ツルハ ドラッグ。 店舗一覧|ツルハドラッグ

【楽天市場】医薬品 > 医薬品一覧 > 滋養・強壮剤:ツルハドラッグ

ツルハ ドラッグ

概要 [ ] ツルハは「2010年に1000店舗、売上高2000億円」を目標に掲げ、積極的な出店を行ってきた。 仕入れコスト削減による低価格販売、データを用いた効果的な商品展開などによって消費者の支持を集めた。 また、同一地域内に多数の店舗を構える「ドミナント方式」によりその地域に同業他社が出店しても客を奪われにくくするなど北海道内では他チェーンや地元薬局を圧倒する存在となった。 これはの、家具販売の、のなどとともに、「 北海道現象」(の各業態において、トップ企業がさらに売り上げを伸ばし「ひとり勝ち」する現象)の代表例とされた。 以降に本州へ進出し、地元チェーンの子会社化や営業譲受によって店舗数を伸ばしていった。 ツルハ本体としても、にに進出(ツルハドラッグ駒ヶ根店)するなど拡大。 には同社初の本格的なディスカウントストア新業態「 ビッグダウン」を出店している。 は同社の主力商品であり種類が豊富にあり、またその売り上げも、ドラッグストア業界の中でも長らくトップを維持していることでも知られている。 業界大手・(当初はとの提携、現在はによる運営)の札幌進出や、調剤薬局道内首位・によるドラッグストア展開などの影響により、(旧イオン・ウエルシア・ストアーズ)加盟による一層の仕入れコスト削減や「M's one」などのプライベートブランド開発なども進めている。 また、改正によるのなどでの販売解禁に備え、薬剤師がいないと処方できない調剤薬局の併設店舗数を増やすことにも力を入れている。 沿革 [ ] ここでは株式会社ツルハについて記載。 持株会社であるも参照。 :北海道で「鶴羽薬師堂」として。 5月:薬類のを目的として、株式会社クスリのツルハコントロールセンター(現・株式会社ツルハ)を設立。 6月:東京六郷店開店。 北海道以外では最初の店舗。 7月:店舗数100店舗となる。 8月:系列店舗の、あるいはにより、ドラッグストア業務をクスリのツルハコントロールセンターに集約、合理化を図る。 商号を株式会社ツルハに変更し、本社を札幌市(現在地)に移転。 4月:札幌中の島店を機に、調剤業務にも参入。 1月:ジャスコ株式会社(現・イオン株式会社)と業務・資本提携。 10月:1号店(幸町店:)開店。 12月:株式会社と業務・資本提携。 6月:に株式を店頭登録。 4月:店舗数200店舗となる。 11月:株式会社ドラッグトマト()の全株式を取得し子会社化。 2月:第2部上場。 11月• 株式会社リバース()を株式交換により子会社化。 店舗数300店舗となる。 5月:東京証券取引所第1部上場。 6月:株式会社ポテトカンパニー()の全株式を取得し子会社化。 10月• 株式会社ドラッグトマトを吸収合併。 株式会社くすりの寺田()から5店舗の営業権を取得。 2月:子会社の株式会社ポテトカンパニーを吸収合併。 4月:店舗数400店舗となる。 10月:子会社の株式会社リバースが株式会社エバラドラッグ(神奈川県)から5店舗の営業権を取得。 3月:三光ストアを経営する株式会社三光()からドラッグストア事業(スーパードラッグ3)8店舗の営業権を取得。 10月:全店舗でEdy(現・)の使用が可能に。 (持株会社として株式会社ツルハホールディングスが東京証券取引所第1部に上場し、株式会社ツルハは上場廃止)• 8月:店舗数500店舗となる。 4月:株式会社信陽堂薬局()から11店舗の事業を譲受。 6月:子会社の株式会社リバースが株式会社仁天堂(神奈川県)の株式を取得し子会社化。 5月:子会社の株式会社リバースが株式会社仁天堂を吸収合併。 5月:同じツルハホールディングスの完全子会社であった株式会社サクラドラッグを吸収合併。 サクラドラッグの店舗を、順次ツルハドラッグに転換。 4月:甲子園店()開店。 ツルハ単体としては初の関西地区進出。 6月:ディスカウントストア新業態の第1号店となるビッグダウン日立会瀬店開店。 10月:第1号店となる宇都宮東宿郷店開店。 7月:全店舗に電子マネーマルチ端末を導入し、・・が使用可能となる(グループ会社の・でも導入される)。 8月:同じツルハホールディングスの完全子会社であった株式会社スパーク()を吸収合併。 9月:株式会社かもめ()からドラッグストア・調剤薬局14店舗を譲受。 店舗は順次ツルハドラッグに転換されたため、四国地区へ初進出する。 11月:同年8月にツルハホールディングスの完全子会社となった株式会社ウエダ薬局()を吸収合併。 1月:(・・・・・・・・)が利用可能となる(グループ会社のくすりの福太郎・ウェルネス湖北でも利用可能になるだけでなく、翌月からは2013年12月にグループ会社となったでも利用可能となる)。 :株式会社リバースを。 4月:第1号店となる長岡愛宕店開店。 9月:が利用可能になる。 6月:鶴羽順氏が新社長に就任。 鶴羽順氏は鶴羽樹会長の次男。 店舗 [ ] 当社は2018年5月15日現在、1,155店舗でツルハグループの大半を占めており、・・・・・に展開している。 なお、およびではツルハの関連会社が展開している。 :388店舗• 、、など多くの都市で店舗数1位であり、道内店舗数2位のに大差を付けている。 :463店舗• 企業単独の開発のほか、地元企業の買収による店舗も多い。 道外ではの店舗数がトップである。 では同業である 、、が拠点を置いていることもあり、店舗数は他の東北各県より少ない。 2月5日、と契約を結び、ローソンツルハドラッグ仙台五橋店を開店した。 日用品のほか、も併設し東北や北海道を中心に3年間で100店の出店を目指したいとしている。 ・:223店舗• 関東ではリバースによる店舗のほか、信陽堂薬局から譲渡された店舗、吸収合併により継承した旧・サクラドラッグ店舗などがある。 2012年10月にに、2017年4月にに初進出し、関東・甲信越地方ではのみ店舗が(ツルハHD子会社を含め)出店していない。 甲信地方の数店舗はくすりの寺田から譲渡されたもの。 別途、ツルハHD子会社のが212店舗を展開している。 :0店舗• 2018年5月時点で、当社を含めてツルハHDのグループ内で唯一出店していないエリアとなる。 :8店舗• スパークがフランチャイズで展開開始。 一帯はなどが拠点を置いているため開発は進んでいなかったが、2017年の春に名古屋市にも短期間で2店舗開店させている。 別途、ツルハHD子会社のが静岡県に80店舗、が愛知県に73店舗をそれぞれ展開している(ビー・アンド・ディーは2018年5月22日付でツルハHDの子会社となった)。 :54店舗• 2012年にツルハ単体として初の内の店舗が開店(ツルハHD)。 別途、ツルハHD子会社のが兵庫県に2店舗を展開している。 :0店舗• ツルハHD子会社の(・)とレデイ薬局で283店舗展開している。 :19店舗• 2013年8月に株式会社かもめより譲り受けた14店舗を皮切りに高知県に集中して出店。 別途、ツルハHD子会社のレデイ薬局が181店舗を展開している。 :0店舗• 備考 [ ] 前述のように店舗ブランドとしては ツルハドラッグと クスリのツルハの2種類が存在するが、両者はオープンした時期が商号変更する前か後かの違いで、クスリのツルハにおいては食料品の取り扱いがないなど、品揃えが一部異なる。 なお、札幌豊平橋店 閉店 のように、商号変更した後の店舗であってもクスリのツルハの名称を使っていたり、現行ロゴマークを使用して調剤薬局 クスリのツルハとして運営しているケースもある。 ツルハフェスタ [ ] ツルハフェスタ Tsuruha Festa 会場のアクセスサッポロ イベントの種類 正式名称 ツルハフェスタ 旧イベント名 ツルハドラッグ ビューティフルライフフェア 開催時期 毎年中旬のと 初回開催 - 開催時間 10:00 - 17:00(土曜日) 10:00 - 16:00(日曜日) 会場 (アクセスサッポロ) 主催 株式会社ツルハ 株式会社ツルハグループマーチャンダイジング 後援 (共に2015年度) 協力 札幌テレビ放送 (共に2017年度) 出展数 70社2団体(2013年) 73社(2014年) 95社(2015年度) 74社(2016年度) 72社(2017年度) アクセスサッポロへの交通アクセス 最寄駅 直通バス 開催時にから直通バスあり 駐車場 あり 備考: 2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止。 ツルハフェスタ(Tsuruha Festa)は、(アクセスサッポロ)にて毎年中旬のとに開催されているイベント。 からまで行われていた『』をリニューアルする形でにスタート。 2013年度は「 ツルハドラッグ ビューティフルライフフェア」という名称だったが、度以降は上記の名称となった。 キャッチ・コピーは「 みつけよう!美と、健康と、豊かな毎日。 」 健康サ美ット同様、製薬会社・化粧品会社・飲料メーカー等70社以上の企業が出展し、商品のサンプリングやデモンストレーションなどを行っている。 またキッズコーナーを設けており、2013年は巨大エアースライダー、2014年はダンボール迷路とふわふわアスレチックアドベンチャー、はふわふわサークルスライダーが設置されていた。 この他2013年度は軽食やドリンクなどを販売するフードコーナーも設置したことがある。 健康サ美ット時代とは異なり、女性タレントを迎えてのトークショーは行われていない。 開催遍歴 年度 開催日 備考 - 「ツルハドラッグ ビューティフルライフフェア」として開催 - この年から「ツルハフェスタ」となる - 5月17日 - - 5月21日 - 5月20日 「ツルハフェスタin札幌 鶴の恩返し」として開催 - 5月19日 「ツルハフェスタ札幌2019」として開催 エピソード [ ] 元所属で、現在に所属しているモデルの(旧名:井関あさこ) は2014年と2015年にブースのコンパニオンを務めていた。 2016年からは歌手によるミニライブが行われており、2016年は(5月21日) 、2017年は(5月20日) が出演。 その模様は『』でも生中継された。 2018年 - には、のにて『 ツルハフェスタ仙台』を開催。 先述の藤澤ノリマサもゲスト出演していた。 も - 25日に仙台で行われており、この時はのライブやのトークショーが行われている。 は『 ツルハファミリーフェスタ札幌』のタイトルで5月に開催される予定だったが、の影響を受け、開催中止となった。 脚注 [ ]• 東洋経済オンライン. 2012年12月19日. 2018年5月20日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2015年2月3日 , 2015年2月17日閲覧。 が2017年9月1日に買収したため、ツルハと同様ハピコム構成企業の一員となった。 apital. 2015年2月6日. 2015年3月25日閲覧。 「コンビニで大衆薬、3年で100店にローソンとツルハHD提携」『日本経済新聞電子版』2015年1月23日• キャンプロモーション. 2018年5月20日閲覧。 ASAKO~diary. 2015年5月17日. 2016年5月23日閲覧。 藤澤ノリマサ. 2016年5月23日閲覧。 ふくろい未来大使・歌手・松原健之オフィシャルブログ「気ままに気まぐれ日記」. アメーバブログ 2017年5月20日. 2017年5月22日閲覧。 株式会社ツルハ 2018年8月25日. 2019年3月24日閲覧。 株式会社ツルハ 2019年8月24日. 2020年5月11日閲覧。 PDF プレスリリース , ツルハホールディングス, 2020年4月1日 , 2020年5月11日閲覧。 外部リンク [ ]• tsuruhaofficial -• (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収)• イオン食品館• 札幌フードセンター -• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

【楽天市場】医薬品 > 医薬品一覧 > 滋養・強壮剤:ツルハドラッグ

ツルハ ドラッグ

2005年11月16日上場 略称 ツルハHD 本社所在地 〒065-0024 北海道北24条東20丁目1-21 設立 (38年) (株式会社ツルハ薬局) 事業内容 グループ会社の経営管理など 代表者 (代表取締役社長) (代表取締役専務) 資本金 100億2,300万円 (2020年5月現在) 発行済株式総数 4869万268株 (2016年5月15日現在) 売上高 連結:7,824億4,700万円 (2020年5月期) 営業利益 連結:418億2,600万円 (2020年5月期) 純利益 連結:248億2,400万円 (2020年5月期) 純資産 連結:2,202億1,400万円 (2020年5月現在) 総資産 連結:3,722億9,300万円 (2020年5月現在) 従業員数 連結:8,834人、単独:233人 (2020年5月現在) 決算期 主要株主 12. )は、大手の株式会社、株式会社、株式会社などを傘下に持つ。 第1部上場。 本社は。 杏林堂薬局を化したことによって、ドラッグストア業界では売上高でこれまで首位だったを抜き業界1位となった。 沿革 [ ]• (4年) - で「 鶴羽薬師堂」として創業。 (31年) - 「 ツルハ薬局」に屋号を変更。 (38年) - 株式会社ツルハ薬局(現・株式会社ツルハホールディングス)を設立。 (47年) - お菓子の販売開始。 (50年)• - 株式会社クスリのツルハコントロールセンター(現・株式会社ツルハ)を設立。 - 札幌にも北13条店を機に進出し、本格的なを開始。 (62年) - 六郷店を機に・首都圏に進出。 (3年) - 営業の全部を株式会社クスリのツルハコントロールセンター(商号を株式会社ツルハに変更)にし、事業目的を保険代理業に変更。 (4年) - 社名を、株式会社ツルハ薬局から 株式会社クレーン商事に変更。 (7年) - 株式会社ツルハが、ジャスコ株式会社(現・株式会社)と業務・資本提携。 (13年) - 株式会社ツルハが、株式会社リバースを子会社化。 (16年) - 札幌市に本社を移転。 (17年)• 8月 - 社名を、株式会社クレーン商事から現社名・ 株式会社ツルハホールディングスに変更。 11月 - により株式会社ツルハを化して、となる。 またそれに伴い、ツルハに代わって第1部に上場する。 (18年) - 東部を地盤とする株式会社の発行済み株式の36. (19年)• - 当社の取引先であるタカマツヤとの共同出資でグループ統一プライベートブランド「M's one(エムズワン)」の企画開発・販促活動を専門とする株式会社ウイングを設立。 - 株式交換により、株式会社くすりの福太郎を化。 (20年)• 7月 - 株式取得により、株式会社スパークを完全子会社化(株式会社スパークは2013年(平成25年)8月16日に株式会社ツルハへ吸収合併される)。 12月 - 機能子会社として株式会社ツルハグループマーチャンダイジング並びに株式会社ツルハフィナンシャルサービスを設立。 同時に当社が保有する株式会社ウイングの株式をツルハグループマーチャンダイジングに譲渡、グループ会社並びに従業員向け保険代理店業務をツルハフィナンシャルサービスへ業務移管。 (21年)• 2月 - 株式取得により、株式会社を子会社化。 3月 - グループ内の通信販売事業をまかなう株式会社ツルハeコマースを設立。 ウェルネス湖北からネット通信販売事業を譲受した。 8月 - 同じハピコムに所属するのドラッグストア事業をにより設立した株式会社サクラドラッグを株式取得により子会社化(株式会社サクラドラッグは2011年(平成23年)5月に株式会社ツルハに吸収合併される)。 (22年) - 中国地方を基盤にコンビニエンスストア等を展開すると業務提携を結ぶ。 (23年)• - 当社孫会社で、グループ会社のツルハグループマーチャンダイジングと取引先のタカマツヤが保有していた株式会社ウイングの全株式を取得により完全子会社化。 9月 - ポプラとの業務提携を解消。 (平成24年)• 4月26日 - ツルハグループの店舗数が1000店を突破。 7月18日 - に進出、市内(近くのゲートウェイ・エカマイ内)に1号店をオープン。 (平成25年)• 7月1日 - 国内大手ドラッグストアでは初めて、マルチ端末をグループ内全店に導入。 これにより、すでに利用可能となっていたに加え、・・でも利用可能となる。 8月7日 - グループ内各店舗にを設定し、LINEユーザーに向けた情報提供サービスを開始。 8月16日 - ・でドラッグストアを展開する株式会社ウエダ薬局の全株式を取得し、完全子会社化 (株式会社ウエダ薬局は2013年(平成25年)11月16日に株式会社ツルハへ吸収合併される)。 (平成26年)• 1月23日 - 前述の楽天Edy・WAON・iD・QUICPayに続き、交通系電子マネー9種(・・・・・・・・)をグループ内全店に導入(ウォンツ店舗は同年2月より導入開始)。 8月19日- 当社でLINEアカウントの運用を開始。 子会社のくすりの福太郎のキャラクターである「ふくちゃん」を手始めに、グループ会社のキャラクターなどのオリジナルのLINEスタンプの配信も行われる。 (平成27年)• 2月 - 子会社の株式会社くすりの福太郎で約17万件の薬剤服用歴未記載問題が発覚。 4月13日 - 株式会社に対する並びに同社との資本業務提携契約を締結したことを発表。 なお、株式公開買付けは2段階で行うこととし、1回目は株式会社と共同で買い付けを行う。 5月16日 - 株式会社が株式会社リバースを。 5月19日 - 株式会社レデイ薬局に対する1回目の株式公開買付けが同年5月18日で終了し、応募株券等の総数の2分の1ずつを共同で買付けを行った株式会社とそれぞれ買い付けにより株式を取得。 6月1日 - 株式会社レデイ薬局に対する2回目の株式公開買い付けの開始を発表。 2回目は当社が単独で買付けを行う。 7月14日 - 株式会社レデイ薬局に対する2回目の株式公開買付けが同年7月13日をもって終了し、応募株券等の全部を買付けにより株式を取得。 8月16日 - グループ内における中国地方での組織再編に伴い、子会社の株式会社ハーティウォンツが同じく子会社の株式会社ウエルネス湖北を吸収合併し、株式会社ハーティウォンツは株式会社に商号変更。 なお、両社が展開していた「ウォンツ」及び「ドラッグストアウェルネス」の屋号は合併後も存続される。 10月13日 - 無料サービス「TSURUHA Free Wi-Fi」をグループ全店(株式会社レデイ薬局の一部店舗を含む)で提供開始。 10月19日 - 株式会社レデイ薬局が同年9月14日に開催した臨時において決議された、同年10月6日を効力発生日とするにより生じた端数株式を当社が取得し、2回に分けて実施した株式公開買付けにより取得した分を合わせて当社の株式保有割合が51. (平成28年)• 5月16日 - 子会社の株式会社ツルハグループマーチャンダイジングが、同じく子会社の株式会社ツルハeコマース及び株式会社ウイングを吸収合併。 8月16日 - 株式会社の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を調剤薬局を除くグループ内全店舗での取り扱いを開始するとともに、くすりの福太郎を除くグループ会社の各キャラクターが描かれたグループオリジナルの「楽天ポイントカード」の発行も開始(尚、ツルハグループポイントカード グループ各社が発行するポイントカード も従来通り利用可能で、「楽天ポイントカード」とツルハグループポイントカードを同時に提示して両方のカードにそれぞれのポイントを付与することも可能)。 (平成29年)• 9月1日 - 株式会社が発行する電子マネー「」をグループ内全店舗へ導入。 9月29日 - 株式会社杏林堂グループ・ホールディングスを子会社化、その子会社の株式会社(静岡県浜松市)を孫会社化。 これにより売上高はを、店舗数はを、それぞれ上回りドラッグストア業界首位となる。 11月1日 - グループが提供するオンライン決済サービス「」を杏林堂薬局や調剤専門店舗を除くグループ内店舗に導入(なお、10月に先行でも導入されている)。 (平成30年)• 4月30日 - 株式会社が提供するサービス「」を杏林堂薬局や調剤専門店舗を除くグループ内店舗に導入。 5月22日 - 株式会社ビー・アンド・ディーホールディングスを子会社化、その子会社の株式会社()を孫会社化。 11月28日 - グループ共通「くらしリズム」・「くらしリズムMEDICAL」の発売を開始。 7月4日 - 子会社の株式会社ツルハが有限会社おおがたむら調剤薬局の発行済み全株式を取得したことにより、孫会社化。 7月9日 - 杏林堂薬局や調剤専門店を除くグループ店舗で展開しているバーコード決済サービスを拡充し、・・・(Never Payはとのサービス連携)の4ブランドを追加導入。 (令和2年)• 5月16日 - 孫会社であった株式会社ビー・アンド・ディーが子会社の株式会社ビー・アンド・ディーホールディングスを吸収合併し、株式会社ビー・アンド・ディーが子会社となる。 傘下子会社 [ ] ドラッグストア事業 [ ]• 株式会社 -。 ツルハグループの中核事業会社。 北海道及び東北・関東・中部・関西・四国地方で「ツルハドラッグ」とディスカウント業態「ビッグダウン」を展開。 「ガルドドラッグ」も展開していたが、ほとんどが「ツルハ」ブランドに転換されている。 また、(23年)に株式会社サクラドラッグを吸収合併し、こちらも「ツルハ」ブランドへ転換。 (平成25年)には、すでに「ツルハドラッグ」で展開されていた株式会社スパークと同年8月に当社の完全子会社となった株式会社ウエダ薬局を順次吸収合併した。 株式会社 -。 同業他社のに押されていた千葉県・東京都内の経営基盤を強化するため、マツモトキヨシと同じ千葉県に本社を置く「くすりの福太郎」を(18年)関連会社化、(19年)完全子会社化。 ただし、「くすりの福太郎」のブランドおよび店舗は、同社の完全子会社化後もずっと存続させ続けているため、同社が拠点を置く千葉県・東京都では、「ツルハドラッグ」の店舗数が他県に比べて、比較的少なくなっている。 株式会社 -。 (平成27年)8月にウェルネス湖北と事業統合。 旧ハーティウォンツ。 中国・九州地方で「ウォンツ」を、島根・鳥取・兵庫で「ウェルネス」を展開。 また、九州地方の「ツルハドラッグ」も展開している。 ツルハタイランド ( ソイ7店)• 株式会社 -。 中国・四国地方に「くすりのレデイ」・「レデイ薬局」を展開。 を展開する株式会社との共同出資()である。 株式会社 -。 同県に「杏林堂薬局」・「杏林堂スーパードラッグストア」を展開。 株式会社 -。 株式会社 - 福岡県。 九州地方を主力に「ドラッグイレブン」を展開。 同社とは1999年8月から2003年6月まで資本提携を行っていた時期がある。 なお、株式取得後もJR九州はとして引き続き出資しているためJR九州とのとなり、にも属する。 Tsuruha(Thailand)Co. ,Ltd. タイ国内で「ツルハドラッグ」を展開。 グループサポート事業・通信販売事業 [ ]• 株式会社ツルハグループマーチャンダイジング - (20年)設立、(21年)営業開始。 グループの事業、電話およびでの事業、の企画・販売。 株式会社ツルハフィナンシャルサービス - (20年)設立。 グループの業務。 過去のグループ企業 [ ]• 兵庫県と山陰地方で「ウェルネス」を展開していた。 プライベートブランド [ ] ツルハグループでは、グループ共通のプライベートブランドを取り扱っている。 日用品や化粧品を扱う「 エムズワン( M's one)」、医薬品を扱う「 メディズワン( Medi's One)」の2つのブランドを取り扱っているが、2018年11月に新ブランドとなる「 くらしリズム」を立ち上げた。 「くらしリズム」は、四つ葉の・・を組み合わせたブランドマークが制定されており、通常は緑だが、医薬品を扱うサブブランド「 くらしリズムMEDICAL」は青となる。 なお、「くらしリズム」の立ち上げ後も「エムズワン」・「メディズワン」は併売されるが、順次「くらしリズム」・「くらしリズムMEDICAL」へ移行される予定である。 関連項目 [ ]• (旧イオン・ウエルシア・ストアーズ) 脚注 [ ] []• - 日本経済新聞・2017年8月8日• - ツルハホールディングス・2012年4月26日• - ツルハホールディングス・2012年7月18日• - 株式会社ツルハホールディングス ニュースリリース 2013年8月6日(2014年2月22日閲覧)• - 株式会社ツルハホールディングス IR情報 2013年6月4日(2014年2月22日閲覧)• - ツルハホールディングス・2013年11月21日• - ツルハホールディングス・・・・・6社連名によるリリース(配信元:ツルハホールディングス) 2014年1月23日(2014年2月22日閲覧)• - 株式会社ツルハホールディングス ニュースリリース 2014年8月19日(2014年10月29日閲覧)• 共同通信. 2015年2月10日. 2015年2月17日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年2月12日. 2015年2月17日閲覧。 2015年4月13日. 2015年4月13日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス. 2015年4月13日. 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年2月3日. 2015年2月17日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年5月19日. 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年6月1日. 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年7月14日. 2015年10月29日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2015年6月8日 , 2015年6月9日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス・株式会社・株式会社, 2015年10月13日 , 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年10月23日. 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2016年3月2日. 2016年7月17日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2016年8月8日. 2016年10月27日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2017年8月30日 , 2018年5月24日閲覧。 静岡新聞・SBS 2017年8月9日• 株式会社ツルハホールディングス 2017年9月7日. 2017年12月17日閲覧。 北海道新聞 2017年8月9日• プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2017年10月31日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2018年4月25日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2018年4月24日 , 2018年5月24日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2018年11月28日 , 2019年2月17日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2019年1月23日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2019年6月4日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2019年7月9日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2020年3月3日 , 2020年5月31日閲覧。 PDF プレスリリース , 九州旅客鉄道株式会社, 2020年4月30日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2020年4月30日 , 2020年5月31日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ツルハホールディングス

ツルハ ドラッグ

2005年11月16日上場 略称 ツルハHD 本社所在地 〒065-0024 北海道北24条東20丁目1-21 設立 (38年) (株式会社ツルハ薬局) 事業内容 グループ会社の経営管理など 代表者 (代表取締役社長) (代表取締役専務) 資本金 100億2,300万円 (2020年5月現在) 発行済株式総数 4869万268株 (2016年5月15日現在) 売上高 連結:7,824億4,700万円 (2020年5月期) 営業利益 連結:418億2,600万円 (2020年5月期) 純利益 連結:248億2,400万円 (2020年5月期) 純資産 連結:2,202億1,400万円 (2020年5月現在) 総資産 連結:3,722億9,300万円 (2020年5月現在) 従業員数 連結:8,834人、単独:233人 (2020年5月現在) 決算期 主要株主 12. )は、大手の株式会社、株式会社、株式会社などを傘下に持つ。 第1部上場。 本社は。 杏林堂薬局を化したことによって、ドラッグストア業界では売上高でこれまで首位だったを抜き業界1位となった。 沿革 [ ]• (4年) - で「 鶴羽薬師堂」として創業。 (31年) - 「 ツルハ薬局」に屋号を変更。 (38年) - 株式会社ツルハ薬局(現・株式会社ツルハホールディングス)を設立。 (47年) - お菓子の販売開始。 (50年)• - 株式会社クスリのツルハコントロールセンター(現・株式会社ツルハ)を設立。 - 札幌にも北13条店を機に進出し、本格的なを開始。 (62年) - 六郷店を機に・首都圏に進出。 (3年) - 営業の全部を株式会社クスリのツルハコントロールセンター(商号を株式会社ツルハに変更)にし、事業目的を保険代理業に変更。 (4年) - 社名を、株式会社ツルハ薬局から 株式会社クレーン商事に変更。 (7年) - 株式会社ツルハが、ジャスコ株式会社(現・株式会社)と業務・資本提携。 (13年) - 株式会社ツルハが、株式会社リバースを子会社化。 (16年) - 札幌市に本社を移転。 (17年)• 8月 - 社名を、株式会社クレーン商事から現社名・ 株式会社ツルハホールディングスに変更。 11月 - により株式会社ツルハを化して、となる。 またそれに伴い、ツルハに代わって第1部に上場する。 (18年) - 東部を地盤とする株式会社の発行済み株式の36. (19年)• - 当社の取引先であるタカマツヤとの共同出資でグループ統一プライベートブランド「M's one(エムズワン)」の企画開発・販促活動を専門とする株式会社ウイングを設立。 - 株式交換により、株式会社くすりの福太郎を化。 (20年)• 7月 - 株式取得により、株式会社スパークを完全子会社化(株式会社スパークは2013年(平成25年)8月16日に株式会社ツルハへ吸収合併される)。 12月 - 機能子会社として株式会社ツルハグループマーチャンダイジング並びに株式会社ツルハフィナンシャルサービスを設立。 同時に当社が保有する株式会社ウイングの株式をツルハグループマーチャンダイジングに譲渡、グループ会社並びに従業員向け保険代理店業務をツルハフィナンシャルサービスへ業務移管。 (21年)• 2月 - 株式取得により、株式会社を子会社化。 3月 - グループ内の通信販売事業をまかなう株式会社ツルハeコマースを設立。 ウェルネス湖北からネット通信販売事業を譲受した。 8月 - 同じハピコムに所属するのドラッグストア事業をにより設立した株式会社サクラドラッグを株式取得により子会社化(株式会社サクラドラッグは2011年(平成23年)5月に株式会社ツルハに吸収合併される)。 (22年) - 中国地方を基盤にコンビニエンスストア等を展開すると業務提携を結ぶ。 (23年)• - 当社孫会社で、グループ会社のツルハグループマーチャンダイジングと取引先のタカマツヤが保有していた株式会社ウイングの全株式を取得により完全子会社化。 9月 - ポプラとの業務提携を解消。 (平成24年)• 4月26日 - ツルハグループの店舗数が1000店を突破。 7月18日 - に進出、市内(近くのゲートウェイ・エカマイ内)に1号店をオープン。 (平成25年)• 7月1日 - 国内大手ドラッグストアでは初めて、マルチ端末をグループ内全店に導入。 これにより、すでに利用可能となっていたに加え、・・でも利用可能となる。 8月7日 - グループ内各店舗にを設定し、LINEユーザーに向けた情報提供サービスを開始。 8月16日 - ・でドラッグストアを展開する株式会社ウエダ薬局の全株式を取得し、完全子会社化 (株式会社ウエダ薬局は2013年(平成25年)11月16日に株式会社ツルハへ吸収合併される)。 (平成26年)• 1月23日 - 前述の楽天Edy・WAON・iD・QUICPayに続き、交通系電子マネー9種(・・・・・・・・)をグループ内全店に導入(ウォンツ店舗は同年2月より導入開始)。 8月19日- 当社でLINEアカウントの運用を開始。 子会社のくすりの福太郎のキャラクターである「ふくちゃん」を手始めに、グループ会社のキャラクターなどのオリジナルのLINEスタンプの配信も行われる。 (平成27年)• 2月 - 子会社の株式会社くすりの福太郎で約17万件の薬剤服用歴未記載問題が発覚。 4月13日 - 株式会社に対する並びに同社との資本業務提携契約を締結したことを発表。 なお、株式公開買付けは2段階で行うこととし、1回目は株式会社と共同で買い付けを行う。 5月16日 - 株式会社が株式会社リバースを。 5月19日 - 株式会社レデイ薬局に対する1回目の株式公開買付けが同年5月18日で終了し、応募株券等の総数の2分の1ずつを共同で買付けを行った株式会社とそれぞれ買い付けにより株式を取得。 6月1日 - 株式会社レデイ薬局に対する2回目の株式公開買い付けの開始を発表。 2回目は当社が単独で買付けを行う。 7月14日 - 株式会社レデイ薬局に対する2回目の株式公開買付けが同年7月13日をもって終了し、応募株券等の全部を買付けにより株式を取得。 8月16日 - グループ内における中国地方での組織再編に伴い、子会社の株式会社ハーティウォンツが同じく子会社の株式会社ウエルネス湖北を吸収合併し、株式会社ハーティウォンツは株式会社に商号変更。 なお、両社が展開していた「ウォンツ」及び「ドラッグストアウェルネス」の屋号は合併後も存続される。 10月13日 - 無料サービス「TSURUHA Free Wi-Fi」をグループ全店(株式会社レデイ薬局の一部店舗を含む)で提供開始。 10月19日 - 株式会社レデイ薬局が同年9月14日に開催した臨時において決議された、同年10月6日を効力発生日とするにより生じた端数株式を当社が取得し、2回に分けて実施した株式公開買付けにより取得した分を合わせて当社の株式保有割合が51. (平成28年)• 5月16日 - 子会社の株式会社ツルハグループマーチャンダイジングが、同じく子会社の株式会社ツルハeコマース及び株式会社ウイングを吸収合併。 8月16日 - 株式会社の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を調剤薬局を除くグループ内全店舗での取り扱いを開始するとともに、くすりの福太郎を除くグループ会社の各キャラクターが描かれたグループオリジナルの「楽天ポイントカード」の発行も開始(尚、ツルハグループポイントカード グループ各社が発行するポイントカード も従来通り利用可能で、「楽天ポイントカード」とツルハグループポイントカードを同時に提示して両方のカードにそれぞれのポイントを付与することも可能)。 (平成29年)• 9月1日 - 株式会社が発行する電子マネー「」をグループ内全店舗へ導入。 9月29日 - 株式会社杏林堂グループ・ホールディングスを子会社化、その子会社の株式会社(静岡県浜松市)を孫会社化。 これにより売上高はを、店舗数はを、それぞれ上回りドラッグストア業界首位となる。 11月1日 - グループが提供するオンライン決済サービス「」を杏林堂薬局や調剤専門店舗を除くグループ内店舗に導入(なお、10月に先行でも導入されている)。 (平成30年)• 4月30日 - 株式会社が提供するサービス「」を杏林堂薬局や調剤専門店舗を除くグループ内店舗に導入。 5月22日 - 株式会社ビー・アンド・ディーホールディングスを子会社化、その子会社の株式会社()を孫会社化。 11月28日 - グループ共通「くらしリズム」・「くらしリズムMEDICAL」の発売を開始。 7月4日 - 子会社の株式会社ツルハが有限会社おおがたむら調剤薬局の発行済み全株式を取得したことにより、孫会社化。 7月9日 - 杏林堂薬局や調剤専門店を除くグループ店舗で展開しているバーコード決済サービスを拡充し、・・・(Never Payはとのサービス連携)の4ブランドを追加導入。 (令和2年)• 5月16日 - 孫会社であった株式会社ビー・アンド・ディーが子会社の株式会社ビー・アンド・ディーホールディングスを吸収合併し、株式会社ビー・アンド・ディーが子会社となる。 傘下子会社 [ ] ドラッグストア事業 [ ]• 株式会社 -。 ツルハグループの中核事業会社。 北海道及び東北・関東・中部・関西・四国地方で「ツルハドラッグ」とディスカウント業態「ビッグダウン」を展開。 「ガルドドラッグ」も展開していたが、ほとんどが「ツルハ」ブランドに転換されている。 また、(23年)に株式会社サクラドラッグを吸収合併し、こちらも「ツルハ」ブランドへ転換。 (平成25年)には、すでに「ツルハドラッグ」で展開されていた株式会社スパークと同年8月に当社の完全子会社となった株式会社ウエダ薬局を順次吸収合併した。 株式会社 -。 同業他社のに押されていた千葉県・東京都内の経営基盤を強化するため、マツモトキヨシと同じ千葉県に本社を置く「くすりの福太郎」を(18年)関連会社化、(19年)完全子会社化。 ただし、「くすりの福太郎」のブランドおよび店舗は、同社の完全子会社化後もずっと存続させ続けているため、同社が拠点を置く千葉県・東京都では、「ツルハドラッグ」の店舗数が他県に比べて、比較的少なくなっている。 株式会社 -。 (平成27年)8月にウェルネス湖北と事業統合。 旧ハーティウォンツ。 中国・九州地方で「ウォンツ」を、島根・鳥取・兵庫で「ウェルネス」を展開。 また、九州地方の「ツルハドラッグ」も展開している。 ツルハタイランド ( ソイ7店)• 株式会社 -。 中国・四国地方に「くすりのレデイ」・「レデイ薬局」を展開。 を展開する株式会社との共同出資()である。 株式会社 -。 同県に「杏林堂薬局」・「杏林堂スーパードラッグストア」を展開。 株式会社 -。 株式会社 - 福岡県。 九州地方を主力に「ドラッグイレブン」を展開。 同社とは1999年8月から2003年6月まで資本提携を行っていた時期がある。 なお、株式取得後もJR九州はとして引き続き出資しているためJR九州とのとなり、にも属する。 Tsuruha(Thailand)Co. ,Ltd. タイ国内で「ツルハドラッグ」を展開。 グループサポート事業・通信販売事業 [ ]• 株式会社ツルハグループマーチャンダイジング - (20年)設立、(21年)営業開始。 グループの事業、電話およびでの事業、の企画・販売。 株式会社ツルハフィナンシャルサービス - (20年)設立。 グループの業務。 過去のグループ企業 [ ]• 兵庫県と山陰地方で「ウェルネス」を展開していた。 プライベートブランド [ ] ツルハグループでは、グループ共通のプライベートブランドを取り扱っている。 日用品や化粧品を扱う「 エムズワン( M's one)」、医薬品を扱う「 メディズワン( Medi's One)」の2つのブランドを取り扱っているが、2018年11月に新ブランドとなる「 くらしリズム」を立ち上げた。 「くらしリズム」は、四つ葉の・・を組み合わせたブランドマークが制定されており、通常は緑だが、医薬品を扱うサブブランド「 くらしリズムMEDICAL」は青となる。 なお、「くらしリズム」の立ち上げ後も「エムズワン」・「メディズワン」は併売されるが、順次「くらしリズム」・「くらしリズムMEDICAL」へ移行される予定である。 関連項目 [ ]• (旧イオン・ウエルシア・ストアーズ) 脚注 [ ] []• - 日本経済新聞・2017年8月8日• - ツルハホールディングス・2012年4月26日• - ツルハホールディングス・2012年7月18日• - 株式会社ツルハホールディングス ニュースリリース 2013年8月6日(2014年2月22日閲覧)• - 株式会社ツルハホールディングス IR情報 2013年6月4日(2014年2月22日閲覧)• - ツルハホールディングス・2013年11月21日• - ツルハホールディングス・・・・・6社連名によるリリース(配信元:ツルハホールディングス) 2014年1月23日(2014年2月22日閲覧)• - 株式会社ツルハホールディングス ニュースリリース 2014年8月19日(2014年10月29日閲覧)• 共同通信. 2015年2月10日. 2015年2月17日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年2月12日. 2015年2月17日閲覧。 2015年4月13日. 2015年4月13日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス. 2015年4月13日. 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年2月3日. 2015年2月17日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年5月19日. 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年6月1日. 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年7月14日. 2015年10月29日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2015年6月8日 , 2015年6月9日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス・株式会社・株式会社, 2015年10月13日 , 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2015年10月23日. 2015年10月29日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2016年3月2日. 2016年7月17日閲覧。 株式会社ツルハホールディングス 2016年8月8日. 2016年10月27日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2017年8月30日 , 2018年5月24日閲覧。 静岡新聞・SBS 2017年8月9日• 株式会社ツルハホールディングス 2017年9月7日. 2017年12月17日閲覧。 北海道新聞 2017年8月9日• プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2017年10月31日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2018年4月25日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2018年4月24日 , 2018年5月24日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2018年11月28日 , 2019年2月17日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2019年1月23日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2019年6月4日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2019年7月9日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2020年3月3日 , 2020年5月31日閲覧。 PDF プレスリリース , 九州旅客鉄道株式会社, 2020年4月30日 , 2020年5月31日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ツルハホールディングス, 2020年4月30日 , 2020年5月31日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の