時候 の 挨拶 8 月 下旬。 時候の挨拶8月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

時候のあいさつ文8月・季節の挨拶文8月・夏の季語(上旬・中旬・下旬)

時候 の 挨拶 8 月 下旬

8月の手紙の書き出しに相応しい挨拶とは? 8月の手紙では上旬・中旬・下旬で季語のチョイスが変わる! 手紙の書き出しでは、時候・季節の挨拶が必要ですが、 「二十四節気」という伝統的な時期の区分を基準に相応しい表現が違います。 8月には、二十四節気のうちの以下の3つの時期があるので目安にしてください。 時期 二十四節気 季節 ~8月7日頃 大暑 たいしょ 夏 8月8日~22日頃 立秋 りっしゅう 秋 8月23日頃~ 処暑 しょしょ 秋 特に、暦の上では 立秋前は夏、立秋を過ぎれば秋なので、8月の時候や季節の挨拶では要注意です。 夏真っ盛りの8月は「暑」や「夏」が付く言葉なら、どれでもよさそうですが、 同月でも手紙を書く時期で相応しい表現が変わります。 8月の手紙の書き出しに使う季語は、 一覧で適当に選ぶと相応しくない言葉を使う可能性があるため注意しましょう。 時候・季節の挨拶は実際の気候を考慮してチョイス! 8月の手紙の書き出しの挨拶は、 暑さを気遣う表現を多用しますが、 猛暑もあれば、冷夏の年もあります。 季節的に適当でも、 実際の気候とちぐはぐな表現は、読み手に違和感を与えるため、季語の選び方には注意が必要です。 以下に紹介する8月の上旬・中旬・下旬の挨拶文は、代表的な表現を集めているので、そのまま手紙で使うことができます。 しかし、実際に手紙の挨拶文として使う場合、 言葉の意味をよく理解した上で、実際の気候に相応しいものを選ぶようにしましょう。 ・立秋の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 ビジネス ・残暑厳しい折ではございますが、皆さまご清栄の由、何よりと存じます。 個人・ビジネス ・避暑のみぎり、皆さま夏バテ等されていませんか。 個人 ・季夏の候、〇様におかれましては、お健やかで活躍の由、お慶び申し上げます。 個人・丁寧 立秋を過ぎ た8月中旬に相応しい時候の挨拶に使える言葉とそれぞれの意味は以下の通り。 立秋 りっしゅう 秋の始まりとされる日 残暑 ざんしょ 立秋を過ぎても残る暑さ 避暑 ひしょ 暑さを避け涼しい地へ移ること 納涼 のうりょう 暑さを和らげ涼しさを味わう 納涼や避暑など涼を求める時節柄の表現は、立秋を過ぎても引き続き使えておすすめです。 ・処暑の候、貴社いよいよご隆盛の段、お慶び申し上げます。 ビジネス ・秋暑のみぎり、夏の疲れなど出ていらっしゃいませんか。 個人 8月下旬の時候の挨拶に相応しい季語とそれぞれの意味も以下に挙げておきます。 処暑 しょしょ) 暑さが落ち着いてくる時期 秋暑 しゅうしょ 暑い中にも秋が感じられること 早涼 そうりょう 暑さの峠を超え朝晩過ごしやすくなること 初秋 しょしゅう 秋の始まり 立秋を過ぎれば暦の上では秋ですが、 秋暑、初秋などは、お盆が過ぎて夏の終わりが見えてくる8月下旬ごろからがより相応しい表現ですね。 8月下旬の手紙に相応しい季節の挨拶 8月下旬の手紙の書き出しでは、 夏の終わりと秋の気配を感じさせる時節柄を反映した挨拶がおすすめです。

次の

8月時候の挨拶/季節の挨拶》季節の言葉/挨拶文/季語/候/結び/上旬/中旬/下旬/初旬/ビジネス文書/8月末

時候 の 挨拶 8 月 下旬

8月の時候の挨拶と結びの文 上旬・中旬・下旬 8月上旬に使われる時候の挨拶に使う語には 「 暮夏」や「 残夏」があります。 正確には立秋 8月7日または8日 以前に使われるものです。 立秋を境にそれ以降は、 「 立秋」や「 残暑」が使われます。 他にも 「 初秋」「 秋暑」「 早涼」「 納涼」「 新涼」などがあります。 これらは中旬、下旬に用いられますが、 「 処暑」は8月23日ごろをさすので、8月の下旬に使います。 これらの言葉に「~の候/~のみぎり/~の折」のいずれかを繋げて、 時候の挨拶とします。 これらが少し硬いと感じるならば、 「残暑厳しき折」「朝夕涼味を覚える頃」などとしても良いと思います。 親しい人へは「拝啓 ~の候」とする他、 「厳しい暑さが続いておりますが、~」 「朝夕にはかすかに秋の気配を感じます」 などと、贈る際の時期や季節感にあった挨拶を自分で考えてもいいでしょう。 また結びの文も、時候の挨拶に合わせ、 相手の健康を気遣うような内容にします。 上旬なら 「晩夏の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 」、 中旬なら 「残暑なお厳しき折柄、くれぐれもご自愛下さい。 」、 下旬なら 「虫の音に、秋の気配を感じます。 皆様ご壮健にて爽やかな秋をお迎えください。 」 と言った風になります。 親しい人への結びの言葉は 「暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続きます。 夏バテなどなさいませんようご自愛下さい」 といった具合に少しくだけた表現でもいいでしょう。 スポンサーリンク 8月の時候の挨拶でビジネスで使える例文 ビジネスの場面では、 硬い表現の時候の挨拶のほうがふさわしいでしょう。 ここではビジネス場面における残暑お見舞いの文例を紹介します。 残暑見舞いの基本構成は、 1. 残暑を見舞う言葉 2. 時候の挨拶 3. 安否の挨拶 4. 近況報告 5. 結びの挨拶 6. 年号・月 です。 はがきであれば 差出人の氏名、住所、郵便番号、必要に応じて電話番号を記載します。 6の月において、残暑見舞いでの書き方は 「八月、晩夏、立秋、葉月」などがあります。 以下が、残暑お見舞いの文例です。 残暑お見舞い申し上げます 残暑厳しき折、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。 平素は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。 今後とも、変わらぬ支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 末筆ながら貴社の更なるご発展ご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。 」 などもあります。 8月の時候の挨拶を使ったご案内状の文例 学校のPTAや保育園、町内会などで夏祭りのご案内を送ったり、 会社内で、暑気払いなどの案内を送ることもあるかもしれません。 このように親睦を深める会の招待状やご案内における時候の挨拶は、 柔らかな少しカジュアルな言い回しでもいいかと思います。 ここでは夏祭りのご案内の文例を紹介します。 晴れわたる青空にひまわりがまぶしい今日このごろ、 皆様におかれましてはご清祥のこととお喜び申し上げます。 さて、毎年恒例行事の夏祭りを下記のとおり開催する運びとなりました。 今年は~などの企画を計画しています。 これを機会にさらに親睦を深めたいと思っております。 ご多用かとは存じますが、万障繰り合わせのうえ、 ご参加くださいますようご案内申し上げます。 以下、日程等を記載します。 ビジネス場面における会社間でのご案内状でなければ、 「厳しい暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 」 といった8月全般に使えるような時候の挨拶でも構いません。 カテゴリー• 878• 408• 119• 187• 148•

次の

時候の挨拶6月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

時候 の 挨拶 8 月 下旬

8月の時候の挨拶・上旬、中旬、下旬の使い分け!ビジネス例文も! 8月といえば、いよいよ夏真っ盛りで、 うだるような暑い日々が続きます。 子どもたちは夏休みに入り、毎日楽しく 過ごせる時期ですが、 大人の場合は…。 残暑見舞いやお中元、お盆の準備など、 やるべきことも多く、気の抜けない月 という印象もありますね。 そんな8月の 時候の挨拶には、どのような ものがあるのでしょうか。 季節の挨拶をしたためた手紙などでは、 少しでも涼しさを感じられるようなもの を選びたいところですね。 ただし、残暑や残炎などを使った挨拶が 多いのも事実ですので、季節感あふれる ものを優先しても良さそうです。 そこで今回は、 8月の時候の挨拶について 上旬、中旬、下旬に分けてご紹介します。 ビジネス文書やお中元のギフトに添える 挨拶などに、ぜひ活用して下さい。 「盛夏」「立秋」「残暑」「残炎」 「残夏」「秋暑」「晩夏」「向秋」 「初秋」「新涼」「早涼」 などが挙げられます。 漢語調の時候の挨拶の場合、 「〇〇の候」「〇〇の折」「〇〇のみぎり」 のいずれかに当てはめて使用します。 「候」「折」「砌(みぎり)」とは、 どれも 「時候」「時節」「季節」を意味 する言葉として、昔から使われています。 それぞれニュアンスが多少異なりますが、 総じて 「とき」「おり」「ころ」などと 理解しておくと良いでしょう。 8月上旬であれば 「盛夏の候」が最適です。 暑中見舞いの日付の代わりとして 「平成〇〇年 盛夏」などと書きますよね。 呼んで字の如く、夏の盛りを意味し、 7月~8月7日頃の 「立秋」の前日まで、 使用可能となっています。 「立秋の候」になると、二十四節気を 使ったものなので、次の節気である 8月23日頃の 「処暑」の前日まで使えます。 また、中旬であれば・・・ 「残暑の候」「残炎の候」「秋暑の候」 「晩夏の候」「向秋の候」 などもおすすめです。 基本的には、立秋から使えるものが ほとんどですが、 郵送の頃合いを見て 中旬から使うほうが無難です。 とくに晩夏や向秋などは、8月下旬を 見据えて、お盆以降でも良いでしょう。 「初秋の候」「新涼の候」「早涼の候」は 9月7日頃の 「白露」の前日までを目安とし、 8月下旬から使うほうがおすすめです。 8月の時候の挨拶は、暦の上で秋を迎える 立秋を境に使えるものが増えるため、少し 使い分けを考えると手紙などにもより 季節感 が増します。 では、 日本語調の挨拶も下記にご紹介して おきますので、ぜひ使ってみて下さい。

次の