リモコン照明スイッチ。 照明をリモコン化する方法!後付けでも可能?

カーポート照明をDIYでリモコン化【贅沢なシステム?】

リモコン照明スイッチ

リモコンとは照明器具などを遠隔操作でオンオフできるスイッチのことで、生電源を入り切りせず、信号線によってオンオフを行うものの総称を呼ぶ。 電源ケーブルを延線して遠方の部屋にスイッチを設置した場合は、リモコンとは呼ばないのが普通である。 配線が接続されているリモコンはワイヤードリモコン、配線が接続されておらず、赤外線信号などを利用する場合はワイヤレスリモコンとされる。 従来はマグネットスイッチを盤内に組込み、タイマーや遠隔地に取り付けたスイッチでオンオフするという方法が主流である。 フル2線方式(パナソニック電工製品)や中央監視による自動制御の各種装置が販売されている。 リモコンリレーは、従来のマグネットスイッチにかわり、小型で操作が容易な遠隔オンオフ用の制御装置であり、照明のオンオフのため、マグネットスイッチに代わって広く採用されている。 リモコンによる発停方式の種類と特徴 ワンショットリモコン方式 リモコンリレーから1本ずつ信号線を取り出し、リモコンに全ての信号線を集約する方式である。 10個リレーを組み込んだ場合、10本の信号線がリモコンスイッチ側に来る。 リレー台数が多くなると、信号線が多くなり盤内・盤間配線が煩雑である。 多重伝送リモコン方式 2本のリモコンリレー用信号線を直列につなぎ、信号を多重伝送させてオンオフを行うスイッチである。 ワンショットリモコン方式と違い、配線が2本でよいためリモコンリレーの数が増えても、信号線数が少なく、盤内・盤間配線がすっきりとする。 多重伝送のため、リモコンリレー毎にアドレス(番号)を設定する。 アドレス設定器や中央制御装置が必要となるため、コストは比較的高くなる。 リモコンセレクタスイッチ リモコンセレクタスイッチは、リモコン制御されている回路を現地でオンオフするためのスイッチである。 「リモコンスイッチ」とも表現する。 照明制御装置で振り分けたアドレスを、現場でオンオフするための手元スイッチである。 リモコンセレクタスイッチは、複数のリモコンリレーをグループ制御できるので、一斉点灯や一斉消灯、フロアのみ点灯・消灯など、スイッチひとつで一括点滅できる。 工場や事務所では、最終退出口の全照明オフスイッチに利用可能である。 スケジュールやタイマー制御している系統を、強制的に点滅させたい際にも使用する。 中央監視装置とリモコンリレーの連携 中央制御装置は、ビル管理用の中央監視システムを併用でき、中央監視に組み込むことでスケジュール運転やエネルギー管理を容易かつ正確に行う事ができる。 パソコンを管理室や防災センターに設置し、パソコンでスケジュール設定を行い、点滅管理や省エネルギー点灯などを一括制御することも可能であり、管理の一元化が容易である。 大規模なビルや工場、商業施設ではリモコンを用いた照明制御システムが広く普及し、使用されている。 中央監視装置側で、リモコンリレーの信号を受信できる装置を設け、リモコン側からの信号によって中央監視装置を動作させる方式である。 操作できる台数やグループ数などが限られる場合や、増設が困難な場合があるので、仕様をメーカーや専門技術者によく確認する。 リモコンリレーの概要 リモコンリレーは、リモコンセレクタスイッチや中央監視設備、照明制御盤などからの入力信号を受けて、オンオフ動作を行う接点をもつ継電器である。 一つの配線用遮断器の下位に、数個のリモコンリレーをぶら下げて電灯分電盤内に組み込むことで、遠隔操作回路として使用できる。 考え方は壁付けの片切スイッチと同様で、分電盤内にスイッチが集約されているのと同じ。 一個の遮断器に何個のリモコンリレーを付属させても問題ない。 リモコンリレー個別に接点容量があるので、負荷を集約接続し過ぎてはならない。 規定の電流値以下で回路分けをすることが重要である。 マグネットスイッチとリモコンリレーの違い マグネットスイッチは、リモコンリレーが普及するかなり前から普及しており、遠隔リモコン用の機器として従来から使用されている。 マグネットを用いた照明オンオフ制御をする場合、前述したリモコンリレーと同様に、一つの配線用遮断器の二次側に複数のマグネットスイッチを設け、中央監視設備や照明制御盤の外部信号を受けてオンオフ制御をする。 マグネットスイッチはリモコンリレーと比べても、寸法が大きく盤内で場所を取るため、盤の全体寸法が大きくなりがちである。 対してリモコンリレーは外形寸法が非常に小さいため、多くの回路を区分しても、盤のサイズを小さく抑えられ経済的かつ省スペースである。 照明やコンセント回路程度であれば、リモコンリレーを用いた計画としたほうが、安価になると思われる。 しかし、動力盤の場合は、機器動作時の始動電流や、負荷変動による突入電流による悪影響が懸念されたり、リモコンリレーではオンオフできない大容量機器が構成されたりするので、リモコンリレーよりもマグネットスイッチがまだ主流である。 オンオフする負荷の容量や台数にリモコンリレーとマグネットスイッチを使い分けるのが重要である。 リモコンリレー信号線の各種注意 リモコンリレー配線は、弱電流線になるため、電力線と長距離並列配線されていると、誘導により誤作動を起こす。 並列に敷設しなければならない場合は、30cm以上の離隔を確保する。 もしくは、磁性体配管に接地を施し、その内部に敷設するなど、誘導からの影響を抑えて施工する。 家電のリモコンとの違いと、リモコンの雑学 「リモコン」という名称を使っているが、テレビやビデオデッキの「リモコン」とは違い、ワイヤード(有線方式)であっても、遠方からオンオフできるのであれば全てリモコンと呼ぶ。 電波による操作をする機器という意味ではない。 家庭用で普及しているリモコンは、赤外線による信号を手元リモコンスイッチから機器本体の受信機に伝送し、各種操作を行うものである。 テレビリモコン、エアコンリモコンなど、小型の遠隔操作器を利用するものの総称を言っている。 ほとんどは、リモコンといえばテレビと言うほど普及している。 エアコンリモコンについて エアコンリモコンの場合、エアコン本体は緊急時のオンオフ用スイッチが設けられているが、風量調整や温度設定の操作は、エアコンリモコンを使用して行うようになる。 エアコンリモコンは、有線(ワイヤード)の場合と、無線(ワイヤレス)の場合がある。 エアコンの下部から配線が降りておりリモコンが付いているもの、テレビリモコンのように、ハンディタイプの操作器のもの、どちらも見たことがあるかと考えられる。 エアコンはテレビと違い、本体に操作ボタン等がほとんどないため、エアコンリモコンをなくすると本体からオンオフしかできない。 こうなると、メーカーから同機種のエアコンリモコンを再度購入するか、エアコン用のマルチリモコン(温度設定や風量設定など、簡易操作が可能な汎用リモコン)を購入する。 特殊機能がある高品位なエアコンの場合、全ての機能が満足されるものではないため、メーカー純正のリモコンを購入するか、リモコンを修理する。

次の

リモコンリレーの原理と仕組み

リモコン照明スイッチ

シーリングライトを操作できる壁スイッチを考える 様々な種類があるシーリングライトは、見た目がおしゃれで、蛍光灯と比べてお部屋が明るく見えます。 お部屋のイメージに合わせて、ペンダントライトやダウンライトのように、丸型や角形などのデザインや、調光や色調機能を選ぶことができるのもポイントです。 しかし、取り付けるシーリングライトの形状や明るさに注目しても、普段、シーリングライトの調光などを操作する壁スイッチやリモコンについて、考えることはあまりないかと思います。 シーリングライトを取り付ければ、当たり前のように壁スイッチを使うのかと思いきや、実は、壁スイッチを使う方法と、付属のリモコンを使う方法とに分かれ、さらに壁スイッチを使用する場合にちょっとした小技が必要になってくるのです。 ここでは単純に照明の操作ができるものではない壁スイッチについて、操作の仕方をリモコンと比較したりして深く考えてみましょう。 今までに思いもよらなかった壁スイッチの使い方などがわかります。 シーリングライトを操作する壁スイッチがない時には シーリングライトを取り付けるときに、取り付けたいお部屋に壁スイッチがない場合があります。 最近の新築物件なら、和室などにも壁スイッチがついている設計になっているものが多いのですが、賃貸の和室には壁スイッチが付いていないことがよくあります。 このような時には、大抵の人がシーリングライトを諦めてペンダントライトを取り付けますが、壁スイッチがないからと言ってシーリングライトを諦めることはありません。 ただ、注意するとすれば、シーリングライト本体が取り付けられる屋根の状態なのかがネックになります。 シーリングが掛けられる天井の配線器具があるかを事前に調べて置き、取り付け可能な状態なら取り付けましょう。 シーリングライトにはリモコンで操作するタイプと、ペンダントライトのようにひもが付いているタイプの2種類が存在します。 リモコンが付属されていればリモコンを使って照明の操作が行えますし、ひも付きならひもを引っ張ることで照明のオンオフができますので、安心して取り付けられます。 お好みで、または取り付けるお部屋で使用する頻度に応じて、どちらにするかを選びましょう。 シーリングライトを操作できる壁スイッチはあるといい? 先ほど、シーリングライトの壁スイッチがない時にはシーリングライトに付属しているリモコンか、ひもが付いているならひもで操作することで対応できる、とお伝えしました。 では、シーリングライトの壁スイッチ自体は、必要なのか不要なのかという疑問が出てきます。 もし壁スイッチがあり、使える場合には、出入り口付近で簡単に操作ができて便利です。 しかし、入退室時に壁スイッチをメインに使うことを考えれば問題ないのですが、お部屋の中で調光を調節したり、照明をオンオフしたいといった場合はどうでしょうか。 例えば、シーリングライトを寝室や子供部屋に取り付けたとします。 物置や滞在する時間が比較的少ない部屋に設置しているのとは違い、就寝時などは、部屋の内部での操作が必要になってきます。 このような場合には、手元や手を伸ばせばすぐ届く範囲で利用できる、リモコンやひもつきのシーリングライトが適していて便利です。 これに対してクローゼットのみの部屋などは、服を選んで持ち出すような短い滞在時間になるので調光の必要はなく、単純にオンオフする壁スイッチでの対応で済みます。 こうして考えると、居室に取り付けるのでなければ、やはり壁スイッチはあると便利であることが言えます。 壁スイッチがあると便利?その理由とは 先ほどお伝えした、手元で照明をオンオフできるかできないか、といった内容から少し掘り下げてお話をします。 シーリングライトは、基本的に壁スイッチが付いている部屋に取り付けることを前提にした商品が多いものです。 ちなみに、壁スイッチが付いていない部屋にリモコン付きのシーリングライトを設置した場合、もし停電になったときにはリモコンの電源をオフにしていても、電気が付いたままになります。 壁スイッチが存在していたら主電源をオフにできるのですが、壁スイッチがない部屋の場合にはずっと電源がオンになっている状態になっています。 リモコンがオフになっていても、停電時には電気が付いたままになる仕様のためです。 そのため、停電時に壁スイッチがないと、すべてが暗い中でリモコンを探し出し、電気をオンにしないとなりません。 しかし、壁スイッチの場合は、部屋の入り口から簡単に照明をオンオフすることができるので、壁スイッチが絶対に必要とは言えませんが、ある方が無難であるのは確かです。 そして、もし壁スイッチを付けるなら、電気工事の資格のある方に配線を頼むことになります。 配線は建物の壁の状態などで、露出配線になるか、隠蔽配線になるかが決まります。 予算もまちまちなので、配策を検討する場合にはよく調べ比較して、工事を依頼しましょう。 壁スイッチ操作とリモコン操作の違いを認識 リモコンスイッチの利点は、手元で操作できるだけでなく、こまごまとした操作が指示できます。 例えば、縫物や勉強、読書など手元が明るい方が作業しやすい場合には、明るさは全灯にするのが理想です。 もし、食卓があるお部屋にシーリングライトがあるなら、食事の時には食卓が映える暖色系の調色に変えることができます。 製品によっては暖色系だけでなく寒色を多く取り入れることができるものがあり、お好みの調色が楽しめます。 また、映画などや就寝時に少しだけ明かりが欲しいという時には、手元で常夜灯に変えられます。 一方で壁スイッチを使って操作できるのは、電気のオンオフだけのものだけではありません。 調光ができる場合は、スイッチをパチパチと素早くオンオフすることで、全灯から段調光、常夜灯に切り替えることはできます。 しかし、壁スイッチだけではリモコンのような、細かい色味などを指示する操作まではできません。 リビングや居室など調色を切り替えるようなお部屋にシーリングライトを用いる際には、壁スイッチを使わずにリモコンを使って操作する方が良く、取り付ける際に覚えておきましょう。 また、中には壁スイッチを使って全灯と消灯のみしか対応していない製品もありますので、購入する際に確認しておきましょう。 おすすめなシーリングライトの種類とは シーリングライトにもそれぞれ特徴があり、取り付けるお部屋に合わせて購入するのがベストです。 大まかな種類は2パターンあり、調光できるものと、調光と調色ができるものがあります。 低コストで抑えたい場合や単純に照明のオンオフ、全灯や段調光、常夜灯などに切り替えるだけの目的であれば、調光のみの機能が付いたものを選ぶと重宝します。 こちらのパターンは壁スイッチでできる操作内容を網羅しているので、リモコンでの操作が必要ないお部屋に設置するのが最適です。 もし、調光だけでなく明かりの色味も調節したいというならば、調光と調色ができる製品を購入すると好きな色合いに切り替えられます。 製品によっては自分の好みの色味を記憶させておけるものがありますので、シーンに合わせて使い分けることも可能です。 取り付ける部屋の広さやメーカーによっても、選べる製品が異なってきます。 ご自分が設置したい条件に合ったもので、見た目も使い勝手も満たしているものを選び、生活に取り入れましょう。 壁スイッチとリモコンどちらを選ぶ? これまで、シーリングライトのリモコンと壁スイッチを中心にお話してきました。 リモコンがあると調光や色調を変更するなど、細かい指示ができるので便利です。 また、壁スイッチはあった方が良いことがわかりましたね。 また、壁スイッチ自体も数回素早くパチパチと押すことで、電気のオンオフ、調光や常夜灯に切り替えるなど、最低限の操作ができることにも注目しましょう。 どちらを使うにしろ、シーリングライトが設置できる条件のお部屋であるかが最初の鍵になりますので、注意しましょう。

次の

【楽天市場】照明 リモコン 人気商品!吊り下げ照明専用 ペンダントライト リモコンスイッチ OTH

リモコン照明スイッチ

リモコンとは照明器具などを遠隔操作でオンオフできるスイッチのことで、生電源を入り切りせず、信号線によってオンオフを行うものの総称を呼ぶ。 電源ケーブルを延線して遠方の部屋にスイッチを設置した場合は、リモコンとは呼ばないのが普通である。 配線が接続されているリモコンはワイヤードリモコン、配線が接続されておらず、赤外線信号などを利用する場合はワイヤレスリモコンとされる。 従来はマグネットスイッチを盤内に組込み、タイマーや遠隔地に取り付けたスイッチでオンオフするという方法が主流である。 フル2線方式(パナソニック電工製品)や中央監視による自動制御の各種装置が販売されている。 リモコンリレーは、従来のマグネットスイッチにかわり、小型で操作が容易な遠隔オンオフ用の制御装置であり、照明のオンオフのため、マグネットスイッチに代わって広く採用されている。 リモコンによる発停方式の種類と特徴 ワンショットリモコン方式 リモコンリレーから1本ずつ信号線を取り出し、リモコンに全ての信号線を集約する方式である。 10個リレーを組み込んだ場合、10本の信号線がリモコンスイッチ側に来る。 リレー台数が多くなると、信号線が多くなり盤内・盤間配線が煩雑である。 多重伝送リモコン方式 2本のリモコンリレー用信号線を直列につなぎ、信号を多重伝送させてオンオフを行うスイッチである。 ワンショットリモコン方式と違い、配線が2本でよいためリモコンリレーの数が増えても、信号線数が少なく、盤内・盤間配線がすっきりとする。 多重伝送のため、リモコンリレー毎にアドレス(番号)を設定する。 アドレス設定器や中央制御装置が必要となるため、コストは比較的高くなる。 リモコンセレクタスイッチ リモコンセレクタスイッチは、リモコン制御されている回路を現地でオンオフするためのスイッチである。 「リモコンスイッチ」とも表現する。 照明制御装置で振り分けたアドレスを、現場でオンオフするための手元スイッチである。 リモコンセレクタスイッチは、複数のリモコンリレーをグループ制御できるので、一斉点灯や一斉消灯、フロアのみ点灯・消灯など、スイッチひとつで一括点滅できる。 工場や事務所では、最終退出口の全照明オフスイッチに利用可能である。 スケジュールやタイマー制御している系統を、強制的に点滅させたい際にも使用する。 中央監視装置とリモコンリレーの連携 中央制御装置は、ビル管理用の中央監視システムを併用でき、中央監視に組み込むことでスケジュール運転やエネルギー管理を容易かつ正確に行う事ができる。 パソコンを管理室や防災センターに設置し、パソコンでスケジュール設定を行い、点滅管理や省エネルギー点灯などを一括制御することも可能であり、管理の一元化が容易である。 大規模なビルや工場、商業施設ではリモコンを用いた照明制御システムが広く普及し、使用されている。 中央監視装置側で、リモコンリレーの信号を受信できる装置を設け、リモコン側からの信号によって中央監視装置を動作させる方式である。 操作できる台数やグループ数などが限られる場合や、増設が困難な場合があるので、仕様をメーカーや専門技術者によく確認する。 リモコンリレーの概要 リモコンリレーは、リモコンセレクタスイッチや中央監視設備、照明制御盤などからの入力信号を受けて、オンオフ動作を行う接点をもつ継電器である。 一つの配線用遮断器の下位に、数個のリモコンリレーをぶら下げて電灯分電盤内に組み込むことで、遠隔操作回路として使用できる。 考え方は壁付けの片切スイッチと同様で、分電盤内にスイッチが集約されているのと同じ。 一個の遮断器に何個のリモコンリレーを付属させても問題ない。 リモコンリレー個別に接点容量があるので、負荷を集約接続し過ぎてはならない。 規定の電流値以下で回路分けをすることが重要である。 マグネットスイッチとリモコンリレーの違い マグネットスイッチは、リモコンリレーが普及するかなり前から普及しており、遠隔リモコン用の機器として従来から使用されている。 マグネットを用いた照明オンオフ制御をする場合、前述したリモコンリレーと同様に、一つの配線用遮断器の二次側に複数のマグネットスイッチを設け、中央監視設備や照明制御盤の外部信号を受けてオンオフ制御をする。 マグネットスイッチはリモコンリレーと比べても、寸法が大きく盤内で場所を取るため、盤の全体寸法が大きくなりがちである。 対してリモコンリレーは外形寸法が非常に小さいため、多くの回路を区分しても、盤のサイズを小さく抑えられ経済的かつ省スペースである。 照明やコンセント回路程度であれば、リモコンリレーを用いた計画としたほうが、安価になると思われる。 しかし、動力盤の場合は、機器動作時の始動電流や、負荷変動による突入電流による悪影響が懸念されたり、リモコンリレーではオンオフできない大容量機器が構成されたりするので、リモコンリレーよりもマグネットスイッチがまだ主流である。 オンオフする負荷の容量や台数にリモコンリレーとマグネットスイッチを使い分けるのが重要である。 リモコンリレー信号線の各種注意 リモコンリレー配線は、弱電流線になるため、電力線と長距離並列配線されていると、誘導により誤作動を起こす。 並列に敷設しなければならない場合は、30cm以上の離隔を確保する。 もしくは、磁性体配管に接地を施し、その内部に敷設するなど、誘導からの影響を抑えて施工する。 家電のリモコンとの違いと、リモコンの雑学 「リモコン」という名称を使っているが、テレビやビデオデッキの「リモコン」とは違い、ワイヤード(有線方式)であっても、遠方からオンオフできるのであれば全てリモコンと呼ぶ。 電波による操作をする機器という意味ではない。 家庭用で普及しているリモコンは、赤外線による信号を手元リモコンスイッチから機器本体の受信機に伝送し、各種操作を行うものである。 テレビリモコン、エアコンリモコンなど、小型の遠隔操作器を利用するものの総称を言っている。 ほとんどは、リモコンといえばテレビと言うほど普及している。 エアコンリモコンについて エアコンリモコンの場合、エアコン本体は緊急時のオンオフ用スイッチが設けられているが、風量調整や温度設定の操作は、エアコンリモコンを使用して行うようになる。 エアコンリモコンは、有線(ワイヤード)の場合と、無線(ワイヤレス)の場合がある。 エアコンの下部から配線が降りておりリモコンが付いているもの、テレビリモコンのように、ハンディタイプの操作器のもの、どちらも見たことがあるかと考えられる。 エアコンはテレビと違い、本体に操作ボタン等がほとんどないため、エアコンリモコンをなくすると本体からオンオフしかできない。 こうなると、メーカーから同機種のエアコンリモコンを再度購入するか、エアコン用のマルチリモコン(温度設定や風量設定など、簡易操作が可能な汎用リモコン)を購入する。 特殊機能がある高品位なエアコンの場合、全ての機能が満足されるものではないため、メーカー純正のリモコンを購入するか、リモコンを修理する。

次の