ナイキエア フォース 1。 絶版?生産終了?ナイキエアフォースワン(NIKE AIR FORCE 1)

「ナイキ エア フォース 1」にも遂にリアクト搭載モデルが爆誕! そのルックスにマジ惚れ

ナイキエア フォース 1

ナイキでは、パフォーマンス、ソーシャルメディア、広告を目的としたクッキーの使用にご同意いただけるようお客様にお願いしております。 サードパーティーによるソーシャルメディアと広告のクッキーは、お客様にソーシャルメディアの機能やパーソナライズド広告を提供するために使用されます。 さらに詳しい情報をご希望の場合、もしくはお客様の設定を変更したい場合は、「詳細を読む」のボタンをクリックするか、ウェブサイト下にある「クッキーの設定」をご覧ください。 これらのクッキーやお客様の個人情報の処理についてさらに詳しい情報をご希望の場合は、Nikeのプライバシーおよびクッキーに関するポリシーをご覧ください。 クッキーの使用や関連する個人情報の処理についてご同意いただける場合は、下の「同意する」をクリックしてください。 ソーシャルメディアと広告 ソーシャルメディアのクッキーを使用すると、ユーザーがソーシャルネットワークに接続し、ソーシャルメディアを通じて当社のWebサイトのコンテンツを共有できるようになります。 広告用クッキー(第三者機関)は、ユーザーごとにより関心が高い広告を提供するための情報を、NikeのWebサイト内とその他のサイトの両方で収集します。 この中には、個人データの処理を含むクッキーもあります。 このような個人データの処理については、をご覧ください。 クッキーを使用しない設定にすると、自分に関心のない広告が表示されたり、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークへリンクできなかったり、ソーシャルメディアでコンテンツを共有できなくなったりすることがあります。

次の

鉄板の「ナイキ エア フォース 1」にこの夏新たな進化形モデル「ナイキ エアフォース 1 タイプ」レビュー!

ナイキエア フォース 1

必ずお気に入りの1足に出会えますよ!• エアフォース1とは? エアフォース1をご紹介する前に、まずはエアフォース1を知って頂きたい! 世界的なスポーツブランドの【NIKE ナイキ 】が1982年にバスケットシューズとしてエアフォース1を生み出し発売しました。 エアフォース1は初めて 「Nike Air」が搭載されたモデルで、柔軟性のあるクッショニングや分厚いミッドソールなどが特長的です。 エアフォース1には「LOW・MID・HIGH」の3タイプがあり「メンズ・ウィメンズ・キッズ」が用意されています。 ところで「Nike Air」とは? 上記で出てきた【Nike Air ナイキ エア 】とは丈夫で、しなやかなバッグ内のエアを圧縮し柔軟な弾性を発揮するテクノロジーのことです。 弾力のある低衝撃性のエアソールユニットが、形状を維持し軽量化を可能にしています。 これによりエアフォース1は着用者に優れた履き心地を与えてくれます。 エアフォース1の以外な歴史 エアフォース1には以外な過去があり、1986年にエアフォース2が発売されたのですが、そのことによりエアフォース1は一度生産を終了しているのです。 ですが驚くことに、ファンの人気が根強かったためボルチモア地区のシューズショップがナイキにエアフォース1の再発売を申し出ました。 するとナイキが3店舗限定で再発売の許可をしたのです。 そうなると噂を聞きつけたファン達がボルチモア地区に訪れ、他でも販売してくれってなりますよね。 そして1990年代から他の地域でも正式に発売が解禁されました。 元々はバスケットシューズだったエアフォース1ですが、現在ではストリートシューズに定着し世界中の人達から愛されるスニーカーとなりました。 デザインで世界中の人を魅了するエアフォース1 エアフォース1は、有名なアーティストやファッションブランドとコラボをした限定モデルが発売されるのも人気の理由です。

次の

エアフォース|ナイキ

ナイキエア フォース 1

機能 [ ] ヒールに備えたエアクッションや、アウトソールのピボットポイント、フィッティングを高めるためのアンクルストラップなど、発売当初のバスケットボールシューズとしては最新鋭の機能を備えていた。 ヒールにエアバッグを内蔵することにより、本来であれば不安定な履き心地となるところを、シューズ全体に約5度の傾斜を加え安定感を得ることに成功した。 またミッドソール内部をハニカム構造にすることで軽量化を図るといった工夫もなされている。 ラインナップ [ ] 発売当初はHighカットのみのラインナップであったが、少し遅れてLowカットが販売される(正確には、1982年に既にLowカットの生産は行われていたとされている)。 次第にストリートカルチャーに定着するに従い、よりファッション性を重視したMidカットがから発売されるようになった。 最初期モデルは白のアッパーにシルバーのスウッシュを持つHighカットであり、サイドパネルは一部メッシュ使用となっていた。 甲のベンチレーションホールは当初存在しなかったが(通称エアフォース・ゼロ)、選手の要求により後に設けられることとなった。 後継種販売から生産終了まで [ ] 後継種であるエア・フォース2がに発売されたことに伴い、エア・フォース1は一度生産を終了する。 しかし生産終了後もストリートバスケットボールのシーンや一般ユーザーからの人気は根強かった。 地区にある3つのシューズショップ「チャーリー・ルドー・スポーツ」、「ダウンタウン・ロッカールーム」、「シンデレラ・シューズ」の3店舗(後にこの3店舗は3アミーゴズと呼ばれるようになる)は、ナイキ本社に直々にエア・フォース1の再発売を申し出た。 すると、1カラーあたり1200足販売することを条件に、このボルチモアの3店舗限定でエア・フォース1の再発売を行うことが許可された。 再発売されるや否や、噂を聞きつけたユーザー達が東海岸からボルチモアまでエア・フォース1を購入しに訪れるようになった。 以後、からは、ボルチモア地区以外でも正式に再発売が解禁された。 またこの間のに、最初のオリジナル版の復刻が行われた。 この時期は、バスケットボールシューズとしては、シリーズに代表されるハイテクシューズの台頭により、エア・フォース1はバスケットボールシューズという位置づけから次第にストリートシューズへと定着していくこととなる。 とりわけLowカットは、着脱のし易さや快適性から一般ユーザーから好んで愛用されることとなり、ストリートシューズへの定着に拍車をかける要因となった。 ストリートカルチャーにおけるエア・フォース1 [ ] 様々な様相をみせるAirforce1 バスケットボールシューズとしての一面があるにもかかわらず、上述したようにストリートカルチャーとも密接な関係を持つシューズである。 このことは、多くのアーティストやファッションブランドのとコラボレーションモデル、コンセプトモデルの存在や、ニューヨーク・アップタウンのアパレルショップがエア・フォース1流行の発信源となったことからも明らかである。 また全国でエア・フォース1の販売が解禁となった1990年代以降、素材も徐々に変化していく。 アンクルストラップがレザー素材となったことや、靴紐に金属製が追加され、アッパーに用いる素材もキャンバス、パテント、ヌバックなどの様々なバリエーションが登場し、ストリートにおける人気シューズとしての地位を確立した。 近年では、ウルトラソールやルナロン素材を搭載し軽量化したモデルや、アッパーにフライニットを用いたモデル、ミリタリーブーツから着想を得たデザインなど、快適性や機能性を追求したモデルも数多くラインナップされている。 「オリジナル・シックス」 [ ] エア・フォース1発売年の1982年、ナイキが販売促進のため、6人のNBAプレイヤーを選出し、各人にオリジナルのエア・フォース1を配給した。 この6人が世界で初めてエア・フォース1を履いてプレーしたバスケットボール選手であり、後に彼らは「オリジナル・シックス」と呼ばれるようになった。 オリジナル・シックスは以下の通り。 (Philadelphia 76ers)• (Portland Trail Blazers)• Lakers)• () 脚注 [ ].

次の