郵便局窓口。 【郵便局】ゆうゆう窓口とは?できること、対応内容や営業時間等【便利すぎ】|ノリフネ!~乗りかかった船~

[47都道府県]土日・祝日も開いている郵便局(郵便窓口)

郵便局窓口

ゆうゆう窓口 ゆうゆう窓口や郵便局窓口のサービスの違いや、ゆうゆう窓口・郵便窓口の営業時間を紹介する前にゆうゆう窓口の概要を説明します。 郵便局により異なりますが、主な郵便局のゆうゆう窓口の取扱サービスを紹介します。 ・通常郵便物・速達郵便物差出し・書留郵便物差出し・切手や収入印紙等の購入 ・電子郵便(レタックス)・ゆうパック(チルドゆうパックを含む) ・国際郵便物(航空郵便物及び国際スピード郵便物)・保管郵便物・不在留置郵便物 ・本人限定受取郵便物の受取・支店への申請・届出の受付・私書箱の設置 などです。 ゆうゆう窓口では、くじ付郵便はがき・切手(お年玉付郵便はがき・年賀切手やかもめ? る)の景品交換・はがきや切手の書損交換等は受け付けていません。 郵便局窓口 ゆうゆう窓口や郵便局窓口のサービスの違いの理解を助けるために郵便窓口の概要を紹介します。 郵便局窓口サービスには、 ・郵便・貯金・保険・物販事業・カタログ類の設置による通信販売 ・郵便局のお取次ぎ・生命保険商品代理店業務・損害保険代理店業務 ・文房具販売・メディア事業などがあります。 郵便の窓口サービスは、切手・はがき・収入印紙の売りさばきや郵便物やゆうパックなどの引受などです。 貯金の窓口サービスは、 ゆうちょ銀行や独立行政法人郵便貯金 簡易生命保険管理機構の銀行代理店としての業務になります。 通常貯金や為替・振替等の銀行代理業務と、国債や投資信託、変額年金の販売等の金融商品仲介業務を行っています。 保険の窓口サービスは、 かんぽ生命保険および独立行政法人郵便貯金 簡易生命保険管理機構の代理店としての業務 独立行政法人郵便貯金 簡易生命保険管理機構に承継された簡易保険契約に関するサービス バイク自賠責保険の募集などを行っています。 次に、ゆうゆう窓口と郵便窓口の営業時間を紹介します。 ゆうゆう窓口と郵便局窓口の営業時間 ゆうゆう窓口と郵便局窓口の大きな違いは、時間外の窓口営業と時間内の窓口営業でしょうか。 ゆうゆう窓口の設置の有無や営業時間は、インターネット利用で「日本郵便・郵便窓口をさがす」のサイトで検索できます。 窓口の営業時間(開設時間)は郵便局によって異なります。 窓口にも営業時間(開設時間)が記されています。 都市部の郵便局(県庁所在地の中央局など)では通常の郵便窓口も含めて郵便サービスが24時間開設であるところもあります。 郵便局窓口の営業時間(開設時間)は、 郵便の窓口サービスは平日-9時~17時です。 土曜・日曜・祝日は休みです。 貯金の窓口サービスは平日-9時~16時です。 土曜・日曜・祝日は休みです。 但し、一部地域の大規模郵便局では時間外の営業を行っているところもあります。

次の

[47都道府県]土日・祝日も開いている郵便局(郵便窓口)

郵便局窓口

24時間対応(一部の大きな郵便局)• 土曜日、日曜日、祝日対応• 年末年始対応• ゴールデンウィーク(GW)対応• 夜間対応(夜間窓口)• 郵便業務• 住所変更、転送届の提出等に対応• 貯金や保険は非対応 が主な特徴となります。 できることとできないことは、以下で詳しく説明します。 「ゆうゆう窓口」は全ての郵便局に設置されているわけではなく、一部の郵便局に限ります。 お近くの郵便局にゆうゆう窓口が設置されているかどうか、上記の郵便局のページで検索できます。 最寄りの局をお探しください。 なお、ゆうゆう窓口がどのようになっているのか、実際に行ってみたレポートを以下の記事にまとめていますので、気になる方はご覧くださいね。 関連記事> ゆうゆう窓口の営業時間 窓口によって違いますが、概ね8時~21時までが多いです。 上記の郵便局のページでご確認ください。 大きな郵便局では24時間営業をしています。 全国の24時間対応窓口について、この記事のページ下部にので、ご覧ください。 営業時間はゆうゆう窓口によって異なりますので、日本郵便のサイトで確認くださいね。 通常郵便物(定形外、速達、書留、簡易書留、現金書留も可)• 保管郵便物、不在時預りの郵便物の受け取り• 切手購入• はがき購入• 封筒の購入(一部郵便局のみ)• 現金書留封筒の購入• 収入印紙等の購入• ゆうパック発送(箱、クッション袋の購入も可)• レターパックの購入、送付• 電子郵便(レタックス)• 国際郵便物(EMS、エアメール等)• 住所変更、転送届(転居届)等の届出• ゆうゆうメルカリ便、ヤフオク等の発送(ゆうプリタッチ設置の場合) 基本的に日中の郵便局業務の内容と同じですが、たとえば封筒は取扱のありなし等を事前に確認するとかして、不明点は対象郵便局に電話をしてから赴くと安心ですね。 特に郵便物やゆうパックの配送を受け付けているのは助かります。 不在時の荷物の受け取り 不在時の荷物の受け取りには、• 不在通知書• 本人確認書類(免許証、保険証等)• 印鑑(サインでも可) が必要となりますので、ご注意ください。 消印は? 消印は24時までなら当日消印を押してもらえます。 チルドゆうパック(クール便) ゆうパックのチルドゆうパック(クール便)についても可能です。 対応できる郵便局については「」のページで、「チルドゆうパック」にチェックを入れて検索してみてください。 ゆうプリタッチ メルカリ、ヤフオク、モバオク、Rakutenラクマに対応した「ゆうプリタッチ」についてはをご覧ください。 設置郵便局はをご確認ください。 その他 ちなみに封筒はAmazon等でネットでも購入可能です。 24時間営業(一部)• 土日、祝日、年末年始営業(一部)• 夜間対応• ゆうゆう窓口設置の郵便局は限られている• 郵便業務や住所変更等のみで、貯金や保険は非対応• ゆうパック配送等の郵便関連の業務はほぼ対応可能 もう一度、以下に郵便局の検索ページを記載しておきます。 いざという時に慌てないよう、前もって最寄りの「ゆうゆう窓口」をチェックしておくと安心ですね! 追加情報として、全国の24時間ゆうゆう窓口を調べました。 下記一覧をご覧ください。 ゆうちょ銀行を含む銀行の窓口やATM営業時間は当ブログの「」で記事にしていますので、よろしければそちらもご確認ください。 その場合、「実質24時間対応」と記載しています。 北海道地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 東北地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 東京都内 (平日のみ) 関東地方 (東京除く) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (6-24時まで) (平日8-24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (平日7-24時まで) (実質24時間対応) 北陸・信越地方 (8-22時まで) (8-23時まで) (24時まで) (実質24時間対応) (6-24時まで) 東海地方 (実質24時間対応) (24時まで) (24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (7-24時まで) (実質24時間対応) (8-24時まで) (平日・土8-24時まで) (8-24時まで) (7-24時まで) (実質24時間対応) (8-24時まで) (7-23時まで) (実質24時間対応) (6-24時まで) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 近畿地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (8-24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (23時まで) (8-23時まで) (8-24時まで) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (7-23時まで) (8-24時まで) (8-23時まで) (実質24時間対応) 中国地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 四国地方 九州・沖縄地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 郵便局の関連記事 >>.

次の

フリマ需要に「郵便局窓口」から悲鳴 不用品発送で利用者増も...日本郵便「ライフラインを担っている認識」: J

郵便局窓口

A ベストアンサー 旧紙幣は、換金しなくても額面の価値で流通させる事が出来ます。 小売り業者の全てが、この事を知ってるかは疑問ですが、500円札なら500円の買い物が出来ます。 記念硬貨も同じように額面の価値で買い物が出来ます。 銀行窓口に換金の手続きをすれば、現行紙幣 貨幣 と交換してもらえますが、記念硬貨等は古銭業者に買い取ってもらった方が額面より高値になる事が多いです。 記念金貨も額面通りで流通出来ますが、金貨で買い物をする人は聞いた事がないです。 もし、10万円金貨を額面で良いなら、お店は大喜びですが、逆に偽金貨と警戒されると思いますので、10万円金貨なら絶対に古銭屋で換金した方が得です。 Q 昨日の夜、みずほ銀行のATMで9万円をおろしたところ、1枚5000円札が混ざっていて、8万5000円しか出てきませんでした。 銀行は閉まっていたので、今日になって電話で問い合わせたところ 「データを確認したけれど、ズレはない。 機械が1万円札の代わりに5000円札を出すなんてありえない。 だから、どうあっても5000円は返さない」 というお話でした。 私は事実、5000円損失していて、実際機会が1万円と間違って5000円札を出したのに、機械がミスすることはありえないということで相手にしてもらえません。 でも、機械だって何らかのミスすることはあるんじゃないでしょうか。 私はこのまま泣き寝入りするしかないのでしょうか。 どう対応したら、私は5000円を取り戻すことが出来ますか? たかが5000円ですが、こんなことされて、黙っているわけにはいきません。 A ベストアンサー 元銀行員です。 電話ではなくて、直接銀行の窓口に行かれてはいかがですか??そのATMが設置されている支店、または管理している支店です。 必ずATMでのやり取りの情報が残っていますし、保管もしなければいけない義務もありますので。 データを確認したと言っても、おそらく最後の計算が合ってるっていうだけで、1つ1つ確認したわけではないと思います。 例えば、今1万円札の変わりに5千円札が出てきたんですよね?でも、誰かが5千円の変わりに1万円札が出てくれば計算は合います。 ATMでの間違いはほぼないと思いますが、ATMにお金を入れるのは人間ですし、間違いもあるかもしれません。 出てきたお金は新札でしたか?新札の場合は、100万とか塊のまま入れるので間違う可能性は低いです。 ただ、古い紙幣ですと1万円札と5千円札が混じる可能性はあります。 あと、ATMでお金をおろした時にATMの横とかに緊急用とかの電話はついてませんでしたか?もしあったのならば、それですぐに言えば一番よかったんですけどもね。 時間が経ってしまうと難しくなります。 銀行側としても、正直どこまでお客様の言ってることを信用していいのかっていうのはあるんです。 なるべく早め、もう今日中に銀行の窓口に怒りながら行ったらいいと思いますよ! 銀行員だった頃の私だったら、今さら言っても・・・って思ったかもしれませんが、辞めた今はあなたを応援しますよ! 元銀行員です。 電話ではなくて、直接銀行の窓口に行かれてはいかがですか??そのATMが設置されている支店、または管理している支店です。 必ずATMでのやり取りの情報が残っていますし、保管もしなければいけない義務もありますので。 データを確認したと言っても、おそらく最後の計算が合ってるっていうだけで、1つ1つ確認したわけではないと思います。 例えば、今1万円札の変わりに5千円札が出てきたんですよね?でも、誰かが5千円の変わりに1万円札が出てくれば計算は合います。 ATMでの間違いは... A ベストアンサー 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。 昭和30年~昭和33年:穴無し 昭和34年~昭和41年:穴有り となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年 以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。 おおよそ500~2500円程度で引き取ってもらえる。 (状態によって価格差有り) その他年号:プレミア無し(存在量が多く、どのお店にも大量の在庫有り) 額面通りの価値 その他に、一般年号でもプレミアが付く可能性があるのは、俗に言う 「エラーコイン」です。 一般的なものは下記です。 ・角度ズレ 表裏の角度がずれているもの。 ・穴ズレ(昭和34年~昭和41年) 穴が中心になく、ずれているもの。 穴の縁が切れる程ずれていれば確実。 少々のズレでは評価してもらえない場合が多い。 ・穴なし(昭和34年~昭和41年) 穴が無いもの 前述の二つよりも評価が高い。 エラーコインの場合、エラーの度合いにより評価が異なります。 (価値もピンからキリまでです。 ) 処分の方法ですが、下記の方法が考えられます。 1.古銭屋さん 買取価格は何処でもほとんど同じと思って良い。 当然プレミアも加味した金額となるので一番無難です。 2.骨董屋さん、リサイクルショップ屋さん 古銭が弱いお店の場合は、全て額面という場合があるので注意。 リサイクルショップ屋では引取らないお店もある。 通常は高値の期待はしない方が良い。 3.インターネットオークション 熱くなってくれる人が入札してくれると高値になる場合がある。 (出品方法に一工夫が必要) 自分だったらこの方法を選びます。 4.フリーマーケット 安く買い叩かれる場合や、売れ残ってしまう場合の方が多く、 値付けが難しい。 手間を考えると個人的には絶対にしません。 5.銀行 プレミア等一切関係なく、額面で引取ってもらえます。 こんな所でしょうか。 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。 昭和30年~昭和33年:穴無し 昭和34年~昭和41年:穴有り となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年 以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。 おおよそ500...

次の