ダーリン インザ フラン キス 漫画。 ダーリン・イン・ザ・フランキス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ダーリン・イン・ザ・フランキス 8 (ジャンプコミックス)

ダーリン インザ フラン キス 漫画

矢吹先生と私 矢吹健太朗先生との出会いから語らせていただきたいと思います。 矢吹先生といえば、自分の中での原点は「BLACK CAT」です。 とらぶるじゃないです黒猫です。 ジャンプを読み出し始めたころに始まっていて、 「なんてキレイな絵柄なんだ…こんな絵柄を週刊少年誌で描くなんて普通じゃないぞこの人…」って思ってました。 ちょうどトレインとクリードが戦って、トレインの腕パァァンなあたりだったでしょうか。 あのときの リンスレットが天使でした。 でもそのあとに イヴという大天使が現れました。 絵柄にハマって、流れで「邪馬台幻想記」も読んだなぁ…。 で、「BLACK CAT」は2004年に完結し、その後続編を待望んでいたのですが…2年後、2006年から 「To LOVEる -とらぶる-」が始まり、一気に欲望大覚醒してました。 この大覚醒にはメチャクチャ驚きました…だって完全に男性向けに特化してたんだもん。 「BLACK CAT」は女性ファン多かったと思っていただけに、今後の新作はイケメンアクション物語が増えるだろうなぁなんて思ってたんですよ。 完全に裏切られました。 ありがとう、ヤミ。 そしてナナは至極。 そして「To LOVEる -とらぶる-」が完結し、「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がスタート。 最初の出会いはイケメンアクションだったけども、気づいたらエ口特化型になり大人気となった矢吹先生。 そんな先生の次の新作は 「たぶんイヴのようなヤミのようなキャラ出るだろうなぁ…」「きっとリト神を超えるハーレム出て来るんだろうなぁ…」「ヤンジャンで連載やってくれたら本番あるよなぁ…」なんて妄想してました。 そして発表されたのは…アニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」のコミカライズです。 え!?と驚きを隠せなかったです。 というのも、ハーレムそうなアニメではないからです。 シリアスなロボットアニメという印象があったので、これはとらぶるないぞ…。 だが一方で、「BLACK CAT」のあのアクションメインが見れるかもしれない。 というか、それでしょ!それはそれで原点に戻れるという意味で楽しめそうだ。 さあ、漫画を読もう…。 コミカライズ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』第1話、第2話感想レビュー.

次の

ダーリン・イン・ザ・フランキス

ダーリン インザ フラン キス 漫画

The manga adaptation of Darling in the Franxx stays — so far, that is — mostly true to the show. There are, however, a few differences that might or might not have an impact on the overall plot. This adaptation of Darling in the Franxx is, if I recall correctly, Kentaro Yabuki's anniversary project and the first time he draws a manga digitally in its entirety — and he's doing a phantastic job. As a fan of the show I instantly had to get this and I was quite please to know that it came faster then the expected shipping date! Pros: No damage of any kind! Really nice quality on pare with any other of its type. I was happy I got a first edition. Cons: I always look forward to the advertisements inside because they are actually little magazines but it seems like they were removed before sending it to me as well as the band that goes around. No tracking. Despite coming from thousands of miles away, it arrived in plastic wrap and in perfect quality. It took a long time to arrive, but I'm on the complete opposite side of the world, so that was expected. This is my first time buying manga from Japan so I'm not sure if it's standard, but the manga came with a sleeve which I thought was cool. The art is also great quality.

次の

ダーリン・イン・ザ・フランキス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ダーリン インザ フラン キス 漫画

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• コドモたちは、そこで暮らしている。 外の世界を知らず。 自由な空を知らず。 教えられた使命は、ただ、戦うことだけだった。 それに乗ることが、自らの存在を証明するのだと信じて。 かつて神童と呼ばれた少年がいた。 コードナンバーは016。 名をヒロ。 けれど今は落ちこぼれ。 必要とされない存在。 フランクスに乗れなければ、居ないのと同じだというのに。 そんなヒロの前に、ある日、ゼロツーと呼ばれる謎の少女が現れる。 彼女の額からは、艶めかしい二本のツノが生えていた。 思春期の葛藤などもよかった。 【悪い点】 後半に進むにつれて非常識によりすぎてつまらなくなった。 【総合評価】 前半は常識と非常識が非常にいいバランスで見やすかったし面白かった。 非常識な世界での13部隊の人間らしさ、思春期の葛藤、恋愛などうまくバランスが取れていた。 叫龍との最終決戦あたりから全て狂った。 ビルムとかいうなんの伏線もない第三勢力がでてきて意味不明。 更に非常識になっていくし、ひろとゼロツーが奇跡的に繋がりストレリチアを動かすというシーンがありすぎてなんの奇跡でもなくなっていた。 またこのパターンねって感じ。 ビルムが現れることによって衝撃のラストが生まれるとかならいいけど、お決まりな終わり方だった。 ビルムが出てきた意味がまるでわからない。 終盤出てきて倒された終わり。 何だこれは。 叫龍の姫も散々同胞を潰されて人間に怒ってたくせに最後はあっさり。 途中までは神アニメ。 後半は残念にも程がある。 【良い点】 音楽、演出、見せ場づくり、絵本、ロボット、ゼロツー。 特に音楽と絵本は最高でした。 【悪い点】 オマージュし過ぎ。 エウレカセブンのオマージュのオンパレードも凄かったけど、こちらは露骨だった。。 【総合評価】 人間愛、という視点で見ればもの凄く感動できるストーリー。 13話、15話、24話は大いに泣きました。 特に13話と24話はほんと凄いと思いました。 13話のカギになる絵本なんて子供が読むには難解この上ないし、もろゼロツーとヒロにあつらえたお話で矛盾だらけ、24話なんてオマージュ祭りでオリジナリティがかなり少ないのに、それでも心がわしづかみにされ泣いてしまうのです。 いちいちかっこいいからかなぁ。 こういうアニメを青少年が色んな楽しみを見つけて喜んで観てくれたらいいなぁと感じます。 アニメ慣れした中高年が見ても重箱の隅をつつくだけで純粋に楽しめないみたいだし。 このアニメは多感な青少年にこそ伝えたいメッセージがあるような感じがしたので、そういう人たちが見て良かった! となってると成功ですね。 もしそうじゃなかったとしたら、多くの中高年批評家が書いているように、特定のアニメばかり見慣れた人達のニーズを意識し過ぎて、却ってうまくいかなかった所も出てきてしまったアニメなのかもしれませんね。 もちろん、私はこのアニメに出会えてほんとによかったです。 個人的にはなんかゼロツーとヒロが特攻に見えて、仮に守るものがあったとしてもそこはあんまり賛美したくないなぁなんて思いました。 一言で言うならもったいないアニメ エヴァを彷彿とさせる暴走シーンを唐突に描いたり、いろんなアニメのつぎはぎ感が半端ない 緊迫場面で極限までセリフを排除しようとする冨野節もどうかと思うが この作品は逆に演出にこだわりすぎてだらだらとセリフを並べ緊迫場面での疾走感が無くなっている 便所は先にすませておけと言いたくなる感じの演出だ 同時期の作品でSTEINS;GATE 0なんかも同じ傾向がある 前半心揺さぶられる演出が多いだけに中盤から後半にかけての息切れ感が半端ない ボーイミーツガールはそこそこ良い出来だっただけに パパ絶対主義者との対立も相手側に嫉妬のような感情が垣間見えるも 基本ただの操り人形で心がないからカタルシスが感じられない 前半で積み上げてきたものを新たな真相でぶち壊していく感じがもったいないと感じた あまりにも残酷な設定だから宇宙人のせいにするしかなかったのだろうが 前半が良かっただけにもうひとひねり欲しかったね 【良い点】 まずキャラ設定。 そして声優。 ゼロツーに関してはデザイン、キャラ個人の背景がとても良いし、声優が合い過ぎている。 演技も申し分ないので、魅力がとんでもない。 他のキャラは可もなく不可もなくという感じ。 イチゴの声優さんは新人のようだが、感情のこもったよい演技だと思う。 今後の活躍に期待。 音楽も良い。 特にEd、挿入歌、BGM。 作画も非常に安定していた。 ストーリーだが、15話くらいまではとても良かった。 既視感は確かに有ったのだが、たとえ全く同じ作品であっても、面白いものは二回見ても面白いのだから、モラルという点抜きにして考えれば大した問題ではない。 自分はあまり気にならなかった。 また、性の芽生えがメインテーマになっている作品は以外と少ないのでは。 そこも興味深かった。 【悪い点】 15話以降の話は褒められたものではない。 いくらなんでも広げ過ぎ。 敵をコロコロ変えるため、心がついていかない。 クライマックスのはずのシーンでも、敵に対して感情を抱けない というか誰と戦っているのかあまりわからない ので、特に盛り上がらない。 4クールくらいのつもりだったのに、途中で2クールに変更になって慌てて詰め込んだのかと思った。 15話まで丁寧であったが故に、その後の展開の早さは際立って見えた。 またロボットのデザインが受け付けない。 どうして幼児向けのヒーローアニメみたいなデザインにしたのだろう。 そしてロボットに乗る際の姿勢。 もう少し何とかならなかったのか。 性愛がテーマなんだと気付いてからは緩和されたが、不快さあまりに視聴をやめた層もいるようなので、ここまで露骨な表現でなくても良いのでは。 【総合評価】 諸々の良さで稼いだプラス評価をストーリー、展開で打ち消している。 ただゼロツーが大変魅力的なので、「良い」とする。 14話のイチゴの行動批判されますけど、そんな悪かったかなと。 ヒロはイチゴ曰く自分の全てなわけです。 ゼロツーはそんな大切な人を私欲の為に騙して命を吸い取り、殺そうとした。 9'sがイチゴに語ったその事実をイチゴが信じてしまうぐらいゼロツーは暴力的で異質な側面を見せていたわけで、何もせず放っておいてヒロとゼロツーが会ってしまえば取り返しのつかない事態になってしまうかもとイチゴが考えるのは当然だと思います 相手は得体の知れない化け物なわけですし、それまでの掴み所のない、でも魅力的な彼女から不自然なまでに突然凶暴性や苛烈さを見せ始めたので、不気味さ、恐ろしさを感じるのは当然でしょう。 ヒロとゼロツーの接触をシャットアウトし、いち早くゼロツーをヒロの側から遠ざけたいと思うのはむしろ自然じゃないか、と自分は思いました 結局会わせたのは、ゼロツーが意外としおらしくヒロと話をさせてほしいと言ってきた事、信頼するゴローが話をさせてやってもいいんじゃ、と言ったのが大きいでしょう。 それでも自分なら会わせたくないです。 何を考えてるか分かりませんから その前辺りのミツル回はココロはフトシの好意が重いのも理解出来るので特に思う所はないですがミツルに関しては「え、こんなしょっぱい事ずっと引きずってんの!? 」と初見時はハズレ回だと思いました。 ですが、生き残れる可能性の低い薬の服用を乗り越えたその先で一緒に戦いたい、といった説明が後でなされミツルのこの約束に対する思いの強さに納得がいった為、この回は個人的に良い回に変わりました 15話は好きな人も多いみたいですけど勢いさえよければいい! を全面に押した回で本当に酷いと思いました。 イチゴもゴローもそんなあっさりゼロツーと乗せていいんかいと。 「それらしい」演出でごまかしてますけどゼロツーはヒロを利用して殺そうとした、という認識のままですしヒロの体の事はもういいんかいと 16話からは青春群像劇と設定の説明中心、その後に超展開です。 急に侵略者と言われても…ここからの群像劇はロボアニメどこ行ったとも思いましたが、まあこの作品のテーマなのかなと思います 個人的には序盤はかなり良かったと思います。 ゼロツー、イチゴ両ヒロイン可愛かったですし健全な青春ロボアニメしてて、テンポも良かったです。 後半に関してはテンポ最悪ですが一応やりたい事は分かるぶんエヴァンゲリオンよりはマシかなという感じですね。 キャラは思考がよく分からない場面もありますが恋愛を通してミツル、ココロだけでなくイチゴ、ゴロー、フトシ等も成長していく所が見れて良かったです ヴィルム出現以降はやりたい事の為にキャラの動き、展開を強引にしている感が否めず、自ら広げた風呂敷のために細かな心理描写や爽快さを欠く本末転倒状態。 ミツココやりたいのは分かるけど、さすがにお腹いっぱいなんでそこをもう少しまとめられないならせめて他をコンパクトにしてほしい。 その分他に回せる。 もうミツココとヴィルムで前半の爽快さが完全に失われて見ていて疲れる 最終的にやりたい事はやった、という感じですが、ロボアニメとして非常に重要なポイントであるラスボス戦がもうおまけイベントみたいな感じで熱さを全く感じられなかった事や最終回が自分の大嫌いなキャラ達適当にくっつけて後日談エンドになってしまったのが本当に残念でした。 この後日談で肝心のヒロとゼロツーに尺が回ってないですし、イクノってそんな天才みたいな描写あった? とかゴローとイチゴとか、そこに至るまでの途中の大事な部分はしょって無理矢理ハッピーエンドに繋げるこの感じ、アニメの先の「人」を強烈に感じて本当に嫌になります。 イチゴとゴローは本当に好きなキャラだったので、こんな適当にくっつけられたのが納得いきません せっかくロボアニメの大切なものを犠牲にして少年少女の青春群像劇を押したのに最後は何から何まで適当に都合よく描きすぎで物語の余韻が全然無いです。 15話までがピークですね 【良い点】 人間を丁寧に書いている。 感動する 【悪い点】 アクションがもっと熱かったら良かった。 【総合評価】 これは正確にはロボットアニメとは言わないだろう。 男女合体愛のアニメだ。 なのでロボット魂は燃えない。 人間関係を良く書きながらアクションでも見せた初代マクロス 当時では 、コードギアスなどには全体的には全く及ばないが、それらよりも胸に迫る子供達の純粋な愛の美しさがあった。 近年では一番胸に迫る「良いSF恋愛アニメ」であった。 「君の名」は一粒の涙も出なかったが、これを一気見し、 後半ずっと泣いていた。 人間らしさを取り除いて苦悩を無くそうとする敵に人間らしさの大事さを訴える作品は、掃いて捨てるほどあるわけだが、ココロとミツルのエピソードは数多くのものと比してなお秀逸だ。 実に美しい。 美しさに心が震えた。 死亡フラグ立ちっぱなしのため、この美しい愛が無残に散ることを予測 そういったアニメに慣れすぎているのだろう しながら見つめた純粋な愛は、涙無しでは見れない切なさだ。 さらにラストも本当に良かった。 敵設定や敵バトルの在り方は、あんな大群と戦って仲間みんな生還とはあり得ないだろう! とか、いろいろ結構適当だった感があるが、そういうものがどうでも良いと感じるくらい子供達の純粋な愛情は良かった。 子供時代の02が可哀想すぎて、02にとってはヒロがいてくれて良かったが、02とヒロの二人だけの世界は、仲間そっちのけ過ぎて自分勝手過ぎ。 主人公としてはヒロの魅力はない。 主人公の存在は、ヘタレの主人公を一生懸命守るイチゴとそれを守るゴロー、ミツルとココロのドラマの布石としてあったように思う。 ヒロと02は「絵本の物語」的存在であり、人間に名をつけ、楽園の蛇となる愛の創世主、神話的象徴的存在なのであろうと思わせる。 アダムとイブは楽園を追われたのではなく、自分の意思で出ていったのだろう。 そうして神はこっそりそうなるように仕向けたのであろうと、人と言う種の自立と成長を願った親心なのだろうと勝手に思っていた自分には実にいい話であった。 自分のカッスカスの大人の心に、子供ゆえのまっすぐで真摯で純粋な愛情は実に胸に響いた。 震災の中で産まれた赤ん坊が希望の象徴であったように、戦争そのものを書くよりも愛を讃歌したこの作品を評価したい。 赤ん坊を見て大泣きするミツルの姿だけで満点をあげたい作品である。 【良い点】 ・作画 【悪い点】 ・あまりにも既視感が強すぎる 【総合評価】 あまりにも黙っていられなくなり、ここに評価を投稿します。 まず、これほど他作品の既視感が強い作品は初めてだ。 以下に列挙してみます。 この点は、他の方も指摘されていることですが、あらゆるものがあまりにも既視感が強すぎたため、非常に驚きました。 製作陣が意図してか知らずか分かりませんが、これでは流石にダメでしょう。 古今東西の名作・傑作のピースを集めて作ったジグソーパズルのような作品です。 オリジナリティがとことんありません。 多分、SF作品をたくさん観ていればいるほどそう感じる度合いは強いと思います。 唯一、オリジナリティがあると感じたのは、ストレリチアの最終形態がまさかの生身の人間と巨大ロボが融合したデザインだったことくらいです。 全体の印象として頑張っているのだとは思いますが、どこかで見たことがあるようなストーリーや展開でもあったため、そっちでの驚きや面白さは全くありませんでした。 脚本ももっと無駄なセリフを削って絵で見せる場面を増やした方が良いと思いました。 Aが何か言うと、Bがそれに疑問形を返し、会話が展開していくパターンが多かった。 Bが黙って視線だけ相手に向けるとか細かい変化をつける工夫とかも大事だと思います。 本当に何から何まで『見たことがある』というのは面白くないです。 下手でもいいので、これは今までになかったというクリエイター魂の籠った作品を観たかったです。 おそらく、製作陣は頑張っていただけに、なぜそこに頭が回らなかったかが残念すぎます。 【良い点】 キャラや設定は良かった。 EDは曲や映像ともに良かったと思う。 現代女子高生とした場合のキャラたちと本作のストーリーに関して何の関係があったのか知らないけれど。 ロボの造形は良かった。 機械の塊という異質なものでなく、なんというか大昔のマジンガーというかSDガンダムというか。 愛着が湧くものだった。 【悪い点】 着地点が見えないというか、明らかに後半が最初の期待していた方向性と違うというか、さらに最後の数話は前半すべての良さを全部投げてしまう展開というか。 【総合評価】 青春ロボストーリー。 ゼロツーとヒロのボーイミーツガール物語だが、ゼロツーがそれほどヒロインをしている感じでもなく、まわりとギスギスしている場面もあり、なんというか異質な存在だった。 まるでヒロが幽鬼にとりつかれてやせ細っていく怪談を見ているような感じだった。 二人は子供の頃から特別で、ある意味再会だったというのはまるでキャンディキャンディのような少女漫画的な設定だったが、成長とともに出会いがあるという少年漫画的な設定の方がヒロインとしては良いような気がする。 子供の頃からの特別な関係とそれを思い出させるための過去話で、ロボアニメとしての勢いが途切れ、ロボなんて飾りですよといわんばかりの話になってしまった。 またこの作品では、番号がたくさんでてきる。 ゼロツー、各部隊、ナナやハチ、ヒロやイチゴなど識別番号に基づく名前が多い。 特に個人名の部分は誕生順だと勝手に勘違いしてしまい、ゼロツーとは古参の上位パイロットなどと思ってしまい、年増の女性がヒロを誘惑しているようにも見えてしまった気がしなくもない。 また叫竜の姫以降の展開も謎に深みがなく、とりあえず勢いで押し切れ的な内容だった。 今までの経験値を積み上げて総力を結集して悲壮な戦いに挑むという熱い展開ではなく、ロボアニメというのは組織アニメでもあるのに各個応戦させ、その上最終兵器を発動させたら勝利みたいなお話はどうもロボアニメの良さを放棄している気がした。 後半、チームが出来てきたのに、肝心のチームでの戦いを表現できず、ヒロとゼロツーの「二人の世界」をどうあらわすかに苦心した結果の前半のよさを投げてしまったということになったのだと思う。 作品DB内ブログ記事 1. by しゃくじい... ギャグアニメに徹した良作。 だがしかし2 - まさかのメインヒロイン不在アニメと化す。 キャラデザが微妙になった。 おそ松さん - 時よりこれは! という話もあるが、全体的に1期よりパワーダウン。 ダーリン・ イン・ ザ・ フラン キス - ロボット... by フェティア... に編集で足したものの、 拍手をしてくださった方のことを考え、 やはり別記事としてあげる形に。 前回記事は、基本的に『よりもい』回のつもりでしたし。 本作について、前回の日記の文脈を踏まえつつ異なる論点を提示すると、 本作を論じるにあたり、まず以... by 二堂新駄... Iプロ;2018年に見てるないしは見た作品。 賭けグルイ実写版 賭けグルイ原作 宝石の国原作 市川春子作品集1〜2 ポプテピピック ダーリン・ イン・ ザ・ フラン キス 競女... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の