早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます。 上司からのメールに返信メールを書く時に今スグ使える感謝の一言〜ご返信・早速のお返事・早速のご対応など〜

ビジネスメールで使える「早速のご返信ありがとうございます」

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます

と言いたい時。 英語のビジネスメールにおいて、文章は日本語ほど硬くなくても大丈夫なので、 カジュアルな場面で使う表現のほとんどは、実は問題ありません(極端にくだけた表現は流石にNGですけどね)。 例えば、以下のどの文章でも使えます。 Thanks for taking the time to reply. Thanks for getting back to me. Thanks for the response. Great to hear from you. We will likely have to reschedule our meeting until after the Packerman merger. I hope that doesn't pose a problem. (ご返答ありがとうございます。 ミーティングについて、Packerman社との合併の件が落ち着いてからのリスケになるかと思いますが、問題ありませんでしょうか。 ) Regards, Ben P. I miss you. " You can also say, "I appreciate your response" or, if they are helping you with something, "I appreciate your assistance. " If they responded to you quickly, you can say, "thank you for your prompt response" or "I appreciate your quick reply. " In your initial email, you can also thank someone in advance for helping you by ending your email with the phrase "thank you in advance for your assistance. " 返信頂きありがとうございます。 と言い、 "I appreciate your response" 返信して頂き感謝致します。 とも言います。 何かを手伝ってもらった場合は 例文 "I appreciate your assistance. " 手伝って頂き感謝致します。 返信が早かった場合は 例文 "thank you for your prompt response" 迅速に返信して頂きありがとうございます。 "I appreciate your quick reply. " 又は迅速な返信ありがとうございます。 と言います。 最初のメールで以下のフレーズで メールを終わって、手伝って もらったことに対して前もって 感謝の気持ちを伝えることができます。 "thank you in advance for your assistance. " 援助して頂き前もってお礼を申し上げます "Thank You for your reply. " this thanks the person for replying to the message. "Thank you, for replying to the email. " This also thanks the person for replying to the email. "Thank you, for your response. " This politely thanks the person for replying to your email. Response is another word for reply.

次の

「ご連絡ありがとうございます」とは?使い方・メール例文・返信の仕方・英語表現を解説

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます

まず最初にご紹介するのが、上司からのメールの返信は「タイミングに合わせたお礼の一言」を活用するという点です。 これはどういうことかというと、上司からメールを貰ったときは、その内容だけでなくメールがどのタイミングで送られてきたメールなのかを確認して、時間帯などに合わせた言葉を選んでお礼メールとして返信する、という意味です。 上司からのメールが何時に送られたものなのか? どのようなビジネスメールなのか? これらをお礼のメールとして返信する際に把握しておけば、上司がどのような状況下でメールを送ってくれたのかが想像できます。 それにより、感謝やお礼の言葉も変えるのがビジネスマナーといえるのです。 上司からもらったメールに対してお礼メールで返事をする際は、ビジネスメールとして使えるある程度決まったフレーズというものもあります。 もしメールの内容に迷った場合は、こういった感謝の言葉を使えば問題はありませんから、覚えておきましょう。 基本的に、お礼の気持ちがしっかりとこもったメールであれば相手に伝わりますので、それほど神経質になる必要はありませんが、参考程度に頭に入れておけば、長いビジネスマン人生の中でいつか必ず役に立つはずです。 丁寧な感謝の言葉として、上司からの印象はよいものとなるでしょう。 また、「感謝しております」という言葉もお礼メールの返信で使えるフレーズですからオススメです。 上司といっても、直属ではなく会社の中でもかなり高い地位にいる役職付きの人に対しては、丁寧なお礼の言い方として「心より感謝申し上げます」「感謝申し上げる次第です」などもあります。 とはいえ、直属の上司に対してここまで改まる必要もありませんから、メールを返信する相手によって使い分けをしましょう。 「お世話になりました」「お手数をおかけしました」「お気づかいありがとうございます」「ご配慮いただき、ありがとうございます」などがこれにあたります。 ビジネスメールでは、文末にこういった感謝の気持ちを添えるケースは非常に多いので、返信の際の基本的なお礼のフレーズは、しっかりと頭に入れておきましょう。 せっかく感謝の気持ちを込めて返信するお礼のメールですから、これまでのようにそのタイミングやフレーズをおさえておくのは元より、感謝の気持ちがより伝わる構成・書き方にすれば効果が高まるでしょう。 次に、上司へのお礼メールにおけるコツについてお伝えします。 このテクニックを使うだけで感謝の気持ちが強調され、メールから格段とお礼の気持ちも上司へ伝わるはずです。 要点を簡潔にまとめ感謝の気持ちを際立たせる お礼メールというものは、そもそも上司に取り急ぎ感謝を述べるためのビジネスメールですから、書き方として「内容は要点を絞って簡潔にまとめる」ようにしましょう。 大事なのは内容や言葉選びではなく、上司からのメールに対して「とにかく感謝の気持ちが伝わる」かどうかです。 つまり、感謝を伝えるためには必要のない要素を削る、とい考えれば良いので、何に対するお礼かがわかれば問題ありません。 また、メールそのものの文章も数行にまとめるように意識するのが、お礼のメールを送る際に望ましい書き方です。 上司へ感謝のメール・お礼メールを返信する際の注意点 それでは最後に、上司へ感謝のメール・お礼メールを返信する際の注意点についても見ておきましょう。 これらのメールはビジネスメールである訳ですから、当然ながら感謝の気持ちを伝えればいいというものではありません。 ビジネスにおけるマナーを守り返信する必要があるのです。 では一体、どういった点に注意して上司にメールを返信すれば良いのでしょうか? 感謝のメール・お礼のメールの返信は時間との勝負! 先ほども述べたように、感謝のメールやお礼のメールというのは上司の心遣いに対して、取り急ぎお礼を述べるためのメールです。 とにかく時間を空けないようにするのが重要です。 経過する時間に反比例して、感謝やお礼の言葉が持つ効果は薄くなっていくと考えましょう。 もちろん、メールの中身は最低限のマナーを守った丁寧な文章である必要ありますが、あまりにもこだわりすぎて時間がかかっていては、そもそもお礼の意味がありません。 上司に対するメールは早いレスポンスであるかどうかも大事なので、注意してください。 お礼のメールを上司に送る際のフレーズや書き方を覚えて返信しよう 今回は、感謝の返信メールに使える一言!お礼のメールを上司に送る際の書き方について見てきました。 上司へのお礼といっても、堅苦しくならずに柔らかく素直な気持ちで返信した方が相手に感謝の気持ちが伝わり易いものです。 どうやって返事をしていいのかわからない人は、今回まとめたフレーズや書き方を参考に、自分の気持ちを素直に文字に表して上司に返事をしましょう。 感謝の子持ちをお礼のメールとして返信するのとしないのでは、上司からの評価も変わってきます。 但し、お礼メールや感謝メールを上司に返信する際に、時間を掛けてしまうのはNG。 ビジネスメールでは迅速な対応が第一ですから、ビジネスマンとしてのマナーを守った感謝のメールを上司へ返信するのが吉です。

次の

「早速のご返信」の意味と使い方・敬語|目上/ビジネス/メール

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます

「お早いお返事ありがとう」の使い方3つ目として、お客様に対してはあまりこの言葉は使いません。 相手の返事が早くて助かるのは、こちらが仕事を早く進められるためです。 しかし、お客さんへ「こちらの仕事が早く進んだ」という内容を伝える必要はありません。 また「早い」を使うと、相手の仕事の仕方をこちらが判断する形になってしまうため適切ではありません。 お客さんには「お早いお返事ありがとう」というお礼の言葉は適切ではなく、「早い」を除いた「ご返信ありがとうございます」とするのが適切です。 また、他の表現としては、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」や「お気にかけていただきありがとうございます」、「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などもおすすめです。 一般的に「早速」は話題を変える時に使われるでもあり、文頭につけて使用することができます。 また、つきあいが浅い人や目上の人に対しても使えます。 「早速」と「迅速」の違いは、「迅速」の方がよりスピード感があります。 ただし、目上の人に対して使う場合は、「早速のご連絡ありがとうございます」の様に「早速のご(お)~、(いただき)ありがとうございます」の形にした方がよりスマートです。 「お返事」そのものは丁寧語ですが、こちらの方がより丁寧な印象を与えます。 下の記事は、お褒めの言葉への返事の仕方をご紹介しています。 敬語や謙譲語の使い方や返信例など、日常生活でとても参考になります。 「お早いお返事ありがとう」の別の言い方1つ目は、早い返事を相手の「格別のお取り計らい」として、「格別のお取り計らいをいただきありがとうございます」と言います。 お客様や部署が違う人は一緒に仕事をしていない目上の人に「迅速な返信ありがとうございます」は使わない方が良いという考え方もあるようです。 「お早いお返事ありがとう」には、「早く返信をしこちらの業務を気使ってくれてありがとう」という気持ちを伝える場面でもあります。 そのような場面でよく使われる言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「あれこれ便宜を図り物事を進めてくれる心遣い」という意味があります。 「お取り計らいくださいまして」や「ご親切にお取り計らい」などでも同じ意味になります。 ビジネスの敬語や丁寧語が学べるおすすめの書籍1冊目は、PHP文庫の「正しい敬語の使い方」です。 敬語は大人のマナーであり、人間関係を豊かにするものであります。 日常生活でいざというときに恥をかかないために、基本的な敬語の使い方から丁寧に解説されています。 著者は話力の研究や指導をしてきた方です。 例えば、尊敬語や謙譲語、「お」「ご」の使い分け、「れる」「られる」の使い方などが掲載されています。 日常生活で自信を持って敬語が使えるようになるための練習帳と言える本です。 レビューでは、「日常様々なケースに触れており、敬語の初級者でも難しくない」という声がありました。 敬語の自主トレ本というべき本であり、敬語が苦手な人もポイントが太字になっておりわかりやすいです。 この本では、よくある会話や実際の想定場面での敬語の使い方を紹介しています。 読みながら声に出して実践してみましょう。 練習するうちに敬語の使い方のコツが身に付く本です。 敬語の自主トレ本と」。 敬語が苦手な人でもポイントとなる部分が太字になっているのでわかりやすいです。 お早いお返事ありがとうの敬語・丁寧語表現を使いこなそう! 「お早いお返事ありがとう」の使い方やお礼の敬語・丁寧語表現についてご紹介しました。 この言葉を相手に失礼のないように伝えるためには、「早い」という単語は使用せず、「迅速」「ご返信」などを使った表現が好ましいようです。 「お早いお返事ありがとう」の敬語・丁寧語表現を使いこなしましょう!•

次の