コンタクト スプレー。 接点復活剤の使い方や成分は?コンタクトスプレーとの違いや代用品も

「M570」でチャタリングが発生したのでコンタクトスプレー(接点復活剤)で修理する(2018/07/31)

コンタクト スプレー

KURE(クレ) 呉工業(株)という潤滑油メーカーのブランド。 「KURE 5-56(クレ ゴーゴーロク)」 という潤滑油スプレーで一躍有名になった。 いろんな潤滑油スプレーを作っている。 ホビー用途の赤い缶、業務用途の黒い缶などがある。 エレクトロニッククリーナー って何? どこで使うの? 揮発性の高いアルコール(石油系)を主成分にしています。 古いオーディオ機器のボリュームのガリ音発生した時の清掃• 古い機器のセンサーに使われているスライドボリュームの清掃• 電子工作で基板のハンダ付けでつく焦げたフラックスの除去• Nintendo SwitchのJoy-Conの反応が悪くなったとき などで使います。 LXA-OT3の例 2011年12月、オーディオ雑誌「ステレオ」の付録についてきたLXA-OT1 というオーディオパワーアンプの基板が、ガジェット・オーディオ系ブロガーの間で話題になりました。 2013年には、LXA-OT3が付録についてきました。 ケースに入れることが、ブロガーの間で流行りました。 しかし、すぐに廃れていきます。 私はケースに入れることなく、そのまま机の隅っこにおいて使っています。 ホコリまみれになってくるので、時々、圧搾空気でホコリを飛ばします。 オペアンプICは、ソケットになっていて、好みのものを差し替えて使う事ができます。 もう、取っ替え引っ替え交換してってことはしません 「こういうオペアンプICを付け替えて音の違いを聞き比べる」なんてことをして遊ぶのなら、エレクトロニッククリーナーでソケットを一吹きして綺麗にしましょう。 Proコンの故障しやすいLスティック部 ホコリがはいると、します。 エレクトロニッククリーナーを吹きかけて、ポテンショメータ部の清掃をすることで一時的に復活することもあります。 しかし、このスティックコントローラに限っては消耗品のため接点復活剤で一時的に良くなっても、すぐにダメになります。 機械的な摩耗は交換しかありません。 電子基板のフラックスの除去 電子工作でハンダ付けをするとき、ハンダの濡れ(流れとなじみ)を良くする酸化皮膜防止剤として「フラックス」を使います。 元は、松ヤニをアルコールで溶いたものです。 (我々の業界では、「バニッシュ」という簡易表面保護材として使っていました。 ) このフラックスは、基板の腐食の原因になるので、無水エタノールをスプレーでかけて拭き取るようにします。 AVアンプのスピーカー端子やアナログの音声端子の酸化皮膜を清掃する 一年に一度は、AVアンプのスピーカー端子の接点をコンタクトスプレーでぬらして、不織布で拭いて綺麗にします。 バナナプラグでも、引っこ抜いてスプレーをしてから綺麗に拭いて差しなおします。 これで7chのスピーカーのどれも、偏りなく、ジャリつくことなく鳴らすことができます。 まとめ 呉工業の数あるスプレーの中でも、電子工作によく使う2つのスプレーを紹介しました。 昔のステレオパワーアンプの基板や電源部に、コンタクトスプレーをかけた記事を見かけて、「エレクトロニッククリーナー」と間違えているなと思ったので、この記事を書いています。 どちらも、揮発性の高い有機溶剤(石油系アルコール)で汚れを浮かせる効能があります。 端子には、コンタクトスプレー• 基板やソケットなど電子機器全体に安心して使えるのが、エレクトロニッククリーナー• はじめまして。 差し出がましいかもしれませんが、気になったのでコメントします。 呉工業の販売品には流通の関係で同等成分・異名称の製品があります。 ホビー用の赤缶・業務用の黒缶 エレクトロニッククリーナーはクイックドライクリーナーと同等。 コンタクトスプレーは接点復活スプレーと同等です。 呉工業によると、クリーナーでの洗浄後に防錆目的で接点復活材を噴霧することも想定しているようです。 接点復活材単体でも一応洗浄用途の役をなします。 効果は落ちると思いますが あながち、記事の使い方は間違いではないかもしれません。 販売店によりますが、同等品であるのに価格差が結構あったりします。 経験的には業務用の方が単位リットル当たりの価格が安いです。

次の

PS4コントローラーのL3ボタンを分解せずにスプレーでシュシュッと修理

コンタクト スプレー

レビュー: 33 【特長】接触不良の接点を回復させ、腐食を防止する接点復活スプレー。 特殊置換性オイルがカーボンや汚れ、異物を除去し、電気接点の接触不良を解消します。 接点部の摩擦を軽減し、腐食から保護します。 迷走電流の発生を防ぎます。 【用途】自動車やオートバイのコネクター、ハーネス、ヒューズ、各種センサー、バッテリーターミナルなど電気系統の接点の機能回復。 精密機器、テレビ・オーディオ・パソコンの端子、コネクター、プラグソケットなどの電気接点の機能回復。 接点表面に薄い被膜を形成し、通電状態を変えません。 強い衝撃が加わっても、被膜は復元するので、接点の腐蝕を防止します。 中間加工品やパーツの一時的防錆にも使用できます。 【用途】スイッチ、リレー、配電盤、プリント配線回路、コンピューター、テレビ、コピー、ファックス、通信電話機器などの接点。 プリント基板やセンサーなど、デリケートな部分に付着した油汚れなどを素早く、安全確実に取り除きます。 速乾性で、完全に蒸発。 残渣がなく、拭き取りが不要です。 プラスチックにも使用できます。 有機則規制外商品【用途】自動車のコネクター類、ハーネス、バッテリーターミナル、ヒューズボックス、センサー類の洗浄。 各種電気・電子機器のプリント基板や電源部、コネクター、各種アッセンブリーパーツ、ピンジャック、ソケット類の洗浄。 耐薬品性・耐酸性ガス性に優れた長持続性の接点グリースです。 接点の摩耗を防ぎ、耐久性を保ちます。 電子部品をおかさず、電気的特性に影響を与えません。 すでに水の吸着している金属にも効果を発揮します。 【用途】電動機、発電機、制御装置とスイッチ、電池と充電器、冷凍機、その他あらゆる電気装置の日常保守管理、防錆および接点部分のカーボン等の汚れの除去。 8〜1. プリント基板やセンサーなど、デリケートな部分に付着した汚れを素早く、確実に取り除きます。 【用途】各種電気・電子機器のプリント基板や電源部、コネクター、各種アッセンブリーパーツ。 自動車のコネクター類、ハーネス、バッテリーターミナル、ヒューズボックス、センサー類のクリーンアップ。 接点部に付着したカーボンや汚れなどを除去し、電気機器などの接点を酸化・硫化から守ります。 接点の摩耗による接触抵抗の増大を防ぎ、接触抵抗を安定化させ、接点の寿命を延ばします。 非シリコーンタイプで、低分子シロキサンによる接点障害の心配が全くありません。 鉱油、溶剤を使用していないので、ほとんどの素材を侵しません。 【用途】電気接点の通電機能回復、摩耗低減に。 ほとんどの樹脂を侵さず、刺激的な臭いがありません。 「有機溶剤中毒予防規則」に該当する物質は使用していません。 「PRTR法」に該当する物質は使用していません。 塩素系、フロン系溶剤を使用していません。 RoHS指令に適合しています。 電子接点のカーボン・油脂を洗浄、除去します。 「有機溶剤中毒予防規則」の適応を受けない毒性の低い化学洗浄剤。 速乾性タイプで、各種樹脂、ゴムに対しての影響が少ない。 【用途】各種機器の配線基盤の洗浄に。 各種機器のリレー接点の洗浄、接触機能回復に。 ピンジャック・ボリューム・コネクター等の洗浄に。 塗布し易い粘度ですので作業能率が向上します。 耐熱性が優れています。 接着膜はゴム弾性に富み、耐衝撃、耐振動、耐屈曲性が優れています。 耐水、耐薬品性に優れています。 溶剤または加温により再活性させ容易に接着することが出来ます。 経日による強度低下はほとんど認められません。 【用途】鋼板と各種ウェザーストリップゴムスポンジの接着。 金属とゴムシート。 ウレタンフォーム。 クロスなどの接着。 ケーブル長20cmの変換アダプタなので取り回しが良く、他のインターフェースと干渉することがありません。 DisplayPort搭載のノートパソコンでは外付けディスプレイを拡張ディスプレイ設定にして大画面のワークスペースで作業したり、ミラーモードでプロジェクタなどでのプレゼンテーションに活用したりすることができます。 アダプタ本体はシールド効果の高いアルミ製です。 サビにも強く、経年変化による信号劣化の心配が少ない金メッキ処理を施したピン コンタクト を使用しています。 土壌や地下水などの環境汚染の原因となる鉛をほとんど含まない無鉛ハンダを使用しています。 本接着剤は初期接着力が強力で、粘着保持時間が長く、コンタクトボンドとしての特性を兼ね備えています。 金属および多くのプラスチック、例えばABS樹脂、強化ポリエステル、ポリプロピレン、低中圧ポリエチレン、ハイインパクトスチレン等に優れた接着力があり、その乾燥皮膚は強靭で柔軟性に富む透明なフィルムとなります。 耐水性、耐候性にも優れています。 接着剤が吸込みの激しい多孔質の場合は2回以上の塗布が必要です。 また非多孔質の場合は両面に塗布して下さい。 【形状】薄いシロップ状【基材】合成ゴム【比重】0. 内部を樹脂モールドで固め、さらに全面シールド処理を施したモールドコネクタなので、外部干渉を防ぎノイズ対策も万全です。 耐振動・耐衝撃性にも優れています。 錆にも強く、経年変化による信号劣化の心配が少ない金メッキ処理を施したピン コンタクト を使用しています。 RoHS指令に対応した製品です。 【コネクタ形状】D-sub15pinオス ミリネジ M3. 0 -D-sub15pinオス ミリネジ M3.

次の

KURE 接点復活剤 コンタクトスプレー300ml

コンタクト スプレー

KURE(クレ) 呉工業(株)という潤滑油メーカーのブランド。 「KURE 5-56(クレ ゴーゴーロク)」 という潤滑油スプレーで一躍有名になった。 いろんな潤滑油スプレーを作っている。 ホビー用途の赤い缶、業務用途の黒い缶などがある。 エレクトロニッククリーナー って何? どこで使うの? 揮発性の高いアルコール(石油系)を主成分にしています。 古いオーディオ機器のボリュームのガリ音発生した時の清掃• 古い機器のセンサーに使われているスライドボリュームの清掃• 電子工作で基板のハンダ付けでつく焦げたフラックスの除去• Nintendo SwitchのJoy-Conの反応が悪くなったとき などで使います。 LXA-OT3の例 2011年12月、オーディオ雑誌「ステレオ」の付録についてきたLXA-OT1 というオーディオパワーアンプの基板が、ガジェット・オーディオ系ブロガーの間で話題になりました。 2013年には、LXA-OT3が付録についてきました。 ケースに入れることが、ブロガーの間で流行りました。 しかし、すぐに廃れていきます。 私はケースに入れることなく、そのまま机の隅っこにおいて使っています。 ホコリまみれになってくるので、時々、圧搾空気でホコリを飛ばします。 オペアンプICは、ソケットになっていて、好みのものを差し替えて使う事ができます。 もう、取っ替え引っ替え交換してってことはしません 「こういうオペアンプICを付け替えて音の違いを聞き比べる」なんてことをして遊ぶのなら、エレクトロニッククリーナーでソケットを一吹きして綺麗にしましょう。 Proコンの故障しやすいLスティック部 ホコリがはいると、します。 エレクトロニッククリーナーを吹きかけて、ポテンショメータ部の清掃をすることで一時的に復活することもあります。 しかし、このスティックコントローラに限っては消耗品のため接点復活剤で一時的に良くなっても、すぐにダメになります。 機械的な摩耗は交換しかありません。 電子基板のフラックスの除去 電子工作でハンダ付けをするとき、ハンダの濡れ(流れとなじみ)を良くする酸化皮膜防止剤として「フラックス」を使います。 元は、松ヤニをアルコールで溶いたものです。 (我々の業界では、「バニッシュ」という簡易表面保護材として使っていました。 ) このフラックスは、基板の腐食の原因になるので、無水エタノールをスプレーでかけて拭き取るようにします。 AVアンプのスピーカー端子やアナログの音声端子の酸化皮膜を清掃する 一年に一度は、AVアンプのスピーカー端子の接点をコンタクトスプレーでぬらして、不織布で拭いて綺麗にします。 バナナプラグでも、引っこ抜いてスプレーをしてから綺麗に拭いて差しなおします。 これで7chのスピーカーのどれも、偏りなく、ジャリつくことなく鳴らすことができます。 まとめ 呉工業の数あるスプレーの中でも、電子工作によく使う2つのスプレーを紹介しました。 昔のステレオパワーアンプの基板や電源部に、コンタクトスプレーをかけた記事を見かけて、「エレクトロニッククリーナー」と間違えているなと思ったので、この記事を書いています。 どちらも、揮発性の高い有機溶剤(石油系アルコール)で汚れを浮かせる効能があります。 端子には、コンタクトスプレー• 基板やソケットなど電子機器全体に安心して使えるのが、エレクトロニッククリーナー• はじめまして。 差し出がましいかもしれませんが、気になったのでコメントします。 呉工業の販売品には流通の関係で同等成分・異名称の製品があります。 ホビー用の赤缶・業務用の黒缶 エレクトロニッククリーナーはクイックドライクリーナーと同等。 コンタクトスプレーは接点復活スプレーと同等です。 呉工業によると、クリーナーでの洗浄後に防錆目的で接点復活材を噴霧することも想定しているようです。 接点復活材単体でも一応洗浄用途の役をなします。 効果は落ちると思いますが あながち、記事の使い方は間違いではないかもしれません。 販売店によりますが、同等品であるのに価格差が結構あったりします。 経験的には業務用の方が単位リットル当たりの価格が安いです。

次の