トリュフ ベーカリー 広尾。 ..こんばんは!TruffleBAKERYです!..★本日は皆様にお...(2020.05.30)

TruffleBAKERY

トリュフ ベーカリー 広尾

NEWS 2020年5月1日 TruffleBAKERY 軽井沢「Karuizawa」が OPEN致しました。 Concept 毎日食べるパンだから 「美味しい素材と、少しの豊かさを」 普段ほとんど関わる事がない専門食材をもっと身近に感じてほしい。 専門食材が毎日の食のシーンで気兼ねなく味わえたら幸せじゃないかい!毎日何気なく食卓にあがるパンにトリュフが入っていたらもう奇跡です!美味しい物をより美味しく知らなかった食材がより身近に感じられたらムチャクチャ幸せなんです!そして美味しいパンを作る焼くだけではなく持続可能性のある本質的な食材を徹底的に選び、大切なお子様に安心して召し上がって頂けるよう限りなく化学調味料は使わず物造りを行って参ります。 さらにトリュフは大人だけというイメージがありますが、実はトリュフベーカリーは高速で学習し成長していくお子様にセンスと感度のある大人に育って欲しいという片隅にある思いを店舗コーポレートロゴとは別にイラストにしております。 NewRelease 生の全粒粉食パン 特定のメーカーの製粉や銘柄名ではなく、西海岸のベーカリーが、 比較的近い距離に点在する小規模製粉所に挽いてもらった地場の小麦を使うという 文化の呼び方を「フレッシュミルズ」「マイクロミルズ」と言う。 その呼び方を日本語で直訳すると生の全粒粉、このこだわりの全粒粉をサンフランシスコから直輸入し食パン造りを致しました。 そのパンは3倍香るすご食パンに生食は勿論ですが厚切りトーストが最もおススメで一口でその香りに驚かれるでしょう。 生バター100%クロワッサン クロワッサンのリニューアルは2017年12月の本店開店以来3度目のリニューアルとなります。 今回のリニューアルでは表面のザクッと感の変更と 生地の「ひき」を更に強くするべく変更を致しております。 想像しているクロワッサン造りに向け都度微調整は行っておりましたがこの度ベースとなる生地変更と折り方を変えて新登場致しました。 小麦粉選び、勿論良い小麦を使用すれば美味しいパンになる!という発想ではありません。 良い小麦を選定し、パンが出来るまでの工程全て80点以上出しながら組み立てていくイメージです。 この工程の積み上げがあってこそ美味しい小麦粉が最大限いきてくるわけです。 ただ高級食材を使うだけでなく、本質的なパン作りへの飽くなき探求心から生まれた逸品です。 白トリュフの塩パンはカナダ産の一等粉を使用する。 パンにはマーガリン、コンパウンドを一切使用せず100%フレッシュバターのみで製造しております。 また、パンの中には自家製トリュフバターを巻き込み、仕上げにトリュフオイルに白トリュフと塩を、表面はカリッと白トリュフが香り、中はバターと心地よい香りに引きのある弾力のあるパンとして焼き上げております。 またこのサンドイッチの為だけに毎日焼き上げる専用の角食パンでフィリングを挟みご提供させて頂きます。 Presented by Chef NAOKO Mission Vision.

次の

TruffleBAKERY 広尾(掲載期間 2020/02/20 ~ 2020/03/05)|求人・ベーカリー・製パン 港区 転職・店舗情報|飲食店求人グルメキャリー 関東・首都圏版

トリュフ ベーカリー 広尾

広尾はパン屋さん天国 広尾にはたくさんのパン屋さんがあります。 駅近くだと『ブルディガラ』、『メゾンカイザー』、『東京フロインドリーブ』、『サワムラ』など、少し離れたところには『シティーベーカリー』、西麻布寄りにはもう一軒『サワムラ』、『パネッテリアカワムラ』『エクル』、ガーデンヒルズの『キリーフレッシュ』など、まさにパン屋さん天国です。 これだけのチョイスがありながらも、『神戸屋キッチン』さんがなくなってしまった時はちょっとガッカリしたものです。 あの立地のよさと庶民的なパンは子連れにはとても重宝していたのです。 しかし、同じ場所にまたパン屋さんができようとは! かねてからお友達から「またあの場所にパン屋さんができるらしいわよ〜」などと聞いていたので、どんなものかこれはちょっとのぞいてみようと、小躍りしながら行ってみたのですが。。。 『Truffle BAKERY (トリュフベーカリー)』 門前仲町の本店、三軒茶屋店に続いて3店舗目の出店です。 門仲にできた頃から、トリュフを使用したパンということで気になっていたお店ですが、あまり遠出はしないので忘れていました(笑) それが広尾にオープンとは、嬉しい限りと喜び勇んで行ったはいいのですが、朝から予期せぬ行列です。。。 パンに対する情熱はお菓子ほどではないということか、行列に並ぶのはちょっと面倒だわ。。。 ということで、少し様子を見ることにしてその日は退散いたしました。 後から知ったのですが、これはどうやらオープンから6日間のみ販売された「オープン記念セット」を求めての行列のようでした。 白トリュフの塩パン カナダ産の小麦粉とバターで焼き上げた生地はほんのりとトリュフの香り。 トリュフはイタリア・アルバ産だそう。 表面にはフランス産のエキストラファインソルト。 強めの塩味がよいアクセントになっています。 中には自家製のトリュフバターが塗られています。 さらには白トリュフとトリュフオイル、塩が巻き込まれています。 これだけトリュフ、トリュフしているのですが、トリュフの香りはそれほど強くありません。 普段、バゲットにトリュフオイルをビッタリと染み込ませて食べている外国人夫にとっては、少し物足りないようでしたが、私からすれば香りは強ければいいというわけではなく、美味しくいただくためのバランスが重要なのではと思っています。 こちらはわりと軽い感じで、それ故に幾つでも食べられてしまいそうな塩梅に仕上がっています。 かなり危険です(笑) すごいなぁと思ったのは、これが1個180円という価格です。 立地や原材料などを考えれば、もう少しお高いかと想像していたのですが、あまりにリーズナブルでこれは普段使いできるパンだわ!と嬉しくなりました。 まだまだ行列。 夜は狙い目かも 今回は運良く焼き立てをいただくことができました。 本当に焼き立てのパンって美味しいですね。 普段はあまりたくさんパンを食べない私も、あまりに美味しかったので、外国人夫と2人でパクパク摘んでいたら。。。 全部食べてしまいました。 そして帰宅した子供達からブーイング。 「またすぐに買ってくるわよ!」 そう言ったものの、依然として昼間は行列を避けられないような状況です。 これが落ち着くまではまだまだかかりそうですが、冒頭で申し上げたとおり、広尾は人気のパン屋さん密集エリアです。 時間はかかっても、いずれは落ち着いてくるかなと予想しています。 平日は夜9時まで、週末でも8時まではオープンしているので、行列が落ち着くまでは夜が案外狙い目ではないでしょうか。 とはいえ、昼間ほどの品揃えは期待できません。 今回は欲しかったパンがたまたま出てきたのでよかったのですが、他のパンも色々お試ししたいという場合は、遅い時間は避けた方がよさそうです。 そして、行列こそできていなかったものの、そんな時間でもお客さんはいました。 たまたま私が入店した時は2人ほどしかいませんでしたが、お買い物をしているうちにまたたくさんの人で賑わっていましたので、きっとタイミングもあるのだと思います。 今回いただいたパンもまた食べてみたいので、近々行列を避けてまた夜のお散歩がてら行ってきます。 frankie17.

次の

香り高いトリュフを日常に。広尾に「トリュフベーカリー」OPEN

トリュフ ベーカリー 広尾

『トリュフベーカリー』のスタッフさんからのアドバイスです。 2階の厨房の様子。 今回特別に内覧会で広い2階にある厨房にお邪魔。 総料理長でもあるブーランジェは、職人歴20年以上の古俣直子さん。 忙しいにもかかわらず、笑顔で応対していただけました。 サンフランシスコで感動したライ麦パンを自家製酵母と現地の小麦粉を使って再現! 視察先のサンフランシスコ人気ベーカリー『Tartine Bakery(タルティーン ベーカリー)』で食べたパンに感銘を受け、サワー種のハードパンをさらに日本人にも食べやすいように改良して焼いてます。 サンフランシスコから直輸入のオーガニック小麦や色々な小麦をパンに合わせてを使用して焼いてます。 さらに、厨房にはパンの機械レオン250v がドンと中央にありここから人気の塩パンが大量に各店舗に送られるとのこと。 パンだけではないトリュフベーカリーのこだわり。 地元竜王町で50年以上にわたり親しまれてきた「古株牧場」のミルクを使ったナチュラルチーズは、国産チーズの大会で金賞を受賞するなど人気上昇中。 近江の新しい名産の担い手に注目しました。 私が初めてつやこさんにお会いしたのは、まだチーズを初めてまもない頃、デパートのイベントに出店していた初期の頃。 生産するために、牛たちがストレスなくのびのびと過ごせる環境作りを心がけているそうです。 2016年9月には牛舎のそばにチーズ工房をオープンしたそう。 雑菌作業から真空包装に至るまで夫婦二人三脚で酪農を営むロイアルヒルホルスタインズの牛乳も買えます。 クロワッサンもさらにリニューアル! トリュフベーカリー名物の大きなクロワッサンはリニューアルは2017年12月の本店開店以来3度目のリニューアルとなります。 表面のザクッと感の変更と 生地の「ひき」を更に強くするべく変更されてます。 「黒トリュフの卵サンド」もオススメ。 トリュフと相性の良い卵をたっぷりと挟んだ贅沢なサンドイッチ。

次の