夫婦ブログ 40代。 子供なし夫婦の平均保険料は?30代~40代夫婦二人の保険の選び方

生活費結婚夫婦割合13万シュミレーション40代専業主婦固定費管理

夫婦ブログ 40代

接続エラー IPアドレス検出:45. 208. 64 (アクセスはログに記録) ススメ!夫婦旅 接続要件について 接続要件を満たしていない接続につきましては 接続ができない場合があります。 当サイトは全ページが「常時SSL」になりました。 (TLS 1. 0 TLS 1. 1 での接続はできません) ブラウザや環境について 当サイトは古いブラウザや、一部の環境では正しく表示できません。 過去の古いブラウザや環境に今から対応は無理です。 ごめんなさい! お手数ですが、新しい世代のブラウザ、環境にてPC等で接続してください。 (IEの場合は、IE. 10以上をお使いください) リンクについて 当サイトは利用上の注意事項に明示してありますように 「リンクは承認制」とさせていただいております。 許可を得ていないリンクは接続できない場合があります。

次の

ラブラブ夫婦 人気ブログランキングとブログ検索

夫婦ブログ 40代

多くの熟年世代が性愛を謳歌し、人生をより豊かにしている一方、40代、50代の中高年夫婦のセックスレスは、ここ10年余りで約2倍に増加しています。 その原因は?セックスレスじゃ、ダメなの? 今回、田園調布学園大学名誉教授で日本性科学会・セクシュアリティ研究会代表の荒木乳根子先生に中高年夫婦の性のリアルな実態についてお話を伺いました。 今回は2012年の有配偶者のデータを中心に見ていきましょう。 有効回答1162人(有配偶者……男性404人・女性459人 合計863人。 単身者……男性92人、女性207人 合計299人) まずセックスレスの定義をおさらいすると、「カップルの性交が月一回未満の場合」とあります。 つまり、あくまでもカップル間の話で、個人の状態を指しているわけではありません。 有配偶者のセックスレスは、2000年と2012年のデータを比較すると、男女ともに増加しています。 特に40代~50代では男性2. 5倍、女性1. なぜ、こんなにまで変わってきたのでしょうか。 「要因はいろいろありますが、ひとつは50代前後で閉経を迎えた女性が、女性ホルモン低下による性欲減退や性交痛といった身体的な問題に加え、精神的にもしたくなくなっちゃったから。 二つめは、夫婦間における性の位置づけと性規範の変化です。 性生活が夫婦を結ぶ大切な絆と考えない人が増えています。 三つめは、妻側のノーが性生活に反映するようになったこと。 働く女性が増えて、家庭内で妻の力が強くなり『疲れちゃって』『性欲がない』と、妻の拒絶で夫のしたい思いは叶えられなくなっています。 『妻は夫の求めを受け入れるべし』といった縛りは、もはや存在しません」 「配偶者以外の親しい関係を持っている人は、男女ともに増えていて、特に男性は顕著です。 親密な関係とは、愛撫や性交を伴う関係だけではなく、精神的な愛情関係も含まれます。 そして、男女共に家庭に迷惑をかけなければ配偶者以外との親密な関係も問題ないという回答が増えていて、これも性規範がゆるんできている証拠です」 セックスレスとの関連を見ると、妻と1年間セックスレスだった夫は、月1回以上妻とのセックスがある夫の約1. 7倍、妻以外の異性との付き合いがありました。 女性の場合は、夫との性交の有無との関連性はありませんでした。 結婚=セックスは遠い過去。 子どもをつくり、育てるときには、パートナーと協力するけれど、それをずっと先の先まで続けていくのは困難になっていると、データは示唆しています。

次の

子供なし夫婦の平均保険料は?30代~40代夫婦二人の保険の選び方

夫婦ブログ 40代

40代 になったら、プライベート面で一つやっておかなければならないことがあります。 それは 夫婦の関係を見直すことです。 見直すといっても、別れる、別れないといった深刻な話しではありません。 たしかに、離婚したいと思っている40代夫婦は多いです。 妻に限らず、夫の方もです。 40年以上生きてきて、人生の折り返し地点。 後ろを振り向きたくなる年齢ですよね。 子供がいない間は、たいていの夫婦は恋人関係だった時代とそう変わらずに、いい関係でいることができます。 でも、 子供が生まれると夫婦関係は変わる。 変化した関係をお互いがメンテナンスしていくことが必要なのですが、 そこにコストや労力をかけないまま40代になってしまうと、 不満だけ が膨らんでいってしまいます。 ある調査によれば、夫婦がうまくいかない理由は3つあるとのこと。 妻側の不満• 思いやりのなさ• 会話不足• セックスレス 夫側の不満• 優しさの欠如• 家に居場所なし• 女としての魅力がない 夫婦でお互いが現実を見ぬふりをして、人生後半戦に突入したらどうなるか。 『一緒にいるだけで虚しい気持ちになる』なら、不満はますますつのる一方です。 40代になって人生の後半戦を、 夫婦二人が足並みをそろえてやっていけるかどうかを考えるのが、夫婦関係を見直す、ということです。 他人には聞けない、40代以降の夫婦がどのように考えているのか、について紹介しています。 目次(もくじ) OPEN• リセット離婚が加速する40代 日本では晩婚化が進んでいるといわれていますよね。 内閣府の発表では、数年前の平成27年度 2015年 調査の平均初婚年齢は、男性31. 1歳、女性29. その一方で 結婚した夫婦の3分の1が別れるというくらい離婚の割合もあります。 ということは、 時間をかけて相手を選んでも決してうまくいくわけではない、ということですね。 人は誰でも経験を積めば考え方や嗜好が変わるし、 周囲の環境変化に応じて生活や習慣も、新しいものを身につけていくものですよね。 だから、結婚生活だって20年も30年も経てば、人生をともにしていきたいというパートナー像が、結婚当初のものとちがってくるのはしょうがないことなんです。 似たもの夫婦になるのも40代から その一方で、惰性で結婚生活をしていると、お互いに似てくるところも多くなります。 夫婦が、日常生活が惰性になって、馴れ合いの関係になってしまうと、妻は女を捨てて、夫も男を捨ててしまうものです。 そんな結婚生活が、夫婦でお互いに良い影響があるか、ないかが出てくるのが40代だったりしますね。 気がついたら何年も、になっていて、もちろん夜の夫婦生活もなくなったり、 あっても苦行で、愛情のかけらすらなかったりするのが40代の夫婦です。 女を捨てた妻を見ても、夫からすれば「おっぱいがついたおっさん」です。 こうなると、 悪い意味でおっさんとクソババアの似た者同士の40代夫婦ですよね。 お互いにいい影響を与え合える、美人妻とイケメン夫の似た者夫婦同士の関係を続けるには、 今までの夫婦関係を見直すことも必要だったりするんです。 40代夫婦が愛ある結婚を続けるのが難しい理由 夫婦の愛情には、熱力学の法則が働きます。 熱は高い方から低い方へと移動します。 同じように、 離婚したいと思う40代の妻あるいは夫への愛情も、冷めることはあっても、再度燃え上がることはありません。 気持ちだけでもガンバってみても、下りのエスカレーターを上るくらい、冷める力のほうが大きいものです。 そう思った方が間違いは少ないです。 もうすでに、下向きの愛情の力に、気力で登ろうとしているかもしれませんね。 問題は、 今後も夫婦関係を継続していけるかどうか、です 問題を解決するために、30代後半から50代のはじめあたりまでの40代を中心とした夫婦は、 改めて自分の人生を見直してリセットする手段として、離婚を選びます。 下向きの愛情の力に、気力で乗り超えようとがんばることが、40代夫婦が愛ある結婚を続けるのが難しい理由です。 離婚が頭をよぎったらまずは財産チェック 離婚したいと思いつつ、ふと「離婚する」と、どちらともなく言ってしまう。 でも、 離婚を言い出した後は、ほとんどの場合夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。 離婚を口にしたケンカをすると、修復が不可能になる場合すらあります。 特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。 離婚について話し合う前には家の 財産チェックをしておいた方がいいです。 離婚したいと思ったら、ある程度、 家にある財産を把握していると、心の余裕を持つことができます。 大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。 ドタバタで経済的に損してしまうと、その先の人生が暗いものになってしまいます。 自宅を所有しているなら、 どれくらい財産価値があるかを知っておけば間違いないですね。 ネットでならおよそ60秒で、かんたんに自宅の不動産価格がわかります。 直近の財産を知っておかないと、不安ばかりで損をしますからね。 あるとき気がつくと、 夫婦はまるでそぐわない同士になっていることがあるのです。 夫婦の会話がかみ合わなくなってしまうような例はいくらでもあります。 人生のリセットという意味では、必ずしも問題は新しい相手だけとは限りません。 結婚を機に家庭に入った女性達が、改めて自分の人生というものを考えることが少なくないのもまさにこの40代という年齢です。 たとえば、そろそろ子供達が就職を考えなければいけない時期なんですね。 妻は、是が非でも大企業、と考えてそんな相談を持ちかけます。 誰か知り合いはいないのか、とか、そこそこのセミナーがいいとか。。。。 でも、私はこれからのグローバルな実力主義社会では、自分のやりたいこと・熱意を持てることに進んだ方がいいとおもうんです。 それでいつも口論になります。 たいていそんな具合です。 「やり直すなら今」 この感覚に男女の差はありません。 でも大きく違いがあるとすれば、 男性の場合、その肩を押すのが別の女性である場合が多いのに対し、 女性は異性の存在を必要としないという点でしょう。 女性の自立で大きくひっかかるのは、経済面ですよね。 40代でパートの方や専業主婦だと、再就職も簡単ではないし、たとえ正社員になれても低収入のことが多いです。 経済的には不利でも、結婚前にやりたかったことや、主婦をしながら新しく見つけた趣味や仕事にかけてみたい、 夫と暮らすよりその方が自分にとって重要だと考える妻もいます。 覚悟を決めればやはり女性のほうが遙かに強い存在なのかもしれません。 40代は夫婦の関係を見直す時期 ロシアの作家ゴーリキは夫婦に関して次のような言葉を遺しています。 夫婦とはお互いが鎖で結ばれた徒刑囚なのだ。 だから夫婦は足並みをそろえて歩かなければならない。 そう、夫婦とは、足並みをそろえて歩かないと、転倒してしまいます。 人は年月とともに変わります。 結婚したときは愛し合っていた二人が、いまも同じ気持ちかわからない。 だから 「このままでいいのか」を改めて見直す必要があるのが40代です。 人の気持ちが変わるのは仕方のないことです。 そのときは「一生変わらない」と思っても、時間がいつの間にか変えてしまいます。 いろいろな事情が変えてしまいます。 一人の人間が、同じ気持ちをずっと持ち続けるのは、想像以上に難しいです。 もしかしたら、そんなことはできないのかもしれないくらいです。 「やっと告白の始まる頃はもう飽きている」 という詩人リルケの言葉は真実なのです。 結婚していると、将来のことは配偶者抜きではなかなか考えられなくなってしまいがちですよね。 でも、自分がもっと幸せになって、未来は好きなように選択できるのが本来の姿です。 男は仕事があるからガス抜きできますが、妻は夫ほど器用にガス抜きができないかもしれません。 幸せを感じる手段がないと、不満をためにためて、結局、ということになってしまいます。 そうならないためにも、離婚したいと思う40代で一度、夫婦の関係はきっちり見直すことが大切です。 本当はもう離婚したい!でも修復の可能性もあるかな、と思っているなら考え方を変えることで夫婦仲が改善するかもしれません。 これまでうまくいっていたし、これからもうまくいくことしか考えられない、というなら、リセットなんかする必要はないです。 でも、夫や妻の反応だけを気にして生活する毎日は、ストレスを生み出し、増幅させるだけ。 それも、減ることはないです。 幸せを感じることもなく、やっぱり熟年離婚、という結果だけは避けたいですよね。 40代という、人生の半分近く生きてきて一度リセットすることができる最後の時かもしれません。 無理にがんばるのをやめて、自然にまかせて生きたほうが、本来の自分になれますよ。 将来に臨むことを何でも計画して、その準備ができる時期。 それが 夫婦関係を見直すことでもいいかもしれません。

次の