スパン ボンド と は。 定義 SMS: スパンボンド メルトブロー スパンボンド

スパンボンド不織布|5つの製法|シンワ株式会社

スパン ボンド と は

コンセプト:スパンレース不織布、スパンレース不織布とも呼ばれ、「布にスプレーメッシュ」としても知られています。 「布へのスパンレーシング」の概念は、機械的な鍼治療から生じるスパンレース不織布の一種です。 いわゆる "スプレースプレーネット"は、ファイバーネットワークを穿孔する高圧ウォータージェットの使用であり、繊維が相互に絡み合って、生のスパンレース不織布がネットワークを緩めるように、ある強度と完全性を有する構造。 プロセスフローは、繊維計量混入開放および不純物除去 - 機械的無秩序化カーディング繊維ウェブ予備湿潤 - 水ニードル交絡 - 表面処理 - 乾燥 - 巻き取り - 検査 - 包装貯蔵である。 ジェット噴出装置は、高スパンレース不織布の高圧ウォータージェットを使用してウェブを噴出するので、ウェブ内の繊維は再配列され、極細繊維になるように絡み合っている。 不織構造は、不織布の特定の強度および他の性能と共に、完全である。 このスパンレース不織布の物性は、一般的なニードルパンチ不織布の物性と異なり、最終製品を手触りや織物に似せることができる唯一の不織布です極細繊維不織布の性能。 スパンレースの優位性: スパンレース法では、最終製品の嵩高さを増加させる繊維ウェブの圧搾はない。 スパンレース不織布がウェブの固有の柔軟性を保持するように、樹脂または接着剤は使用されない。 高度の完全性は、製品のふわふわさを回避します。 ウェブは高い機械的強度を有し、繊維強度の80%〜90%に達することができる。 ウェブは任意のタイプの繊維と混合することができる。 スパンレースウェブは、任意のベースファブリックと複合化して複合製品を作ることができることに特に言及する価値がある。 異なる用途に応じて様々な機能性製品を製造することができる。 スパンレース生地の利点:1、ソフト、良いドレープ; 2、良い強さ; 3、高い吸湿性と速い湿気; 4、低ファジング; 5、洗える; 6、化学添加物なし;テキスタイルに似ています。 スパンレース布の見通し:スパンレース布の利点のため、近年、非製造業における最速の技術進歩の1つになっています。 不織布の開発方向は、織物およびニット製品を置き換えることである。 スパンレース生地は、最も繊維様の特徴、優れた物理的性質、および低価格のために、繊維市場との最も可能性の高い分野である。 スパンレース不織布の用途は、医療用カーテン、手術用ガウン、外科用カバー布、医療用手当用品、創傷包帯、医療用ガーゼ、エアロウプ、衣類ライニング基布、コーティングされた基布、使い捨て材料、機器用シニア拭き取り用品、電子工業用シガレット、タオル、綿、ワイプ、マスクおよび他の材料。 スパンレース不織布は、複合加工にも使用することができ、複数の用途を有する新しい複合材料を開発することができる。 :ポリマーを押出し延伸して連続フィラメントを形成した後、フィラメントをウェブに敷き、次いでウェブを結合、熱結合、化学結合または機械的に圧密化する。 ウェブを不織布にする。 主な用途:スパンボンド不織布の主な製品はポリプロピレンポリエステル繊維(長繊維、短繊維)です。 最も一般的で一般的に使用される製品は、不織布バッグ、不織布包装などであり、識別も容易である。 スパンボンド不織布のニップはダイヤモンド形であるからである。 不織布についてもっと知りたい場合は、をクリックしてください。

次の

定義 SMS: スパンボンド メルトブロー スパンボンド

スパン ボンド と は

スパンボンド不織布は、紡糸直結タイプの不織布です。 紡糸直結タイプとは、繊維を作る(紡糸)工程からそのまま不織布を製造する方法です。 紡糸直結タイプの不織布製造法は、スパンボンド法・メルトブロー法・フラッシュ紡糸法などがあり、シンワが採用するのは、連続した長繊維を形成するスパンボンド法です。 原料は、乾式不織布のような綿状の繊維ではなく、ペレットと呼ばれる3〜5ミリ程度の米粒状のプラスチックで、これを繊維化・ウェブ化して不織布を製造します。 原料の選択や製造工程での工夫でポリプロピレン(PP)/ポリエチレン(PE)複合タイプ、ポリ乳酸(PLA)ベースの非石油系環境配慮型「生分解タイプ」のほか、さまざまな機能材を原料に使用した「機能性タイプ」などを製造可能です。 連続長繊維のため、一般的に短繊維不織布と比較して、高い強度があります。 生産性に優れ、低コストです。 原料から直接紡糸してシート化するため、生産性に優れ、低コストです。 2成分タイプの スパンボンドがつくれます。 ポリプロピレンとポリエチレンの芯鞘複合タイプが生産できます。 カラーPP不織布がつくれます。 顔料による原着タイプです。 とうもろこしを原料とする、ポリ乳酸ベースの非石油系環境配慮型スパンボンドです。 多彩な機能を持たせられます。 さまざまな機能材を練り込んだ、多彩な機能を持った不織布がつくれます。

次の

スパンレース不織布、スパンボンド不織布、多機能不織布

スパン ボンド と は

詳しくは、以前の中綿についての記事をご覧下さい。 アメリカ国軍の要請で開発されたプリマロフト、 3M社のシンサレートなどが特に知名度が高く、聞きお覚えがあるのではないでしょうか。 また、アウトドア、スポーツ系テイストの流行でストレッチ素材の製品が増えています。 弊社でも速乾・発熱機能のストレッチ中綿を開発中です! スパンボンド(不織布)について キルティング加工後に生地から中綿が出てこないように、生地と中綿の間にスパンボンド(不織布)を挟んでステッチをかけます。 スパンボンド(不織布)とは字のごとく、 織らない生地です。 様々な製法がありますが、例として、繊維をランダムに重ね、接着剤で固めてシート状にします。 縦横に糸を使って作る布とは違うので、 寸法安定性に優れ、 安価に大量生産が可能です。 衣料品だけではなく、自動車、建設・土木、医療等様々な分野で使用されています。 身近なものではマスクに使われています。 織っていないので生地の織り目との間に隙間がなくなり、中綿が出てくるのを防ぐことができます。 柄について 日本国内でキルト柄を指定する場合、柄見本から選びます。 何十種類もあり、柄を選ぶのに迷ってしまいます。 もちろんこだわりのオリジナルデザインのキルトも作成可能です! 定番のダイヤ柄キルトに加え、最近は オニオン(ひょうたん)キルトのお問い合わせが増えています。

次の