ありがたきもの 作者。 古典について教えてください。ありがたきもの本文①ありがたきもの。...

枕草子『中納言参りたまひて』現代語訳

ありがたきもの 作者

おはしまし=サ行四段動詞「おはします」の連用形。 「あり・居り・行く・来」の尊敬語。 「おはす」より敬意が高い言い方。 いらっしゃる、おられる、あおりになる。 動作の主体である大后を敬っている。 作者からの敬意。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 あり=ラ変動詞「あり」の連用形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 昔、東の五条に、皇太后が住んでいらっしゃった屋敷の西側に、住んでいる人(=女)がいました。 それを、 本意 には あら で、 心ざし深かり ける人、行き とぶらひ けるを、 本意(ほい)=名詞、本来の意志、かねてからの願い。 に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 あら=ラ変動詞「あり」の未然形 で=打消の接続助詞、接続は未然形。 心ざし=名詞、心を向けるところ、心の指すところ。 愛情、誠意。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 とぶらひ=ラ行四段動詞「訪ふ(とぶらふ)」の連用形、見舞う、訪れる。 正 む 月 つき の十日 ばかりのほどに、ほかに隠れ に けり。 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 一月の十日ぐらいの頃に、(その女は)他の場所へ身を隠してしまった。 あり所は聞け ど、人の行き通ふ べき所 にも あら ざり けれ ば、 ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 べき=可能の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。 (その女の)居所は聞いていたけれど、人が行き通うことができる所でもなかったので、 なほ 憂しと思ひ つつ なむ あり ける。 なほ=副詞、やはり。 さらに。 それでもやはり。 憂し=ク活用の形容詞「憂し(うし)」の終止形、いやだ、にくい、気に食わない、つらい。 なむ=強調の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 あり=ラ変動詞「あり」の連用形 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。 係助詞「なむ」を受けて連体形となっている。 係り結び。 やはりつらいと思いながら過ごしていた。 またの年の 正 む 月 つき に、梅の花盛りに、 去年 こぞ を恋ひて、行きて、立ちて 見、 ゐて 見、 見れ ど、 去年 こぞ に 似る べくも あら ず。 見=マ行上一段動詞「見る」の連用形。 「見れ」は已然形。 べく=当然の助動詞「べし」の連用形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。 あら=ラ変動詞「あり」の未然形 ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形 翌年の正月に、梅の花盛りの頃に、(男は)去年のことを恋しく思って、(女が住んでいた五条の屋敷に)行って、立って見、座って見、見るけれど、去年(の屋敷の様子)とは似るはずもない。 うち泣きて、 あばらなる 板敷 いたじき に、月の傾くまで伏せ りて、去年を思ひ出でて詠め る。 あばらなる=ナリ活用の形容動詞「荒らなり(あばらなり)」の連体形、荒れ果てているさま。 隙間の多いさま。 り=存続の助動詞「り」の連用形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形。 直後に体言である「歌」が省略されているため連体形となっている。 (男は)泣いて、荒れ果てている板敷に、月が傾く(時間帯になる)まで横になって、去年のことを思い出して詠んだ歌。 月 や あら ぬ 春 や昔の 春 なら ぬ わが身ひとつは もとの身 にして や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 あら=ラ変動詞「あり」の未然形 ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形。 係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 なら=断定の助動詞「なり」の未然形、接続は体言・連体形 ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形。 係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ わが身ひとつは もとの身にして 月は昔のままの月ではないのか。 春は昔のままの春ではないのか。 (変わってしまったかのように思われてならない。 )わが身だけは(去年の)もとの身のままで。 と詠みて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰り に けり。 に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 と詠んで、夜がほんのりと明ける頃に、(男は)泣きながら帰ったのだった。

次の

古典について教えてください。ありがたきもの本文①ありがたきもの。...

ありがたきもの 作者

解説 多くの虫の中で、特に、みの虫・ぬかづき虫のあわれ深さ、蝿の憎らしさ、夏虫のかれんさ、蟻のおもしろさについて述べている。 全体を通して明るくユーモラスで、俳諧的気分がみなぎっている。 また蠅の[濡れ足]などには、作者のとらえ方のするどさが見られる。 虫は、鈴虫。 ひぐらし。 きりぎりす。 はたをり。 われから。 ひを虫。 みの虫、いとあはれなり。 鬼の産みたりければ、親に似てこれも恐ろしき心あらむとて、親のあやしききぬひき着せて、「いま秋風ふかむをりぞ来むとする。 待てよ。 」といひおきて、逃げていにけるも知らず、風の音を聞き知りて、八月(はづき)ばかりになれば、「ちちよ、ちちよ。 」とはかなげに鳴く、いみじうあはれなり。 読解の要点 平易いな一節であるが、「鬼の」・「親に」・「親の」が父親か母親かについて古来説が分かれている。 またそれに関連して「ちちよ」も「父よ」なのか、それとも単にみの虫の鳴く音なのか、説が分かれている。 それぞれ一理あって、どちらがよいとも決定しかねるが、両方の節を、自分なりに比較して考えてみるのもおもしろかろう。 口訳 虫では、松虫。 ひぐらし。 きりぎりす。 はたおり。 われから。 ひお虫。 蛍《がおもしろい》。 みの虫はたいそうかわいそうだ。 《この虫は》鬼が産んだものであるから、親に似て、この子も恐ろしい心を持っているだろうと思って、親がそまつな着物を着せて、「もうじき秋風が吹くだろうが、そのころには帰って来よう。 それまで待っておいで。 」と言っておいて、《じつは》逃げて行ったのも知らないで、《みの虫は》やがて秋風の音を聞いて秋になったのを知り、八月ごろになると、「ちちよ、ちちよ。 」とたよりなさそうに鳴く、それはたいそうかわいそうだ。

次の

『ありがたきもの舅にほめらるる婿また姑に思はるる嫁の君』の意味と定義(全文)

ありがたきもの 作者

<実践の概要> 今年の2年生の最初の教材は『枕草子』である。 5つの章段を扱う予定だが、最初の3つは、文学史的な常識も踏まえて、類想章段の「かたはらいたきもの」、随想章段の「五月ばかりなどに山里に歩く」、そして回想章段の「中納言参り給ひて」を予定した。 その最初の「かたはらいたきもの」の授業を展開するにあたって、以下のような指導案を工夫してみた。 工夫のポイントは2つあって、一つは興味をもって積極的に『枕草子』学習に取り組む姿勢を作ること、もう一つは、1年次の復習をしながら文法学習の大切さを伝えることである。 (ちなみに、この二つのポイントは、古典指導の基本でもある。 つまり、一つ目は「古典に親しむ態度を養う」ということであり、もう一つは「古典を的確に読解する力を養う」ということであるからだ。 )以下、もう少し詳しく述べてみたい。 (1)興味をもって積極的に『枕草子』に取り組む姿勢をつくる。 (興味を喚起する指導) 最初の教材はいわゆる類想章段、つまり「「もの・は」づけ」と呼ばれているものであり、そこには清少納言の独特の感性が表現されている。 その感性には、現代の生徒にも共感される部分があるはずである。 そこで、ここでは、そのような「現代との共通性」の部分に注目して、いわゆる有名古典としての敷居の高さをとりはずし、作者との距離感を縮めることで、興味を喚起しようと企図してみた。 具体的には、いくつかの類想章段を選び出してプリントを作成するのだが、その際、「~もの」の「~」の部分を空欄にしておき、そこに入る語(形容詞・形容動詞)を想像させるというものである。 なお、「~もの」というタイトルで古文作文をさせるという実践は広く行われているが、ここではその逆を考えてみたのである。 ただし、これはかなりハードルの高い実践といえるかも知れない。 (2)文法学習の大切さを伝える。 (文法の学習) 上記プリントで空欄にする「~もの」の「~」は、形容詞(形容動詞)である。 本文に登場する場合も空欄にしてあるため、その空欄を埋めていくためには、形容詞の活用の知識が必要となる。 そこで、空欄を埋めながら形容詞の活用について復習し、同時に、その活用の話を、「べし」などの形容詞型活用をする助動詞とも結びつけることで、文法学習に関する動機付けをはかることを企図してみた。 また、それぞれの形容詞の語義を確認しながら、語彙学習の重要性についても確認することを目指した。 なお、今回は4月の初めで準備に余裕がなく、国文学資料館からかつてダウンロードした岩波「古典大系」の本文を利用したが、時間があればもう少し教材選定と本文作成に時間をかけたかった。 (生徒の状況や授業時間配分によっては、小学館の新編全集など、訳が併記されているものを活用するといいだろう。 *数名で相談しながら考えさせる。 小学館『全文全訳古語辞典』の巻末には「現古辞典が掲載されて いるので、持っている生徒がいる場合には、参考にさせる。 *この過程で、清少納言の感性に、我々ときわめて類似する部分があることを示唆し、興味やこれか らの学習に対する積極的な姿勢を喚起するように工夫する。 *係り結びも登場するので、簡単に復習する。 いそぐ事ある折にきてながごとする客人。 すずりに髮の入りてすられたる。 また、墨の中に、石のきしきしときしみ鳴りたる。 なでふことなき人の笑がちにて物いたういひたる。 ねぶたしとおもひてふしたるに、蚊のほそごゑにわびしげに名のりて、顔のほどにとびありく。 きしめく車にのりてありく者。 (1)興味を喚起する学習 生徒は、例えば「うざいもの」といった現代の語彙を挙げてくる。 そこで、空欄に入る語としての「憎し」を示した上で、語彙としての「憎し」について解説し(「自分の思いどおりにならない事態への不快感・嫌悪感を表そうとする」(鈴木日出男『高校生のための古文キーワード100』ちくま新書、平18)、我々と清少納言との間に、感性の共通性する部分があることを確認する。 時間があれば、どの例にもっとも共感するか、あるいは、共感できないものがあるとすればそれはどれかなどについて発言させてもよいだろう。 4月のクラス作り、授業作りの場面では、楽しくすすめることが肝要であろう。 (2)文法の学習 内容がおおまかに理解できたところで、次に文法の学習に入る。 先ず、生徒各自にすべての空欄を埋めさせ、次に答えを確認しながら活用についての知識を復習するのである。 答えは終止形「にくし」。 また、「べし」「まほし」など「~し(じ)」型の助動詞のほとんどが形容詞型を活用をすることを確認し、用言の学習と助動詞の学習を結びつけてまとめとする。 <生徒たちの反応> わずか1時間の授業であり、特に感想などを求めたわけではないが、授業者としての印象を述べると、新しいクラス・新しいクラスメート、そして、新しい担当教員との新しいスタートということで、指名した際の発言内容などから判断しても、かなりまじめかつ真剣に取り組んでくれたように思う。 その結果、中学校時代に学習していた「春はあけぼの」とは異なる『枕草子』、および、清少納言の姿を感じ取ってくれたのではないかと思われる。 3月上旬の学年末考査からも時間が経過しており、文法学習の復習という面でも、用言の復習から始めて、それを助動詞・助詞(係り結び)の学習に結びつけるという流れは、比較的親しみやすく、かつ、これからの学習に向けて有効であったと考える。 <課題> 今回は、学習を計画した時点から実際に授業を行うまでの間が短く、しかも新学年・新学期の最初ということもあって、一番重要な教材である「プリント」を十分なものに仕上げることができなかった。 教材の選択および編集(短くカットすること)、また、現代語訳の提示の仕方など、さらに研究を深めたい。

次の