スージー スー。 スージー鈴木

スージークーパー

スージー スー

スージー・クアトロとは? スージー・クアトロは1950年生まれですから日本でも人気があった1970年代前半から半ばの頃は20代前半から後半ですね。 わしもメチャ好きとまでは行かないですがそれなりにファンでございました。 中学生の頃に同じクラスの女子に「好きな歌手って誰?」と聞かれて 「スージー・クアトロ」と答えたぐらいですからね。 ただ スージー・クアトロの曲が ブギだとは思いませんでした。 少しハードな ロックンロールだと思ってましたけどね。 それとずっとイギリスのシンガーだと思っていたけど出身はアメリカのデトロイトなんですね。 アメリカでデビューした後にイギリスに渡りブレイクしたということです。 また日本ではイギリス以上に大ブレイクしましたよね。 何度も来日してライブも積極的にこなしていましたし、今でいうバラエティ番組などにも出演してた記憶があります。 しかし本国アメリカではブレイクしなかったみたいですね。 このスタイルはアメリカでは受けなかったのでしょうか。 時代が少し早過ぎたのかも知れません。 ただ 革ジャンにジーンズという女性ロッカーのイメージを作 り上げたのは ジョーン・ジェットと言われているそうですが、 黒のジャンプスーツ、革ジャンは スージー・クアトロのの方が先ですからね。 実際に ジョーン・ジェットは スージーのファンだったそうですからね。 映画「ランナウェイズ」のオープニングシーンでも ワイルドワンが流れます。 スージー・クアトロの代表曲~現在は? 代表曲は先にも述べましたが何と言っても 「ワイルド・ワン」でしょうね。 他には 「悪魔とドライブ」、酒のCMソング 「ロキシーローラー」と言った所でしょうか。 あと 「キャン・ザ・キャン」や 「デイトナ・デイモン」とかもね。 個人的には「ワイルド・ワン」がいちばん好きでした。 後に榊原郁恵さんが 「夏のお嬢さん」という曲を出しましたが、この曲は「ワイルド・ワン」のパクリとか言われてましたけどね。 こちらはスージーの公式サイトにアップされていた邦題「悪魔とドライブ」の動画です。 ベースを弾いてシャウトする姿がカッコいいです!それと小さな体なのにベーシストと言うのも珍しいですよね。 ですが80年代以降は新譜もほとんどなく、失礼ながら日本でも忘れ去られたような感じですね。 最も82年と84年に出産されているので80年代は子育て中心だったと思いますが。 それでも地道にライブ活動は継続していたようです。 またを見ますと現在もライブはやっていますね。 スージー・クアトロの20年ぶりの来日公演! それから2014年の5月には、約20年ぶりに来日して1日だけライブをやってくれましたね。 スージー曰く、「多分18回目の来日」だそうです。 youtubeにもその時の動画が上がっていますが結構盛り上がってますね。 それが好評だったのか2015年も4月に2日ライブをやるそうです。 名古屋でやってくれるならわしも行きますけどねえ。 東京ではさすが厳しいです。 でも今回も成功してまた名古屋とかにも来てくれることを期待したいです。 追記 残念なことに2015年4月の来日は中止になってしまいましたね。 その振り替え公演が秋に行われるという話もありましたが、こちらも中止になったようです。 どんな事情があったか分かりませんけど体調不良とかでないことを祈りたいです。 それとまた機会があった来日して欲しいですね。 さらに追記 2017年の4月に来日公演が行われますね。 わしも行けるものなら行きたいですが、東京では難しいです。 それと主催者側からは協力を呼びかけるような動きもありますが、今度はきちんと実現して欲しいですね。 と、思っていたら結局中止になってしまいました・・ スージーのグレイテスト・ヒッツCDを買ってみた! もう大分前になりますが、 スージーの グレイテスト・ヒッツを買いました。 youtubeでも代表曲はアップされていますがやはり他の曲も含めてじっくりと聴いてみたくなったからです。 ただ グレイテスト・ヒッツも何種類かあって、どれにしようか迷いましたけどね。 でも曲は大体同じですので普通は迷うほどではないかも知れません。 私は ロキシー・ローラー(サケ・ロック)が入っているかどうかで選びました。 で、じっくり聞いてみるとやはり懐かしゅうございます。 それとこの路線は私はいいと思いますけどね。 いわゆるストレートな ロックンロールですわ。 オールディーズやロカビリー系の ロックンロールではないですけどね。 でも今の若い子たちが聴いたらどう感じるんでしょうね。 やはり受けないでしょうか。 しかしおじさんは 革ジャンやジャンプスーツを身にまとい、ハードでストレートな ロックンロールをやってくれるような女の子が出てこないものかと思います。 最後に・・ 今回は女性ロッカーの元祖 スージー・クアトロを紹介してみました! 個人的には スージーのフォロアーのような、女の子のロッカーの登場を切に願います。 もちろんバンドでもいいですけどね。 おじさんたちには受けると思うけどなあ。 ただおじさんたちに受けても若い女の子はうれしくないでしょうし、ビジネスとして成り立つかどうかは疑問ですが。 それでもおじさんは声を大にして言います。 全国の女性ロッカーの諸君! スージー・クアトロを聴こうではありませんか!.

次の

スージー・クアトロの現在・来日は?代表曲はワイルド・ワン&キャン・ザ・キャン!

スージー スー

スージー・アンド・ザ・バンシーズ Siouxsie And The Banshees 出身地 ジャンル 活動期間 - 、 レーベル 共同作業者 クリーチャーズ Siouxsie Sioux solo The Glove 公式サイト 旧メンバー スージー・スー ボイス スティーブンセヴェリン ベース ケニー・モリス(ドラムス) ジョン・マッケイ(ギター) バッジー(ドラムス) (ギター) (ギター) ジョン・カルチャーズ (ギター) マーティンマッカリック キーボードとチェロ ジョン・クライン (ギター) ノックスチャンドラー(ギター) スージー・アンド・ザ・バンシーズ Siouxsie And The Banshees は、女性ボーカルのスージー・スー Siouxsie Sioux を中心として1976年に結成されたイギリスの 、の。 その音楽性は、活動時期によって多様性に富んでいる。 初期のストレートなポストパンクから出発して、中期には呪術的とも評されたサイケデリック色を強めた独自のサウンドを構築したが、後期にはスージー・スーのボーカルがより重視されるようになった。 スージー・アンド・ザ・バンシーズに影響を受けたバンドは数多く、 、 、 、。 独特の演奏感覚を持つプレイヤー揃いのバンドであり、特にギタリストの(『カレイドスコープ』 1980年 、『呪々』 1981年 、『キス・イン・ザ・ドリームハウス』 1982年 の各アルバムに参加)に関しての評価が高い。 () 、() 、() 、 、() ら錚々たる名手達が演奏面でギタリストのジョン・マッギオークに影響を受けたことを公言している。 メンバー [ ] スージー・スー(Siouxsie Sioux)とベースのスティーヴ・セヴェリン(Steven Severin)を中心に結成された。 バンシーズは、アイルランドおよびスコットランドに伝わる女の妖精であり、家人の死を予告すると言われている から取られている。 スージー・スーの名前は、本名のスーザンの愛称であるスージー及びスーを、の(Sioux)の綴りにしたものである。 また、セヴェリンは、の『』の主人公の名である。 ドラムとしては主としてバッジー(Budgie)が参加。 ギターは頻繁にメンバー・チェンジを繰り返したが、初期には元の(John McGeoch)が加入、後にはの(Robert Smith)らがゲスト参加した。 スージー・スーとバッジーは1991年に結婚、2007年に離婚。 来日公演 [ ] 1982年:• 3月29日 - 東京 ツバキハウス• 3月30日 - 東京 渋谷公会堂• 4月 1日 - 吹田 万博ホール• 4月 2日 - 横浜 1983年:• 2月 5日 - 東京 渋谷公会堂 (ギター)と• 2月 6日 - 東京 渋谷公会堂 ロバート・スミス(ギター)と• 2月 8日 - 京都 BIG BANG 2公演 ロバート・スミス(ギター)と• 2月10日 - 大阪 大阪厚生年金会館 ロバート・スミス(ギター)と 1999年 - クリーチャーズ (The Creatures)[スージー・スーとBudgie] :• 5月13日 - 大阪 心斎橋クラブクアトロ• 5月12日 - 東京 渋谷クラブクアトロ 2002年• 8月17日 - 大阪 WTCオープンエアスタジアム [サマーソニック大阪]• 8月18日 - 千葉 幕張メッセ [サマーソニック東京] ディスコグラフィ [ ] スタジオ・アルバム [ ]• 『悲鳴』 - The Scream 1978年• 『ジョイン・ハンズ』 - Join Hands 1979年• 『カレイドスコープ』 - Kaleidoscope 1980年• 『呪々』 - Juju 1981年• 『キス・イン・ザ・ドリームハウス』 - A Kiss in the Dreamhouse 1982年• 『ハイエナ』 - Hyaena 1984年• 『ティンダーボックス』 - Tinderbox 1986年• 『ピープ・ショウ』 - Peepshow 1988年• 『スーパースティション』 - Superstition 1991年• 『恍惚 - ラプチュア』 - Rapture 1995年 ライブ・アルバム [ ]• At The BBC 2009年 コンピレーション・アルバム [ ]• "Hong Kong Garden" 1978年• "Happy House" 1980年• "Christine" 1980年• "Israel" 1981年• "Spellbound" 1981年• "Arabian Knights" 1981年• "" 1983年• "Cities in Dust" 1985年• "Peek-a-Boo" 1988年• "The Last Beat of my Heart" 1988年• "Kiss them for me" 1991年• "Face to Face" 1992年 ビデオ [ ]• 2006年にDVD再発• At The BBC 2009年 サイド・プロジェクト [ ] スージー Siouxsie [ ] スタジオ・アルバム [ ]• 『マンタレイ』 - Mantaray 2007年 シングル [ ]• 『ドリームショー』 - Dreamshow 2005年• 1981年にシングル「ワイルド・シングス」(Wild Things)を発表した後、1983年にはハワイで録音したファースト・アルバム『フィースト(饗宴)』を発表。 スージーのボイスとパーカッションを中心に、バンシーズの呪術的、民族的側面をより前面に押し出している。 1989年にはセカンド・アルバム『ブーメラン』を発表し、その後も活動を続けている。 スタジオ・アルバム [ ]• 『悲鳴』 - Feast 1983年• 『ブーメラン』 - Boomerang 1989年• 『アニマ・アニムス』 - Anima Animus 1999年• 2003年 コンピレーション・アルバム [ ]• 『ベストプライス』 - A Bestiary of 1999年 手袋 The Glove 1983年 [ ] 手袋(The Glove)は、スティーヴ・セヴェリンとロバート・スミスによるユニット。 1983年にファースト・アルバム『ブルー・サンシャイン』(Blue Sunshine)を発表。 女性ボーカルのジャネット・ランドレー(Jeannette Landray)をフィーチャーした曲もあり、スージーのボーカルとはまた異なったポップなサイケデリックさが特徴となっている。 脚注 [ ] []• Q magazine 2013年4月23日. 2017年1月10日閲覧。 Oldham, James 2004. Uncut magazine : 60. "When we went on tour with [Siouxsie and the Banshees] at the end of 1979. They were a massive influence on me. ] They were the group who led me towards doing Pornography. They drew something out of me"• Appleford, Steve 2000年10月29日. Los Angeles Times. 2016年5月10日閲覧。 A: It's hard to beat Siouxsie Sioux, in terms of live performance. She is so exciting to watch, so full of energy and human raw quality. inflightdata. com. 2011年7月13日時点のよりアーカイブ。 2010年11月1日閲覧。 U2wanderer. org. 2010年11月1日閲覧。 McCormick, Neil 2006. U2 by U2. HarperCollins Publishers. 56, 58 and 96• seattlepi. com 2014年12月17日. 2015年12月1日閲覧。 I like all the spectrum in between, and that might be — and is — Richard Lloyd of Television, John McGeoch from Siouxsie and the Banshees, Nile Rodgers. Dombal, Ryan. Pitchfork. com. 21-03-2008閲覧。 " And we're like, You know, Siouxsie and the Banshees! Casandra Scaroni, Samuel Dietz.. Alltuntun. 01-09-2018時点のよりアーカイブ。 2-09-2011閲覧。 It was the post-punk era, so you had a lot of music like Siouxsie and the Banshees [... crestfallen. com 2011年10月28日. 2013年8月31日時点のよりアーカイブ。 2015年7月14日閲覧。 Borjesson, Tore S 2003年3月23日. Aftonbladet. 2 July 2015閲覧。 He's got a new brilliant idea at each song. I generally listen to the records he recorded with [... - スージー・スーとクリーチャーズの公式サイト (英語).

次の

【273件】スージー・スー|おすすめの画像【2020】

スージー スー

略歴 [ ] 、出身。 、大学生時代に『東京ラジカルミステリーナイト』の「AUプロジェクト」に参加し、「スージー鈴木」の名でラジオデビュー。 サラリーマンとして働きながら、からにかけて土曜日『』にレギュラー出演した。 より、11月創刊の『』で野球音楽評論家としてデビュー。 から雑誌『』の「CULTURAL REVIEW about BASEBALL」コーナーにて隔週で野球音楽に関するコラムを連載。 2007年以降、同誌における肩書きは「野球文化評論家」となっており、音楽以外のコラムを執筆する場合もある。 、で講師も務める。 人物 [ ]• 歌手の(ジュリー)の大ファンで、人生の師として敬愛している。 の熱心なファン。 好きなは、、(先述の雑誌記事内プロフィールより)と、。 本人のツイッターによれば [ ]、人生の夢は、 1 プロ野球公式戦始球式、 2 紅白歌合戦・審査員、 3 『週刊文春』での音楽コラム連載。 出演番組 [ ] ラジオ• 東京ラジカルミステリーナイト(、1988年〜1989年)• (、1995年〜1999年)• (系列、12月29日、「M-1評論家」として)• (、6月21日)• スージー鈴木の月刊歌謡パンチ! (、5月~7月)• (、3月)• (文化放送、2016年4月)• 能町みね子 TOO MUCH LOVER(ニッポン放送、4月)• ダイノジの深夜の回転体(ニッポン放送、2016年6月12日)• 金曜ブラボー。 (ニッポン放送、3月2日)• (JFN系列、6月30日~)• 中山優馬 RADIO CATCH(JFN系列、11月)• (文化放送、2018年11月19日~)• KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN REAL()• 伊集院光の野球バン! (、)• (、2009年3月15日)• (フジテレビONE、2009年11月30日,#2)• (、2011年8月10日)• (、2012年10月25日)• BOOKSTAND. TV(、2017年4月28日)• (BS12 トゥエルビ、2017年10月6日~) 執筆 [ ] 書籍 [ ]• 『【F】を3本の弦で弾くギター超カンタン奏法〜シンプルなコードフォームから始めるスージーメソッド』 、2014年3月。 『1979年の歌謡曲』 彩流社〈フィギュール彩〉、2015年11月。 『1984年の歌謡曲』 〈イースト新書〉、2017年2月。 『サザンオールスターズ1978-1985』 新潮社〈〉、2017年7月。 『カセットテープ少年時代 80年代歌謡曲解放区』 共著〈〉、2018年6月。 『イントロの法則80's〜沢田研二から大滝詠一まで』 、2018年10月。 『80年代音楽解体新書』彩流社、2019年8月。 新聞 [ ]• 「スージー鈴木のヒット曲講座」(2016年~ ) 雑誌・ムック [ ]• 「」(1998年創刊〜1999年 )• 「」(2001年〜 )• 「コメ旬vol. 1」「コメ旬vol. 3」(2011年〜2013年 ) 小説 [ ]• 「完全仮想フィクション M-1 東西頂上決戦 東京漫才は大阪に勝てるか!? 」(雑誌「広告」2008年6月号)• 「恋するラジオ」(「水道橋博士のメルマ旬報」連載) Web [ ]• Re:minder ~「EPICソニー名曲列伝」• 「ザ・カセットテープ・ミュージック」公式サイト~スージー鈴木のボーナス・トラック• 東洋経済オンライン~スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」• 水道橋博士のメルマ旬報「読む桑田佳祐」• FRIDAYデジタル~「ちょうど30年前の歌謡曲」• アーバンライフメトロ~「ベストヒット23区」 音楽 [ ] シンガーソングライターとして [ ] Coopers town label()の『take me out to the ballgame』で以下の4曲を披露した。 supersonic speedstar〜高橋慶彦にささぐ• おっかけ旅情• Here comes the Searex• 大阪メモワール サイト『野球浴 野球音楽の殿堂 』で野球関係の楽曲を発表している。 ダルビッシュ・ブルース• どっちやねん?• 野球の国• ミ・ナ・ミ・ム・レ• バルデスなんデス• 東大阪で生まれた男• たどりついたらいつも空振り• いちご球場よ永遠に~"Strawberry Field" Forever• サブローの一番長い日 instrumental• ローズとシーツとウッズが正津の絵を描いた• Toyota CROWN• Batting Class Hero ~野球階級の英雄• Destrade(デストラーデ)• ファンキーミンチーベニー• おねがいタイムマシン!• 放蕩息子• 2011年の桜 監修 [ ] 野球小僧 なつかしの野球ソングコレクション 1999年7月、より発売されたCD。 プロデュースのシリーズのひとつであり、雑誌「野球小僧」とのタイアップアルバム(ロゴも同誌の題字が使われた)。 文字通り「野球小僧 」をはじめ、に発表された日本のプロ野球チームの応援歌などの野球ソングを収録。 ブックレットには、音楽ライターの楽曲解説とスージーの随筆も記載されている。 プロデュース [ ]• D グリーンバーグ著 『日本は、』 彩流社、2012年。 脚注 [ ]• PR TIMES 2019年2月15日. - 「野球浴」内。 we"a"kly suzie 2009年12月30日. で、「('90年)に広告業界に入った」という旨の記述をしている。 刊、書籍コード:• 彩流社 2015年. ベイエフエム 2020年4月6日. 2020年5月16日閲覧。 (Re:minder)• (カセットテープ・ミュージック公式)• (東洋経済オンライン)• suziegroove - この項目は、に関連した です。 この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の