているぐらいなら絶対に 併願することをオススメします。 自分も併願で受けて最初は受かるかどうか非常に不安でしたが実際に受けてみたら、むしろ併願でないと損していると感じました。 あまりにも2種の内容に3種の内容が含まれ過ぎているので仮に2種に落ちることがあっても2種の勉強をしていれば勝手に3種の勉強も出来ていることになるので受かるだろうと思われるからです。 どっちも落ちた人は勉強法が悪いのでこの記事でしっかりと勉強法とテキストを確認して絶対に合格してください。 まだ受けていない人はこの記事で絶対に受かる方法を教えますので併願で気持ちよく受かって下さい。 メンタルヘルス・マネジメント3種で使ったテキストと勉強法 この二つを使うだけで他のものは何もいりません。 勉強の仕方としては、 最初に公式テキストを読みます。 公式テキストはわかりやすく書いてあるわけでは無いので、これからこういったことを勉強するんだとか、メンタルケアのためにはこんなことも必要なのかと軽い気持ちで一通り読めば良いです。 公式テキストを終えたらここから本番です。 過去問を解かずに答えを見ながら全て答えを書き写して過去問をテキスト化してしまいましょう。 自力で解く必要なんてありません。 なぜなら、 試験はほとんどが過去問の類似問題がメインで出るので簡単に言ってしまえば 過去問を全て覚えればそれだけで受かるのです。 過去問をテキスト化したら 理想は3周以上。 最低2周はしましょう。 併願する場合は1周でも良いです。 自分は1周で受かりました。 過去問を読んでいてわからない部分があれば公式テキストを見るような感じで良いです。 この方法をしっかりやれば絶対に受かります。 メンタルヘルス・マネジメント3種の勉強時間 大体が30時間程度の勉強が必要なんてありますが、そんなに勉強しなくても良いです。 勉強してみればわかるのですが、常識で解けるような問題が平気であるし7割取れれば合格でほとんどが過去問中心に出るので30時間なんてやったら飽きます。 3種のみで受ける場合念のため多めに10時間ちょっとくらい。 併願の場合は5時間くらいで十分です。 上記過去問をひたすらこなしていくだけなので楽です。 過去問をテキスト化していれば覚えるだけなので最悪一夜漬けでも受かります。 普通にやっても1週間しっかり勉強すれば余裕で受かります。 ただ、メンタルヘルスに関することなので試験自体は楽勝ですがしっかりと勉強して身につけておくことを勧めます。 メンタルヘルス・マネジメント2種で使ったテキストと勉強法 メンタルヘルス・マネジメント2種も同じで 公式テキストと過去問だけ使っていれば絶対に受かります。 勉強の仕方も3種の場合と全く同じです。 とりあえず、 公式テキストで概要を把握することが大事です。 ここで3種との繋がりの多さに気が付くと思います。 そして、ちょっと難しいなとも思うはずです。 で、後は 過去問を解かずテキスト化させます。 テキスト化したら 理想は4周以上。 最低でも3周はしてもらいたいです。 簡単には簡単ですが舐めると落ちるぐらいなのでしっかりとやりましょう。 余裕があればもう一度公式テキストを読み返すようにすれば怖いものなしです。 過去問をやってから公式テキストを読むと最初と違って恐ろしいくらいに理解度が高まっていることがわかります。 ここまでやれば落ちることは無いでしょう。 併願で余裕で受かります。 むしろ、2種のほうが簡単とすら思うようになります。 メンタルヘルス・マネジメント2種の勉強時間.

次の

メンタルヘルス・マネジメント検定、1ヶ月の勉強でⅠ種とⅡ種にダブル受験しダブル合格した友達の勉強方法教えます!

メンタル ヘルス マネジメント 検定 過去 問

この記事の目次• メンタルヘルス マネジメント 解答 メンタルヘルス・マネジメント検定は過去問の解答を熟知しよう 通信教材の問題を解き、問題傾向に慣れることが大切です。 ただ通信教材だけでは問題に慣れないので、過去問や公式テキストと併用して勉強しましょう。 マークシートは80点以上、記述式は書く練習と暗記をし、25点以上を目指すことで合格ラインが見えてくるでしょう。 メンタルヘルス・マネジメント検定の問題と解答例 「ラインによるケア」において管理監督者に求められる役割に関する問題も出題されます。 4つある解答例のうち一つを選択し、そのマークを所定欄に記入します。 解答例には、「第二の不調者が出現しないよう様子を見る」や「問題解決を目的として適切な情報を相談者に提供する」など、もっともらしい解答が並んでいます。 正解は「職場環境の改善には、物理的な職場環境のみならず、労働時間や人間関係など、職場の文化や風土に関する問題を改善することも含まれる」となっています。 休日は5~6時間勉強し合格したそうです。 勉強方法としては、比較的ボリュームの少ない問題集から手を付け、次に過去問が詰まっているテキストを使って勉強し、解答が難しかった部分を公式テキストを使って調べマーカーでチェックし覚えたそうです。 どちらも解答100点満点中、70点以上の得点で合格となります。 各種別の合格率や試験内容、合格率を上げる勉強法についてご紹介します。 メンタルヘルス・マネジメントの合格率を上げる勉強法 実際の練習問題を解くことが最も効果的な勉強方法です。 過去問を解くことで試験問題のポイントや試験時のイメージもしやすく、ペース配分も掴みやすくなります。 メンタルヘルスケアの意義や基礎知識、セルフケアの重要性、ストレスへの対処や軽減の方法、ストレスへの気づき方が主な内容となっています。 学習することで、自らのストレス状況や事態を把握できるようになります。 過去問を解きながら理解し、しっかり復習することが必要となります。 主題内容は、メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割、メンタルヘルスケアに関する方針と計画、相談体制の確立など、社内全体のメンタルケアに関する知識や対処法について学びます。 メンタルヘルス・マネジメント検定の難易度について メンタルヘルス・マネジメント検定は合格率を見てもわかる通り、それぞれ難易度も大きく違います。 ただ難易度に違いはありますが、この検定を学習するメリットは大きいので、企業としても推奨したい検定の一つと言えます。 出題される内容も、人事管理の観点からメンタルヘルスケアの企画や教育、実施が求められるものとなっており、マークシートの他に論述試験もあります。 出題形式の違いも難易度を高めている理由の一つです。 合格するにはそれぞれ50%以上の得点が必要とされているため、例え選択問題で多く点数を取っていたとしても、論述問題で25点以下だと不合格になってしまうという難しさがあるのです。 メンタルヘルス・マネジメント検定の難易度が違う理由 メンタルヘルス・マネジメント検定の難易度は各種別によって違いますが、その理由は問題形式の違いだけでなく、難易度が高くなるにつれ、過去問から出題を予測しずらくなるという点もあります。 難易度に関わらずメンタルヘルス・マネジメント検定は役立つ 近年心の病による休職者は増加傾向にあります。 社員のメンタルヘルスに不調が出れば生産性も低下しますし、企業経営にも影響がでます。 メンタル疾患を未然に防ぐためにも、それぞれの立場や役職に応じたコースを学習し受験することで、働く人だけでなく職場内の健康づくりにきっと役立つことでしょう。

次の

メンタルヘルス・マネジメント検定とは?Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種試験の合格率と難易度は?

メンタル ヘルス マネジメント 検定 過去 問

はじめに 1998年、日本の自殺者数が初めて年間30,000人を突破しました。 前年を8,000人以上も上回る数でした。 ここを境に、勤労者の心の健康に関する施策が次々と打ち出され、企業におけるメンタルヘルス対策の取り組みが本格化しました。 以降、自殺対策として、また心の病による不調者や休業者への対策として、メンタルヘルス対策の重要性は社会的な認知を拡大させてきました。 その成果か、近年の自殺者数は連続して減少し、2018年は20,840人と37年ぶりに21,000人を下回りました。 しかし一方で、若年層のメンタルヘルス問題などが顕在化している現状もあります。 この制度では、「実施」は事業者の義務である一方、「受検」は従業員が選択できます。 また、制度の目的は一次予防であり、病気の発見 二次予防 を主眼とした仕組みではないとされています。 ストレスチェックをどう活用するか、人事労務担当者、管理監督者、一般社員のそれぞれの立場でしっかりと受け止め、考えていく必要があると思います。 一般社員においては、ストレスチェックに真摯に回答し、結果を受けて自ら状況分析と改善計画の立案・実行をする自律的な健康管理が求められるでしょう。 自らの健康と人生に責任を持つのは、医師でも上司でも会社でもなく、自分であるとの認識がその前提となります。 管理監督者においては、年1回のストレスチェックに頼らないラインケアは引き続き求められるうえ、「高ストレス」な部下がいた場合には、その状況に対して職場にできること、本人の責任で行うべきことを考えて冷静に対応する能力が求められます。 そして、人事担当者は、医師等の専門家の力を適切に活用しつつ、会社全体が「ストレス」に振り回されることなく、ストレスチェックの効果を最大化できる仕組みを自社の実情に沿って作り出が必要です。 まさに、それぞれの立場でメンタルヘルス問題の「マネジメント」が求められる時代になったといえます。 また、これと並行して2014年に「健康経営」の推進が経済産業省から打ち出されました。 2018年には「働き方改革関連法」が、2019年6月にはいわゆる「パワハラ防止法」が成立し、順次施行されていきます。 メンタルヘルス対策として一次予防に注力する企業も増えています。 企業と個人が行うこれらの取り組みは、誰にとっても働きやすく、また働きがいのある社会の実現につながるものでしょう。 ストレスチェック制度の有効活用やよりよい働き方の実現に向けて、本検定試験の有用性は今後ますます高まるものと思われます。 さて、メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、すべての勤労者が職場におけるメンタルヘルスケアの推進に資することを狙いとして、2006年に大阪商工会議所によって開発されました。 対象別に3つのコースから構成され、I種は経営者・人事労務担当者に社内全体のメンタルヘルス対策を、III種は管理職に部門内・部下のメンタルヘルス対策を、III種は一般社員に自らのメンタルヘルス対策を推進することが目的となっています。 2017年6月には公式テキスト〔第4版 が出版され、近年の法整備や最新の調査動向が反映されています。 これまでは身近に、かつ体系的にメンタルヘルスケアを学ぶ方法がありませんでした。 商工会議所の検定試験は「商工会議所法」に基づいて、就一の基準により全国規模で実施している「公的試験」であり、本検定の公式テキストはメンタルヘルスケアの具体的方法に関して信頼性の高いスタンダードを示すものといえます。 また、1種マスターコースの合格者を対象とした講習会 合格者フォーラム も毎年開催されており、検定試験の合格は知識の獲得だけでなく、その後の実務能力の向上にもつながるものと考えられます。 本問題集は実際に公開試験で出題された過去問題を基に作成されています。 都度、公式テキストに立ち戻りながら、知識の習得度合い確認に役立てていただきたいと思っております。 本問題集が、受験者の皆様の「一人でもメンタルヘルス不調者を予防できたら」「よりよい職場づくりを行っていきたい」「自分や周囲の方の健康づくりに役立てたい」などといった思いの実現に寄与できたら本望です。 以下、本書ではRマークを省略します。 同試験には「公開試験」と「団体特別試験」の2形式があり、「公開試験」は下記のように実施されます。 コース I種 マスターコース II種 ラインケアコース III種 セルフケアコース 対象 人事労務管理スタッフ、 経営幹部 管理監督者 管理職 一般社員 目的 社内のメンタルヘルス対 策の推進 部門内、上司としての部下のメンタルヘルス対策の推進 組織における従業員自らの メンタルヘルス対策の推進 到達目標 自社の人事戦略・方針を踏ま えたうえで、メンタルへルスケア計画、産業保健スタッフや他の専門機関との連携、社員への教育・研修等に関する企画・立案・実施ができる。 部下が不調に陥らないよう普 段から配慮するとともに、部下に不調が見受けられた場合には安全配慮義務に則った対応を行うことができる。 自らのストレスの状況・状態 を把握することにより、不調に早期に気づき、自らケアを行い、必要であれば助けを求めることができる。 方法 統一日に指定会場で実施 2019年度試験は、札幌、仙台、新潟、さいたま、千葉、東京、 横浜、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡の15会場で実施 受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限なし 試験構成 試験時間 選択問題:2時間 論述問題:1時間 選択問題:2時間 合格基準 選択問題 100点満点 と論述 問題 50点満点 の得点の合計が105点以上。 ただし、論述問題の得点が25点以上であること 100点満点で70点以上の得点 受験料 (税別) 10,000円 6,000円 4,000円 また、「団体特別試験」は、企業・団体・学校が、所属する従業員や職員、学生を対象に、メンタルヘルスケアに関する教育・研修の一環としてメンタルヘルス・マネジメント検定試験を実施する制度です。 企業・団体・学校の都合に合わせて、日時、場所を設定できます。 所定の手続にもとづいて、受験の申し込みをされた企業・団体・学校が試験を実施します。 詳しくは、案内パンフレットやホームページで紹介されています。 公開試験 2017年の第23回以降 と団体特別試験は、第4版に準拠して出題されます。 公式テキスト 中央経済社刊 は、全国主要書店で販売しています。 mental-health. I種は選択肢の正誤を判断する選択問題に加えて、テーマに沿った文章等を手書きで記載する論述問題があります。 これにはやはり、論述問題の影響が大きいと考えられます。 I種およびII種では公開試験が年に2回 11月頃と3月頃 実施されますが、I種は年に1回 11月頃 です。 計画的に、かつ集中して取り組む必要があるといえるでしょう。 近道はありませんが、重要と思われるポイントを確認しておきます。 論述問題の出題テーマの予測は難しく、公式テキスト全体を網羅した学習が求められます。 ただ、大阪商工会議所が示す以下の学習内容の特徴は、論述問題にも当てはまるものと思われます。 学習内容 出題内容 の特徴 ・一次予防 疾病の未然防止と健康増進 に重点 ・ラインによるケア、組織全体によるケアを促進 ・産業保健だけでなく、人事労務管理の観点も重視 過去の傾向では公式テキスト第1章からの出題が多くなっており、近年では、ストレスチェックやワーク・ライフ・バランスに関連した問題が出題されています。 上記特徴を鑑みても、国の施策の理解や組織全体への対策に関して問われることが多いと考えられます。 逆に、精神疾患の診断基準や薬物療法の詳細な説明を求めるような出題はなされていません。 ちなみに、これは選択問題でも同様です。 これらを踏まえてテキストを確認するとともに、実務上も非常に重要な「労働者の心の健康の保持増進のための指針」などの巻末資料も熟読をお勧めします。 公式テキスト〔第4版〕からは巻末資料4にいわゆる「ストレスチェック指針」が掲載されました。 読みやすいとはいい難いこれらの文書が最後の最後で難所となりますが、巻末資料も試験範囲です。 じっくり最後まで学習してください。 記載前のポイント列挙 解答の要点を問題用紙等に列挙してから解答用紙に記載を始めることが重要です。 また、意味のないつなぎ言葉等で文字数を浪費せず、無理のない形で情報を多く含めることも得点につながると思われます。 手書きの練習 一定時間内に一定の文字数の解答を手書きで原稿用紙に筆記する練習をしてください。 時間のない中での書き直しは慌てます。 焦ると漢字が出てこなかったり、字が読めなかったり、消しゴムで紙を破いたりします。 当然、字が読めないと得点になりません。 パソコンやスマホ等での入力に慣れている方ほど、本番に準じた手書きの練習は必須といえます。 しかし、論述問題は出題個所の予測の難しさや採点基準の非公表などのため、満点に近い高得点は現実的ではありません。 論述をギリギリ25点で通過したとして、選択問題で80点 8割 の得点が合格ラインになります。 「5問に1問は間違ってよい」くらいで考えておくとよいかもしれません。 選択問題の正解率の向上には、基本的にはテキストを通読のうえ、過去問題に解答し、誤答部分を確認して知識の穴を埋めることの繰り返しになります。 本問題集は、毎年最新の試験問題を加えて改訂し、こうした学習方法を支援しています。 また、法令・指針等や各種の調査資料は、各試験年度の4月1日時点で成立、発表されているものが出題されます。 最新の動向はチェックしておきましょう。 なお、公式テキスト〔第4版〕では、各種調査結果や法令の新設・改正などについて加筆修正がなされました。 テキストの構成上、第1章に変更が多く出ていますが、第3章の疾患説明や第7章の事業場外資源などにも変更があります。 すでに〔第3版〕で学習していた方は、このあたりを中心に変更点を確認しておいてください。 数値の覚え方 各種調査や実験結果などを中心に数字が出てきますが、細かな数値自体を問われることはありません。 大まかな割合、項目の大小や順序、不等号記号の向きなどを押さえておけばよいでしょう。 出題形式 選択問題もいくつかのパターンがあります。 まず、適切な記述を選択させる問題と、不適切なものを選択させる問題があります。 不適切なものを選択させる問題の場合は下線が引かれていますので、焦らず最後の選択肢まで確認したうえで解答してください。 自信のない記述があっても諦めず、わかる項目だけで解けないかチャレンジしてみてください。 テキスト外の問題 応用問題としてテキスト外からも毎年数問が出題されています。 ただこれも、冷静に問題を見れば、テキスト外の内容を含む選択肢以外の選択肢の正誤がわかれば、正答を導けることも多いです。 テキスト外だからと焦らなくてよいよう、テキスト「内」の内容を確実に押さえていってください。 mental-health. 〔第4版〕への改訂後も複数の訂正が出ていますので、ここは必ず確認してください。 法令改正等について 大阪商工会議所のホームページに、「公式テキスト〔第4版〕出版後の法令改正等についてのお知らせ」が掲載されており、「公開試験ならびに団体特別試験とも、受験日の年度4月1日時点で成立している法令に準拠し、出題いたします。 」との記載がありますので、ここも必ず確認しておいてください。 概略は以下のとおりです。 改正年月 該当ページ 改正の主な内容 2017. 1 P. 32、177 「労働時間の適切な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」の策定に伴い、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準について」が廃止になりました。 2018. 4 p. 69 障害者の法定雇用率が以下の通り引き上げられました。 ・民間企業…2. 8 P. 62-63、257 (資料3)P. 377-390 ストレスチェック実施者に一定の研修を受けた歯科医師及び公認心理師が追加されました。 2019. 4 P. 57-58、314 医師による面接指導の対象となる労働者の要件のうち、時間外・休日労働時間(休憩時間を除き1週間あたり40時間を超えて労働させた時間)数の部分が、1月あたり100時間から80時間へ変更になりました。 (改正安衛法第66条の8第1項、改正安衛則第52条の2第1項) P. 61 36 サブロク 協定で定める時間外労働に罰則付きの上限規則 原則月45時間・年360時間 が設けられました。 試験問題は出題時のものを掲載しており、法令等の改正および各種統計調査の最新データは反映していません。 現在の法令および各種統計調査のデータについては、解説でフォローしています。 本書において「公式テキスト」とあるのは、大阪商工会議所編『メンタルヘルス・マネジメント『検定試験公式テキストI種マスターコース〔第4版〕』 中央経済社刊 を指します。 試験問題下部に掲載している「出題回」および「公式テキスト」の表示は、以下を表します。

次の