引越し見積もりの相場を比較して費用を安くする方法。 引越しの価格が気になる人必見!激安になる方法はある?見積もりの一括比較を体験した口コミも!

近距離の引越しの費用の相場は?安い業者やプランを見つけるには?

引越し見積もりの相場を比較して費用を安くする方法

距離制運賃は、トラックで荷物を運ぶ距離をもとに計算され、100㎞を超える移動距離があるときに適用されます。 時間制運賃は、荷物を運ぶ距離が100㎞以内の引越しに適用されます。 通常、4時間と8時間の基礎時間が設定されていて、作業時間の超過とともに追加料金が発生します。 引越し相場は上記のどちらかを基本運賃として計算されます。 また、引越し料金の相場は、通常期と繁忙期によって大きく変動します。 一般的に最も引越し料金が高いのは、卒業や就職などで新しい土地に移り、生活を始める方が多い3月から4月です。 繁忙期である3月から4月は通常期に比べ、引越し料金の相場も高くなります。 距離・時期・引越し人数をポイントとして引越し費用のおおよその相場を説明します。 単身者の引越し料金の相場:3~4月 通常期の引越し料金に10,000円~100,000円が上乗せされた価格がおおよその相場です。 荷物が少なめで15km未満の引越しだと40,000円前後、500㎞を超える長距離になると60,000円程度です。 さらに、荷物が増えるにつれて引越しの費用は高くなり、15km未満の距離で50,000円前後、500㎞を超える長距離で80,000円程度です。 荷物の量に比例して相場も上がり、20km未満で35,000円前後、500㎞を超える長距離で60,000~70,000円程度です。 同じく親2人と子ども2人の4人家族の場合、移動距離15km未満で110,000~120,000円、500㎞を超える長距離で200,000円を超えることもあります。 作業員の人数は、部屋の数によって増減します。 また、休日は平日よりも人件費が1人につき、1,000~2,000円ほど高くなります。 一般的な部屋割りにおける人件費の目安は、下記の通りです。 2DKに2人の作業員・・・25,000円前後• 3LDKに3人の作業員・・・35,000~40,000円• 4LDKの部屋・・・50,000円前後 さらに、高層階への引越しは多くの作業人数が必要になるため、一般的な目安よりも人件費がかかる傾向にあります。 割増料金がかかるのはどんなとき? 引越し料金は、いろいろな条件によって割増料金が加算されることがあります。 よく確認しないで契約をしてしまうと、あとから予想以上の金額を請求され、驚いてしまうことになります。 業者によって多少の違いはありますが、どんなときに割増料金がかかるのかを把握しておきましょう。 3月、4月の引越しシーズン まず、卒業や就職などで引越しを考える人が多くなる、3月、4月です。 この時期は引越し業者の繁忙期にあたるため、年間でも高い料金設定がされています。 土日、祝日の引越しも料金がかかる 次に、土曜日、日曜日、祝日などの一般的な休日です。 やはり、平日よりも引越しをする人が多いので、割り増し料金がかかる場合があります。 午前中の引越しは需要高め 引越しを予定している時間帯によっても割増料金が設定されていることもあります。 一番割増料金がかかりやすい時間帯は、午前中です。 荷物の搬出入はもちろん、引越し後の片づけにも、とても時間がかかるため、早めの開始を希望する人が多くなります。 そのため、需要が高く割増料金が設定されているのです。 引越し相場の内訳は? 引越し業者に依頼した場合に必ず発生する料金です。 料金構成は、 基本運賃 + 割増料金 + 実費 + オプション が一般的です。 引越し先までの距離や荷物の量などによって決められた基本運賃をもとに、引越しを行う曜日・時期により発生する割増料金、作業員の人件費や梱包費用、車両 トラック 代や運賃などの引越し作業に対して発生する実費、さらにピアノ、エアコン、自動車やバイクの輸送・運搬する場合などに発生するオプション料金の合計金額を業者に支払います。 オプションにかかる料金の例 一般的なオプション金額をご紹介します。 あくまでも料金の目安ですので、必ず以下の料金に当てはまっているわけではありません。 オプションを利用するときは、依頼する業者に確認しましょう。 オプション 料金 不用品の処分 5,000~10,000円 処分するものによって変動 荷物の荷造りや荷ほどき 単身者で10,000~30,000円家族で50,000~90,000円 段ボールの数や作業人数によって変動 洗濯機の取り外し、設置 3,000~8,000円 全自動か、ドラム式かによって変動 エアコンの取り外し、設置 エアコンの取り外し・・・7,000~10,000円エアコンの設置・・・10,000~15,000円 ピアノの輸送 アップライトピアノ・・・20,000円前後グランドピアノ・・・30,000~40,000円 自転車やバイクの輸送 自動車・・・近距離30,000~長距離200,000円中型バイク・・・近距離30,000~長距離100,000円大型バイク・・・近距離60,000~長距離120,000円 特殊な運搬方法 10,000~30,000円 手吊りやクレーンなどを使用 引越し料金を安く抑える方法|見積もりを必ず取ろう 引越し業者を決めるときは、数社に見積もりをお願いし、料金や内容を比較してから決めるのが基本です。 同じ条件で見積もりを取っても、業者ごとに料金やサービス内容に差があるからです。 業者によって見積額に差が出る理由は、経営規模や提供しているサービス内容などによります。 例えば、全国で展開されている大手の引越し業者は、見積料金が高くなる傾向にあります。 しかしその分、基本的なサービスが充実していたり、無料オプションなどが利用できたりします。 地域に密着した小規模の引越し業者は、周辺の地理に詳しく交通状況を理解しているため、スムーズな移動が可能であったり、細かな要望にも対応してくれたりする業者が多く、引越し料金は安くなる傾向にあります。 しかし、大手に比べると基本的なサービスが少ないこともあります。 引越し業者を決めるときは、見積金額だけで決めてしまわずに、サービス内容やオプションについてしっかりと確認してから決めましょう。 ほかにも事前に引越し代を安くできるポイントがあります。 引越しをするにあたり、知っておいて損はない情報なので、こちらの記事も併せて読むことをおすすめします。 引越し業者の一括見積もりならコレ! リクルートが運営する知名度抜群の住宅情報サイトのSUUMO スーモ の引越し見積りサービスです。 SUUMOだけの特典やプランが充実しており、大手はもちろん地域密着型まで一番安い引越し業者が簡単に見つかります。 電話番号の入力が必要なく、引越し業者とのやりとりをメールのみで済ませることも可能です。 電話がたくさんかかってくる煩わしさがありません。 見積もりは無料なのでぜひ利用してみてください。 自分で運んで引越しをした場合の料金相場は? 現在お住まいの同県内などの近隣に引っ越す場合、引越し業者を使わずに自分で荷物を運ぶことを検討されることもいると思います。 一見自分で運搬をしたほうが引越し代を安く抑えられると考える方もいると思いますが、事前にどのくらいの費用が必要なのか知っておくと、引越し業者を利用する場合と、費用と作業が見合うかなど検討することができますよ。 実際に自分や友人などの協力を得て引越しをする場合、単身であればおおよそ30,000円、家族であればおおよそ60,000円が相場です。 レンタカーや段ボール、テープなどが主な内訳です。 家族の車を借りたり、不要な段ボールをもらったりと工夫することでさらに安く抑えることができますよ。 まとめ 引越し費用には、引越し業者に支払う料金だけでなくさまざまな費用が必要になります。 引越しには、2月から5月の通常期と3月から4月の繁忙期があり、繁忙期になると引越し費用の相場が高くなります。 また、土日・祝日や午前中の引越しには割増料金が必要になることが多いです。 なるべく引越しの費用を抑えたい場合は、繁忙期を避ける、時間指定をしない、お得なプランを利用するなどの方法があります。 そして、です。 見積金額やサービス内容は業者によって異なるため、複数社の業者で見積もりを出してから自分の理想や要望に近いおすすめの業者を選びましょう。

次の

引越しの料金相場(荷物量別)と費用を安くするコツ

引越し見積もりの相場を比較して費用を安くする方法

この記事の目次• 「 サカイ引越センター」は、顧客満足度が高く、人気がある引越し業者のひとつです。 サカイ引越センターを利用してみたいけど、大手の引越し業者だし料金も高いのでは……?と迷っていませんか? 効果的な見積もりの取得方法や、料金を下げるコツなどを知っていれば、引越しの料金を安くすることはできるんです!ここでは、 サカイ引越センターの料金相場と、見積もりの取得方法などを詳しく紹介していきます。 サカイ引越センターの引越し費用の相場はどのくらい? 単身からファミリーまで、幅広い層に支持されているサカイ引越センター。 少しでも引越し費用をおさえるための方法を紹介しましょう。 季節や時期によって引越し費用の相場が変わる 3月から4月は引越し業者の「繁忙期」となり、料金が高くなります。 3月から4月は進学や転勤など、人の移動する機会が多くなる時期のため、引越しの需要が増えて相場が上昇するのです。 一方、3月から4月以外の閑散期には人の動きが比較的少ないため、料金が安くなる傾向があります。 また、繁忙期は料金が高くなるほか、 引越しの作業日程を押さえにくいといったデメリットもあります。 サカイ引越センターでは「 お得な引越しカレンダー」という、名前の通り引越し料金のお得な日が一目でわかるカレンダーを公式サイトに掲載しています。 引越しのサービス内容・距離などが引越し費用の変動要因になる サカイ引越センターでは、サービス内容や予算、家族・単身での引越しなどの条件に合わせて以下のような引越しコースが用意されています。 家族での引越しや、できるだけ引越し作業を任せたいという方におススメ らくらくコースプレミアム 食器などの小物や家具・家電までの荷造り、荷ほどきをサカイ引越センターが行ってくれます。 さらに掃除のプロ「ダスキン」に引越し後の新居の掃除を頼めるプレミアムなプランです。 らくらくAコース 食器などの小物から家具・家電までのすべての荷造り、荷ほどきをサカイ引越しセンターが行ってくれます。 らくらくBコース 食器などの小物から家具・家電までのすべての荷造りはサカイ引越センターが行ってくれます。 新居での家具家電などの設置は行ってくれますが、小物の荷ほどきは自分で行います。 らくらくCコース 食器や大型家具の荷造り・荷ほどきはサカイ引越センターが行ってくれます。 その他のものの荷造り・荷ほどきは自分で行います。 サカイ引越センターに引越しを依頼する際は、事前に見積もり訪問してもらう必要があります。 この章では、サカイ引越センターの見積もりについて解説します。 見積もりは引越しの約2カ月~3カ月前より依頼できます。 繁忙期に引越しをする場合は、なるべく早く連絡するとよいでしょう。 (step1)電話・WEBで見積もり依頼をする サカイ引越センターの公式ホームページで入力もしくは窓口に電話し、訪問見積もり日を決めます。 地域によって異なりますが8時~18時の時間帯から指定できます。 また訪問見積もりは 無料ですが、キャンセルする場合は早めに連絡するのがマナーですね。 (step2)訪問見積もりの当日 訪問見積もりの当日はサカイ引越センターのスタッフに、住居内の荷物の量をチェックし見積もり金額を算出してもらいます。 サカイ引越センターには多くのプランがあるため、悩んでいる場合は相談するとよいでしょう。 他の引越し業者とも見積もりを比較するという方も少なくないでしょうから、その場で契約するかどうかの返事をしなくても問題ありません。 引越し費用を少しでも安くするには? 人それぞれで引越しの条件が異なるため、引越し費用に「定価」というものはありません。 そのため、 工夫次第で引越し費用を安くすることができます。 ここでは、サカイ引越センターでの引越し費用を安くするためのコツをご紹介します。 荷物量を減らす工夫をしてみる 引越し費用は荷物量が少ないほど安くなるので、自分で運べる荷物はできるだけ運んでしまいましょう。 また、不要なものを引越し前に処分するのも、荷物量を減らすのには有効な方法です。 サカイ引越センターの「小口便引越サービス」を利用してみる 関東から関西、関西から九州などの長距離の引越しで荷物量が少ない場合には、小口便引越サービスを利用することで引越し費用を安くすることができます。 指定されている「高さ144cm、幅105cm、奥行き75cm(内寸)」のBOXに荷物を詰めて運ぶため、 料金が格安に設定されています。 ただし、小口便引越サービスは「同エリア内の移動は対応外」「資材は別料金になる」という条件があるので注意してください。 なお、梱包資材については3種類の資材セットの販売サービスがあります。 サカイ引越センターの資材セット Aパック 3,300円(税込) ダンボール大5個 ダンボール小5個 ガムテープ1個 布団袋1枚 Bパック 6,600円(税込) ダンボール大5個 ダンボール小5個 食器包装紙100枚 エアキャップ10m ハンガーBOX ガムテープ1個 布団袋2枚 単身資材パック 5,500円(税込) ダンボール大10個 ダンボール小10個 ガムテープ1個 布団袋1枚 小口便引越サービスは、専用BOXに荷物が収まれば引越し費用の節約ができるので、荷物が少ない方はぜひ検討してみてくださいね。 サカイ引越センターと他社との比較をしてみる 少しでも引越し費用を安くするためには、サカイ引越センター以外の引越し業者にも見積もりを依頼し、比較検討してみましょう。 比較した見積もり金額は、サカイ引越センターと交渉する際の材料になります。 引越し一括見積もりでサカイ引越センターの引越し費用も安くなる!? サカイ引越センターへ見積もりを依頼する方法や、引越し費用の相場、値引き交渉のタイミングのコツなどについて解説しました。 荷物量や引越し時期について工夫をすることでじょうずに引越し費用を節約することができますが、 複数の引越し業者から見積もりを取ってサカイ引越センターと料金の交渉をすることもおススメです! 「引越し一括見積もり」でよりおトクに引越しをしよう! よい引越しサービスをより安い料金で受けたいなら、まずは引越し一括見積もりサイトを活用してみましょう。 最初からサカイ引越センターに引越しの依頼をすると決めている場合でも、引越しの一括見積もりサイトを利用してみましょう。 引越しの一括見積もりサイトで自分の引越しの条件を入力すると、さまざまな引越し業者から一括して見積もりをとることができます。 また、引越し見積もりサイト限定の キャンペーンなどの優待を受けられるチャンスがあり、タイミングによってはサカイ引越しセンターへ直接依頼をするよりも、 引越し見積サイトを通して依頼した方がおトクになる場合もありますよ。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクに電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

単身引越しの見積もり相場・料金比較や安くする方法はこうだ

引越し見積もりの相場を比較して費用を安くする方法

引越しの価格の相場ってどのくらい? 引越しの費用を出来るだけ抑えたいと考えるママも多いはず。 引越しの費用の相場は、 時期と距離によって左右されます。 時期については、2月・3月・4月がやはり高め。 4人家族の場合、約7万円ほど他の時期に比べて高くなるという場合もあります。 距離が遠くなればなるほど、引っ越し料金の明細にある運賃が高額に。 同じ市町村での引越しの場合には10万円程度であっても、500kmを超える引越しの場合には20万円を超えることもあります。 ただし急な転勤などでは間に合わないこともあります。 大安などに比べて1万から2万円程度安くなるケースもあるそうです。 引越しとは物を最初に部屋に移した日を指すようです。 この法則から行くと大半の荷物を仏滅に運んだとしても最初に荷物を大安に入れたので、ゲンを稼げるのだとか。 引越しの日が選べないという人も参考にして下さい。 一括で引越しの見積もりを取れるサイトもあるので利用してみましょう。 複数の引越し業者がやって来て見積もりを取ってくれます。 そこで一番安い業者を選ぶと良いでしょう。 引越し業者の一括見積もりを体験した私の感想 この方法は見積もりが比較できることや他社の提示した金額と比べることができるというメリットがあります。 一番安い金額でお得に引越しが出来たと思います。 しかしデメリットもあります。 引越し業者が家に何社もやってくるので、対応が大変です。 まずサイトに登録してからスマホの電話が鳴り響いて大変でした。 さらに私の場合は長女を妊娠中で体調がわるかったので、正直大変でした。 今小さい子供がいる場合に来られてもちょっとしんどいなという感じです。 今この場で決めて下さいと言われる会社もありました。 押しが弱いという人にとっては、1社目で決めざる負えない状況になるかもしれません。 引越し費用を安くする方法まとめ 引越しの費用を安くしたいなら5月から1月の仏滅がおすすめです。 一括見積をとる場合には、メリットとデメリットもあることを頭に入れておきましょう。

次の