エルマ 歌詞。 エルマ 歌詞 ヨルシカ ※ feed.partizan.com

エルマ/ヨルシカの歌詞

エルマ 歌詞

前置き スポンサーリンク ヨルシカの「エルマ」について書こうと思う。 この作品は「だから僕は音楽を辞めた」の続編として作られた一枚である。 関連記事: 「だから僕は音楽を辞めた」と「エルマ」。 対となるコンセプトを持った2作品を通して、一人の青年と一人の女の子の物語が完結するという仕様になっている。 ただし、このアルバムが少しトリッキーなのは、曲順が物語の時系列通りではないということ。 正しい時系列は初回限定盤を購入することで初めてわかるのだ。 また、初回限定盤にはいわゆる歌詞カードだけでなく、時系列ごとに登場人物がどういう思いを持って、行動したのかがわかる手帳が付いてくる。 というか、歌詞カードが手帳になってるんだけどね そのため、楽曲によって生み出された物語を追いたいリスナーは、初回限定版を購入する必要がある。 というわけで、この記事ではその初回限定版を踏まえて作品の感想を書こうと思う。 ぶっちゃけ考察厨みたいなことはしないけれど、多少は「ネタバレ」に踏み込んでしまうかもしれないので、その辺りは注意して読んでもらえたら幸いである。 「エルマ」とはどういう作品なのか? このアルバムの主人公となるエルマは、前作の主人公であるエイミーからの手紙を受け取ったところから物語が始まる。 で、その手紙を受け取ることで、エルマはエイミーが辿ったルートをなぞるようにして旅を始める。 また、なぞるという構造はアルバム自体にも反映されており、「藍二乗」と「憂一乗」、「八月、某、月灯り」と「夕凪、某、花惑い」など、「エルマ」に収録されている曲はそれぞれ前作と対になっている。 各楽曲がどういうアンサーをしているのかを細かく見ていくことで、エルマという人物像や二人の関係性が浮かび上がるようになっているのだ。 で、手帳のロジックや、この物語の考察をここから書いていこうかなーと最初は思っていたんだけど、ぶっちゃけこの物語の結末自体は「ノーチラス」のMVにきちんと描かれているし、それ以上も以下もないよなーと思ってしまったのだ。 構造だけを端的に言ってしまえば、音楽を辞めたエイミーが残したものを受け継ぐようにして、エルマが再び音楽を始める。 それが、この物語の構造だ。 二枚のアルバムと同じように、なぞるようにして動き始めて、結末だけは違う方へ向かっていく。 そういう流れだ。 前作が音楽を辞めるエイミーの物語なのだとしたら、今作は音楽を辞めていたエルマが再び音楽を始める物語である。 そして、それ以上の登場人物の行動原理を掘り下げても、あんまり意味がないように個人的に思ってしまったのだ。 スポンサーリンク 個人的にこのアルバムで思ったこと むしろ、アルバムの物語とか世界観以上に、この作品がすごいなーと思ったのは、この物語の構造のあり方である。 もちろん、このエイミーとエルマの物語って虚構でしかない。 んだけど、その虚構って、限りなく現実に食い込んできているよなーと思ったのだ。 だって、初回限定版の特典である木箱と手帳というギミックが、虚構である二人の物語を現実で再現する一つの表現方法になっているこだ。 しかも極め付けは、この作品をリリースするという構造そのものが虚構を現実化しているというところ。 というのも、この物語の結末は、エイミーが残した作品と歌にエルマが再び息を吹き込み、音楽をつくるというところにある。 つまり、「だから僕は音楽を辞めたんだ」と「エルマ」という二つの作品は、旅を終えたエルマが作った作品集であるという構造を担っているわけだ。 つまり、このアルバムを聴くという行為は、エイミーとエルマの過去の物語を追いかけているとともに、今のエルマと繋がることにもあるわけだ。 つまり、虚構が現実化してしまっているのである。 なぜ、二つのアルバムが女性ボーカルなのかの理由も、なぜ歌詞カードが手書きになのかも、なぜ時系列がバラバラのアルバムになったのかも回収してみせる。 全ては「エルマ」という作品が虚構と現実を繋げたものなのだ。 普通、虚構は虚構、現実は現実という区別を示すが、ヨルシカのこのアルバムでは、どこまでも虚構が現実に食い込んでくるのである。 「エルマ」という物語は一見すると、手帳の最後で終わっているように見えるが、収録されている曲は全て手帳以後の時系列で作られた作品となるわけで、その音には、手帳以後のエルマの姿が描かれていることになるわけである。 なので、極端なことを言えば、「だから僕は音楽は辞めた」でだんだんボーカルが狂ったように感情的に歌うのは、エイミーがいなくなった現実に苦しむからこそこ表現、という捉え方もできるわけだ。 いずれにしても、時系列の構造が他の「物語る」音楽作品のそれとはまったく違うわけだ。 虚構がどこまで現実に関われるか、というアイデアを極限まで高めたという意味で、このアルバムに凄さを感じるのである。 エルマというアルバムの感想のその先 n-bunaはスタンスとして、自分の生い立ちとかバックグラウンドを踏まえたような音楽の聴き方を推奨していない。 作品は作品として閉じたものとして楽しんでほしいと事あるごとに言っているし、ヨルシカが匿名性を維持して作品をリリースしているのは、そういう思想があるからだ。 だからこそ、逆転的に虚構を現実に食い込ませるような、トリッキーなアルバムをリリースできたのだろうなあと思ったりもする。 ところで、今作はそんなヨルシカにしては珍しいことが一つあった。 今作の特設サイトで、一番最後に寄せたコメント。 そこには、このように書かれている。 作品を作品のままで聴くことを望むn-bunaが、わざわざ現実に引き戻す恐れがある中で、発表したこのコメント。 ここでいう亡くなったミュージシャンとは、ヒトリエのフロントマンであり(あえてここは現在形で表記したい)、ボカロのシーンに大きな影響を与えたwowakaのことを指していることは間違いない。 おそらく、ボカロ出身の人間でwowakaをリスペクトしていない人間はいないだろうし、n-bunaも間違いなくその一人だった。 wowakaとn-bunaの関係性は、Twitterのリプでも垣間見られることができるからここでは詳細には書かないけれど、wowakaが認めてくれたからこそn-bunaは「音楽を続けた」ことは言葉として表明している。 「だから僕は音楽を辞めた」がリリースされたのは、4月10日。 wowakaがなくなって2日後のことだった。 おそらくwowakaが亡くなる前から「エルマ」の構想はあったとは思う。 けれど、あまりにもこの2作品を通じて語ること、何よりこの作品の結末とも言える「ノーチラス」が、あまりにもwowakaとの物語にシンクロしているように感じてしまうのだ。 皮肉にもwowakaはエイミーと同じように、有り余る才能を武器に、誰よりも早い速度でクリエイターとして日々を生き抜き、そして、一足早くみんなの元から姿を消してしまった。 本当はこういう読み方は邪道だと思うけれど、どうしても僕はwowakaとエイミーを重ねてしまうのだ。 みんなの創作意欲となるだけを残して、潜水艦に乗って、みんなの居場所から去っていくところを含めて、wowakaに重ねてしまうのだ。 そして、wowakaのあとを追うにして音楽をはじめ、おそらく最初はなぞるように音楽を作り始め、違う結末に向けて歩みを続けるn-bunaにエルマを重ねてしまうのだ。 「ノーチラス」自体は、ヨルシカになって始めた作った歌であるとn-bunaは語っている。 だから、本質的にはwowakaとは関係ない作品ではある。 けれど、虚構が現実に食い込むこの作品が、別の角度で現実に食い込む構造なのもある種の運命のように感じてしまうのだ。 n-bunaというクリエイターの現実と、この二作品の虚構は、複雑な形で混じり合っているように見えてしまうのだ。 おそらく、そういう懸念も十分に想定できる中で、作品は作品のままに閉じたまま受け入れるべきという価値観を持っているはずのn-bunaが、<亡くなったミュージシャンに捧げること>を宣言したのだ。 それだけリスペクトしていたからというのは前提だけど、その言葉も作品を構成する上で重要な言葉のように感じたのだ。 不思議と、どこまでも虚構であるはずのこの物語に、僕は私小説に似た何かを感じてしまったのだ。 まるで、n-bunaが音楽と出会い、人との出会いの中で音楽に対する想いを変えながら、一度はやめようと思った音楽を再びやろうとしているように感じたのだ。 エイミーとエルマの生き様に、n-bunaの奥底にある想いのようなものを、僕は見てしまうのである。 まとめ まあ、穿ったものの見方は置いておこう。 とにかくこのアルバムが凄いのは、明確な構造の上で作品が作られていることであり、その構造が一つや二つではなく、多重的な階層となっており、複雑な組み合わせをしながら美しく描き切ってみせているところにある。 そして、単に虚構として閉じているのではなく、様々なアプローチにより、それは現実にも侵食しているということだ。 エンタメでありながら芸術のような美しさも感じさせるこの作品。 ヨルシカにしか作れないアルバムだと思う。 スポンサーリンク.

次の

【ヨルシカ】「心に穴が開いた」wowakaへの想いを解釈【エルマ】【歌詞】

エルマ 歌詞

ボカロPとしても活動するコンポーザーのn-buna(ナブナ)が、女性シンガーのsuis(スイ)と共に結成したバンド「ヨルシカ」。 彼らが8月28日にリリースした『エルマ』は、今年4月にリリースされた『だから僕は音楽を辞めた』の続編となるコンセプトアルバムだ。 約半年というスパンで2枚のフルアルバムをリリースする活動濃度にまず驚かされるが、さらに特筆すべきは、両作品に通底する、重層的に作られた世界観だろう。 この2作は「対」になるような構造を持ちながら、ふたりの登場人物を巡る物語を紡いでいく。 ここから立ちあがってくるのは、強烈なほどの「文学」の香り。 両作ともに初回生産盤にはそれぞれ「手紙」と「日記」という体裁をとったブックレットが付属しているのだが、そこに綴られる言葉の羅列が、この2作品の背景にある「物語」の存在を知らせている。 『エルマ』において、彼らはオスカー・ワイルドの「人生は芸術を模倣する」という言葉を根底に置きながら、井伏鱒二『山椒魚』やジュール・ヴェルヌ『海底二万里』などの文学作品を参照し、さらに与謝蕪村やヘンリー・ダーガーの名前も挙げながら、「不在」を背負い生きる主人公「エルマ」の物語を紡いでいく。 今、飛ぶ鳥を落とす勢いでその認知を広げているヨルシカだが、彼らは何故、それほどまでに言葉を、物語を、音楽の中に必要としたのか。 そして今、彼らとリスナーをつなぐ精神的なリンクは、なにによってもたらされているのか。 ヨルシカでの活動を「余生」と語るシンガーのsuis、そして「自分」を語りたがらない芸術至上主義者n-buna。 ふたりに話を聞くことで、今、ヨルシカがまとう秘密にさわってみた。 言ってしまえば、今の僕はオスカー・ワイルドを「模倣」している。 2枚のフルアルバムを通してひとつの物語が描かれているという、濃密で重層的な構造を持った作品たちですけど、この2作の構想はどこから生まれたものだったのでしょうか? n-buna:まず、自分の過去や経験をもとに、音楽を辞めた青年の話を描きたいと思ったんです。 そこには、オスカー・ワイルド(19世紀に活躍したアイルランド出身の詩人、作家)が戯曲の中で書いた「人生は芸術を模倣する」という言葉を、現代的に表したものにしたいっていう気持ちもあった。 そして、それを表現するためには2枚のコンセプトアルバムが必要だったんですよね。 音楽を残して去った「エイミー」という青年と、その青年を模倣して音楽を始める「エルマ」という女の子の物語を作る。 そうして1枚目で「模倣される側」を、2枚目で「模倣する側」を描くことで、オスカー・ワイルドの言葉を表現しようと思ったっていうところが、根底にはあります。 この言葉は、n-bunaさんにとって大きなものなんですね。 n-buna:僕は本を読むのが好きなんですけど、中高生の頃に近代文学を読み漁っていた時期があったんです。 そのなかで共鳴した存在のひとりがオスカー・ワイルドだったんですよね。 だから今、こういう作品を作っているんだと思います。 言ってしまえば、今の僕はオスカー・ワイルドを「模倣」している。 彼だけじゃなくても、今回の作品には井伏鱒二や与謝蕪村、正岡子規、あるいはジュール・ヴェルヌ(19世紀から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの小説家。 代表作に『海底二万海里』(1870年)がある)のような様々な人たちの存在が影響していますけど、僕は彼らをある種、「模倣」しているんだと思います。 車窓 2. 憂一乗 3. 夕凪、某、花惑い 4. 雨とカプチーノ 5. 湖の街 6. 神様のダンス 7. 雨晴るる 8. 歩く 9. 心に穴が空いた 10. 森の教会 11. 声 12. エイミー 13. 海底、月明かり 14. ノーチラス ヨルシカ 『エルマ』通常盤(CD) 2019年8月28日(水)発売 価格:3,240円(税込) UPCH-2191 1. 車窓 2. 憂一乗 3. 夕凪、某、花惑い 4. 雨とカプチーノ 5. 湖の街 6. 神様のダンス 7. 雨晴るる 8. 歩く 9. 心に穴が空いた 10. 森の教会 11. 声 12. エイミー 13. 海底、月明かり 14. ノーチラス サイト情報 ヨルシカ 2ndフルアルバム『エルマ』特設サイト• イベント情報 ヨルシカ Live Tour 2019『月光』 2019年10月17日(木) 会場:東京都 TSUTAYA O-EAST 2019年10月21日(月) 会場:大阪府 BIG CAT 2019年10月22日(火・祝) 会場:愛知県 ボトムライン プロフィール ヨルシカ(よるしか) ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中のn-buna(ナブナ)が、女性シンガーsuis(スイ)を迎えて結成したバンド。 2017年より活動を開始。 2019年4月に発売した1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』はオリコン初登場5位を記録し、各方面から注目を浴びる。 文学的な歌詞とギターを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている。

次の

ヨルシカ エルマ

エルマ 歌詞

カテゴリ• 時計が鳴ったからやっと眼を覚ました 昨日の風邪がちょっと嘘みたいだ 出かけようにも、あぁ、予報が雨模様だ どうせ出ないのは夜が明けないから 喉が渇くとか、心が痛いとか、人間の全部が邪魔してるんだよ さよならの速さで顔を上げて いつかやっと夜が明けたら もう目を覚まして。 寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから 傘を出してやっと外に出てみようと決めたはいいけど、靴を捨てたんだっけ 裸足のままなんて度胸もある訳がないや どうでもいいかな 何がしたいんだろう 夕飯はどうしよう 晴れたら外に出よう 人間なんてさ見たくもないけど このままの速さで今日を泳いで 君にやっと手が触れたら もう目を覚まして。 寝ぼけまなこの君を忘れたって覚えているから 丘の前には君がいて随分久しいねって、笑いながら顔を寄せて さぁ、二人で行こうって言うんだ ラップランドの納屋の下 ガムラスタンの古通り 夏草が邪魔をする このままの速さで今日を泳いで 君にやっと手が触れたら もう目を覚まして。 君を忘れた僕を さよならの速さで顔を上げて いつかやっと夜が明けたら もう目を覚まして。 寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから 目次• はじめに 『ノーチラス』とは2019年8月27日にネット上で公開された楽曲です。 同年8月28日にリリースされた 2nd Full Album「エルマ」のラストを飾る曲 となっています。 動画再生回数は公開から僅か2日で65万を記録し驚異的な人気を誇っています。 現在、急上昇ランキング3位をマークしコメント数も4,800を超えています。 人気の理由はアルバム「エルマ」の物語を完結させる最重要なシーンが盛り込ま れていること、さらにハイクオリティなフルアニメーションムービーにあると筆 者は考えました。 勿論ヨルシカの魅力溢れる歌声と音楽的センスは言うまでもありません。 今回はアルバム初回限定盤に付随されている「日記」について触れることはあり ません。 かなりの解答になってしまうので本考察では割愛し、いつものように個人的考察 を展開していきますのでどうぞ宜しくお願いします。 さて今回MVはどのような内容になっているのでしょうか。 ざっくり説明すると青年エイミーをエルマが追走するという内容です。 文字通り彼を追いかけるというだけでなく、彼のこれまでの歩みと現在の在り方 や音楽への姿勢を追いかけているといった感じです。 初めはエイミーがエルマに魅了され追いかけていました。 彼女から音楽を教わり次第に彼女の生き方や在り方に倣いたいと思ったほどで す。 今回はエルマ側がメインとなりますがエイミーの回想も含まれています。 昨日MVメイキングムービーが公開され非常に興味深かったのでご紹介します。 今回MVを担当しコメントして下さったのはMORIE. Inc. ディレクターの森江康太 氏です。 森江氏は「曲をいただいてから最初のシナリオを書くまでが数か月ぐらいで、そ の間に曲を何度も何度も聴いて、、、」と語っていました。 この点からもアルバム「エルマ」の巨大なスケール感に追いつこうとする姿勢を 垣間見ることができますね。 さらに映像に関して「ワンカットでエルマが一人で歌っているような」工夫をし たり絵コンテに注力したことも語っていました。 個人的に名言だなと感じたのは「絵コンテですべてが決まると言ってもいいぐら い」というコメントでした。 そして考察に影響する部分ですが、今作タイトル『ノーチラス』に関しても次の ような思い入れを語っていました。 「ジュール・ヴェルヌ」の「海底2万マイル」という作品がすごく好きであると 述べていました。 この点はヨルシカのナブナさん本人のツイッターでも類似した情報を提供していましたね。 題はジュールヴェルヌの海底二万マイルに出る潜水艦、ノーチラス号からの引用。 眠りからの目覚めと深海から浮上するそれのメタファー。 ナブナ twitterより タイトルについては続く部分で詳しく説明したいと思います。 これだけ尽力した最高のMVにいったいどんな歌詞が割り当てられているので しょうか。 気になる歌詞をさっそく考察していきたいと思います。 タイトル『ノーチラス』とは 上記引用からも明白ですが、題はジュールヴェルヌの海底二万マイルに出る潜水 艦、ノーチラス号からの引用です。 ではそれ以外に意味はないのでしょうか。 『ノーチラス』について調べると「水夫」「船舶」さらには「オウム貝」という 意味があるようです。 いずれも海に関係する言葉なのですが、ヨルシカの前作を考慮すると色々な類似 点を見いだせることがわかります。 例えば「心に穴が空いた」でも深海というワードが、「だから僕は音楽を辞め た」では海底をエイミーが歩くシーンがあります。 このように深海や海底はエイミーと関連付けられるワードとして多用されてきま した。 上記はエイミーに「水夫」という言葉が割り当てられるのではと筆者は考えまし た。 エイミーがエルマの音楽と生き方を模索しようと漂っている様を比喩的に表現し ていると解釈できたからです。 「船舶」に関してもエイミーの心に広がるエルマという海の上を1年の間、旅し たと言えるかもしれません。 ですから『ノーチラス』とは「これ」という断定的なものはないのだと筆者は 思います。 『ノーチラス』歌詞の意味 日差しの届かない人間の闇 時計が鳴ったからやっと眼を覚ました 昨日の風邪がちょっと嘘みたいだ 出かけようにも、あぁ、予報が雨模様だ どうせ出ないのは夜が明けないから 喉が渇くとか、心が痛いとか、人間の全部が邪魔してるんだよ エイミーは自分の部屋で何時間も熟睡していました。 昨日の風邪を忘れるほどに体調は良くなっています。 頭は寝すぎたせいかぼんやりとしています。 彼が「出かけたい」のは路上で弾き語りをしたいから かもしれません。 しかし気持ちとは裏腹に行動が伴いません。 自分の中で音楽に対する不満や複雑な感情が湧き上がって いたのです。 人間はより多くのものを渇望し、それが得られないと心を 痛めるものです。 その点が「喉が渇くとか、心が痛いとか、人間の全部が邪 魔してるんだよ」というフレーズに包含されています。 エイミーの満たされないエルマの音楽への渇望が、彼の新 たな音楽への道を阻んでいるのです。 自分が音楽に向き合えない理由を雨のせいにするのはもう 限界です。 日差しの届かない彼の心の闇は晴れることはないのです。 行動の理由付けに囚われて 傘を出してやっと外に出てみようと決めたはいいけど、靴を捨てたんだっけ 裸足のままなんて度胸もある訳がないや どうでもいいかな 何がしたいんだろう 夕飯はどうしよう 晴れたら外に出よう 人間なんてさ見たくもないけど エイミーは自分に降りかかる「雨」つまり困難に立ち向かおうと 意を決して行動しようとします。 しかし「靴」で示されているように歩み出すために必要な理由付け がありませんでした。 「裸足のまま」というのは「明確な理由付けもなく」という点を示 唆しているのでしょう。 エイミーの場合、音楽を理由付けもなく続ける度胸もないというこ とになるでしょうか。 MVの路上でエイミーが弾き語りしている時に、ほとんどの人が関心 を示さず、立ち止まった人も冷めた反応を示しているシーンがありま した。 これは自分の音楽に興味を示さなかったことで落胆したのではなく、 彼が街の人たちの冷めた感情と自分の中の冷めた感情をリンクさせた ことを表現していると思いました。 ですから歌詞の「人間なんてさ見たくないけど」とは、もうこれ以上 自分と似たような人間を見たくないという意味に取れます。 「さよなら」の後に再会を このままの速さで今日を泳いで 君にやっと手が触れたら もう目を覚まして。 君を忘れた僕を さよならの速さで顔を上げて いつかやっと夜が明けたら もう目を覚まして。 寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから 「このままの速さで」とは毎日訪れる日々をただ漫然と スローリーな感じで消化していく生活スタイルを述べて いるのでしょう。 エイミーはこんな状態で君に触れても、君を忘れかけて いる僕だから失礼になるだろうと思っているようです。 ですからMVにあるように「毒性の人工染料」を一気に 飲み干して海に飛び込んだのでしょう。 心の闇の晴れない自分をいったん終わらせて、新たな自 分でエルマを見つめることを誓います。 彼がこれまでの日記と歌詞をエルマに分かるように残し ていったのは、彼が彼女を最後まで思い続けていたこと を伝えるためでしょう。 エイミーにとってさよならは一瞬でしたが、同じ速さで 心の闇から解放される感覚があったのでしょう。 MVで興味深かったのは中盤で「飛行船」が出てきたこと です。 そこにはエイミーが乗っておりどこか悲しげな表情を浮 かべていました。 これは彼が「さよなら」をしてエルマから遠く離れた存 在となること、そしてもう一度「浮上」することを表現 しているのだと筆者は解釈しました。 お話の中で登場するノーチラス号のように、エイミーは 今もエルマを想い彼女の生き方に倣おうと漂っているの かもしれません。 彼の航海に終わりはありませんでした。。 まとめ いかがだったでしょうか。 毎回記載しているのですが、ヨルシカワールドは広大過ぎて 何日か脳内迷子になってしまうのです(泣) それでも自分なりに頭を悩ませて解答が導き出された時の解 放感が病みつきになってしまいますね。 エイミーが人生すべてをエルマに捧げていたこと、そしてそ れを知ったエルマも涙で応え応じた点にも感動を覚えました。 2人が「音楽=人生」という構図を聴く人すべてに伝えてくれ たこと、そしてヨルシカという存在が「音楽=物語」なので あるということを教えてくれたことに感謝します。 今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 素敵な作品を有難うございました。

次の