ご返送いただきたく存じます。 敬語でこれを言いたいときは?「送ってください」の場合

賜りたく /文例・敬語の使い方・意味

ご返送いただきたく存じます

送ってくださいは、「ください」がつくので一見敬語のように見えますが、ビジネスシーンでは「送ってください」という表現はあまりおすすめできません。 相手に何かを送ってもらうときは、「ご送付ください」という表現にした方が失礼にあたりませんので、こちらの表現を使うようにしましょう。 上記でご紹介した「ご送付ください」よりもややくだけた感じになりますが、「送ってください」と書くよりも丁寧になります。 「ご送付ください」という表現がやや堅苦しいかもしれない、と感じたときは「お送りください」という表現で文章を書いた方が良い印象を与えることができます。 送ってもらうものが郵便物の場合に限る表現ですが、送ってもらう必要がある場合は、「送ってください」よりも「ご郵送ください」と表現した方が印象が良くなります。 郵送するとなると、郵便局もしくは宅配業者に依頼しに行く手間を相手にかけることになります。 なのでご郵送くださいという文言の前に一言「お手数おかけしますが」など相手に対して気づかいをする表現を入れておくとより印象が良くなるでしょう。 いただけますでしょうか、という表現と「お」という丁寧表現を追加することで、より丁寧な印象を与えることが可能になります。 「ご送付ください」や「ご郵送ください」に比べると、やや稚拙な表現ですが「送ってください」という文言よりは丁寧な表現になります。 送ってもらう相手に送ってもらえるかどうかわからないときに、訪ねる表現としても使用できるでしょう。 送ってください、という表現を使わずに「ご送付」という表現を使うことで、よりビジネスシーンらしい表現にすることができます。 また、語尾を謙譲語にすることでより丁寧な言い回しにすることが可能です。 「メールに添付してご送付ください」の丁寧表現• ・メールに添付してご送付いただけますでしょうか• より丁寧に表現する場合は、語尾に「いただけますでしょうか」「いただきたく存じます」といった文言をつけると良いでしょう。 どの程度丁寧にするかは状況に応じて使い分けるようにしてください。 「下記住所までご送付ください」の丁寧表現• ・下記住所までご送付いただけますでしょうか• 郵便物を物理的に送って欲しい、送ってもらうときの表現としてよく使われます。 より丁寧に表現したいときは、「ご郵送いただけますでしょうか」など丁寧語の表現も使うと良いでしょう。 「返信用封筒にてご郵送ください」の丁寧表現• ・返信用封筒にてご郵送いただけますようお願い申し上げます• 期限までに郵送してもらいたい郵便物がある場合によく用いられる表現です。 より丁寧な表現としては「期限までご郵送いただけますようお願い申し上げます」などがあります。 「期限までにご郵送ください」の丁寧表現• ・期限までにご郵送いただけますようお願い申し上げます• 語尾に「いただけますでしょうか」とつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 ビジネス文書の形式を指定するときなどによく用いられる表現です。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・ワードでお送りいただけますようお願いいたします• 何かしらのアンケートや質問票を贈った時の回答を送って欲しいときに、よく使われる表現になります。 もう少しくだけた感じの文章にしたいときは、「お送りください」だけでも良いでしょう。 「回答をお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・回答をお送りいただけますと幸いです• ファイル形式を指定してファイルを送って欲しいときの表現としてよく使われる文章です。 丁寧な印象を与えたいときは語尾を「いただけますでしょうか」や「いただけますと幸いです」といった表現にすると良いでしょう。 「メールで圧縮してお送りください」の丁寧表現• ・メールで圧縮してお送りいただけますでしょうか• 送付期限があるときによく使われる表現です。 語尾の表現には「いただきたく存じます。 」「いただけますと幸いです。 」などがあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 「期日までにお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・期日までにお送りいただきたく存じます• 送り届けるという表現も、送ってくほしいという意味の表現です。 送り届けるの敬語表現としては、「送り届けていただけますでしょうか」などがあります。 「送り届けてください」の例文• ・誕生日までに送り届けてください• ビジネスシーンで使われることはあまりありませんが、送ってもらいたいものがあるときに使われる表現のひとつです。 芸術的な文章表現や歌の歌詞などに使われることが多いでしょう。 「差し出してください」の例文• ・あなたのハートを差し出してください• こちらもビジネスシーンや丁寧な文章を要求される場面では、使われることがない表現です。 どちらかといえば日常会話で多く用いられます。 「そこのティッシュをこっちによこして」などの使われ方が多いでしょう。 「よこしてください」の例文• ・醤油をこっちによこしてください• 「郵送してください」と意味が同じで、郵便物を送って欲しいときに使われます。 丁寧な表現としては「ご発送ください」や「ご発送いただけますでしょうか」などがあります。 「発送してください」の例文• ・指定された期日までにご発送ください• 移送というと、A地点からB地点まで移動させるという意味合いがあります。 こちらの手元に送って欲しいというより、物を移動させてほしいときに使われる表現です。 「移送してください」の例文• ・A工場まで移送してください• ・大阪まで移送してください また、下記の記事は「ご連絡差し上げます」の敬語表現について書かれた記事です。 「ご連絡差し上げます」の敬語表現のほか、「ご連絡申し上げる」や「ご連絡いたします」の使い方についても紹介されています。 「ご連絡差し上げます」の使い方について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語を使う時の注意点は? 「送ってもらう」の丁寧語を使うときは「ご送付」「ご郵送」を使う ビジネスシーンで「送ってください」を丁寧な表現で使うときは、「ご送付」や「ご郵送」といった単語を使うようにしましょう。 より丁寧で失礼のない文章を書くことができます。 状況に応じて「いただけますでしょうか」「いただければ幸いです」などの語尾にするとより印象が良くなります。 「送ってもらう」の敬語は状況に応じて表現を変える ビジネスシーンであっても、状況に応じて丁寧な文章を使い分けることが大切です。 過剰に丁寧な言い回しをし過ぎても違和感を覚えられることがあります。 適度に丁寧な言い回しをして、印象の良い敬語を使えるようになりましょう。 また、下記の記事は「どういたしまして」の語源と意味について紹介した記事です。 語源や意味のほかにも、類語や「どうたしまして」の使い方、敬語での言いかえについても紹介されています。 「どういたしまして」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語表現は「ご送付ください」を使おう 「送ってください」は「ください」が語尾についているので、一見敬語表現に見えます。 しかし、口語表現では大丈夫でも、ビジネスシーンなどでメールに文章を書くときにはあまりふさわしい表現ではありません。 「送ってください」という意味の文章をビジネスメールで使う場合は、「ご送付ください」や「ご郵送ください」といった表現を使うようにすると、メールを受け取った側の印象が良くなるでしょう。 また、下記の記事は「お変わりございませんか」の例文と、敬語表現などを紹介した記事です。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。 「お変わりございませんか」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

「ご返送くださいますよう」を「ご返送してくださいますよう...

ご返送いただきたく存じます

「 私があなたに お送りします」「 私があなたを ご案内します」 「お送りしてください」は相手の行為に謙譲表現をつかっているので、誤りです。 「 あなたが お持ちしてください」「 あなたが ご用意してください」は誤りです。 「 あなたが お申し込みできます」「 あなたが ご利用できます」は誤りです。 正しくは「お申し込みになれます」「ご利用になれます」ですが、 「お申し込みいただけます」「ご利用いただけます」も許容されるでしょう。 「お」「ご」がつかない「呼んでいただく」「指導していただく」などは正しい謙譲表現です。 「いただく」が謙譲を表しますが、「呼んで」の部分には謙譲の意はありません。 その意味で、敬意のレベルがそれほど高くないと言えます。 「ご返送して」と言った時点で謙譲表現になります。 したがって両者のうち 「ご返送いただきたく存じます」 が正解です。 「願う」という行為の主語は自分です。 ここで問題にしているのは、お願いの内容の、つまり「~よう」の部分です。 「送ってくださる」「送ってくれる」…主語は相手です。 「送っていただく」「送ってもらう」…主語は自分です。 ただこれも文法的にはやはり正しい形ではないということは、前の回答に書いた通りです。

次の

ご捺印やご押印お願いする際の敬語の使い方とは!

ご返送いただきたく存じます

お世話になっております。 このたび上司から、現在の取引先について表題の件を確認するための書面を作成するよう指示がありました。 弊社は創業4年目で私は就業2年目です。 それを打破するための上司からの指示だと思うのですがよい文面が思いつきません。 確認といってもいまさら感が強いですし、先方も「なぜ今のタイミングで?」となり悪い印象を与えてしまうのでは…と不安でいっぱいです。 ない頭脳をフル回転させ下記のような文面を作成したのですが、添削をなにとぞよろしくお願いいたします。 取引関係先各位 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 さて、この度は貴社との支払条件について再度確認を致したく大変唐突で不躾ではありますがご連絡をさせていただいた次第でございます。 誠に勝手ではございますが、我が社の業務上の諸事情によりお取引が発生している企業さまへ取引(支払)条件をお伺いさせて頂いております。 お忙しいところ恐れ入りますが、下記に貴社の締日・請求書必着日・お支払日をご記入の上郵送もしくはFAXにてご返送いただきたく存じます。 何卒ご理解いただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 敬具 【貴社名】 【貴社請求締日】 【貴社請求書必着日】 【貴社お支払日】 以上 お世話になっております。 このたび上司から、現在の取引先についてを確認するための書面を作成するよう指示がありました。 弊社は創業4年目で私は就業2年目です。 それを打破するための上司からの指示だと思うのですがよい文面が思いつきません。 確認といってもいまさら感が強いですし、先方も「なぜ今のタイミングで?」となり悪い印象を与えてしまうのでは…と不安でいっぱいです。 ない頭脳をフル回転させ下記のような文面を作成したのですが、添削をなにとぞよろしくお願いいたします。 取引関係先各位 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 さて、この度は貴社との支払条件について再度確認を致したく大変唐突で不躾ではありますがご連絡をさせていただいた次第でございます。 誠に勝手ではございますが、我が社の業務上の諸事情によりお取引が発生している企業さまへ取引(支払)条件をお伺いさせて頂いております。 お忙しいところ恐れ入りますが、下記に貴社の締日・必着日・お支払日をご記入の上郵送もしくはFAXにてご返送いただきたく存じます。 何卒ご理解いただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 敬具 【貴社名】 【貴社請求締日】 【貴社必着日】 【貴社お支払日】 以上 こんばんは。 失礼ながら、取引相手全社にそのような書面を発送するように上司から指示をだされたとのことですが、一般的には、に落とし込まれている内容であるかと思います。 にも記載がないということでしょうか。 ちょっと考えにくいのですが。 > 先方も「なぜ今のタイミングで?」となり悪い印象を与えてしまうのでは…と不安でいっぱいです。 その気持、最もかと思います。 確認、ということであれば、少なくともを確認していただき、締め日、の日、支払日は御社側で確認し記載した上で、上記内容で誤りがないか、等とするべきであるかと思います。 その上で、どうしても確認できないということであれば、御社においてを紛失しているか、作成していない状況になるかと思いますが、一般的には作成していないということであれば経営者と相手先との信頼における取引でしょうから、その場合でも御社側の経営者に確認して発行するべきでないと、失礼になる可能性があるかと思います。 以下は私見です。 を紛失した場合には、相手側のの写しなりをいただくことになろうかと思います。 その際に再確認されることもあります。 御社がを紛失したのであれば、、、信頼を失わないように考えていただくことが望ましいかと思います。 相手先との信頼関係や力関係が関与することはあるでしょうが、すくなくとも紛失した側が、命令するような立場にはないと思いますし、返信用の手段は御社が準備するべきであるかと思います。 また、会社としてそうせざるを得ない、ということを責任をもつ方が行うべきと思います。 それを打破するための上司からの指示だと思うのですがよい文面が思いつきません。 対外取引先(仕入先、売上先)の基本的把握が整理されていないように思います。 サイト等のご確認書の郵送は、上長の指示により早急な件と理解してますが、上長には返信された情報の整理・保管・利用までのスケジュールを作成し、了解を得ることが最優先課題と思います。 手順の私感を以下に記述致しますので参考になれば 1.得意先、取引先の一覧表の外観を作成します。 出来ればエクセルなどでそれぞれ別のブックで作成します。 項目は、正式社名、略式名、郵便番号、所在地(本社、直接の取引営業所や工場等も分けてください。 )連絡先(代表電話、直接取引部署電話、携帯、FAX等) 代表者、代表者名、担当部課署名、担当者役職、担当者名、締日、支払サイト、、前払い前受けの有無とその度合、基本の有無とその状況(済、中、未)、個別の有無・・・備考(記述内容は貴社内伝達内容の要約文)・・・・ 2.作成したブックに基本や過去取引から入力出来る項目を埋めて行きます。 最初から今課題のサイト関連項目に色を付けておき、入力したら色なしにすると後で郵送するかの判断になるかと思います。 3.入力漏れが無いか否かをチェックします。 参照の基本や納品書、等を入力してあれば脇に寄せときます。 4.本題の郵送する点に着目して、色の付いている取引先をピックアップします。 5.これらの票を少なくとも社名、直接取引先の営業所名や工場名等、住所、サイトを最小限のページとなるように印刷して、上長に郵送する相手とそうでない相手が短時間で上長に分かるようお見せし説明してください。 6.郵送に関する作業及び郵送(返信用封筒、切手、宛名書きをお忘れなく、送信文に貴社も) 7.表として不明な箇所を何等かの資料や同僚、上司にお聞きし完成させます。 尚、作成中も新規取引先も出てくるかと思いますが、即座に追加してください。 取引でのサイトは支払いについては貴社締め、サイトが通常ですが、相手会社の大小により、相手方のサイトに従う場合も多々あります。 また、発注書や受注書の作成についても相手方に成り代わって作成する場合もあります。 上記作成しましたら、作成中の更新も然りですが、特別にフォルダを作成し関係者に保存場所を周知(出来ればパスワード付)して、今後の請求や入金、資金繰りや連絡、確認等に生かすと良いと思います。 お疲れさんです。 通常は取引に関しては、自社内で「売掛」「買掛」に関する両社間でを取りかw菅頭ですが、いかがでしょうか。 長年取引等に係る場合に、金融機関等の統廃合、支店等の統廃合などもあり再確認の意図で行うこともあります。 やはり一番は、担当者などが移動などした場合には再確認として、内の金融機関のコピーなど取り再確認をするなどのケースもあります。 特に、社長の交代、」経理担当窓口の方などの交代時には再確認を求めることも必要です。 日頃は、格別のご高配を賜り深く感謝しております。 さて、この度は貴社との支払条件のご確認を致したく 大変唐突で、不躾ではありますがご連絡をさせて頂いた しだいでございます。 誠に勝手では御座いますが、我が社の業務上の諸事情で、 お取引企業さまへ、支払条件をお伺いさせて頂いております。 何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 今後とも何卒ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 先ずは、お願い申し上げます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー敬具 これに、のコピーなども添付してみることです。 ぴぃちん様 返信遅くなりまして申し訳ございません。 私のつたない質問にお答えいただきありがとうございます。 ぴぃちん様のおっしゃる通り、本来であれば取引先とを交わす際に落とし込まれているべき内容です。 ところが現状は現場管理者が起業当初に口頭で先方の支払いサイトを確認したという記憶を頼っており、きちんとした書面でのはほとんどの企業様と交わしていないとのことでして…。 まさにといった具合でしょうか。 よろしくお願いいたします。 4畳半一間さん 返信遅くなりまして申し訳ございません。 私のつたない質問にお答えいただきありがとうございます。 4畳半一間さんのおっしゃる通り、対外取引先の基本的把握は現状全くされていないといってよい状況かと思います。 詳細な手順を教えていただきありがとうございます。 そうですね。 まずはわかっているところだけでもきちんとしたブックを作成して整理するところから始めたいと思います。 そして先日投稿してから会社の状況が変わり、近いうちにが変わりそうでして…上司よりそのタイミングでを新規で作成し交わしていただけば万事解決だ!と言われました。 よろしくお願いいたします。 安芸ノ国様 返信遅くなりまして申し訳ございません。 私のつたない質問にお答えいただきありがとうございます。 それが…今までの取引はほぼ等なくに基づき業務を遂行していたようなのです。 となれば再確認をする絶好の機会になりそうなので大義名分をもって改めてを結びなおす(今まで結んでいなかったところも含めて)方向で上司に話をもっていこうかと思います。 ほかの回答者様には、そのタイミングでのことを取引先にお話しするのは失礼にあたるのか…をうかがいましたが安芸ノ国様の回答で当たり前のことなのだと分かったので安心しました。 ありがとうございました! ももんがもん さん ご返信をありがとうございました。 の変更がいつなのか、上長からお聞きになりましたか? 口頭でのこれまでの取引は、その提供物や代価振込みに多少の危機感を抱いております。 これまでの、また、今後も個人的なお付き合いはされるかと思いますが、取引の事故。 上長にこうした事をお話しされることはしづらいかも知れませんが、そこはやんわりとお話しされ、上長からその時期について現に聞いて頂くところから始まると思います。 取引は企業間の事でありますから、取り越し苦労かも知れませんが、貴社にとっては社員の皆様への勤労に対する源でもあると思いますので、割り切った気持ちで対応されるのが宜しいかと思います。 さて、ご返信の記述に変更時にサイト等のご確認をすることは如何かとのことですが 私感としては失礼だと思います。 着任のお祝いの文発送後、1週間程度経過してから、電話でこれまでの経緯を上長からお話しされると共に後日、サイト等の取引先登録簿と称した書を郵送させて頂くことをも伝えて頂いては如何かと思います。 他社についての作業は如何ですか? 進んでますか? こんばんは。 がかわったところで、会社がかわるわけではありません。 これまで、口頭による約束にて取引をされていたということですが、過去にを交わしている場合には、もしくは相手側がその内容をきちんと把握している場合には、御社がを紛失したというのと同じような状況にあるかと思います。 まあ、信頼の中で商売をしているのであれば、こかで御社の責任ある担当者が相手会社の担当者とについてを確認して、書面を交わすことが望ましいでしょう。 その点は、それこそ信用における双方の対話の中でしょう。 これまでに納品書、等もあるかと思います。 それに支払い締め日等については、記載もあるかと思います。 支払い方法までは業種によっては記載がない場合もあるかと思いますが、少なくとも、空欄の多い質問状のような内容の文章をおきなり郵送するのは、どうかな~と思います。 ももんがもん さん こんにちは タイミングが別であれば失礼にはあたらないと考えます。 どちらが先か否かは、いつ頃に貴社が変わるのか、開催等係る情報を上長からお聞きしておくと良いと思います。 その日までに、締日とサイト不明(うろ覚え)による資金繰り等影響が考えられる場合は、上長を通して、現に早急に取引先担当者に電話連絡した上で郵送したい旨を相談してください。 交代日まで待てる場合、こうした事は通常、現から関係会社にご挨拶されると思います。 また、代わりましてからは、新からご挨拶のはがきや、直接取引先に伺うかと思います。 が、それが一段落するか否かに電話にて事情説明と郵送させて頂くことを伝えます。 タイミングもさることながら、どれだけ資金繰りに影響するかではないかと思います。 私は経理に関しては素人ですが、この内容だったら、電子メールなら即効削除、手紙なら御社に確認の電話をします。 それくらい怪しい内容の文書です。 経理関係ではなく、別の内容でお取引先様に一斉ヒアリングをかけざるを得ない状況になったことがありますが、その場合は担当者あてに当社で認識している内容を開示して、そこに間違いがないか確認してもらう、という形で郵送しました。 ももんがもんさんの案を使うと以下のようになります。 株 の森 ももんがもん様 株 相談の広場 booby 印 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 さて、この度は貴社との支払条件について再度確認いただきたく大変唐突で不躾ではありますがご連絡をさせていただいた次第でございます。 お忙しいところ恐れ入りますが、【下記の内容で間違いがないか、ご確認いただき、間違いがございましたら、訂正内容をご記入の上、弊社あてに郵送もしくはFAXにてご返送いただきたく存じます。 】 何卒ご理解いただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 敬具 記 【貴社名】 株 税務経理 【貴社請求締日】 月末日(土日祝日の場合は御社翌営業日) 【貴社必着日】請求締め日から3営業日以内 備考 なお、ご質問等ございましたらご遠慮なく以下の連絡先にご連絡くださ い。 担当者) booby 電話)03-1111-1111 FAX 03-2222-2222 e-mail 以上 こんな感じです。 差し込み印刷の機能を使って作れば取引先ごとに「下記内容」と「あてさき担当者名」の違った文書を作成できます。 自分が握っている情報を開示して間違いがないか相手に確認してもらう、という形にしたほうが良いとおもいます。

次の