子供 の 前髪 切り 方。 プロが教える5分で終わる小さいお子様のカットの仕方

キッズ・子供の髪型(女の子)初めてでも5分で完成!切り方まとめ

子供 の 前髪 切り 方

子供のボブの簡単にセルフカットするやり方 子供のボブをカットする際は、どのくらいの長さにするか最終的な仕上がりをイメージしてから始めていきます。 イメージができたら、まず子供の髪を水スプレーでまんべんなく濡らしてコーム 櫛 でとかしましょう。 癖やハネた状態でカットすると長さがバラバラになったり、まとまりにくくなってしまいます。 カットする前は注意しましょう。 イメージが決まったら、髪を濡らし、ブロッキング(髪を小分け)にしカットしていきます。 カット方法を詳しくご紹介していきますね。 子供のボブを簡単に切る為の前準備 カットを簡単に切る方法はブロッキングし細かく分けて切っていきます。 ブロッキングとは、ダッカールというヘアクリップなどで切りやすいように髪を分ける作業のことです。 今回の子供のボブもブロッキング(髪を分ける作業)をしていきます。 目安として後ろは3つブロッキングすると、切りやすいです。 切りにくい時は更にブロッキングを細かくとると切りやすくなります。 ブロッキングしにくい場合は真ん中で分けて1、2、3、のブロッキングを左右でしましょう。 次にブロッキングしたところを順番にカットしていきましょう。 スポンサーリンク 子供のボブを簡単に切る為の方法 今回はワンレングスのボブスタイルを切っていきます。 切る際は• コーム 櫛 を通して、切りたい長さのラインまで垂直におろす• 後ろの部分のセンター(真ん中)をガイドに切る• センター(真ん中)に合わせ揃えて後ろを真っ直ぐ切る• 横は耳後ろでブロッキング(髪を分ける作業)し、2つにわけて切りましょう。 2つに分けるポイントは目の高さです! 横も切り方は後ろと同じですが、耳があるので少しコームカットしにくいです。 耳の前後に分けて何度もくしを通して切り残しがないようにしましょう。 くしで引っ張り過ぎてテンションがかかりすぎないように自然に髪が落ちている状態でカットするように心がけましょう。 顎下の長さも好みに合わせて• 前上がり• 前下がり• 水平 に切ると可愛さも変わりますので参考にしてみてください! スポンサーリンク 子供のボブのすく方法は? カット同様ブロッキング(髪を分ける作業)した部分を縦でスライスをとり根本すぎない中間から毛先に向けてすいていきましょう。 特に毛量が多くて気になる方は• 耳後ろ• 襟足 を多めにすいてあげるとスッキリします。 髪が多くて気になる方は参考にしてみて下さい! 子供の前髪を失敗しない切り方 全体を切り終わったら、前髪を切っていきます。 前髪を切る際は、長さを整え、毛量を軽くしましょう! 詳しく前髪の切り方をご紹介していきますね。 子供の前髪の切り方は? 前髪を作る際も前髪をブロッキング(髪を分ける作業)していきましょう。 眉山と眉山の幅で位置を決め他の毛は邪魔にならないように結ぶか、ピンで止め、前髪の位置を決めたらカットしていきましょう。 カットする際は長さを決め• 前髪の真ん中にガイドを作る• 真ん中に合わせ左右の前髪を切っていく• 三角形の部分を全て切る• すきバサミで中間~毛先をすく(表面は毛先だけ) 眉尻から少し真ん中に寄せて前髪を切ると横を切りすぎることがなく切れます。 バランスを見て、必要であればすきバサミで少しだけすきましょう。 焦らない• 少しずつ切る• 少し長めに切る• しっかりクシでとかす ことです。 思い切って一気にはさみを入れてしまうと、仕上がりが大きく違ってしまうことも…。 そんな事がないように、鏡を見ながら仕上がりのイメージをしっかり持ち、寝癖や浮いたクセをしっかり取り、少しずつカットする為にもブロッキングをしカットていきましょう。 スポンサーリンク 子供のカットする際に準備するものは? カットしようと思うときに何を準備したらいいだろう? そんな事がないようにまずはしっかりと道具を準備しましょう。 準備するものは• ハサミ• すきバサミ• タオル• ダッカール(クリップ)• ヘアカットクロス 道具を準備するとカットがやりやすくなりますので是非そろえてみて下さい! *子供のカットは動いて切れない、嫌がり上手く切れない… そんな風にならないようにスマートフォンや、タブレットなどでYoutube等見せていると集中して切れます。 ハサミやクシどこで買おう? まとめ 今回は子供の• ボブの簡単な切り方• 前髪を失敗しないやり方• カットする際に準備するもの を簡単にできるセルフカット方法をご紹介させていただきました。 美容師さんが簡単に切っているから自分も簡単に子供の髪切れそうだな!と思っても… 中々自分で髪切るのって、思うように切れなかったりして難しいですよね。 子供の髪をセルフカットする際は、髪に癖があったらクセをしっかりとり、ブロッキングし、ちょっとずつカットしたり、すく際は表面をすきすぎないようにきをつけましょう。 難しいと思ったらブロッキングを更に細かくし、ちょっとずつ切るように心がけセルフカットを楽しんでみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

子供の前髪の上手な切り方!5つのSTEPで簡単に!!

子供 の 前髪 切り 方

ソフトモヒカンを切ってみよう 今日は男の子のヘアスタイルの中でも人気のあるソフトモヒカンの切り方をご紹介いたします。 パンクミュージシャンのように頭の真ん中にだけ髪があって、それを立たせているようなハードモヒカンに対して、ソフトモヒカンは、サイドの刈り上げから緩やかに長めのトップとつながっている、キューピーさんのようなシルエットのヘアスタイルです。 手入れも楽だし、スポーツ刈りや坊主よりオシャレなのでスポーツ選手などにも人気です。 では切っていきましょう。 カット前。 全体的に長めです。 頭頂部から前に向かって切っていきます。 仕上がりのイメージをしながら頭頂部の長さを決め、切っていきます。 上の写真で切った長さをガイドにしながら、同じように前髪まで切り進んでいきます。 AからBの間を前髪まで切り終えました。 トップの長さ(A・B をガイドにして、ハチ周りの長さを切っていきます。 トップが1番長くなるように、頭の丸みに合わせてトップと同じようにハチ周りを一周切り進めていきます。 トップとハチ周りを切り終えた状態です。 ソフトモヒカンぽいシルエットが出来てきました。 耳の上の髪を6ミリのバリカンで矢印方向に切っていきます。 切り終えた状態です。 耳後ろからえりあしにかけても、同様に切り進めていきます。 バリカンは矢印のように入れていきます。 刈りあげた状態です。 左側も同様に刈り上げていきます。 横と後ろの刈り上げ完了です。 際の刈り残し部分はバリカンで揃えてあげると仕上がりがキレイです。 えりあしも同様に整えます。 トップ、ハチ周りと切り進めてきた青矢印と、耳上から刈り上げてきた赤矢印の延長線上に角ができるはずです、その角を切り落として滑らかに繋げていきます。 反対側も同様です。 髪の毛をすいて軽くしていきます。 最初にトップを切った時のように、頭頂部から少しずつ毛先を軽くしていきます。 スキバサミはスキ率15〜20%くらいの目の細かいものがおススメです。 スキバサミのくし目の刃が表側になるようにハサミを入れると自然に馴染みます。 スキバサミは髪の毛の長さの半分から毛先までの間に入れましょう。 根元付近に入れると短い髪がツンツン立ってしまいます。 カット終了です。 ヘアワックスをつけてセットしていきます。 トップの髪の毛にヘアワックスを揉みこんでいきます。 毛先をつまんで動きをつけます。 完成です。

次の

子供 髪型 男の子 切り方動画

子供 の 前髪 切り 方

子供の前髪カットに必要な道具2つ目は、「すきバサミ」です。 すきバサミは、もともと髪の毛の量が多い子供や、重たくなってしまった前髪をカットした際の仕上げとして必要となるアイテムです。 前髪をすく際には、セルフカット用のハサミではなくすきバサミを使うことで、ナチュラルな軽さのある前髪にすることができます。 画像のすきバサミは、「カットシザー」です。 このカットシザーは、持ち手がカットしやすいように作られていますので、ご自身で前髪をカットしてあげるのが初めての場合でもおすすめです。 また、切れ味が良いと人気を集めているすきバサミですので、気になる方はゲットされてみてはいかがでしょうか。 ダッカールは、子供の前髪をカットしてあげる際に、まだ切らない部分の前髪が下に落ちてこないようにキープしたり、サイドの髪が前髪に混ざって間違えてカットしたりしないようにするために必要なアイテムとなっています。 画像のダッカールは、「お花モチーフダッカール」です。 このお花モチーフダッカールは、5本セットになっており特に女の子が喜んでくれそうなデザインが施されていておすすめです。 また、1本あたり約49円で、さらに前髪をカットする時だけでなく髪飾りにも使えますので、とてもコスパの良いダッカールとなっています。 お花モチーフダッカール 値段(税込) 243円 販売元 ATK21(エーティーケー21) 子供のぱっつん前髪の切り方は? 子供をぱっつん前髪の髪型にするための切り方1段階目は、「中心部分をカットする」という作業になります。 具体的な切り方は以下の通りとなっています。 なお、ハサミは斜めに入れてあげると、毛先が柔らかくなっておすすめです。 また、中心部分にハサミを入れていく際には、最初は必ず1cmから2cm長めにカットして、切りすぎないように注意しましょう。 子供をぱっつん前髪の髪型にするための切り方1段階目:中心部分をカットする手順• 髪が多い時は、上半分を上に上げる。 上に上げた場所を、クリップタイプなどの髪留め(ダッカール)で留める。 前髪全体にくしを通す。 黒目から黒目の間を基準に前髪を3つに分ける。 中心部分をカットする。 手を離して、全体にくしを通す。 カットの仕上がりを確認する。 具体的な切り方は以下の通りとなっていますので、参考にしてみてくださいね。 なお、ぱっつんになるようにカットしていく際には、最初は、切りすぎないように少し長めにカットしていくのがおすすめです。 また、中心部分をカットする際とは異なり、左右のブロックの形によってぱっつん前髪の仕上がりが大きく異なります。 このため、右側のブロックをカットする際には、丸型のぱっつんやストレートのぱっつんなどカットしたいイメージに合わせてカットすると良いでしょう。 子供をぱっつん前髪の髪型にするための切り方2段階目:右側のブロックをカットする手順• 右端のブロックをぱっつんな髪型になるようにカットする。 丸型のぱっつんカットにする場合には、右端のブロックの一番右端の長い部分と、右端のブロックの一番左上の高い部分を繋げるようにカットしていく。 一度手を離して、カットした部分にくしを通す。 仕上がりをチェックする。 具体的な切り方は以下の通りとなっています。 なお、右利きの人は、外側からカットしていくとカットしやすいので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 また、髪をカットしていく際には、一度にあまりたくさん取らないで少しずつ慎重にカットしていくと綺麗な仕上がりにすることができておすすめです。 子供をぱっつん前髪の髪型にするための切り方3段階目:左側のブロックをカットする• 左端のブロックをカットする。 丸型のぱっつんカットにする際には、左端のブロックの一番右端の、髪が一番長い部分と、左端のブロックの一番左上の高い位置にある髪を繋げるようなイメージでカットしていく。 クリップタイプなどの髪留め(ダッカール)で留めていた前髪を下ろす。 最初と同じように前髪を3つのブロックに分けて、下の毛を見ながらカットしていく。 具体的な切り方は以下の通りとなっています。 なお、前髪を作る場所を広く取りすぎると綺麗な髪型にならないことがあるので注意しましょう。 また、濡れている状態でカットすると、乾いた時に髪が上に上がってしまうことが多いので、できれば乾いている状態でカットすると失敗が少なくおすすめです。 また、外側の部分を少し長めに残すことで、小顔効果を期待することができてより可愛い髪型に仕上げることが可能です。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。 子供をギザギザ前髪の髪型にするための切り方1段階目:前髪を作る場所を決めてカットする手順• 瞳の真上ちょうど上の延長線上に前髪の幅を作るイメージで、前髪を作る場所を決める。 ハサミを縦に入れていく。 長い前髪を残した状態で深めに斜めに入れていく。 外側の部分を少し長めに残す。 具体的な切り方は以下の通りとなっています。 なお、最後にくるくるドライヤーで髪型を整えていきますが、髪のクセが強い子供の場合には、ストレートアイロンを使うのもおすすめです。 また、仕上げとして上の方にある髪を少しだけ束に取ってカットするとありますが、髪の毛がまっすぐで髪の毛の毛質が硬い子供の場合には、あまり根元からカットすると短い毛が出てきてしまうので、毛質に合わせてカットするようにしてください。 子供をギザギザ前髪の髪型にするための切り方3段階目:カットの仕上げをする• 上でカットした部分を少しだけ束に取ってカットする。 くるくるドライヤーで髪型を整える。 具体的な切り方は以下の通りです。 なお、前髪をブロック分けする際には、大人の場合だと前髪の幅で顔の印象が変わってしまいますが、子供の場合は広い前髪の方が可愛らしく仕上げることができます。 このため、前髪は全体的に少し広めに取るのがおすすめです。 幼児の女の子におすすめ!ラウンドバングの切り方1段階目:前髪をブロック分けしてカットする手順• 前髪を3つにブロック分けをする。 くしで前髪全体をといて、前髪のところを外してクリップタイプなどの髪留め(ダッカール)で留める。 クリップタイプなどの髪留め(ダッカール)を使って髪を留めたままでカットしていく。 具体的な切り方は以下の通りとなっています。 なお、女の子の前髪をラウンドバングにするために真ん中をカットする際には、眉よりも4cm上くらいの長さになるようにカットするのがおすすめです。 幼児の女の子におすすめ!ラウンドバングの切り方2段階目:真ん中から左端のブロックをカットする手順• 前髪の真ん中が一番短くなるようにカットする。 一番短くしたところをゴールとして考えてカットしていくので、左端から真ん中にカットしていく。 左端のブロックの一番左下から一番短くしたところに向かって、全体的に斜めにハサミを入れていく。 具体的な切り方は以下の通りとなっていますので、参考にしてみてくださいね。 なお、女の子の前髪の右端のブロックをカットする際には、全体的に斜めにカットするイメージでハサミを入れていくとご家庭でも綺麗なラウンドバングにすることができます。 幼児の女の子におすすめ!ラウンドバングの切り方3段階目:右端のブロックもカットして仕上げる手順• 右端のブロックの一番右下の部分から、一番短くしたところに向かってカットしていく。 ハサミを横に倒して入れて、前髪を整えていく。 ドライヤーを使って全体をブローする。 最後に手で全体を整えれば完成! 子供の前髪のすき方は?.

次の