セクシャル マイノリティ 種類。 LGBT団体-日本セクシュアルマイノリティ協会(JLGA)

セクシャルマイノリティとは?分類やLGBTとの関連性と現代の理解も

セクシャル マイノリティ 種類

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月) 社会的少数者(しゃかいてきしょうすうしゃ)または 社会的少数集団(しゃかいてきしょうすうしゅうだん)、 社会的少数派(しゃかいてきしょうすうは)とは、そのの関係において、そのが少数派に位置する者の立場やその集団を指す。 の「 マイノリティグループ」(: )の考え方を輸入したものであるが、日本語では単に「 マイノリティ」と呼ばれることもある。 多くの場合、そのグループの一員であることによって社会的なやの対象になったり、少数者の事情を考慮していないの不備から損失を被ることを前提とした呼称でもあるが、例外も多い。 また「 」にも近い概念であるといえるが、つねに一致するわけではない。 は または 社会的多数派であり、これは多数派に位置する為には強い立場にいる集団を意味しており、統めてを形成しやすい群というふうにも言える。 留意点として、数としては少数でなくても、差別や構造により社会的に弱い立場の集団を「マイノリティ」とする定義もある。 たとえば数の面では人口の半数近くを占める女性や、人口では多数派であるの黒人や20世紀初頭のの黒人のように、人口の割に社会における機会が著しく制限された層をマイノリティとする反レイシズム団体も存在する。 逆に、数としては少数であってもその集団が強い立場にある場合には「マイノリティ」と呼ばないことがある。 これの例としては、「一握りの大富豪」と呼ばれる富裕層や、諸国における白人層、時代のにおける白人層などを挙げることができる。 少数派の条件 [ ] ひとつの社会の特定な集団がいろんな基準が適用されるが、一般的に次の四つの条件が掲げられる。 識別可能性 ある身体的、文化的な特徴によってほかの集団と区別される著しい違いが現れることを意味する。 よって、このような少数者たちは差別を避けるため、こんな「違い」を隠そうとする。 権力の差 権力の差とは、経済力、社会的な地位、政治権力など、いろんな部分で実質てきな差があるか、もしくはいろんな資源を動員できる能力の差が出ることを意味する。 差別的かつ軽蔑てきな待遇の存在 少数派への差別はある個人がただその集団の一員という理由だけで社会的に差別されるという状況を招来する。 少数派としての集団意識 こんな差別は、彼らが差別されていて、彼らの集団のある本質的な資質より多数の評価によっていることを悟らせる。 このような集団意識はたった数人の思いから始まるが、差別の繰り返しによって全体的な連帯意識に拡張される。 しかし、すべてのマイノリティが連帯意識をもっているのではない。 多くの少数派 の場合、成員としての資格にかかわる規則や文化的な特異性をもつ集団として定義されるが、現実のマイノリティ の中では(たとえばホームレス、HIV患者などの場合)集団としての規則や特異性をもつより、劣悪な地位、もしくは羞恥心によって個別的に分散されていることが多い。 それにもかかわらず、このようなマイノリティには共通的な特徴があるが、彼らが社会の主流の成員によって明示的に、もしくは暗黙的にに差別されると感じるということである。 これがここでいう「集団意識」である。 少数派の種類 [ ] 少数民族 [ ] 詳細は「」を参照 など同化主義の理念が徹底している国や、近年のなど、を前提とした社会では、少数民族であることが、必ずしも不利に働くとは限らない。 しかし、これらの国でも全くへの差別がないわけではない。 差別是正の意図などにより、特定の少数民族が、政治的・社会的なを持っている場合もある。 例えば中国の少数民族には、の対象外とされ、公務員への優先採用などの優遇措置が与えられている。 アパルトヘイト体制下の南アフリカ共和国では、少数派であるが、多数派であるを支配していたという事情があるが、この場合白人は数としては少数ではあっても、社会的少数者には当たらない。 は異性愛を前提として構成されており、性的少数派であることが発覚した場合には、偏見・差別の域にとどまらず、の対象になる可能性もある。 という言葉もある。 また異性愛者以上に人口の多数を占める人々はと身体的性別が一致しており、がいることを理解できず、或いは受容できない場合が多い。 性別による役割や服装を当然視し、社会的規範或いは当然の正義とまで考える者も多い。 その為こうした人々は深刻な人権蹂躙を被ってもその救済が困難な状況に置かれる。 ( の項目を参照) 世界 [ ] 特に、の社会的弱者という考え方との違いとして挙げられるのは、における少数派の文化的団結が強調される点である。 の、の一環として生まれた言葉であり、を多く受け入れた欧米でこの認識が急速に広まった。 よって、単なる個人の経済的あるいは社会的地位の向上だけではなく、多民族・多人種・多宗教における、それぞれの集団の尊厳と地位の平等化が強く意識される。 例として、アメリカではこれまで年末の挨拶として、当り前のように「メリー・クリスマス」が使われてきたが、近年はこれが政治家だけでなく一般人の間でもに配慮する必要性から「ハッピー・ホリデーズ」に言い換えられることが少なくない。 はの宗教行事であるため、これを無頓着に使うことはキリスト教、つまり多数派の価値観の押し付けとされる。 やでは、少数派のを守るというよりも、みなを同じに扱うという考え方を採っている。 つまり、黒人であっても少数民族であっても「その国民であること」を問題とする。 即ち、アメリカのように国家における主流派を権威を認めた上で少数派を尊重するというよりも、同じ国民である以上は出身地や宗教といった点が異なっても「同じ国民ならば同じ扱いを受けるべきだ」とする考え方である。 こういった考え方を採用する例は、一定の宗教や民族が圧倒的な大多数ではない国に多い。 例えば、フランスではカトリックとプロテスタントが同じ程度存在していたり、太古から「フランス人」が存在していたわけではないという事情が一つあるのと、抱え込んだ植民地を統率する目的で、(「宗教的」に対する)「世俗性」と「フランス語の使用」を絶対条件にしており、この2点については絶対に譲らない。 宗教色を抑制した結果、無神論者も相当数存在する一方で、伝統的なキリスト教文化を完全に消去するような動きには抵抗感が強く、例えば、回教徒の女学生が頭部を隠すことを法律で禁止したり、トルコのEU加盟に執拗に反対したりするといった強い行動に出る。 多文化主義の観点からはフランスの一元主義に対する批判が存在する。 タイの場合は、王室への忠誠心があれば、個人間の差異が特に重要視されないという特殊な事情がある。 フランス南部の少数派 主にアラブ系や黒人 は、犯罪者等の汚名を着せられる事が多いが、現実にはフランスの白人と定義される人達の方が犯罪が多いと言う現実がある。 ただアメリカのメキシコ系移民やキューバ系移民やアフリカンアメリカン等の犯罪はマジョリティ アメリカの白人 よりも犯罪が多い等の問題を抱えており白人達の不満に繋がっている。 なお (市民的及び政治的権利に関する国際規約)の第27条に於いては国内の少数派とりわけ「宗教的、人種的、言語的少数民族」の権利の保護を掲げている。 日本の人種構成はが圧倒的に多いが他民族の割合(した人や統計に登録していない人も含め)は低くなく、外国メディアでは「日本人の平均的な期待よりも外国人の割合は多い」としている。 (、なども参照の事) 日本人の社会的弱者集団の代表である部落民に対する政策は、同一民族内の差別であったために、対応策が同化であったことなどの理由により、欧米のような異文化の地位的平等を求める公民権運動としては評価されなかった。 近年の部落問題の対策として、戸籍の登録の場所を自由化して部落の出身であることを隠すことが出来るようにする、あるいは在日の様な通名の使用を法律的にも認めるなどを行っている。 このような自らの出生を隠すような行為はマイノリティ論の観点に基づく社会的弱者の救済と対極にある。 (なども参照の事) 日本でマイノリティとされているのは、や少数派宗教の信者、、、患者 特に患者など 、、、日雇労働者、の者、日本に住む外国人、帰化した日本人、の出身者。 、、、、、以下の教育しか受けていない者。 あるいは一般的な学習歴を持っていない者 、少数派の血液型(B型、AB型)(日本ではに基づいた偏見・差別問題が存在する)である。 日本における社会的弱者に対する議論において、文化という要素はこれまでほとんど見られなかった。 一方、欧米でのマイノリティ問題において(文化的)同化 と、社会的な統合 の問題は非常に活発に議論されている。 フランスなどでは、移民のフランス文化に対する同化を国家政策として奨励しているが、移民社会、特に一部の二世の間では不評である。 一方で近年、メキシコ出身のアメリカ人がを、スペイン語に改訳 して歌ったときは保守派から大きな反発が起こった。 また日本語の社会的弱者と違い、単なる貧困に苦しむものがマイノリティとされることはない。 この結果としてマイノリティ論に基づく社会政策の典型であるアファーマティブアクションなどには白人の貧困階級が含まれないなどの軋轢を生んでいる。 一方日本では厳密な意味で欧米のマイノリティに対応する集団はごく少数であるので、単なる差別問題と捉える場合が多い。 エイズや元ハンセン病患者やホームレスの問題など、欧米では特にマイノリティと認識されないものが、被差別集団・社会的弱者ということで同義で議論されている。 逆に、例えば聾者が欧米のを引用して、「聾は障害でなく文化である」などの主張をすると全く何のことか理解されないことが多い。 (の項目を参照) 脚註 [ ]• : identifiability• : differential power• : differential and pejorative treatment• : group awareness• : minority group• : minority• 全永評、「マイノリティのアイデンティティ、タイプ、そしてマイノリティ政策研究観点」、『政府学研究』 第13巻第2号、高麗大学校政府学研究所。 2007, p. 108. 誌 2006年9月第二号• 1960年代ごろまでは各家庭の所得があまり高くなく、低学歴()で就職する事が珍しくなかった(を参照)。 今日でも貧困、虐待、家庭崩壊などで高等教育を受けれない者は一定数存在する• 同等の学歴であっても、特別支援学級や通信制・通信制学校の出身あるいは高年齢履修者といった少数派が、就職などの場面で同等の学歴と見做されない問題がある• : assimilation• : integration• : Nuestro Himno• Holusha, John 2006年4月28日. The New York Times. 2006年4月28日閲覧。 の2006年5月4日時点におけるアーカイブ。 2006年4月28日閲覧。 - 原義はロシア語で少数派という意味。 外部リンク [ ]• - (2019年3月30日アーカイブ分) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

セクマイの意味とは?セクシャルマイノリティの種類も含めて詳しく解説

セクシャル マイノリティ 種類

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年5月) 性的少数者(せいてきしょうすうしゃ)とは、何らかの意味で「」(「」も参照)のあり方が多数派と異なる人のこと。 のSexual Minority( セクシュアル〈セクシャル〉・)のである。 略して セクマイの他に 性的少数派、 性的マイノリティ、 ・マイノリティとも言う。 一般的に者、者、(の当事者含む)などが含まれる。 最近のでは、総称として、GSM(「ジェンダーと性的少数」) 、GSRM(「ジェンダー、セクシュアリティ、そしてマイノリティ」)、およびGSD(「ジェンダーとセクシュアリティの」) が提案されている。 概要 [ ] 元来、個々人の性のあり方は多様である。 例えば、一見、主として異性に対しの向くのが大多数であり普通に思えるかもしれないが、決してそうではない。 例として性的指向が同性の者も多く存在する。 多くの人間社会はそのように考えず、彼らをなどとしてきたが、現代にいたり、そのように捉えずに、ある種のひとつのかたまりとして、性的少数者と捉えるようになった。 性的少数者の多様性 [ ] 疫学 [ ] 性的少数者の抱えやすい課題と医療 [ ] 差別 [ ] 歴史 [ ] 「性的少数者」という言葉について [ ] この言葉は、にLaws Ullerstam の著書に影響を受けて、 ethnic minority の類語として生まれたとされている。 マイノリティ minority という言葉は、大多数のなかで少数であること、また、社会学的には社会的弱者であることを指す。 、、は、現象としてはかなり異なったものであるが、一方でとして同時に扱って論じる場合もあり、的少数者というが用いられる。 その背景には以下のようなものが挙げられる。 これらの概念はまったく別個の概念であるが、互いに強く関係していること。 共通して、にまつわることであること。 共通して、多数派優位の社会では不利益を被りやすいこと。 やなどといったをもつ人々も、トランスジェンダー同様、全人口に対する割合からすれば「少数」であるし、社会的弱者である障碍を持つ人々は「少数者」「マイノリティ」「弱者」としてとらえられている。 また、の問題を扱った2006年の の前文では敢えて、の定義に関して「 異性や同性、両性(二つ以上の性)に対する」と表現している。 またの定義に関して、「 出生時の身体的性別に対応することもあればしないこともある」と表現している。 さらに、2011年6月17日には、性的指向と性同一性に関する声明との実現のため、国際連合人権理事会は国際連合人権高等弁務官に2011年12月までに、全世界の性的指向と性同一性による人権蹂躙の詳細の調査を求め、その問題を理事会で審議するという決議を採択した。 これを受け、は2011年11月17日付けで報告書を作成した。 いわゆるLGBTを「少数者」「マイノリティ」「弱者」として社会的に排除することなく、他の人間と同様に尊厳や権利を保障され、社会的に受容される正当性と必要性があるということである。 LGBT、関連用語との異同 [ ] 詳細は「」を参照 性的とよく似た言葉で、しばしば混同される概念・言葉として、 LGBT がある。 これは、(Lesbian・女性の者)、ゲイ(Gay・男性の同性愛者)、バイセクシュアル(Bisexual・者)、(Transgender・性別移行〈〉を含む)の頭文字から作られたである。 性的少数者と LGBT の違いとして、その言葉のなりたちがあげられる。 性的少数者が客観的に性におけるマイノリティを定義しているのに対し、LGBT は頃にアメリカの活動家が使い始めた言葉であって 、、トランスジェンダーのコミュニティ等に属する人々が、自らを呼ぶ言葉としてこの名称を選んだということである。 LGBT は、インターセクシュアル(Intersexual・)を加えて LGBTI と言ったり、(Queer)または(Questioning)を加えて LGBTQ と言ったりもする。 I は、医学的な診断で認定される(インターセックス・)のことである。 ただし、LGBTにインターセックスを加えることについては当事者からの異論が多く、必ずしも適切とは言えない。 その中でも特に、ゲイ・コミュニティの権利主張の声が大きいため、安直に「LGBT=ゲイ・コミュニティ」を意味してしまう場合がある。 以下に説明する レインボー・フラッグが典型であるが、これは本来「ゲイ・コミュニティの多様性」の象徴であった。 しかし、LGBT の象徴として使用されることが多く、性的マイノリティのなかで、の極、すなわち LGB が多数派を形成し、少数者の中の更に少数者として、TT や I の極が位置付けられる現実がある。 これは、同性愛者の人口比がきわめて大きく、統計によって異なるが、おおよそ、人口の5%程度がな指向を持つと考えられるのに対し、トランスジェンダーは、人口比ではるかに少数であるという事実からも言える。 象徴としての「虹(レインボー)」 [ ] 性的少数者の象徴として、現在、合意されたフラッグやシンボルは存在していない。 「虹(レインボー)」を LGBT の象徴・代名詞として使用しようとする意見もあるが、「虹(レインボー)」は以下に述べるような特徴を持つため、様々な意味が内含され、性的多様性とは別の場面でも様々に使用されているため、これを LGBT の象徴とすることは未だ合意されていない。 例えば、のも「虹(レインボー)」の五色を使ってデザインされており、この場合は やの多様性・平等性を示している。 それ以外にも、様々な政治的の象徴として「虹(レインボー)」は使用される。 ゲイ・コミュニティは、「虹(レインボー)」を自分たちの表現であるとして、これを採用している。 「虹(レインボー)」の色は セクシュアリティの多様性を象徴するものと解釈されている。 虹には様々な色が含まれ、共存している。 虹を構成する色は連続的であり、明確な境界を引くことはできない。 しかし、「虹の七色」というように人間は便宜的に境界線を引いて区別している。 時代・地域によっては「虹は五色」であり、境界線の引き方は文化に依存する。 境界線を重視しすぎると科学的には正しくないことがある。 レインボー・フラッグ [ ] レインボーフラッグ レインボー・フラッグ(をモチーフとした旗)は、しばしば性的少数者ないし の象徴と見なされるが、元々はゲイ・コミュニティの象徴であった。 別名「ゲイ・プライド・フラッグ」(ゲイの尊厳の旗)とも呼ばれる。 同性愛者団体の活動などでは虹色の旗(レインボーフラッグ)が用いられ、日本の・でから行われている「東京レインボー祭り」の名称もこれに由来する。 レインボー・フラッグは、にゲイ・コミュニティの象徴となる旗のデザインを依頼されたが考案した。 現在のレインボーフラッグにおいては赤、橙、黄、緑、青、紫の6色で虹を表している。 ただし、ベイカーによるオリジナルの旗はピンク、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の8色であった。 製造上うまく発色しないことからまずピンクが削除された。 次に、ののにおいて、虹色の横断幕を左右に分割できるようにと、藍が削除された。 (サムウェア・)オーヴァー・ザ・レインボー [ ] Somewhere Over the Rainbow ()は、性的少数者のテーマソング的曲。 作詞、作曲。 の映画「」(・)の中で、主人公のドロシー()が、の自宅の庭で、虹の彼方(オーヴァー・ザ・レインボー)を夢見て歌う。 なお、この場面はモノクロである。 ジュディ・ガーランドは「バイセクシュアル」で、LGBTのアイコンとなっている。 後年、ジュディの娘であるがゲイの作曲家と結婚するなど、性的少数者が身近にいたことから、彼らに対して理解の深かったジュディ・ガーランドは彼らのとなり、に亡くなった彼女を追悼するためにのパブ・「ストーンウォール・イン(Stonewall Inn)」に集まった同性愛者たちが警察と衝突した事件が、有名な「」(同年)である。 また、女性との結婚・離婚の後、同性結婚した歌手は、ジュディ・ガーランドの死を悼んでを作曲したが、これは映画の中でオズへ続く「黄色いレンガの道」と「芸能界の出世街道」をかけて表現している。 バーニー・トーピンは異性愛者である。 性的「指向」ではなく性的「嗜好」の少数者 [ ] ﯦ性的と呼ぶときには、 といったにおける少数者の範疇とは別のカテゴリに入る、性的に非典型的な傾向を持つ人々も含まれる。 それは例えばなどのと呼ばれものなどにおける少数者を指す。 ここにも、LGBT との概念的な違いが現れる。 の「セクシュアル・マイノリティ(sexual minority)」は、性的指向や性同一性に関する非典型者を意味するのみ ではなく、文字通り「性における少数者」を意味するのだと考えれば、 とは自ずから異なった意味になる。 と同様、 人たる権利()において何らかの意味で不利な立場に立つ者として、性的マイノリティは意味が広い言葉だとも言える()また、小児性愛もセクシュアリティーの面でマイノリティーであることを忘れてはならない、小児性愛者が必ず犯罪をするとも限らない。 文化の問題 [ ] 性的少数者の概念を支えているのは の存在であり、その中でもとが中心的な役割を持つ。 しかし、同性愛については、においてゲイの権利運動を活発化させたやにおける概念把握が、グローバルな世界の諸文化では必ずしも妥当しないと言う事実を考慮に入れなければ、無意味である。 欧米における同性愛概念は、世界の様々な社会や文化において、そのままの形では適用できない。 また、()と(ハイト・リポート)の調査結果は、現実には多数の人が男女の両性に性的魅惑を感じており、 数の上では者はではなく、最も多いであることを示している。 にも拘らず、両性愛の人が自分が両性愛であるとカムアウト()することは稀である。 その理由は、同性愛の部分で社会からの圧力を感じるためである。 両性愛者であることを公言することは、欧米では同性愛者のなかに数えられるという現状が存在する。 LGBT の中で、もう一つの重要な項であるトランスジェンダーは、それ自体が空の星のように限りないもので、欧米の文化内部で見ても数え切れないヴァリエーションが存在し、「第三の性」を歴史的・文化的に認めて来た社会の存在なども考慮すると、「性の多様性」は無限に発散するとも言って過言ではない。 トランスジェンダーのレンジにはを含むが 、日本においても、()が何らの問題もなかったように、の伝統文化が存在する。 文化的に、トランスジェンダーに「第三の性」を認める社会も存在する。 は、数え方の方法にもよるが、男女判断の難しいやの混乱を持つ幼児が2000人に一人の割合で存在するという統計からは 、完全に男女分化していない嬰児の数も多い。 欧米が提供し主張する「性的」の概念・主張は、グローバルな広がりにおける地理的・文化的な多様性の中で、先進国の市民の間では受け入れられている。 ただしキリスト教が優勢なアメリカやヨーロッパでは、キリスト教原理主義者やキリスト教の宗教右派による同性愛者や中絶への反対や迫害があることも事実である。。 脚注 [ ]• "Gender and Sexual Minority Students LGBTIQA ". University of Derby. Retrieved 12 March 2015. Organisation proposes replacing the 'limiting' term LGBT with 'more inclusive' GSD, February 25, 2013• Ullerstam, Lars 1967. 2015年3月12日閲覧。 『性的マイノリティの基礎知識』 p 14-p 20• ibid. p 36• ibid. p 131• ibid. p 136 according to ISNA 参考文献 [ ]• ヴァネッサ・ベアード 『性的マイノリティの基礎知識』 C0036 関連項目 [ ]• (マイノリティ)•

次の

【LGBT用語解説】LGBTQとは?「Q」って何?

セクシャル マイノリティ 種類

Q1 セクシュアル・マイノリティとはどのような人たちのことを指すのですか? セクシュアル・マイノリティとは、現在の社会のなかで「これが普通」「こうあるべき」だと思われている「性のあり方」に当てはまらない人たちのことを、まとめて指す総称のことです。 「性のあり方」には、いろいろな側面があります。 生物学的にオスであるかメスであるか(=セックス)、という問いにかぎらず、社会的にどのような性役割(=ジェンダー)を持って生きているのか、あるいは誰とどのような恋愛や性愛の関係を持つのか/持たないのか(=セクシュアリティ)、ということなどの「さまざまな要素」が複雑に絡んでいます。 これらの要素は、個人の意思では変えることができない(「好きでやっているんでしょ」とは言えないような)部分を多く含んでいます。 「性のあり方」は個人の尊厳に根本的に関わってくる問題として、個々人のあり方に目を向ける姿勢が大切です。 わたしたちの社会には「性のあり方」をめぐる、さまざまな「これが普通」「こうあるべき」といった規範があります。 そのなかでも、もっとも強烈なものは、「この社会には男と女しかいない(そして、それは身体の性別で生まれつき定められている)」ということと、「人は誰しも異性を好きになるものだ」というものです。 これらの規範からはずれている人たちを、狭義でセクシュアル・マイノリティと呼びます。 「性のあり方」の規範は、客観的な事実だから支持されているというよりは、実際には「だってそういうものでしょ」という多数派の人たちの、「これまでの社会のなかで刷り込まれてきた無意識」によって支持されています。 それによって、規範に乗れない人たちは「良くない」「そうあるべきでない」「自然でない」というレッテルを貼り付けられるという憂き目にあっています。 実際には、ある人にとって何が「自然」であるかは、もう少し丁寧に語られる必要があります。 半世紀前には、白人と黒人の結婚は「不自然」とされていました。 また、自然界では1500種を超える動物において、同性間の性行為が認められています。 オスどうしで生涯をともにするペンギンのカップルや、ボノボの性行為の半数以上がメスどうしで行われていることを、人間の同性愛と関連づけて話すのは厳密には正確ではないかもしれません。 ですが、「自然はつねに多様性をはらんでいる」というのは、おそらく真理ではないでしょうか。 Q2 どのようなカテゴリーがあるのですか? よく使われる主なカテゴリーに、LGBTというものがあります。 それぞれ、L(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシュアル)、T(トランスジェンダー)の頭文字をとって並べた言葉です。 カタカナでちょっと馴染みにくいかもしれませんが、ひとつずつ詳しく見てみましょう。 L:レズビアン(女性を恋愛や性愛の対象とする女性) G:ゲイ(男性を恋愛や性愛の対象とする男性) B:バイセクシュアル(男女どちらにも恋愛や性愛の対象が向く人。 あるいは、同性か異性かなどという問いそのものを拒否する人) LGBTと並んでいるアルファベットの最初の3文字は、「恋愛や性愛の対象とする相手の性別」(性的指向)に関するマイノリティを表しています。 わたしたちの社会では「異性愛」(ヘテロセクシュアル)が前提として語られることが多く、またさまざまな社会的な制度も「異性愛」だけを想定して構築されていることが大半です。 しかし実際には、同性に魅かれたり、男女どちらにも(あるいは性別にこだわりなく)恋愛をする人々も、この社会で一緒に暮らしています。 すでにみなさんがご存じのように、「異性愛」の人々の恋愛の仕方はさまざまです。 年上好きや、ツンデレ屋がいれば、束縛するタイプも、セックスが好きな人もいます。 LGBの人たちも(異性愛の人たちがそうであるように!)、恋愛観や好きなタイプ、心地よいつき合い方、セックスに対する考え方は一人ひとり違います。 その意味では「LGB」や「異性愛」というカテゴリーで括ってはみたものの、一人ひとりが個別の性を生きているという視点が、より正確かもしれません。 また、Aセクシュアルといって、恋愛や性愛への関心が無かったり、関心が希薄であったりする人々を指す言葉もあります。 T:トランスジェンダー(出生時に応じて割り振られたジェンダーと、自らのアイデンティティが一致しない人の総称。 いわゆる身体の性別と心の性別が一致せず違和感を持つこと。 あるいは、既存のジェンダーのあり方に疑問を付し、それを越えようとする人。 LGBTという単語の、最後の1文字は「自分の性別をどう捉えているか」に関するマイノリティを表しています。 「身体の性別と心の性別が一致しない」というと、性同一性障害という言葉が思い浮かんだ方もいるかもしれません。 性同一性障害は、トランスジェンダーのなかでも、「医療を必要とする人たち」を指した医学的な概念になります。 外見上の性別を変えるために、性ホルモンや外科手術などの医学の力を借りることがしばしばあるために、このような疾患名がついていますが、実際にはすべての人が医療を必要としているわけではなく、さらにはトランスジェンダーが疾患であるかどうかについては、国際的な議論も起きています。 Q3 セクシュアル・マイノリティの方はどれくらいいるのですか? セクシュアル・マイノリティは、人種におけるマイノリティなどと異なり、「見た目では分からない」ことが多いため、アンケート調査によって統計が取られています。 「同性に魅かれたことがあるか?」という質問に対しては、世界中(日本を含む)でさまざまな調査がなされていますが、だいたい人口の3~5%の人が「ある」と回答をしています。 人口の3~5%というと、20~30人に1人の割合が「同性に魅かれたことがある」経験をしていることになります。 これはつまり、学校のクラスのなかに1~2人はLGBの当事者がいるくらいの割合です。 「左利き」の人が存在する割合と同じ、という表現がなされることもあります。 一方で、「自分のことをトランスジェンダーだと思うか?」という質問に対しては、いろいろな数字が出ています。 トランスジェンダーのうち医療機関を受診して性同一性障害の診断を得る人の割合は数千人~数万人に1人と言われていますが、医療機関を受診する人たちはトランスジェンダーの一部にすぎないため、潜在的には性別への違和感を覚えている人たちはもっとたくさんいることが予想されます。 2012年の国連開発計画のレポートでは、トランスジェンダーの存在する割合は300人に1人と指摘されています(タイ、アメリカで個別に取った「自分のことをトランスジェンダーだと思うか」という調査結果に由来するもの)。 日本でも、トランスジェンダーの当事者が、「自分の学校にも、もう1人当事者がいた」という語りをすることは頻繁にあるため、「数百人に1人」くらいが妥当な数字だと思われます。 【次ページにつづく】.

次の