鬼 滅 の 刃 あまの じゃ く。 鬼滅の刃

鬼滅の刃ってだいぶ終わり方雑じゃないですか…?

鬼 滅 の 刃 あまの じゃ く

もしかして、質問者さんと同じかもしれない、と思いました。 感覚の違いです。 私は漫画を友人から勧められて、今はもう買っていませんがジャンプ掲載時に読ませてもらって、これは面白いなと思いました。 逆にアニメになっていたものを偶然見た時に、あれ?何か違うな、と思ったので 多分、感覚の違いだと思います。 私自身はちょっと特殊かもしれないのですが、画面が回転する場面がダメで それでアニメを離脱しました。 原作、すごく面白いですよ。 ねづこちゃん可愛いですし。 好きなところ ねづこちゃんが健気で可愛い ダークホラーながらも、ちゃんと人情を描けている これが出来ていない漫画は本当にダメで 女性作家さんらしく、細かな描写が可愛い。 恋柱さんとか好きですね。 ダメなところ アニメだけで言えば、特殊だと思うのですが 画面が回転しまくり、見づらい。 ただ、これは個人差なので気にされないでください。 アニメを見る前から、評判の良さは聞いていた、優しい話だと思っていたのですが 鬼が出てくるので合う合わないはあると思います。 私は遊郭 これ、まだアニメに出てこないんですかね? の調査のところが ちょっとダメでしたが、ねづこちゃんが回復するところで、本当に癒されました。 しかし、いきなり爆発的に売り切れ続出になっているので 驚きましたよ。 しかも大人の方々が、大人購入をバンバンしている。 今、ジャンプってホラー系、残酷系を推し出すようにしているらしいので ホラー部門が新設されてます そういう面がダメ、と思うと無理もないと思いますよ。 私もどの漫画とは言いませんが、最近、ああ、ちょっと辛いなと編集部さんの方針に ついていけなくなった漫画があります。 主さんはよく他のアニメも見ますか? 月日の経過が早いのなんて当たり前だし、内容が暗いアニメもギャグアニメ以外だったら当たり前っちゃ当たり前です。 面白さが分からないなら無理して見る必要も無いのかなって…。 じゃあ見るなって言いたい訳では無いんですけど、自分に合わないものを見るより、色んな作品を見て自分に合ったものだけ最後まで見る方が全然得だと思います。 鬼滅の刃はキャラがすごく魅力的だと思います。 特に炭治郎がまさに主人公!って感じがして、炭治郎と闘って首を斬られた鬼たちが最後、みんな救われているのも分かる気がします。 善逸も普段あんな怖いヤダヤダってびゃーびゃー泣いてるのにいざと言う時に強いギャップがカッコイイし、伊之助もめちゃくちゃいいキャラしてます。 柱もみんなそれぞれ個性がありまくりです。 味方キャラにこいつ嫌いって思っちゃうやつが一人もいないのが凄いです。 あとは個人的に台詞回しがめちゃくちゃ好きです。 アニメだとテンポ悪いなってとこもあるんですが、漫画だとより楽しめます。 >批判じゃないのでファンの方は怒らないで欲しいのですが… 貴方の意見を聞いて「どう思うか」は受け手が決めることです。 批判と非難も違います。 (昨今批判というと矢鱈とネガティブなイメージが付いてるけど、本来そうじゃない。 ) 本題。 今回のアニメは最初から26話と決まっています。 尺が制限されるアニメでは冗長な部分は省かれる傾向にあります。 逆にかつての従来型制作体制で長期放送で原作に追いつくのを恐れるあまり尺稼ぎに終始する作品があるのも御存知の通り。 >月日の経過 延々修行の様子だけ描写されてもダレると思いますよ。 良い感じに端折ってあるかと思います。 実のところ、設定上はそこまで斬新ではなく、ヒトを食らう異形討伐の系譜です。 日の光に弱い敵、太陽の力に類似したパワーで倒す。 頸が弱点などなど(設定の類似点としてはジョジョ一部二部、武装錬金、進撃の巨人etc…) その中で主人公が飽くまでも人間の範疇に留まり、努力で強くなる、ただし実は受け継がれたチカラが・・・という王道の少年漫画。 アニメで19話のラスト約5分の戦闘シーンは今年の春夏期では他の追随を許さない超絶作画で表現上も良改変と大絶賛。 制作会社のufotableはあんなふうにエフェクトが付いてたり、主人公が敵に迫って行くようなシーンを描くとぶっちぎりの迫力を出してくれるので期待されていましたが、まさかの劇場版クラスの演出をぶっこむとは予想の斜め上でした。 アレだけを見る価値があります。

次の

漫画評価】「鬼滅の刃」はつまらない?なぜ人気なの?「鬼滅の刃」がここまで人気になったワケを徹底的に語り尽くしていく!|社畜から脱獄して自由に生きる!

鬼 滅 の 刃 あまの じゃ く

鬼滅の刃って面白いと評判だけど僕(私)は面白くない。 他にも同じようなこと思っている人っているよね?どういう理由でつまらないとか嫌いってなってしまうんだろう。 という人のために鬼滅の刃がつまらないってなる人は、具体的にどういう部分が面白くないと思ってしまうのか考察してみました。 この記事を読んでいただくと、他の人が鬼滅の刃をどういう理由で面白くないって思っているのか分かるので、自分と同じように思う人がいることが分かり安心できます。 途中で鬼滅の刃を読むのを止めてしまった人は、この記事を読んでいただくともう一度読んでみようとなり、つまらないと思っていたけれど面白くなってきたってなるかもしれません。 僕は鬼滅の刃14巻まで読んでいるので、しっかりと漫画を読んだうえで鬼滅の刃のここが原因で嫌い・つまらないってなるんだろうという部分をちゃんと評価できていると思います。 炭治郎のセリフがくさすぎ・素直で真面目な性格が苦手で面白くない 炭治郎のセリフは、たくさん切ない感じのがあります。 そして素直で真面目な性格という設定です。 ですので炭治郎の素直でまっすぐなひねくれていない性格が苦手な人には合わないでしょう。 炭治郎の悲しみのセリフが「クサすぎ」と感じてしまうのだと思います。 どんな悲しみのセリフがあるのかは、下記の記事を見てもらえると分かります。 たとえば別の漫画ですが約束のネバーランドのエマが嫌いっていう人もいます。 約束のネバーランドのエマも素直でまっすぐな性格。 ひねくれてなくて自分の思いに素直で言葉にもそれが出ます。 約束のネバーランドのエマが嫌いな人は鬼滅の刃の炭治郎も嫌いなんじゃないでしょうか。 こういったいかにも主人公な純粋素直キャラを受け入れることができるかどうかで鬼滅の刃が面白いと思えるか、つまらないとなってしまうのかが決まる場合があるでしょう。 鬼の悲しい過去に同情できないので泣けない・感動できない 鬼のなかには人間だったころに悲しい過去がある場合があります。 そのような悲しい過去をもつ鬼を炭治郎がやっつけたとき、炭治郎は鬼であっても情けをかけるんですね。 でも鬼は人間を喰っています。 だからそんな敵に悲しい過去があったとしても、なんだか白けてしまって感動できないっていう場合があるでしょう。 たとえ人間を喰っていたとしても鬼の悲しい過去に炭治郎が情けをかけるところが泣けるっていう人だと鬼滅の刃が面白いってなりますよね。 しかしそういう気持ちになれない人だと、残念ながら鬼滅の刃が面白くないってなります。 暗い雰囲気が苦手で読み進めていない 鬼滅の刃って連載開始した始めのころはギャグはなくてシリアスな暗い雰囲気なんです。 柱は出てくるんですが、柱のなかではもっとも地味で無個性に見える冨岡義勇です。 このころは冨岡義勇はかっこいいだけの地味キャラでした。 初期のストーリーはひたすら炭治郎の修行ばっかり。 まあそんな感じなので鬼滅の刃を読み始めたのはいいけれど、ずっと暗い雰囲気だしつまらないって思ってしまって読むのを止めてしまう人が一定数いるでしょう。 だんだんとギャグとか感動する場面、鬼との激しい戦闘シーンとかが増えてきて面白くなってくるんですが、そこまで読み進めることができないと鬼滅の刃はつまらないという評価になってしまいます。 大正時代の雰囲気が好きな人だと読み進めやすいかな。 もしコミックス1巻を読んでみたけれど、いまひとつだなって思ったとしてももうちょっとだけ読み進めてみてください。 善逸とか伊之助が登場してしのぶやカナヲが出てくるころには面白くて感動もできるっていうふうになってくる人もいるはずです。 6巻の柱が勢ぞろいするあたりぐらいからグッと面白さが増してきます。 鬼とかグロい場面があって嫌い・苦手だからつまらない 鬼滅の刃、けっこうグロい場面が多いです。 グロが苦手な人が鬼滅の刃が苦手ってなるのは仕方がないですね。 どういうグロい場面があるかっていうと、たとえば鬼が人間の切り取った足を抱えていたり、複数の人間でオブジェみたいのを作ったり人面蜘蛛が出てくるなどなど。 蜘蛛が苦手な人は蜘蛛鬼編は見てられないなんてことになってしまいそうです。 ただたしかにグロいんですが、全体的に上品さがあるのでなぜかそれほどグロいシーンが嫌いっていう気持ちにはなりません。 鬼滅の刃ってグロいシーンがけっこうあると聞いて、鬼滅の刃をまったく読んでいない人は一度読んでもらえると、けっこう大丈夫かもしれませんよ。 鬼滅の作者吾峠呼世晴先生と笑いのツボが合わないからギャグが面白くない 鬼滅の刃はだんだんとギャグシーンが増えてきます。 けっこうシュールなギャグが多いです。 このギャグが笑えないっていう人の場合は鬼滅の刃を楽しめないでしょう。 笑いのツボみたいなのって人それぞれですから吾峠呼世晴先生の作り出す笑いに共感できないなら、それは仕方がないですよね。 どんなギャグがあるかっていうと僕がもっとも印象に残っているのは、炭治郎が「具体的には何を司る神ですか?」という場面。 くわしくはこちらの記事で解説しています。 炭治郎の天然ボケが炸裂したシーンです。 かなり笑いました。 でもこのギャグシーン別に面白くないっていう人もいると思います。 そういう人の場合鬼滅の刃はつまらないとなりやすいでしょう。 戦闘シーンが迫力不足、技を出したときにごちゃごちゃして見にくいからつまらない 読者としてこの点だけは残念だな~って思います。 炭治郎が「水の型 打ち潮!!」っていうふうに技を出すんですが、なにをどういうふうに斬っているのかとか、どういう動きなのかってことが今一つ分かりにくいんですね。 おそらく動きを見せるというよりも、一枚ものの絵としてきれいかどうかを意識されているのかななんて勝手なことを思っています。 とくに水の型の技は波とか水の流れが強調される技なので、炭治郎が技を出したときの絵がちょっと浮世絵みたいな雰囲気なんですね。 それはそれでいいかなって思います。 あと激しい戦闘になったときに絵が見づらくなることがあります。 いろんな動きとか線がちりばめられていて、誰がどこでなにをどうしているのかが分かりにくくなってしまうんです。 どこでなにをしているのか分かりやすいバトルマンガっていうとドラゴンボールです。 ドラゴンボールの技って基本エネルギー弾みたいなのが何種類があるだけで、すごくシンプルですよね。 あんなにシンプルにしているのに、ワクワクさせてくれる戦闘シーンを描けるって実はすごいのかななんて今思いました。 バトルマンガとして技を出す部分の絵の動きを重視するのか、それとも一枚ものの絵としてきれいに魅せることを重要視するのか、けっこう難しいのかな。 なんて素人が考えたりしました。 ただ恋柱の甘露寺蜜璃の刀がムチみたいだったりなど、これからも楽しみな戦闘シーンは増えていきそうなので期待したいです。 まとめ ということで鬼滅の刃が嫌い・つまらない・面白くないってなる理由について6つ考察してみました。 まとめると、• 炭治郎のセリフがくさすぎ・素直で真面目な性格が苦手で面白くない• 鬼の悲しい過去に同情できないので泣けない・感動できない• 暗い雰囲気が苦手で読み進めていない• 鬼とかグロい場面があって嫌い・苦手だからつまらない• 鬼滅の作者吾峠呼世晴先生と笑いのツボが合わないからギャグが面白くない• 戦闘シーンが迫力不足・見にくい といったところです。 鬼滅の刃、僕は面白いなって思って読んでいるんですが、つまらないってなる理由ってなにかなって思って検証してみました。 どんなマンガでも面白いって思う人とつまらないってなる人がいるものですよね。 はたしてアニメ化されたときに戦闘シーンがどのようになるのか期待したいです。 鬼滅の刃の漫画を無料で獲得できるポイントを使ってお得に安く読む方法.

次の

鬼滅の刃ってだいぶ終わり方雑じゃないですか…?

鬼 滅 の 刃 あまの じゃ く

もしかして、質問者さんと同じかもしれない、と思いました。 感覚の違いです。 私は漫画を友人から勧められて、今はもう買っていませんがジャンプ掲載時に読ませてもらって、これは面白いなと思いました。 逆にアニメになっていたものを偶然見た時に、あれ?何か違うな、と思ったので 多分、感覚の違いだと思います。 私自身はちょっと特殊かもしれないのですが、画面が回転する場面がダメで それでアニメを離脱しました。 原作、すごく面白いですよ。 ねづこちゃん可愛いですし。 好きなところ ねづこちゃんが健気で可愛い ダークホラーながらも、ちゃんと人情を描けている これが出来ていない漫画は本当にダメで 女性作家さんらしく、細かな描写が可愛い。 恋柱さんとか好きですね。 ダメなところ アニメだけで言えば、特殊だと思うのですが 画面が回転しまくり、見づらい。 ただ、これは個人差なので気にされないでください。 アニメを見る前から、評判の良さは聞いていた、優しい話だと思っていたのですが 鬼が出てくるので合う合わないはあると思います。 私は遊郭 これ、まだアニメに出てこないんですかね? の調査のところが ちょっとダメでしたが、ねづこちゃんが回復するところで、本当に癒されました。 しかし、いきなり爆発的に売り切れ続出になっているので 驚きましたよ。 しかも大人の方々が、大人購入をバンバンしている。 今、ジャンプってホラー系、残酷系を推し出すようにしているらしいので ホラー部門が新設されてます そういう面がダメ、と思うと無理もないと思いますよ。 私もどの漫画とは言いませんが、最近、ああ、ちょっと辛いなと編集部さんの方針に ついていけなくなった漫画があります。 主さんはよく他のアニメも見ますか? 月日の経過が早いのなんて当たり前だし、内容が暗いアニメもギャグアニメ以外だったら当たり前っちゃ当たり前です。 面白さが分からないなら無理して見る必要も無いのかなって…。 じゃあ見るなって言いたい訳では無いんですけど、自分に合わないものを見るより、色んな作品を見て自分に合ったものだけ最後まで見る方が全然得だと思います。 鬼滅の刃はキャラがすごく魅力的だと思います。 特に炭治郎がまさに主人公!って感じがして、炭治郎と闘って首を斬られた鬼たちが最後、みんな救われているのも分かる気がします。 善逸も普段あんな怖いヤダヤダってびゃーびゃー泣いてるのにいざと言う時に強いギャップがカッコイイし、伊之助もめちゃくちゃいいキャラしてます。 柱もみんなそれぞれ個性がありまくりです。 味方キャラにこいつ嫌いって思っちゃうやつが一人もいないのが凄いです。 あとは個人的に台詞回しがめちゃくちゃ好きです。 アニメだとテンポ悪いなってとこもあるんですが、漫画だとより楽しめます。 >批判じゃないのでファンの方は怒らないで欲しいのですが… 貴方の意見を聞いて「どう思うか」は受け手が決めることです。 批判と非難も違います。 (昨今批判というと矢鱈とネガティブなイメージが付いてるけど、本来そうじゃない。 ) 本題。 今回のアニメは最初から26話と決まっています。 尺が制限されるアニメでは冗長な部分は省かれる傾向にあります。 逆にかつての従来型制作体制で長期放送で原作に追いつくのを恐れるあまり尺稼ぎに終始する作品があるのも御存知の通り。 >月日の経過 延々修行の様子だけ描写されてもダレると思いますよ。 良い感じに端折ってあるかと思います。 実のところ、設定上はそこまで斬新ではなく、ヒトを食らう異形討伐の系譜です。 日の光に弱い敵、太陽の力に類似したパワーで倒す。 頸が弱点などなど(設定の類似点としてはジョジョ一部二部、武装錬金、進撃の巨人etc…) その中で主人公が飽くまでも人間の範疇に留まり、努力で強くなる、ただし実は受け継がれたチカラが・・・という王道の少年漫画。 アニメで19話のラスト約5分の戦闘シーンは今年の春夏期では他の追随を許さない超絶作画で表現上も良改変と大絶賛。 制作会社のufotableはあんなふうにエフェクトが付いてたり、主人公が敵に迫って行くようなシーンを描くとぶっちぎりの迫力を出してくれるので期待されていましたが、まさかの劇場版クラスの演出をぶっこむとは予想の斜め上でした。 アレだけを見る価値があります。

次の