大腸 ポリープ 切除 後 の 食事。 大腸ポリープ切除後の食事は何を食べるのが安全なのか?

大腸ポリープ切除後の食事と手術後に適したレシピについて

大腸 ポリープ 切除 後 の 食事

スポンサーリンク 大腸ポリープは40才を過ぎると、定期的に検査を行って、予防や早期治療を行う事が大切と言われています。 発見された場合は、大腸癌へのリスクを減らすために早めに切除手術をする事が多くなっていますが、切除後の食事はどのように気を配ればいいのでしょうか。 特に乳製品の摂取などは問題ないのでしょうか。 【大腸ポリープ切除後に注意したい点】 大腸ポリープの切除後は、傷口を縫合しているわけではなく、クリップで止めている状態になっているので、切除後1週間くらいは食事に特に気を配る必要があります。 特に大腸ポリープ切除後の傷口が完治するまでは、負担をかけないように心がける必要があるため、血行を促してしまうような事は避ける事はもちろん、刺激物などの摂取も控える事が必要です。 では腸にいいとされている乳製品などはどうなのでしょうか。 【乳製品はOKだけど、食物繊維はNG】 腸に良いとされている食事に乳製品と食物繊維があります。 大腸ポリープ切除後も腸にいいとされている食事なら大丈夫なのではと考えてしまいがちですが、乳製品はOKですが、腸に負担のかかる食物繊維の摂取は最低でも1週間はNGとされています。 果物や野菜、キノコ、海藻類は注意する必要があります。 乳製品は一度発酵しているので消化もいいため、摂取OKとなっています。 あくまでもアルコールや脂っこいもの、炭酸飲料など刺激物を避ける事が重要です。 スポンサーリンク 【大腸ポリープ切除後は食事に十分に注意を】 大腸ポリープを切除後は、腸になるべく負担をかけないように生活する事が大切です。 食に十分に注意をする事もそうですが、食事以外にも便秘や下痢など症状をしっかりチェックしておくことが必要です。 特に、傷口が開いてしまった場合、下痢のような症状が続き大量に下血する事もあります。 毎日排便の確認をしながら、少しでも様子がおかしい場合は、放置せずに早めに診察をうけるように注意しておきましょう。 大腸ポリープ切除後の食事は、乳製品などお腹に優しい食事を心がける事で、腸に負担をかけずに完治を早める事ができます。 また内臓に生傷がある事を忘れずに、十分に注意して生活するようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の

大腸ポリープ切除の翌日に刺身と肉と酒はダメですか?

大腸 ポリープ 切除 後 の 食事

スポンサーリンク 日本人は戦後の西洋文化の影響によって肉を食べる機会が増加しています。 日本人の食生活の欧米化によって日本人の体質も変化をしており、大腸がんの罹病率が増加しています。 男性に限定するとがんの中での死亡原因の第一位が胃がんから大腸がんに取って代わられています。 大腸がんを予防するには食生活を野菜中心にすることが重要です。 しかしながら大腸がんは早期発見をすれば治癒率の高いがんでもあります。 定期的な健康診断によって早期発見に努めることが重要です。 大腸の検査としては潜血反応が一般的ですが、ある程度の年齢に達したら、注腸検査やファイバースコープの検査を受けることが必要です。 潜血検査では分からないことも十分考えられるからです。 注腸検査は比較的簡単にできるのですが、バリウムで造影するだけですから細部まで完全に検査できるわけではありません。 ファイバースコープで検査をすることが重要で、ポリープがあればその場で切除することが出来ます。 スポンサーリンク ファイバースコープの検査は事前下剤を飲まなければなりませんし、前日は消化の良い食事をしなければなりません。 また、当日は大量の下剤を飲んで大腸をきれいにすることで細かいところまで検査が出来ることになります。 万一大腸ポリープが見つかった場合にはその場で切除して細胞を検査する必要があります。 細胞検査によって良性か悪性かが判断されます。 大腸ポリープ切除後の食事は一般的には当日だけ刺激の少ない消化の良いものを食べれば翌日以降は通常通りで問題のないことが多くなっています。 しかしながらアルコールは血液の流れを昂進する働きがあるので摂取についてはしばらく禁止となります。 切除後の状態にもよりますが止血止めのクリップをしたような場合には一週間程度はアルコールの摂取を控える必要があります。 切除跡がきれいな場合には二、三日空ければ大丈夫です。 旅行や過激な運動なども禁止されるわけですので、大腸ポリープの切除を行った場合には医師の指示に従うことが重要です。 スポンサーリンク.

次の

日帰り大腸ポリープ切除

大腸 ポリープ 切除 後 の 食事

スポンサーリンク 大腸ポリープは、40歳代から増え始め,加齢とともに出来やすくなるとされています。 60歳代では、2人に1人が大腸ポリープを持っていると言われています。 大腸ポリープ切除後は、食事制限があります。 大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、どのような点に注意したら良いでしょうか? 大腸ポリープ切除後の最も悩ましい主食 大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、主食が、シンプルなだけに、悩ましいものになります。 推奨されるのは、お粥。 大腸ポリープ切除後の、2日目の朝食から全粥が出される病院もあります。 七分粥や八部粥でなく、全粥を用意して大丈夫です。 味付けは、薄味に。 塩分は、控えめにしましょう。 それだけに、味が素っ気ないと、食欲が湧かない人も、少なくないようです。 お粥が口に合わないようなら、うどんでも大丈夫です。 ただし、ネギを添えることは、控えましょう。 ネギは食物繊維が多いためです。 素うどんが寂しいようなら、半熟卵を添えると、ボリュームが出ます。 朝食はパンを食べるのが習慣になっているという人は、パンも大丈夫です。 ただし、 胚芽パンやライ麦パンは、避けましょう。 食物繊維が含まれているためです。 菓子パンやデニッシュ生地も控えましょう。 脂質が多く、消化が良くありません。 パンの時は、コーヒーや紅茶を飲む人が、少なくありませんが、 大腸ポリープ切除後の食事レシピからは、コーヒーや紅茶は外しましょう。 カフェインを多く含む飲み物は、血行を良くしてしまいます。 大腸ポリープ切除後は、出血を促すことを避ける必要があります。 野菜ジュースが良いでしょう。 スポンサーリンク 副菜では野菜の調理法に工夫 主菜は、脂身の少ない鶏肉や魚を使った料理にしましょう。 魚は、術後、間もない頃は、白身魚の方が無難です。 蒸す、茹でる、煮るが基本。 焼いたり揚げたりするのは、大腸ポリープ切除後、2週間くらい経ってからにしましょう。 白身魚の煮付けを作り、豆腐や高野豆腐を一緒に煮ると、胃腸に優しいメニューになります。 ボリュームをアップさせたい時には、卵でとじると良いでしょう。 副菜で使う野菜は、調理法に工夫が必要です。 ゴボウやレンコンのような、硬い食物繊維の野菜は、使用を控えます。 白菜やキャベツ、玉ねぎ、ニンジン、カリフラワー、ダイコンなどは、お腹に優しい野菜です。 ただし、皮はむきましょう。 キャベツのような、普段は生で食べる機会がある野菜も、加熱して食べます。 温野菜にしたり、圧力鍋で茹でたりするのが、オススメです。 主菜も副菜も、極力柔らかく調理します。 目安は、一度で噛み切れる程度。 一度歯を立てて、噛み切れないものは、大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、避けるのが基本です。 今回のまとめ 大腸ポリープ切除後の食事では、消化吸収の良いものを摂ることが欠かせません。 主菜は、お粥が良く作られますが、うどんや食パンでも大丈夫です。 うどんに添えるのは、ネギではなく半熟卵、パンを食べる時に飲むのは、コーヒーや紅茶ではなく、野菜ジュースというように、一緒に摂るものを変えることが、必要です。 主菜では、タンパク質をきちんと摂りましょう。 鶏肉や白身魚がオススメ。 調理法は、蒸す、茹でる、煮る。 焼いたり揚げたりするのは、控えましょう。 特に調理法に注意したいのが、副菜の野菜です。 食物繊維が硬い野菜は、使用を避け、皮は必ずむきます。 温野菜にしたり、圧力鍋で茹でたりするのが、オススメです。 一度で噛み切れる柔らかさを目安にしましょう。 スポンサーリンク -.

次の