映画 コンフィ デンシャル。 ヒョンビン&ユヘジン車中で気まずい!萌え動画【予告編】映画『コンフィデンシャル/共助』

🥇映画「L.A.コンフィデンシャル」あらすじ,ネタバレ,レビュー

映画 コンフィ デンシャル

50年代初期のロサンジェルスを舞台に、ある殺人事件をめぐり、警察と暗黒組織でうごめく人間模様を描いたサスペンス。 ロサンジェルスを舞台にした一連のミステリーで知られる作家の同名小説(邦訳・文春文庫)の映画化。 監督は「激流」の。 脚本(共同製作も)は「陰謀のセオリー」「ポストマン」のとハンソンの共同。 製作はハンソン、「ディアボロス 悪魔の扉」の、「心の指紋」のの共同。 製作総指揮は「サバイビング ピカソ」の、「セブン」のダン・コルスラッド。 撮影は「ヒート」の。 音楽は「追跡者」ので、50年代当時のヒット曲がスクリーンを彩る。 美術は「真実の行方」のジニーン・オプウォール。 編集は「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のピーター・ホーネス。 衣裳は「Emma エマ」のルース・マイアーズ。 出演は「真夜中のサバナ」の、「クイック&デッド」の、「プリシラ」の、「ベイブ」のジェームズ・クロムウェル、「プレタポルテ」の、「レインメーカー」の、「激流」のデイヴィッド・ストラザーンほか。 97年度(第70回)アカデミー賞最優秀脚色賞・助演女優賞(キム・ベイシンガー)受賞。 98年度キネマ旬報ベスト・テン第1位。 映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 53年末、L. ダウンタウンのナイト・アウル・カフェで6人の男女が惨殺された。 ロス市警は捜査を開始、事件の背景に、白ユリの館というハリウッドの有名女優に似せた娼婦たちを擁する秘密売春組織の存在が浮かぶ。 女性に暴力をふるう男を許さない熱血漢バド・ホワイト刑事(ラッセル・クロウ)は、高級娼婦リン(キム・ベイシンガー)に接近するが、いつしか彼女と恋に落ちる。 一方、野心家で出世のためには手段を選ばないエド・エクスリー警部補(ガイ・ピアース)は、おのれの方針に従って捜査を続けるがバドと対立。 そこでエドは、『LAコンフィデンシャル』というタブロイド誌の記者シド(ダニー・デヴィート)と結託して羽振りをきかせ、刑事ドラマ『名誉のバッジ』のアドヴァイザーも務める狡猾なジャック・ヴィンセンズ刑事(ケヴィン・スペイシー)に協力を求める。 捜査が進むうち、事件の背後には、街のボスだったミッキー・コーエン逮捕後の縄張りをめぐる、ヘロインをはじめとする利権争いがからんでいるのが判明。 真犯人はなんとバドらの上司で刑事課のボス、ダドリー・スミス警部(ジェームズ・クロムウェル)だった。 核心に迫ろうとしたジャックはスミスの自宅を訪ねたが、あえなく殺された。 エドはリンに誘惑され情事に及ぶが、その光景をシドがカメラに収める。 スミスと裏でつながる売春組織の元締め、ピアス・パチェット(デイヴィッド・ストラサーン)が仕掛けた罠だった。 シドは事件の関係者としてスミスらに尋問され、それに立ち会ったバドは、エドとリンの情事を知って激怒。 シドは始末された。 市警の資料室にいたエドにバドは襲いかかるが、エドは事件解明のために手を組もうとバドを説得。 ふたりは地方検事を締め上げ、例の殺人もスミスの手によるもので、彼の目的がコーエン亡き後、ロサンジェルスの裏社会を支配することだと知る。 ピアスはすでに殺されていた。 ふたりはスミスを会合場所のヴィクトリア・モーテルで待ち受け、死闘の末、スミスを倒すのだった。

次の

ヒョンビン&ユヘジン車中で気まずい!萌え動画【予告編】映画『コンフィデンシャル/共助』

映画 コンフィ デンシャル

上映中のエリアを選んでください。 主要エリアから選ぶ• 日本橋• 六本木• お台場• 福岡 都道府県から選ぶ 北海道・東北• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県 関東• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 神奈川県 甲信越・北陸• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県 東海• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県 近畿• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県 中国・四国• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県 九州・沖縄• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の

ヒョンビン&ユヘジン車中で気まずい!萌え動画【予告編】映画『コンフィデンシャル/共助』

映画 コンフィ デンシャル

スペンサー・コンフィデンシャル あらすじ 元警察官のスペンサーは職務にあるまじき暴力事件を起こしたことで逮捕。 5年の刑期を終えて出所後、静かに人生を再出発させるつもりだった。 しかし、ひょんなことから同居人となったホークと共に、自身が投獄されるきっかけとなった殺人事件の謎を調査する。 やがて2人は、その裏に潜む巨悪の存在を突き止めることになり、正義感だけで挑んでいく。 『スペンサー・コンフィデンシャル』感想(ネタバレなし) バーグウォールバーグ、いかがですか?私は「びっくりドンキー」に行ったら必ず「チーズバーグ」を頼みます。 え? 「バーグウォールバーグ」? そんなメニュー、知らないですね…。 なんだろう、ハンバーグが壁のようにそそり立っているのかな。 はい、そんな戯言はさておき、今回は 映画界の「バーグウォールバーグ」の話です。 この二人はよく一緒に映画を作っており、 『ローン・サバイバー』(2013年)、 『バーニング・オーシャン』(2016年)、 『パトリオット・デイ 』(2016年)、 『マイル22』(2018年)と近年は立て続けに映画を連発。 プライベートでも仲が良いらしく、もうすっかり良きパートナーみたいな感じ。 そしてもまたもやこの二人の映画が生まれちゃいました。 それが本作 『スペンサー・コンフィデンシャル』です。 『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ 』くらいの時期は、社会派ドラマとアクションサスペンスを上手く合体した比較的硬派に寄った映画を生み出していましたが、『マイル22』でその傾向を方向転換。 割と ド派手アクション重視のジャンルムービーになり、一般ウケはしやすく、批評家は沈黙…みたいな雰囲気に。 まあ、どうしてそんなハンドルを切ったのかはわかりませんが、当人たちの自由です。 それで映画にカネを出してくれる人がいるんですから幸せなものですよ。 そしてこの『スペンサー・コンフィデンシャル』ではさらに遊びまくっています。 原作はロバート・B・パーカーが創り出したハードボイルド小説 「スペンサー・シリーズ」のひとつ「Robert B. 彼のプロフィールをわかっていればいるほど「遊んでるなぁ」と思える、そんな作品(詳しくは後半の感想で)。 ちょっとルックはバディ映画っぽい空気を醸し出していますが違います。 この変化の激しいハリウッドでなんだかんだで立ちまわってますね。 こうやって旨い具合に立ちまわっているからこそキャリアが続くのでしょう。 そういえば『ゲティ家の身代金』のギャラ騒動時もなんだかんだで自分に批判が来ないように対処していたし…。 なんか元気そうで良かったです。 知らない人は「誰?」って感じですけど、知っている人は「おおー!」ってなるやつですね。 残念なことに日本人にはあまり刺さらないキャスティングですが。 全く難しくはない、脳みそに入れておくべきことは何もない、完全なるポップコーン・ムービー。 もぐもぐするだけの鑑賞体験。 Netflixオリジナル作品なので家でのんびりと暇つぶしで観るのがいいと思います。 ボストン警察の警官だったスペンサーは相棒 ドリスコルと一緒にパトカーで上司である ボイラン警部の家へ尋ねました。 グロリア・ウィスニウスキー殺害事件に関して聞きたいことがあって…。 玄関のドアをノック、出てきたボイランはこんな家まで押しかけてきて不機嫌そう。 それでも捜査について問いただそうとし、少し家の中に入ると、なぜか室内は散らかっており、ボイランの妻らしき女性は頭から血を流していました。 家庭内暴力でもしたのかと憤ったスペンサーはボイランと口論になり、 思わず馬乗りになって上司を殴りつけてしまいます。 5年後。 刑務所で刑期を過ごしていたスペンサー。 目の前に スクイーブという人相の悪い男が座って話しかけてきます。 所内ではスペンサーは警官ということもあってかなり嫌われているようです。 どうやらスペンサーはもう出所するらしく、今日がその最後の日。 そんなスペンサーに一発ぶちかましたいのか、わらわらと集まってくる物々しい男たち。 しかし、 「ボストンから出ていけ」と言われ、少し意味がわかりません。 すると乱闘開始。 スペンサーは刃物が刺さって怪我するもお構いなしで堂々と出所するのでした。 刑務所を出て久しぶりに空の下、新鮮な空気を吸ったスペンサー。 彼を出迎えてくれたのは、仲が良いボクシングジムのコーチである ヘンリーという老人。 車に乗ってさっそく出発と思った矢先、猛スピードで別の車が来ます。 思わず身を隠すスペンサー。 そこから降りてきたのは女性。 彼女、 シシーはスペンサーの妻らしいですが、今は険悪な関係の様子。 妻から逃げ、地元であるボストンのサウジー(南の地域)へ到着。 警察時代の同僚であったドリスコルに挨拶し「お帰りブラザー」と歓迎されます。 スペンサーはずっとここにいるつもりもなく、アリゾナでトラックに乗りながら自由に暮らして心機一転するつもりのようです。 ただしばらくは準備が必要なので、ヘンリーのアパートで一時生活することに。 愛犬のパールと戯れながら、自分の狭い部屋でゆっくりしようと思っていると…。 隣にもうひとつベッドがある…。 実は ホークという男も住んでいるらしく、ルームメイトだとヘンリーに言われてしまい、渋々従うしかありません。 ジムへ行くと、ホークは粗削りだが才能はあるとのことですが、 暴走すると止まらない性格らしく、かなりてこずっています。 「ボクサーなら自制しろ」「パンチの基本がなっていない」となんだかんだで教えるスペンサーでした。 そこへ怒れるシシーが襲来。 「もう会わない」と絶縁を告げられます。 また別の日。 例のボイラン殺害事件に進展が。 停めてあったSUVで グレアム巡査の遺体が見つかり、ボイラン殺害の第一容疑者として捜査されているとか。 麻薬課だった彼は、ボイランを殺した後に自殺したと推測されていました。 グレアムを知るスペンサーはアイツらしくないと明らかに違和感を感じます。 やめておけと忠告するヘンリーをよそに、自らグレアムの妻に会いに行くスペンサー。 「真実を暴きたい」と思いをぶつけ、独自の捜査を開始することに。 ボストンに渦巻く闇。 この正義感と筋肉しかない男はその闇に立ち向かうことはできるのか…。 正義しかない筋肉バカは止まれない 『スペンサー・コンフィデンシャル』を最初に観た時の私の感想は 「なんだこの中学生男子が考えたみたいなストーリーは…」。 いや、確かに起こっている背景はシリアスですよ。 女性は残忍に殺され、警察を含めて街は汚職した権力が暗躍するようになっているのですから。 カジノ建設地で莫大な利権の源流となっている 「ワンダーランド」というネーミングがなんとも皮肉です。 なおジャーナリストのコスグローブが言う 「健全なカジノはあるか?あんなものは不正の温床だ」というセリフは日本のカジノ(IR)賛成派にぜひ言い聞かせたい言葉ですね。 でも主人公がやることと言えば、 殴る、殴る、セックス、殴る、脅す、殴る、爆走する、殴る…みたいなノリです。 ラストなんて意味もなくタイマン勝負が始まりますからね。 「正義なんてねぇんだよ、あるのは強い者と弱い者だ」のセリフなんて完全に中学生男子の考えそうなやつですよ…。 なんだこの地域、中学生が警察やってるのか。 そんなんで 「ロス・オスキュロス」と呼ばれる悪の連帯組織を打倒できるの?と誰もが思う、超シンプル・イズ・ベスト。 作中でバットマンに例えていましたけど、バットマンももう少し考えるのではないか。 しかしそれでいいのです。 まず ボストン出身で地元愛が強いということ。 さすがに今は落ち着きましたが、 肉体改造にはドハマりしており、ほぼ趣味です。 本作でも全く意味はないですが、上半身の鍛え上げられた肉体を見せつけるシーンが無駄に挟まれます。 そして愛国心に溢れており、 正義感が暴走しがち。 アメリカ同時多発テロのときは「俺なら防げた」と豪語し、問題になったこともありました。 信仰心もアツいせいか、たまに前に出すぎますね。 まあ、要するに若干の誇張を含めて表現すれば、 愛国正義で突っ走る筋肉バカなんです。 加えて、 車が趣味であり(会社を持っている)、それは本作でスポーツカー「シボレー・コルベットZ06」が場違いに登場したり、デカいトラックで大暴れするシーンでも如実にアピールされています。 空回りして犬に襲われたり、クラウドの意味がわからなかったりはもちろん、 最後にやっぱり地元で困っている人を放っておけない姿で終わるオチといい…。 そういう自虐は自虐でどうぞご勝手に…という話ではあるのですが、いかんせん自虐が前に出すぎているため、ホークとか元凶の事件とかが 完全に添え物なんですよね。 あの「猫を殺す野郎はクソだ」でおなじみのホークなんて、もう少しプロットを練れば活躍できそうなものなのに…。 マチェテを振り回すギャング団とか、良いアクションが撮れそうなものなのに…。 それにしても一体どこらへんが「コンフィデンシャル」だったのだろうか…。 ロブスターバーグうん、もう語るべき感想が無くなってしまったなぁ…。 よし、 ロブスターの話でもしましょうか。 ロブスターは名前は知っていると思います。 海にいるデカいザリガニみたいな奴です。 ロブスターは「ヨーロピアン・ロブスター」と「アメリカン・ロブスター」の2種類がいて、食用として漁獲することは北米では主要な産業になっています。 『スペンサー・コンフィデンシャル』のエンディングでもみんなでロブスターを食べてましたね。 ちなみにロブスターという単語は英語のスラングで 「バカ」を意味します。 だからラストシーンでデカデカと「ロブスター」と表示されているあたりといい、作中のスペンサーの描写といい、もうこれは確信犯なんじゃないかな。 ロブスターって 無駄にごっつくで気性も荒く、だから漁獲されたらすぐにハサミを固定されてしまうくらいです。 つまり、スペンサーみたいな手の付けられない男の象徴みたいな生き物ですよね。 ロブスターはマッチョイズムを体現したムキムキ生物だったのです。 まあ、食べられるのですけどね。 一方で メスとの関係は淡白。 オスはメスを見つけると精莢という精子の入ったカプセルみたいものをメスに渡し、あとはそれをメスが使って卵に授精するだけ。 こうやって考えるとかなりドライな関係性。 そのあたりも作中のスペンサーに似ている…気がしないでもない。 一体いくつまで続くのだろう。 まさか20年後も変わらずこのペアで映画が生れていたりしないよね…。

次の