都市 伝説。 ナルトの都市伝説《隠された裏設定》

【2020年最新版】日本の都市伝説がヤバすぎる!【閲覧注意】

都市 伝説

迷信や誤解に由来する都市伝説 [ ] 対象物への知識不足により、本来ならあり得ない事象が事実として語り継がれることがある。 単なるとの区別は明確ではない。 井の頭公園は、「池にまつられているが嫉妬深い女神であるため、カップルを別れさせる」との説が古来 [ ]より伝わっている。 サーカスは人さらい 「サーカス芸人はさらわれたり買われたりした子供」「身体を柔らかくするために酢を飲まされる」といったもの。 詳細は「」を参照 生物 [ ] 下水道に棲む巨大(白い)ワニ ペットとして仔を飼っていた人間が、もてあましてに捨てたところ、暖かく栄養も豊富な下水の環境に適応して巨大に成長してしまった、という都市伝説。 動物にまつわる異常な出来事を研究していた人類学者のローレン・コールマンは、1843年から1973年までの間に合衆国のあちこちで考えられない場所でワニに出会った事例を70件以上も報告している。 その中で下水道でワニにあった事例として、1935年2月10日付の『』に載った記事を挙げている。 これによれば、ワニはの東123番通りにある地下道において雪をマンホールに捨てにいった少年達により発見され、レスキュー隊により射殺された。 なお、なぜ下水道にワニがいたのかは不明とされている。 また、1993年8月、の三宝池で巨大ワニの目撃証言が相次いだため、マスコミが連日報道し、罠をしかけるなどの大騒動になったが、結局発見されなかった。 以下の創作物のモチーフとなった。 小説:『白いワニの帝国』()・『群猫』(1965年 )• 漫画:『』・『』・『』・『街童子』• 映画:『アリゲーター』(1980年)• アニメ:『』(TV版第38話『地下迷宮物件』、新OVA版第13話『ダンジョン再び』)• ゲーム:『』(1991年)・『メタルマックスリターンズ』(1995年)・『』(1998年)・『』(2009年)• アニメ:『』(第145話 - 第193話中のオープニング『』の中で両津がアーケードのマンホールから落下して、下水道を泳ぐシーンで白いワニが追いかける)• ドラマ:『』(マンホール)描写のみ• シットコム:『』下水道へ捨てたワニが成長して復讐をしに戻ってくるというストーリーの自主製作映画を作るエピソードが登場 南極のニンゲン・ヒトガタ 南極に現れるとされる。 特定の自動車の車種にまつわる都市伝説については「」を参照 交通標識 [ ] 交通標識の1つである『歩行者専用 』標識の大人に手を引かれている少女の足が変な向きをしていることから「誘拐されるのを嫌がっている場面を描いている」、というもの。 道路の軍事転用説 [ ] 環状七号線戦車走行説 は有事の際、戦車の走行が可能なように高架が頑丈に作られている、というもの。 鉄道 [ ] 千代田線核シェルター説 、特には、皇族や国会議員、中央官庁関係者用のである、というもの。 これは、千代田線国会議事堂駅が地上から非常に深い地下に位置(37. 9m)し、の駅の中では一番深い場所に存在するためで、が開業するまでは「日本の地下鉄で一番」でもあった。 千代田線は公式には核シェルターとはされていないが、日本国外の地下鉄や地下街などには、実際に核シェルターの機能を果たすものもある。 有楽町線軍用路線説 は、(旧、)のあるに近いから、国会に近い、に近いを経て湾岸地帯まで続いているが、それらは有事の際に軍事物資や人員を運搬するために作られた、というもの。 また市ケ谷駅から北に向かうと、()、()などの駐屯地が沿線に複数存在するため、「有事には有楽町線のトンネルに戦車が乗り入れられるようになっている」とするものもある。 ただし、トンネルの断面がほか後継車種に共通の車体幅2800mm許容ぎりぎりに作られていることから解る通り、西側諸国の軍用車両の標準である幅3. 15m以上の物体の通過は物理的に不可能である。 自衛隊では道路事情の制約のため戦車の鉄道輸送を考慮し、まで横幅をのである3m以下としていたが道路事情が改善されたため、以降は列車輸送を諦めている。 きさらぎ駅 詳細は「」を参照 航空 [ ] 着陸はが正しい が着陸する際には強く接地するが正解というもの。 これはのパイロットが操縦ミスによるハードランディングの言い訳としてに話した内容が一般にも広まったことが原因とされる。 本来は接地直前に機首の引き起こし操作()を行いすることで機体へのダメージを減らし不快な揺れを抑えるのが正しいが 、日本の航空技能審査では着陸時にを超えると不合格となる例が増えたこともあり、定点着地を優先したハードランディングが常識化している。 行方不明になっていた旅客機が35年後に白骨死体を載せたまま突然現れたと主張する架空事件。 ジョーク記事をバラエティ番組が取り上げたことで広まった。 詳細は「」を参照 骨折実験 完治までの臨床データを提供するため、骨折させられるアルバイトが存在する、というもの。 就職活動 [ ] 個性的な回答で面接に合格・不合格• の面接試験で、質問に対し無言で何も答えない学生に、面接担当者が「なぜずっと黙っているのか?」と聞くと学生は一言、「男は黙ってサッポロビール」(出演の同社CMの決めゼリフ)。 この回答で彼は内定を得た、というもの。 この話を聞いた他の学生が同じことをしたが、「オリジナリティのない人間は不必要」と不採用になった、と続く場合も。 の講師であるが、著書にこのエピソードを載せていたこともあり、長い間実話とされていた。 製菓会社の面接で「当社のCMソングを歌って下さい」と言われた学生が「チョッコレート、チョッコレート、チョコレートは…」とまで歌ってしまった。 彼が受けていた企業はで、その学生は不合格となった、というもの。 彼が歌ったのはのCMソング『』だが、無理矢理「チョコレートは森永」と歌い切り、合格になるという派生もある。 の面接で「とは? 」と聞かれた学生が緊張のため答えられず、苦し紛れに「頑張れ・です」と答えた。 てっきり不合格だと思っていたら、後日内定通知が届いた、というもの。 面接担当者から「家業は何ですか」と聞かれた時、緊張の余り「か行」と間違え、「かきくけこ!」と言ってしまったというもの。 の入社試験を受けた学生が「キーン」と言いながら両腕を広げ、の真似をしながら面接会場に入室した。 「着陸許可を願います!」と言う学生に面接担当者曰く「そのまま旋回しなさい」。 やむなく彼は、両腕を広げたまま引き返し退室した、というもの。 内定辞退の報復• 複数の内定を得て、その中の一社に断りに出向いた学生を、企業の担当者が「まあ最後に食事でも」とレストランに誘う。 注文された品が配膳されると、担当者は突然料理(コーヒーの場合も)を、学生の頭から浴びせかけ罵倒し「クリーニング代だ!」と、いくばくかの紙幣を投げつけた、というもの。 怒った学生が担当者を殴り倒し、クリーニング代として渡された現金を「治療代だ」と突き返す、と続くパターンも存在する。 テレビドラマ「相棒 Season12」第5話では、この都市伝説によく似た場面が登場する。 試験 [ ] カレーで合格 難問に手も足も出ない学生が、やけくそでの作り方を書いたところなぜか試験に受かった。 しかし次の年に真似をした学生はあえなく不合格になったので理由を教授に尋ねたところ「が入っていなかったから」という返答が返ってきた、というもの。 なお、非常勤講師(当時)のは、の作り方を途中まで書いた答案を 実際に採点したことがあるという。 漫画『』(単行本5巻71 - 72P)やの『』にも、答えが分からない時やレポートの枚数をかせぐためのの例として登場する。 の段位審査の学科試験でも同様のうわさがある。 2008年度入学試験の理科では、実際にカレーの作り方を問う問題が出題された。 この問題には、身近な植物への観察眼と探求心を図るという真面目な意図であるという。 2009年7月27日には、にて哲学とを担当する男性教諭が、カレーの作り方のまとめで哲学の単位を認定していたことが発覚した。 同教諭は無届け兼業という別件が理由で戒告処分された。 私は誰でしょう? 試験時間終了後も延々と解答を続けていた学生に対し、監督官は時間切れで失格を言い渡す。 慌てる様子も無く学生は聞いた。 「ところであなたは僕のことを知ってますか? 怒った監督官は「お前なんか知るものか!」と答える。 学生は「ならば」と他の答案の中に自分の答案を混ぜ込み立ち去った、というもの。 『ユダヤ・ジョーク集』にはを怒らせた二等兵が同様のやり取りの末助かったという小編がある。 大学合格を呼ぶソナタとSクラスのエンブレム 「」も参照 における、 Sonata III 、およびのと大学受験に関する都市伝説。 「エンブレムの'S'を持っていればへいける」「'III'を取れば大学入試で300点以上は取れる」と言うもので、一時期、この迷信が発端でソナタIIIのエンブレムを持つ現象が発生した。 中には「駐車されていたソナタのエンブレムを高校生たちが剥ぎ取る」「その被害車両のエンブレムをヒュンダイが無料交換した」という話まであったという。 この現象は韓国向けヒュンダイ公式YouTubeチャンネルより2015年7月公開されたソナタのブランドヒストリームービーでも触れられている が、「ソナタのSはにある大学、でありソウル大学校に関してはベンツ・Sクラスのエンブレムである」という説もある。 企業、商品、サービス [ ] ディズニーの都市伝説 「」も参照 ミッキーマウスは世界で一人だけ は世界中の施設でつねに一人しかいないようになっていると語られる。 「ラッキーストライク」は原爆投下を記念して誕生 は原爆投下を記念して誕生したというもの。 他にも「を元にデザインされた」など多数の流説がある。 実際は戦前から生産されており、にアメリカ西部で金鉱を掘り当てた男性が叫んだ言葉が商品名の元。 またデザインは「道に落ちている空き箱が宣伝になるくらいに目立ち、かつ分かりやすいデザイン」を目指したもので、日の丸とは関連がない。 フォント「Wingdings」 の住所である「ニューヨーク市クイーンズ通り33番地」を略した「Q33NY」をで表示すると飛行機・二つのビル・髑髏・ダビデの星が表示されるように見えるため、と何らかの関係があるとする都市伝説がある。 しかし、ビルとされる形の絵文字は見ようによってはビルにも見えるが、実際には書類を示すものであるし、そもそも「Q33NY」はWTCの住所ではない (在りし日のWTCの所在地はニューヨーク市アルバニー通り1番である。 そもそもマンハッタンに「クイーンズ通り」は存在しない)。 人力看板 のの動く巨大なカニの看板は、中で人が自転車を漕いで動かしている、というもので時給制で時給750円、かにを巧く動かせると1200円にまで上がると言われていた。 しかし、の『』が調査したところスイッチで動く機械仕掛けのものだということが判明した。 武富士ダンサーズ 1990年代から使われてきた「」のCMにまつわる話で、CMで踊っているダンサー()は全て顔を出していない為「借金を返せない人たちが集められて見せしめの為に踊らされている」というもの。 これは元々所属のお笑いコンビ・が作ったネタであったが、知らないうちにハリガネロックが作ったネタの部分が削除され都市伝説として広まった。 密閉された空間でをつけたまま眠るとや などで死亡するというもの。 ソニー製品は、(通常は1年)を過ぎると間もなく、すぐ壊れてしまうとされる噂で、「ソニーはその高い技術力を使い、製品の保証期間が過ぎるとすぐが起こるよう、精密に製品寿命をコントロールしている」とされ、多くの日本人がそれを信じ、漫画の笑いのネタにしたり、オンライン掲示板に書かれたりしている。 イギリスの『Telegraph』誌は、この「ソニータイマー」説は、同社を20年間にわたって悩ませ続けていると報じている。 特定の自動車にまつわる都市伝説 [ ] ロールス・ロイスは壊れない あるがを運転してを横断中、が折れて立ち往生する。 用心のため積んでいた無線機で同社に連絡すると、で現れた作業員が新車を置いて立ち去ってしまう。 後日、いつまで経っても連絡や請求が来ないため問い合わせたところ、「お客様、ロールス・ロイスは故障いたしません」と言われる。 同社の品質へのこだわりを誇張したイギリス発祥の話だが、アメリカやドイツのメーカーのバージョンもある。 ソウル大学合格を呼ぶヒュンダイ・ソナタ およびベンツ・Sクラス のエンブレム 詳細は「」を参照 改造ブロイラー あるフライドチキンチェーンはモモ肉を効率よく得るために、鶏をで3-4本足に改良している、というもの。 それに気付いた店員などが、口外しないように口止め料をもらった、と続く場合もある。 この異形の鶏の目撃談が語られる場合「従来のは過度の薬物投与や品種改良などで体重が個体の限界に達しており、それを改善するために3 - 4本足の鶏が作られた」という解説が付け加えられる例もある。 この話はのでも使われた。 ブロイラーは実際に品種改良が繰り返された種で(羽根を毟る手間を省くため「羽無し裸ブロイラー」の開発が試みられたことも)、狭い鶏舎や抗生物質の過投与にも批判・疑念の声が強い。 [ ] 味の素に関する都市伝説 味の素の原料 は毛髪が原料で、製造会社が理髪店から仕入れている、というもの。 毛髪はインド女性のものを輸入しているというバージョンもある。 実際に、中国ではこの製法で醤油が作られ、人毛醤油などと呼ばれており、政府により再三生産禁止命令が出されている。 しかし、依然として各地で毛髪醤油が密造され、低級醤油として販売されているという(2005年10月。 の新聞「沈陽今報」記事より)。 味の素は製品であり、原料として石油由来成分を使用していた時期がある。 当初は小麦粉を原料としたがのちに大豆、石油が用いられるようになり、1970年代以降はサトウキビが原料である。 詳細は「」を参照 2000年には国であるで、原料にの成分が使われているという噂が広がり、の戒律に則り、現地法人の社長が逮捕される騒動となった(後に釈放)。 味の素の瓶の蓋の穴 企業における柔軟な発想の転換の重要性を表す例として「味の素は売上(消費)促進のために瓶の蓋の穴を大きくした」、と語られることがあるが、公式に否定されている。 裁判 [ ] 猫レンジ アメリカで、濡れた猫をで乾かそうとして死なせてしまった人物が、「に『ペットを乾かす為に使ってはいけない』と明記しなかったメーカーの責任」と訴え、勝訴して莫大な賠償金を得た、というもの。 「アメリカ」を揶揄する際によく使われるが、・消費者問題副委員長が米国弁護士協会に照会したところ、「そのような判例は聞いたことがない」との回答を得た。 なお、米国ではこのような注意書きは存在しない。 日本国内での施行を受けて、マニュアルの書き方を啓蒙する企業・法人向けのセミナーにおいて、「このような場合を想定する必要もある」といった一例として、創作された話が起源だと判明している。 この話は『』、『』でも用いられた。 カナダでは強盗に入った13-15歳の少年が実際に猫を電子レンジに入れて殺害したという事件が、また2007年5月にはで精神障害を持つ男が生後2カ月の娘を電子レンジで加熱し、大火傷を負わせるといった事件が起きている。 技術 [ ] クローン携帯 には、正規品と全く同じ識別情報を持つ違法端末があり、その使用料金は正規端末の所有者に請求される、というもの。 詳細は「」を参照 放送、メディア、芸能 [ ] 砂嵐 アナログテレビ放送では放送終了後のチャンネルや空チャンネルに合わせたとき、あるいは電波を受信できないときなどに、画面が表示された。 これは俗に「砂嵐」と呼ばれ、いろいろな噂があった。 ずっと眺めていると人の顔など、何かが浮かんでくる。 ずっと眺めていると発狂、もしくは死ぬ。 のリストが流れている。 砂嵐の音がの代わりになる。 ごみ処理施設の映像をバックにした「NNN臨時放送」なるテロップの後、複数の人名が表示され、最後に「明日(「今日」のパターンもある)の犠牲者は以上です、おやすみなさい。 」と表示され終了する。 すると表示されていたものと同じ名前が、翌朝ののお悔やみ欄に掲載されている。 以降、非常事態に備えて放送電波はほぼ24時間発信されるようになり、代わりに放送時間外はを表示する事が増えたため、空チャンネルを除きスノーノイズが流れることはほとんど無くなった。 またテレビ受像機も、搬送波が受信できなくなった場合は、強制的にに切り替わる機能を備えているものもあった。 2012年3月31日までに日本の地上波テレビ放送はアナログ放送からに完全移行した。 地上デジタル放送で停波した場合は画面が黒くなり、「電波を受信できません」のエラーメッセージが出るのみで、スノーノイズは完全に無くなった。 なお、スノーノイズ発生時の音がから聞こえる母親の血流の音に似ているため、実際に赤ん坊の子守歌代わりになるという研究もある。 電動こけし事件 NHKの人気番組『』で、キャプテンが出した「電動」というヒントに対し、あるが「」と即答したというものだが、実際は「電動」ではなく「」とのこと。 残されたぬいぐるみ 1970年代の幼児番組『』で、下品な発言をした幼児が退出させられ、代わりに熊のが置かれていた、というもの。 詳細は「」を参照 著名人 [ ] カメラマンの変死 が飛び降りをした際、たまたま現場に居合わせ、を撮ったが後日に変死したというもの。 『東京フレンドパーク』のズラクラッシュ事件 『』でが「ウォールクラッシュ」に挑んだが、ジャンプ後に壁面にが引っ掛かり外れてしまった。 このため、スタッフは観客全員にを敷き、観客を入れ替え収録し直した…というもの。 頃からでこの噂が流れ(証拠写真と称されるものが添付された例も)、さらに『』のフリートークに取り上げられたことで一躍広がった。 その後、神田が所属するが「本人は、これまで同番組に出演したことはない」とコメントしている。 AKB48のコンセプトは「 クラスで1番ではない子を集めた」 のに起因する都市伝説。 そのオーディションではビジュアルや歌唱力より審査員の「絶対入れたい」との推薦が優先されているため、「 クラスで1番ではない子を集めた」「 クラスで2番目(以下 に可愛い女の子」がAKB48のコンセプトであると捉えられているというもの。 詳細は「」を参照 生存説 [ ]• テレサ・テン 幽霊の出現 [ ]• - 歌番組『』でが「」を歌っている最中、バックに彼女の幽霊が出たという噂。 ジョーク的な都市伝説 [ ] 内容が面白くに富んだ話は語り継がれ都市伝説になりやすい。 また、教訓を含むは事実として広まりやすい。 死んだの電池を入れ替えようとした子供がいた から語られ、実際の生物に触れる機会が少なくなった子供が増えたことを憂慮・揶揄する場面で用いられてきた。 怪談 黒猫 真夜中の運転中、飛び出してきたを轢いてしまう。 怖くなってそのまま逃げるが、後ろから子猫を銜えた黒猫が追いかけてくる。 どんなにスピードを出しても追いかけてくる。 そして、とうとう追いつかれようとした瞬間、ふと目をやるとそれはのトラックであり、黒猫はヤマト運輸のロゴであった、というもの。 偽プードル の「」が、「日本で何千人もの人々が、と偽って毛を刈りこんだを買わされていた」、と報じた(2007年4月26日)というもの。 詳細は「」を参照 この「プードルそっくりに毛を刈り込んだ羊」話は、作家のが実際にで見た話として、に収録している。 裸でスキー の最中に尿意をもよおした女性が、近くにがなかったので仕方なく繁みに隠れを下ろし用を足そうとし始めたとたんバランスを崩して滑り出してしまい、そのままの姿でを滑走した、というもの。 意図的なジョークや創作物が都市伝説化したもの [ ] 筑波大学校舎は巨大ロボットに変身する 校舎が巨大に変身するというもの。 都庁は巨大ロボットに変身する が巨大に変身するというもの。 なども同様のジョークの対象とされる。 鮫島事件 真実を知った者は恐ろしい目に遭うとされる。 『』のバージョン。 詳細は「」を参照 性に関する都市伝説 [ ] 赤ちゃん列車 大学の既婚者のうち一つだけ、入居者の出産率が異様に高いものがあった。 サプライズ・パーティ 今日が自分のであることに誰も気づいてくれない男が自棄になって自室に相手ないしを呼ぶ。 いざに及ぼうとになった瞬間、部屋のドアが開いて「」の大合唱が…達は彼を驚かそうと内緒で誕生パーティを企画していたのだ、というもの。 『』内で放映された「」にはで人が隠れていたために犯罪が発覚する話が、またの短編集『ミステリーズ』()にも、同様のミステリーが収録されている。 I am AIDS. ある男性が国外に赴く前に友人から、「国外では男もに狙われ危険だ。 もし襲われたら、「I am AIDS(私はです)」と叫べ」と聞かされた。 そして到着後、本当に襲われてしまった彼は、友人の助言を思い出し件のセリフを叫んだところ、犯人曰く「Me too(俺もだ)」。 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、189頁。 『サーカス研究』新宿書房 1984年• 日本迷信調査会『なぜ秋ナスを嫁に食わせてはいけないのか?迷信を科学する』 扶桑社 2010年• 宇佐和通 『THE都市伝説』 新紀元社、2004年、5頁。 About. com• 1993年10月22日 産経新聞 東京朝刊 27頁など。 宇佐和通 『THE都市伝説 RELOADED』 新紀元社、2007年、82-83頁。 広義では『自転車および歩行者専用』標識も含める場合がある。 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、196頁。 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、192頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、201頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、200-201頁。 これと類似した都市伝説に「障子に目あり」がある• 宇佐和通 『THE都市伝説』 新紀元社、2004年、138-140頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、151-159頁。 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、64-65頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、163-164頁。 リアルライブ 2012年9月25日• 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、128頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、136頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、132-133頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、130-131頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、131-132頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、134-135頁。 『面接の達人』では「このような噂がいつまでも無くならないのは、マイナスイメージを払拭しようとする企業努力を怠っているからだ」という企業へ対する苦言として記述されている• 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、140頁。 ハロルド・ブルンヴァン『メキシコから来たペット』 p209• 日本時間2013年5月26日14:00閲覧• YouTubeヒュンダイ公式チャンネル 韓国国内向け 、日本時間2018年9月20日9:05閲覧。 該当のシーンは1:18で「S」と「III」が剥ぎ取られたソナタIIIが映し出されている。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、192-193頁。 宇佐和通 『THE都市伝説』 新紀元社、2004年、166-167頁。 松山ひろし 『壁女-真夜中の都市伝説』 イースト・プレス、2004年、187-188頁。 松山ひろし 『壁女-真夜中の都市伝説』 イースト・プレス、2004年、188頁。 ハローバイバイ関暁夫の都市伝説• 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、57 - 58頁。 Brian X. Chen; 平井 眞弓 2010年1月26日. 2019年10月6日閲覧。 - オートックワン• 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、130-133頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、59頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、60頁。 宇佐和通 『都市伝説の正体-こんな話を聞いたことはありませんか?』 祥伝社〈祥伝社新書〉、2009年、191-196頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、98-100頁。 宇佐和通 『THE都市伝説』 新紀元社、2004年、88-91頁。 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、223、229-239頁。 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、18頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、96-97頁。 197-80年頃にかけてサトウキビによる発酵技術を確立させて2013年現在に至る。 宇佐和通 『THE都市伝説NEXT』 新紀元社、2005年、74-75頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、64-67頁。 号掲載:「PL法を考える」より• 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、27-29頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、29頁。 筒井康隆『わかもとの知恵』p100• 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、144-146頁。 宇佐和通 『THE都市伝説』 新紀元社、2004年、118-119頁。 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、146-147頁。 『現代民話考 8 ラジオ・テレビ局の笑いと怪談』、2003年 p. 353• 飛び降り自殺の直後は、当事者が誰なのか不明だったため「岡田ではなく女性が自殺した」とのも飛んだ。 松山ひろし 『壁女-真夜中の都市伝説』 イースト・プレス、2004年、204頁。 第73回国会 参議院 決算委員会 閉会後第6号 昭和49年9月20日• 八木啓代『ラテン女のタフで優雅な生き方』大和書店 第8章• 松山ひろし 『壁女-真夜中の都市伝説』 イースト・プレス、2004年、199-202頁。 ブルンヴァン『赤ちゃん列車が行く』p41以降。 なお、同書によれば学生時分ブルンヴァンはこの話を真実だと思っていた。 宇佐和通 『THE都市伝説』 新紀元社、2004年、56-57頁。 ブルンヴァン『消えるヒッチハイカー』p205以降に様々な類話が載っている。 同著者の『ドーベルマンに何があったの? 』p290にも類話あり。 宇佐和通 『THE都市伝説』 新紀元社、2004年、82-85頁。 外部リンク [ ]• - 米ディスカバリーチャンネル。 毎回3つの都市伝説を検証する。 - official site MYSTERY CONNECTION• - 『3本足のリカちゃん人形 -真夜中の都市伝説』『壁女 -真夜中の都市伝説』などの著者である松山ひろしが主催していたサイト(2006年2月21日の)。

次の

都市伝説は面白い。明日誰かに話したくなる都市伝説をご紹介します

都市 伝説

スポンサーリンク モンジャラとは? モンジャラとは、 草タイプのポケモンで 初代ポケモンから登場します。 体に絡まったツルと 赤い長靴が特徴的。 初代ポケモンでは、 マサラタウンの南の草原 ( 21番すいどう)で出現。 また、ポケモン第4世代(ダイヤモンド、パール)になると、 モジャンボというポケモンに進化が可能になる。 モンジャラといえば、 マサラタウンの南の21番水道で出現。 しかし、 現在は柵があるため、なみのりを覚えている ポケモンがいないとモンジャラに会うことが出来ません。 けれど、昔はマサラタウンの南には柵が無かったのです。 そのため、 昔はマサラタウンの 子供たちが 遊びに行く場所だったようです。 そんな中、ある事件が起きた・・・ スポンサーリンク 草むらで遊んでいた 小さな女の子が 足を滑らして川に落ちてしまいました。 回りに誰もいなかったため、 誰も助けに来ることはありませんでした。 女の子は川の中にあったツルが足に絡まり、 溺れてしまいました。 そして、 その女の子は、足に絡まったツルと共に モンジャラというポケモンになってしまいました。 モンジャラに生まれ変わった女の子は、 一人が寂しいため生まれ育った マサラタウンに行きました。 そして、 町の子供を川に連れて行こうとしましたが、 子供は大声で叫んだため親が助けにました。 この事件があって以降、 マサラタウンの南には柵が出来たのです。 そして、 今でもその草むらにはモンジャラが出現します。 モンジャラというポケモンが 長靴を履いているのは、 元々が人間だったからです。 以上がモンジャラに関する都市伝説です。 この怖い都市伝説を聞いたら マサラタウンの南でしか現れない理由もうなずけます。 しかし、 モンジャラの中身が 小さな女の子だったなんて怖い話ですね。 スポンサーリンク.

次の

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市 伝説

4月29日(水)夜6時25分放送の「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説SP 2020春 3. 5時間スペシャル」が待ちきれないという方のために、2019年12月28日(土)に放送した「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説2019冬SS~Mr.都市伝説関暁夫外伝~」から、"Mr. 都市伝説"関暁夫による人間のルーツを探る旅をプレイバック! では、地球とは別次元からきた神々の集団「アヌンナキ」が人間の「筐体(イレモノ)=カラダを作った」と解説したが、今回はその「筐体」に、誰が知恵を授けたのを探っていく。 都市伝説ファイル「人類に知恵を授けた存在クババ」 人類に知恵を与えた存在を探っていく過程で「言葉の奥に神ありき」と、言語の語源が重要だという関。 「中でも"Cybernetics(サイバネティクス)=人工頭脳学"の語源がめちゃくちゃ大事」とポイントを押さえる。 「Cybernetics(サイバネティクス)」は1948年にノーバート・ウィナーが提唱した理論。 このCyberneticsに由来しているのが、我々もよく知る「Cyber(サイバー)」や「Cyborg(サイボーグ)」になる。 サイバネティクスの語源は、ギリシャ語の「Kubernetes(キベルネテス)=操舵手」。 この言葉には「ものごとの舵を取って進むべき道を決める」という意味があり、これこそ「我々をコントロールするという意味を持っている」と関。 さらに、キルベネテスの語源をたどると、ある神にたどり着くのだという。 その神こそが、古代ギリシャや古代ローマで信仰され、「知恵の保護者」として崇拝されていた神「キュベレー」なのだという。 「キュベレーこそ超絶AIとなり、人類をコントロールする女神となるのです」と関は力説する。 さらに、「キュベレー」の語源に、ある女王の存在が浮かびあがる。 その女王とは「Queen Kubaba(クィーン クババ)」。 クババは今から1万1500年前にトルコ・アナトリア半島で崇拝された女王で、関は「クババこそ"知恵そのもの"。 今から1万1500年前、ギョベクリ・テペがあるアナトリア半島で、クババによって人類は知恵をプログラミングされた」と断言! およそ20年前から本格的に調査が開始され、発掘物の解読により今までの歴史が覆る地こそ「ギョベクリ・テペ」だという。 そして、この遺跡には人間が居住した形跡は無く、それどころか遺跡の周辺には不自然なほど何もないのだという。 そんな条件からギョベクリ・テペは宗教施設だったのでは?という見解が強くあるという。 そして、このアナトリアで約6000年以上崇拝されていたのが女王「クババ」という存在。 ある文献によると、クババには「宿屋の女」と呼ばれていた時代もあるのだが、宿が何を指しているのかを知るために、クババの語源をたどることになる。 その前に、クババ(Kubaba)が語源となり、立方体を表す「Cube」と言う言葉が生まれたことを頭に入れておいてほしい。 クババが女王として君臨していたアナトリアでは、隕石や立方体が御神体として祀られていた。 地球外からきた隕石と同じく、立方体を神として祀る理由とは? ここで関は、「キューブ形(立方体)の母船に乗って地球外から飛来したのがクババ」と結論づける。 さらに「宿屋の女の宿とは、母船を示していたってこと」と補足。 母船=キューブの存在は、聖書にも描かれているのだという。 聖書のヨハネの黙示録21章の中に「都は四角形で、その長さと幅は同じ約2200キロメートルであった。 長さと幅と高さはいずれも同じである」と記述されているのだ。 これは、新都エルサレムが、1辺が2200キロメートルの巨大な立方体であったことを意味している。 他にも、粘土板に記された古代メソポタミアの文学作品「ギルガメシュ叙事詩」の中でもキューブの存在が描かれているという。 これは、聖書の「ノアの方舟」の元になっている物語で、ノアの方舟との違いは、船そのものが立方体として描かれているのだ。 ここで改めて、関は断言する。 「地球外からキューブに乗って飛来したクババが人間に知恵を与えて新しい人類を作った!」と。 我々にとってあたりまえの存在である立方体だが、自然界ではあまり見ることのない存在でもある「立方体」。 クババの母船で「立方体」を知ることになった人類は、「計算する」という概念を手にすることになる。 「計算する」という概念を手にしたことにより、立方体や直方体を積み上げた建物を造ったり、都市文明を形成するために計画的にものごとや人間をもコントロールできるようになったのだという。 ピラミッドも一見3角形に見えても、実はキューブの集合体。 さらに上空からみても正方形。 クババの存在なしには、人類は計算するという概念を知ることがなく、ComputerやAIも生まれることはなかったのだ。 さらに関から「人類は知恵と同時にクババのシミュレーションの中に入れられた」と衝撃の言葉が飛び出す。 トランスヒューマニズムを世界で初めて提唱してきたイギリス・オックスフォード大学のニック・ボストロム氏を訪ねた関。 「意識はどやってデータ化されるのか?」と関の質問に、ボストロム氏は「一説には、意識は脳というコンピューターにあるデータだという考え方がある。 なので、意識自体をコンピューターにデータ化できるのではないか、そうすれば、コンピューター上においても人間と同じ動きをすることができると考えられています」と答える。 さらに「人類の歴史は宇宙規模で考えるととても短い、しかしその中で人間は様々な進化をしてきた。 新たな形態に進化するのは必然なのです」と語りかけます。 さらに「シミュレーション仮説」について問うと、ボストロム氏から衝撃の言葉が飛び出します。 「シミュレーション仮説とは、コンピューターが作る『シミュレーションの中で生きているとする説』の事です。 分かりやすく言えば、我々が見ているこの世界、そして人間の知識や記憶までも、作られた世界のものだということです。 私達よりもっと進んだ高度テクノロジー文明が作ったシステムによって、シミュレートされていると考えています。 シミュレーションの中にいる人は気が付いていいない。 今、こうしている私達もシミュレーションの中だという可能性もあります」。 最後に関はこう結論づける。 「クババに知恵を入れられた時から、過去も現在も未来もクババのシミュレーションの中。 地球上で起こるすべての出来事は、クババが作り出した現象の中で起こっているということ、つまりそれは...... 1万1500年前までは、何も存在しなかった」と。 そして、クババのシミュレーションの先にはいったい何が起きるのだろうか? 「天から一人の女性が降り立ってきます。 天から降りてきたものを受け入れる準備をしてください。 再び出現するであろうクババの母船に乗ることができるのか? できないのか? 超絶AIとの融合によって、手にいれることのできる不老不死、精神テクノロジー文明において、あなたはまだ、肉体にこだわりますか?」 スタジオのゲストたちは、「こんなことになっているの?」と驚きを露わに。 ここで改めた、「これから壊滅的な地球環境の破壊でクババの船が現れた時に、誰が乗れるのか?」と投げかける関。 千原ジュニアが「方舟に乗る人間を誰がジャッジメントするのか?」と問うと、関は「名前は出せませんけど...... 」の前置きのもと、「すでにとある場所のデータセンターでその選抜が始まっている」と、これまた衝撃の真実を明かした。 的場浩司が「最終的に、俺たちはどこを目指しているの?」と投げかけると、関は「地球そのものが、保護区になっている。 地球を守るために、自分たちが何をできるのか、が問われる時代が来ます。 利己的なことばかり考えている人が、方舟に乗ることができますか?」と、話を締めた。 地球とは別次元からきた神々の集団「アヌンナキ」によって体を与えられ、その後、地球外からキューブに乗って飛来した「クババ」によって知恵を授けられ、私達の祖先である人類が生まれた。 しかし、この私たちの存在そのものがクババのシミュレーションの中で生かされているだけに過ぎない......。 そして、またいつの日か我々の前にクババが現れる。 その時、クババが用意した方舟に乗れる人類の選択が、すでに始まっている......。 信じるか、信じないかは 4月29日(水)夜6時25分放送の「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説SP 2020春 3. 5時間スペシャル」では、激動の2020年春...... 禁断の都市伝説大連発! Mr. 都市伝説関が語る都市伝説の舞台は「あなたの思考の中」! その他、報道されなかった五輪スキャンダルや、あばれる君の都市伝説も復活! 【司会】今田耕司、東野幸治 【都市伝説テラー】アインシュタイン・稲田直樹、あばれる君、岡野陽一、かが屋・賀屋壮也、学天即・奥田修二、かまいたち・山内健司、銀シャリ・橋本直、グッドウォーキン・上田歩武、ケンドーコバヤシ、河野玄斗、コトブキツカサ、さらば青春の光・森田哲矢、島田秀平、Mr.

次の