パイプクリーナー ワイヤー。 排水管のつまりに最適な道具とその使い方

排水管のつまりに最適な道具とその使い方

パイプクリーナー ワイヤー

「トイレが詰まっちゃって困ってるけど、どうしたらいいの?」 「ラバーカップを使っても、詰まりが直らない!」 「ラバーカップよりも強力な詰まりを取る道具ってどんなものなの?」 「真空ポンプクリーナーってどんなものなの?」 「ワイヤー式パイプクリーナーってどんなものなの?」 「パイプクリーナーを買ってきたけど、使い方がよくわからない?」 「ラバーカップよりも強力なパイプクリーナーがほしいけど、どれがおすすめなの?」 こんなことであなたはお困りでは無いでしょうか? トイレの便器の詰まりを取るのに便利な道具と言えばラバーカップがありますが、ラバーカップには種類やサイズも数多くあって、適正で無かったり使い方が間違っていると全然使い物にならないことも・・・。 そんな時におすすめしたい道具に「パイプクリーナー」があり、パイプクリーナーにも真空式とワイヤー式があり、どちらもラバーカップで取れないような詰まりで使用するのに最適な道具です。 今回はこの2つのパイプクリーナーについて、おすすめの品も含めてご紹介しましょう。 パイプクリーナーって何? トイレの詰まりを解消する道具というと、大抵の人はラバーカップをイメージすると思いますが、ラバーカップよりも本格的に詰まりを解消する目的で作られているのがパイプクリーナーです。 パイプクリーナーには2つの方式があって1つめは真空式のパイプクリーナーで、基本的には詰まりを直す原理はラバーカップと同じです。 でも吸引にポンプを使うことでより強力に吸引できるだけでなく、押し上げの圧力が加わることで、さらに強力に吸引できるために、詰まりを取り除く効果は抜群です。 ラバーカップで何回も詰まりを直そうとトライしても直らなかったのに、真空式パイプクリーナーを使って見たら一発で詰まりが直る事もよくあります。 もうひとつのワイヤー式パイプクリーナーは、ワイヤーの先端の部分がらせん状のヘッドになっていて、排水管の中にワイヤーを入れて、異物にヘッドを引っ掛けて取り除く方式のものです。 先端の部分がらせん状のヘッドでは無く、ブラシが取り付けてあるタイプや、ワイヤーが巻き取り出来る収納式のタイプなども発売されています。 ワイヤー式パイプクリーナーは、便器の詰まりにも使用されますが、台所の流し台や洗面所などで使用されるケースも良くあるようです。 真空式パイプクリーナーの使い方 真空式パイプクリーナーは、本来ラバーカップのように便器の中に水がたまっている状態でしか効果が無いのとは違い、水が無い状態でも強力な吸引力を発揮します。 そのためにも便器にしっかりとフィットさせて使用する必要がありますが、どうしてもフィットしないようであれば、バケツなどで便器に水をくんで使用しましょう 便器の穴に押し当てる前にパイプクリーナーのハンドルをゆっくりと押し上げて、その後便器の穴にしっかりとフィットするように押し当てます。 その後勢いよくハンドルを引き上げると、水が勢いよく引き上げられ詰まりが解消しますが、一度で解消しないときは、2度3度と繰り返してやってみましょう。 ハンドルを押し戻すときは、一旦タンクの中の水をゆっくりと押し出してやらないと、水が跳ね返ってくるので注意が必要です。 また詰まりが解消したと思っても、まだ完全に詰まりが解消していない事もよくあり、そのままレバーを回して水を流すと、便器から水が溢れてしまうことがあります。 そうならないように、バケツややかんなどで少しずつ便器に水を流して、正常に水が流れていくことを確認できたら、レバーを使って水を流すようにしましょう。 「トイレつまりが真空ポンプですっきり流れた」の動画はこちら。 おすすめ真空式パイプクリーナー 三栄水栓 PR870 ここまでご紹介してきたように、ラバーカップよりも詰まりを解消する力が高い便利な真空式パイプクリーナーですが、よりおすすめしたい品をこちらでご紹介します。 1954年に創業され、浴室・キッチン・洗面所・トイレなどの水栓金具を中心に製造販売している、「SAN-EI」株式会社三栄水栓製作所 大阪市東成区 が発売しているパイプクリーナーPR870です。 最大の特徴は先端のゴムが110mmと68mmの2種類が付属していて、用途に応じてトイレ・男子トイレ・流し台・洗面所と使い分けが出来ることです。 この2種類のゴムによって、本来の真空式パイプクリーナーの能力を最大限に生かして使用できるので、強力な吸引力と押し上げる圧力で汚物を除去してくれる、とてもおすすめの品です。 お手頃な価格で購入できるので、ラバーカップを使ってもうまく詰まりが除去出来ない方や、使い方に自身の無い方は取扱いも簡単なこの商品を1つ購入して、常備しておくといいでしょう。 ワイヤー式パイプクリーナーの使い方 ワイヤー式パイプクリーナーは、まず使用する前にゴム手袋・雑巾・新聞紙などを準備してから作業を開始するようにしましょう。 本体のワイヤーを固定している蝶ボルトを緩めてから、排水日にゆっくりとワイヤーを入れていき、ワイヤーがそれ以上進まなくなったところが、詰まっている部分と想定できます。 ワイヤーがそれ以上に進まないことを確認したら、排水口から3~5㎝くらいの位置にハンドルが来るように合わせて、先に緩めておいた蝶ボルトをしっかりと閉めてワイヤーを固定します。 この時点でワイヤーがまだ余っているときは、その後の作業の邪魔になったり、ワイヤーがねじれてあばれてしまうので縛っておくようにしましょう。 グリップの部分を回しワイヤーも一緒に回転させて、何回か回したらワイヤーをゆっくりと引き、引き出すときにワイヤーに付いた汚れを雑巾で拭き取りながら引き抜きましょう。 最後に出てきたヘッドに付いていた汚れも雑巾で拭き取って、最後に少しずつ排水口に水を流してみて詰まりが取れているか確認して作業終了です。 ワイヤーを排水口に入れたときにこれ以上入らないので、その部分が詰まっている場所と思ったところが、実は配管が曲がっているトラップや配管の曲がりということが考えられます。 トラップ部分や配管の曲がりで止まっているような時には、力を余り入れないでゆっくりとワイヤーを入れてトラップを通過させていきましょう。 でも実際に汚物がつまる場所の多くは、このトラップや配管の曲がり付近が圧倒的に多いので、その点もよく考慮して作業するようにしましょう。 おすすめワイヤー式パイプクリーナー 三栄水栓 PR80-5M 排水口の中の汚物を除去するのに便利なワイヤー式パイプクリーナーの中でも、よりおすすめしたい品があるのでこちらでご紹介します。 真空式パイプクリーナーでご紹介した三栄水栓が発売するワイヤー式パイプクリーナーPR80-5Mは、主にトイレ・流し台・洗面所・お風呂場・雨どいなどの排水パイプの掃除に最適なクリーナーです。 安心の国産品で、汚れを除去するヘッドの部分は折れにくい2重巻構造で、らせん状にできているので、汚れをしっかりと除去てパイプの奥まで入り込みます。 手元で簡単に楽々使用できるようにグリップ部があり、手元が汚れにくいゴム性の水切りが付いているので安心して作業が出来ます。 本体重量も0. 71kgと軽量で出来ていて、ワイヤーの長さも5mと家庭用としての使用には十分な長さとなっています。 お手頃な価格で購入できる三栄水栓のワイヤー式パイプクリーナーPR80-5Mは、あらゆる用途に使用できるすぐれたパイプクリーナーなので、1つ常備しておくといざというときに活躍してくれます。 やっぱりダメな時には信頼できる水道業者にお願いしよう! ラバーカップよりも強力に詰まりを解消できるパイプクリーナーですが、それでも絶対に詰まりが取り除けるわけではありません。 これらの道具を駆使してみても詰まりが解消しない時には、やはり水道業者に頼むのが一番の解決方法です。 でも水道業者といってもどこに頼んだらいいのかわからなかったり、修理代が高く掛かってしまっても困るという方も多いですよね。 そんな時に便利になるのが、ウェブ上で水回りの修理業者を紹介してくれるサイトがあり、そういったサイトを利用する方法があります。 信頼できる修理業者を紹介してくれるので、修理代をぼったくられるようなことなく、安心して修理を頼むことが出来るので、活用してみてはいかがでしょうか。 ・基本料金+作業費用+出張料が7000円からと格安 ・電話相談、キャンセル料0円 ・年間48000件の実績 ・全国が対応エリア ・365日対応可能 水トラブル修理までの流れ 最短30分で駆けつけてくれます。 詳しくはこちらよりどうぞ。 水回りの詰まりのトラブルは、どこの家庭でも避けては通れない事で、案外簡単に解決することも良くあるので、この機会にこれらの道具をそろえておいて、万が一の時に備えてみてはいかがでしょうか。

次の

パイプクリーナーのおすすめ5選!洗剤で排水溝のつまりを掃除!

パイプクリーナー ワイヤー

「お湯も重曹もラバーカップも試したのに、全部ダメ…。 」 「他にトイレの詰まりを解消できるものってないの?」 あなたは今、トイレの詰まりにだいぶお困りではないですか? トイレが詰まりを解消したいなら業者を呼ぶのが確実ですが、痛い出費になるのも確実です。 できることなら、自分で詰まりを解消したいですよね。 トイレの詰まりを自力で解決する方法としては、ラバーカップや重曹、お湯などがありますが、もし他の方法を探しているなら「ワイヤー式パイプクリーナー」はいかがですか? ワイヤー式パイプクリーナーは、他の方法と比べて知名度は低いですが、詰まりの原因を引きずり出してあなたのトイレを元通りにできる可能性を秘めています。 ここでは、ワイヤー式パイプクリーナーの使い方やコツだけでなく、解消できる詰まりの原因についても説明していくので、購入を検討する場合の参考にしてみてくださいね。 ワイヤー式パイプクリーナーは他の会社からも販売されていますが、基本的な構造は同じだと思ってもらって構いません。 特徴は螺旋状になっている先端のブラシと、縦横無尽に折れ曲がるワイヤーですね。 先端部分をトイレの排水口に入れて、詰まりの原因となっている物体に物理的に力を加えて詰まりを解消します。 ワイヤーがある程度曲がるようにできているので、入り組んだトイレの排水口の先にもグイグイ先端部分を押し込めるのです。 螺旋状の先端がもたらす効果! ワイヤー式パイプクリーナーは、「詰まりの壁を崩す」「詰まりの原因を引きずり出す」という2種類の効果で詰まりを解消できます。 それを実現しているのが、螺旋状になった先端部分なのです。 詰まりの壁を崩す仕組み 例えば、大量のトイレットペーパーが詰まったとします。 このとき、排水口の内部ではトイレットペーパーが壁のようになって、水の流れをせきとめているわけですね。 そこに螺旋状の先端部分を何度も突き刺せば、詰まりの壁は少しずつ崩れていきます。 また、ワイヤーのグリップを持って回転させると先端部分も回転して、先の尖った部分が詰まりの壁にのめり込んでいきます。 詰まりの原因を引きずり出す仕組み 詰まりの原因の中には、トイレの奥に流してはいけないおむつや生理用品、流したくない固形物などがありますよね。 こういったものは、詰まったものを排水口部分に引きずりだしたいですよね。 ワイヤー式パイプクリーナーの先端部分は細いワイヤーでできています。 さらに、グリップ部分を回転させると先端部分も連動して回転します。 そのため、詰まりの原因にぶつかったところでグリップ部分を回転させると、先端部分のワイヤーが詰まっている物体にグッとひっかかってくれるのです。 その状態でワイヤーを引き戻せば、先端部分にひっかかった詰まりの原因を取り出せるわけです。 ワイヤー式パイプクリーナーで解消できる詰まりの原因は? 具体的にワイヤー式パイプクリーナーで、どんな詰まりの原因が解消できるのか説明しましょう。 「解消できる可能性大」な原因…トイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まり トイレが詰まる原因としてポピュラーなトイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まりには、高い効果が期待できます。 紙類は基本的に水につかると通常よりも柔らかく破けやすくなりますよね。 そのため、ワイヤー式パイプクリーナーの先端を突き刺せば、簡単に詰まりの壁は崩れています。 問題は、しっかりと詰まっている場所まで先端部分を誘導できるかどうかでしょう。 「可能性あり」な原因…おむつ、生理用品、流せるペットシート おむつや生理用品、流せるペットシートといったものには「吸水ポリマー」が含まれています。 普段は薄手のものでも、トイレの水につかると水を含んでパンパンに膨れて水の通り道を塞いでしまうのです。 おむつや生理用品は一見、紙と同じように見えるかもしれませんが、水につかっても破けないポリエステルなどの素材でできています。 先端部分でつついても、簡単には破れてくれません。 しかし、破れにくい分ブラシの先端がひっかかりやすいので、詰まっているおむつなどを排水口まで引きずりだせる可能性が高いです。 「気をつけつつ」作業したい原因…ひっかかりそうな固形物 スマホ、メガネ、ボールペンなどさまざまな固形物を落としてしまうこともあります。 こういった固形物の中でも、ブラシの先端部分にひっかりそうなものが詰まっているときは、ワイヤー式パイプクリーナーで解消できるかもしれません。 例えば、メガネが詰まった場合はメガネのつるはし部分などにブラシ部分が絡まってひっかかる可能性がありますよね。 ただし、パンパンに膨れたおむつや生理用品なら先端がぶつかったときにある程度の感触があるので、「あっ!今ぶつかったかも!」とわかりやすいのですが、固形物は軽いものも多いのでぶつかっているのかわかりにくいです。 もし、知らぬ間に詰まっているものを奥に押し込んでしまうと、業者を呼んだときにトイレを外したり大掛かりな作業が必要になることもあります。 そのため、先端部分がひっかかりそうな固形物が詰まった場合は、詰まったものを奥に押し込まないように気をつけつつ、慎重に作業をしないといけません。 「控えたほうが良い」原因…嘔吐物や残飯 嘔吐物や残飯が詰まりの原因となっている場合も、ワイヤー式パイプクリーナーを使えなくはありません。 結局は嘔吐物や残飯が詰まっている場合も、トイレットペーパーやティッシュが詰まったときと同じように壁ができているだけなので、つついて壁を崩せば解消できます。 ただし、嘔吐物や残飯に含まれる油分などは、将来的に排水管を詰まらせる原因にもなりかねません。 そのため、詰まりの壁を崩して流すよりもできればラバーカップや真空式パイプクリーナーで吸引したほうが良いのです。 ワイヤー式パイプクリーナーでは、どう頑張っても嘔吐物や残飯は引きずり出せませんからね。 ワイヤー式パイプクリーナーの強みは? ワイヤー式パイプクリーナーで解消できる詰まりの原因を紹介しましたが、購入を検討しているあなたは「メジャーじゃないワイヤー式パイプクリーナーを選ぶ意味ってあるの?」と思ったことでしょう。 汎用性はラバーカップや真空式パイプクリーナーに軍配! 正直な話、汎用性を重視するならラバーカップや真空式パイプクリーナーのほうが良いです。 ラバーカップや真空式パイプクリーナーは、強力な吸引力と水圧でトイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まりを簡単に解消できます。 ワイヤー式パイプクリーナーだと、先端部分が詰まりに届きさえすれば物理的に力を加えられるので簡単に解消できますが、届かなければまったく意味がありません。 詰まる頻度が高いトイレットペーパーやティッシュを簡単に確実に解消できるラバーカップや真空式パイプクリーナーのほうが、汎用性は高いといえるでしょう。 ワイヤー式の強みは、詰まりの原因を引きずり戻せること! ワイヤー式パイプクリーナーがすべての点で、ラバーカップや真空式パイプクリーナーに劣るかというとそうではありません。 ワイヤー式パイプクリーナーの、「先端をひっかけて詰まりの原因を引きずり戻せる」というのは大きな強みです。 強力な吸引力を誇る真空式パイプクリーナーでも、吸引力で詰まりの原因を引き戻せないわけではありません。 しかし、所詮は吸引力です。 物理的に詰まりに触れて引きずり戻せるワイヤー式の力には及びません。 パンパンに膨らんで水の通り道をふさぐおむつや生理用品が相手なら、ワイヤー式パイプクリーナーのほうが先端部分が届きさえすれば、確実に詰まりを引きずり戻せます。 また形にもよりますが、固形物を引きずり戻せる可能性もあるのです。 詰まりの原因がおむつやナプキンといった吸水ポリマーを含んだもの、なんとしてでも取り戻したい固形物であれば、ラバーカップや真空式パイプクリーナーよりもワイヤー式パイプクリーナーのほうがおすすめできます。 実践!ワイヤー式パイプクリーナーの使い方 実際にワイヤー式パイプクリーナーを使って、詰まりを解消する場合の手順とコツを紹介します。 ワイヤー式パイプクリーナーを使うために用意するもの まずは、使う前の下準備として次のものを用意しましょう。 ・新聞紙…トイレの床に敷くため ・ぞうきん…回収したワイヤー式パイプクリーナーを拭くため ・ゴム手袋…汚水が手につくのを防ぐため ・マイナスドライバー…止水栓を閉めるため ・バケツ…くみ取った汚水をためたり、水を注ぐため ・ペットボトルしゃくし…便器内の水を汲み出すため ペットボトルしゃくしとは、ペットボトルを画像のようにしゃくしの形に切り取ったものです。 便器の中の水をくみだすときに、バケツだと口が広すぎます。 一般的なしゃくしを使っても良いですが、トイレの汚水に使うのは少し気が引けるでしょう。 ペットボトルなら、使った後にゴミに捨てても問題ないのでおすすめです。 1Lサイズよりも500mlサイズのほうが排水口の奥まで届くのでおすすめです。 ワイヤー式パイプクリーナーの正しい手順 道具を用意できたら、次の手順でワイヤー式パイプクリーナーを使っていきます。 1.ゴム手をはめ、新聞紙をしきつめる 手が汚れるのを防ぐために、ゴム手袋をはめます。 ワイヤー式パイプクリーナーはラバーカップと比べて、水がハネたりすることは少ないですが、念の為トイレの床には新聞紙をしきつめておきましょう。 2.止水栓を閉める マイナスドライバーで止水栓を閉めておきましょう。 うっかりレバーに触れて水が流れ、便器から溢れたら大変ですからね。 タンクの横辺りにある止水栓を時計回りに回すと、閉まります。 ただし、普段は止水栓を回すことはないので固くなり、回りにくくなっていることもあります。 少し力を入れても回らないようなら、無理に閉めなくても大丈夫です。 その場合は、戸建住宅なら宅地内の地面に、集合住宅なら玄関横あたりに設置してある水の元栓を閉めましょう。 便器によっては止水栓の位置が異なるため、見当たらないようならこちらのページも参考にしてみてください。 TOTO アフターサポート「」 3.便器の中の水をできる限りくみだす ペットボトルしゃくしを使って、できるだけ便器内の水を汲み出します。 ワイヤー式パイプクリーナーを排水口に入れるときに、片手を排水口部分に突っ込む必要も出てくるかもしれないので、なるべく汲み出してバケツにためましょう。 4.固定ネジをゆるめた状態で、ワイヤーを排水口に入れる ここから、ワイヤー式パイプクリーナーを使っていきます。 ワイヤー式パイプクリーナーについているネジを緩めた状態で、ワイヤーの先端を排水口に入れていきます。 ただし、いくらワイヤーに柔軟性があるといっても排水口部分は急な角度でカーブしているため苦戦するかもしれません。 事前に先端の少し手前あたりを画像のように折り曲げておくと、入りやすくなります。 それでも入りにくい場合は、ただワイヤーをぐいぐい押すのではなく、排水口部分に手を突っ込んでワイヤーを操作すると入りやすくなるでしょう。 5.詰まりにぶつかったら、ネジを閉めてグリップを回す ワイヤーを押し込んでいくと、どこかのタイミングで詰まりにぶつかる感触があるでしょう。 感触があったら、ネジを閉めてグリップよりも後ろにあるワイヤーをまとめておきます。 こうすることでワイヤーが暴れずにすみます。 商品を購入したときに、ワイヤーをまとめていたバンドを使っても良いですし、ガムテープでとめてしまっても良いですね。 準備ができたら、グリップ部分を時計回りに回してください。 先端の螺旋部分がドリルのように詰まりに食い込んでいきます。 詰まりの原因がトイレットペーパーやティッシュといった破れやすいものだと確信できているなら、グリップを回さなくてもガシガシつつくだけで良いでしょう。 6.グリップを数回まわしたら、ゆっくりとワイヤーを引き抜く グリップを数回まわしたら、ゆっくりとワイヤーを引き抜きます。 このとき、雑巾で水を拭き取りながらワイヤーを引き抜くと水が垂れずに良いですね。 詰まりの原因にしっかりと先端が食い込んでいれば、無事詰まりの原因を取り出せます。 7.バケツで詰まりが解消されたか水を流して確認 詰まりの原因が取り除ければ、確実に水は流れるようになるはずです。 しかし、念には念を入れてまずはバケツからゆっくり水を注ぎましょう。 水がいつものようにスッと引くなら、詰まりが解消された証拠です。 8.止水栓を開け、後片付け 詰まりの解消が確認できたら、止水栓を開けて床の新聞紙などの後片付けをして終了です。

次の

排水管のつまりに最適な道具とその使い方

パイプクリーナー ワイヤー

「パイプクリーナー」とは 「パイプのなかの汚れを分解し、流し落とす洗剤」のことです。 ジョンソンから出ている『パイプユニッシュ』などが有名ですね。 成分はカビ退治などに使う塩素系漂白剤に近く、 雑菌によるヌルヌル汚れやこびりついた油汚れを効果的に分解してくれるのが特徴です。 パイプクリーナーはパイプの汚れを分解するのに特化しているため、とろっと粘り気があり、パイプ側面の汚れにもしっかり貼り付くよう工夫がこらしてあります。 キッチン、洗面台、お風呂と、おうちのなかにはいくつも排水口があるので、 パイプクリーナーも1本常備しておくのがおすすめですよ。 ここでは『パイプユニッシュ』を例に使い方をご紹介します。 標準的な使い方なのでほかのパイプクリーナーでもだいたい同じです。 パイプクリーナーは 排水口ならどこでも使えます。 場所によって汚れの種類は違いますが、パイプクリーナーが1本あれば十分対応できますよ。 お風呂 お風呂の排水口にたまっているのは、髪の毛や雑菌によるドロドロ汚れ。 パイプクリーナーの力はかなり強力で、からまった髪の毛でも簡単に分解してくれます。 排水口のフタなどにもかけておけばキレイにできます。 洗面台 洗面台の排水口には髪の毛のほか、化粧品や整髪料なども流れ込みます。 油分を多く含むのでパイプクリーナーが効果的に働いてくれますよ。 キッチン キッチンの排水口には、料理に使った油や食材のカスが流れ込みます。 詰まりの多くは油が配管の中で固まることが原因です。 パイプクリーナーの有効成分である水酸化ナトリウムと界面活性剤は油を流すのが大の得意。 長くても30分ほどで快適な流れを取り戻せますよ。 使いやすいパイプクリーナーはどれ? パイプクリーナーにはいろいろな種類が販売されています。 ここでは主だった商品をご紹介します。 『パイプユニッシュ』(ジョンソン) 先ほど使い方をご紹介した『パイプユニッシュ』は、800mlと大容量のパイプクリーナー。 汚れを分解する力が強く、詰まりを取ってくれるのはもちろんのこと、少量で使えば臭いや汚れの予防にもなります。

次の