お水 ノルマなし。 水購入ノルマなしのウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水の注文ノルマありなし調査!休止手数料っていくらするの?

お水 ノルマなし

15L~ 151円 無料~1,000円(税別) 1,550円/12L~ 129円 無料 1,250円/7. 8L~ 160円 無料 1,370円/7. 6L~ 180円 無料~300円(税別) 1,500円/11. 4L~ 132円 無料、エコ300円(税別) 1,898円/12L~ 158円 無料 1,150円/7. 2L~ 160円 1,200円(税別) 1,900円/12L~ 158円 無料 1,350円/9L~ 150円 667円(税別) 安いのかどうかはトータル価格で比較 お水代、レンタル代だけじゃなくトータル価格で比較する 安いウォーターサーバーかどうかを判断する時にチェックしておきたいのは、お水の価格、レンタル代の合計費用以外にも、サーバーの電気代やノルマなどのレンタルシステム、毎月のお水の消費量などです。 ウォーターサーバーの費用が安いのかどうかを考える時はトータルの費用で比較してみて下さい。 1.お水の価格、種類 2.サーバーレンタル料 3.ノルマ(月の最低注文本数) 4.サーバーの電気代 5.タイプ別 お水の価格、ウォーターサーバー本体のレンタル料以外にも月の最低注文本数はチェックです。 サーバーのレンタル代無料の場合、大体は月に注文しなければならないお水の最低本数(ノルマ)が定められています。 ノルマがある場合、毎月消費しなければならないお水の最低量が決まってしまう為、消費量が少ない月などは無駄な出費となってしまいます。 いくらレンタル代が安いとはいえ、無駄なお水が出てしまってはコスト高になります。 また、一人暮らしなど、水の消費量が少ないような場合も、ノルマあり、なしのレンタルシステムによっても月の費用が変わってきますので、タイプに合わせて比較してみて下さい。 お水の価格、種類 価格が安いのはRO水 お水の種類によって大きく価格が異なります。 ウォーターサーバーには天然水とROろ過水の2種類あり、特に天然水は種類が数多くあり、その採水地や、水に含まれるミネラル分などの成分や採水地によっても価格が違ってきます。 安全な水であれば特にこだわらないという方には、安い価格で提供されているROろ過水がおすすめです。 ROろ過水は水道水などをROろ過してボトルに充填しているので、コストを安く済ませることができる為、安い価格設定になっています。 天然水は12Lで1800円前後の価格帯が多いですが、ROろ過水は12Lで1000円~1200円程度と、天然水と比較すると非常に安い価格です。 ウォーターサーバーのレンタル代とノルマなし レンタル代無料の場合はノルマあり ウォーターサーバーのレンタル代無料としている場合が多くなっています。 ここで注意したいのが、ウォーターサーバーのレンタル代無料の代わりに月のお水の最低注文本数が決まっていたり(ノルマと言われます)するケースがほとんどで、レンタル無料の場合はお水は定期配送となっており、選択した期間でお水が定期的に配送されてくる仕組みとなっています。 毎月一定量の水を消費されるのであれば問題ないですが、それ程消費しないのであれば、ウォーターサーバーレンタル無料でもトータル費用で割高となってしまうので、レンタル代が安い価格であったとしてもトータル費用で安いかどうかを比較してみて下さい。 また、デザインされたインテリアとしてもお洒落なウォーターサーバーや、高機能のウォーターサーバーなどの場合は、若干レンタル価格が高かったり、レンタルでなく購入のみとなっているものもあります。 水の消費量 お水の配送単位によってロスになる場合も お水の価格やレンタル代だけでなく、毎月の水の消費量によっても安いかどうかの費用が異なってきます。 というのも、ウォーターサーバーは1回の配送で送ってもらうお水の単位が決まっています。 8L単位であったりとそれぞれ異なる為、月に消費する量よりも多くのお水が配送されてしまうような場合には、毎月ロスが出てしまい、たとえ1L当たりのお水の価格が安いとしても、ロスが出る分トータル的に高くついてしまう場合があります。 ウォーターサーバーの電気代 機種によって2~3倍の差 大半のウォーターサーバー会社ではレンタルできる複数のウォーターサーバー機種を揃えています。 エコサーバーはレンタル代有料となっている場合が多いですが、電気代が安い機種はレンタル代を考慮しても、トータル費用で安い場合があります。 比較する時に必ずチェックすることをおすすめします。 タイプ別に比較 一人暮らしの場合 一人暮らしのように、毎月の水の消費量が一定でないような場合は、ノルマなし(定期配送なし)のウォーターサーバーが向いています。 ノルマなしの場合、ウォーターサーバーのレンタル代が有料となりますが、無駄にお水が届くことがない為、トータルでは安い費用に抑えることが出来ます。 一人暮らしの場合はこちらで比較してみて下さい。

次の

≪40代活躍中(^O^)≫発信だけどノルマなし!水・日固定休【リクナビ派遣】派遣求人・派遣会社情報

お水 ノルマなし

特典スタート0円キャンペーン実施中!新規お申し込みで初回お届けボトル&開始月のサーバーレンタル料無料!さらに、「エコバッグ」をプレゼント!また、他社からのお乗り換えで現金5,000円をプレゼント!さらに 当サイト限定で2回目の注文時のボトル2本が無料!当サイト限定キャンペーンにお申し込みされる方は、公式サイトのお申し込みフォームの連絡欄に「 TCP001」と記載ください。 記載されていない場合、限定キャンペーン対象外となってしまいますのでご了承ください。 2回目のお届け本数は、ご利用のボトル、お住まいの地域により異なります。 ボトル種別にかかわらず2本分が無料となり、それ以外のボトルは有料となります。 期間 2020年9月30日まで 特典スタート0円キャンペーン実施中!新規お申し込みで初回お届けボトル&開始月のサーバーレンタル料無料!さらに、「カラビナ付きステンレスボトル」をプレゼント!また、他社からのお乗り換えで現金5,000円をプレゼント!さらに 当サイト限定で2回目の注文時のボトル2本が無料!当サイト限定キャンペーンにお申し込みされる方は、公式サイトのお申し込みフォームの連絡欄に「 TCP001」と記載ください。 記載されていない場合、限定キャンペーン対象外となってしまいますのでご了承ください。 2回目のお届け本数は、ご利用のボトル、お住まいの地域により異なります。 ボトル種別にかかわらず2本分が無料となり、それ以外のボトルは有料となります。 期間 2020年9月30日まで 「ノルマ」という響きは、私たちに重しとなってのしかかってきます。 「1カ月に最低でもこれくらいの量を取り寄せなければならない」というのは大きな負担です。 家族構成によっては、「そんなに水は飲まない」という人もいるでしょう。 そのような要望を受けてか、現在は「購入ノルマなし」というウォーターサーバーも出ています。 ハワイのお水を楽しめるハワイアンウォーター、知名度も高いアクアクララ、キャンペーンもよくやっているアルピナウォーター、富士おいしい水などがそれです。 しかし「ノルマがないから」という理由だけで、ウォーターサーバーを選ぶのは間違いです。 ノルマがないウォーターサーバーの場合、基本的には「ウォーターサーバーのレンタル費用」がかかってくるからです。 たとえばのエコサーバーは月額300円、のスタンダードサーバーは、月額572円がかかります。 の場合、「ウォーターサーバーレンタル費用」とはしていませんが、「あんしんサポート料」が実質上のそれにあたるでしょう。 この場合、月額1000円~1500円程度かかります。 このように「ノルマがないウォーターサーバー」というのは、実際には、「その代わりにウォーターサーバーのレンタル費用がかかる」というカラクリがあるのです。 「レンタル費用がかさむから、ノルマがある方がお得」は本当か? このように考えると、ノルマがあったとしても、ウォーターサーバーのレンタル費用がかからない会社のものを選ぶ方がお得なように思えます。 実際水は消費するものですから、払い続けていても自分のものにはならないウォーターサーバーにお金をかけるよりは、飲料として利用できる水の方がよい、と考える人がいるのもたしかに納得です。 現在はこちらの意見が主流になっていますね。 しかしながらもう一つ考えてほしいのが、 「水自体の値段」です。 の場合、この「水自体の値段」が非常に安いのです。 12リットルで1050円という価格で販売しており、ほかの会社と比べても200円~300円ほども安いわけです。 比較対象によっては、500円ほども変わってくることも! ここまで安い価格の場合、たとえウォーターサーバーのレンタル費用がかかったとしても、総合的にみて、 「ノルマあり」のウォーターサーバーよりも1カ月の利用料金が安くなることもあります。 ただしノルマがあるウォーターサーバーの場合は、「ノルマはあるものの、そこまで厳密ではない。 お休みも可能」としているところもあります。 このため「ノルマがあるから使いにくい」とも言えないのです。 ライフスタイルにあわせた選び方を 「ノルマがあるウォーターサーバーがよいのか、それともノルマのないウォーターサーバーがよいのか」は、実は一概に言い切ることはできません。 たしかにノルマがないウォーターサーバーの場合、レンタル費用がかかるというデメリットはありますが、 「水を余らせなくて済む」というメリットがあるわけです。 逆にノルマがあるウォーターサーバーの場合、決まった量の水を購入しなければならないというデメリットはありますが、レンタル費用がかからず、「自分が使うもの、飲むもの」だけにお金を払っていればよいというメリットがあります。 大切なのは、ライフスタイルにあわせた形態を選ぶことです。 たとえば ひとり暮らしや出張が多い人の場合、レンタル費用が掛かってもノルマのないウォーターサーバーの方が使いやすいでしょう。 水を余らせることがありませんし、「飲まなければ」というプレッシャーに悩まされることもありません。 逆に、 一家4人家族でよく水を飲むという家庭の場合は、ノルマがあるものの方がお得です。 「長く里帰りをする」という期間だけ配達を止めてもらう、という措置が受けられるウォーターサーバー会社もあるので、このようなところを選べればさらに使いやすくなります。

次の

ウォーターサーバーでノルマなしのおすすめ業者をご紹介!

お水 ノルマなし

15L~ 151円 無料~1,000円(税別) 1,550円/12L~ 129円 無料 1,250円/7. 8L~ 160円 無料 1,370円/7. 6L~ 180円 無料~300円(税別) 1,500円/11. 4L~ 132円 無料、エコ300円(税別) 1,898円/12L~ 158円 無料 1,150円/7. 2L~ 160円 1,200円(税別) 1,900円/12L~ 158円 無料 1,350円/9L~ 150円 667円(税別) 安いのかどうかはトータル価格で比較 お水代、レンタル代だけじゃなくトータル価格で比較する 安いウォーターサーバーかどうかを判断する時にチェックしておきたいのは、お水の価格、レンタル代の合計費用以外にも、サーバーの電気代やノルマなどのレンタルシステム、毎月のお水の消費量などです。 ウォーターサーバーの費用が安いのかどうかを考える時はトータルの費用で比較してみて下さい。 1.お水の価格、種類 2.サーバーレンタル料 3.ノルマ(月の最低注文本数) 4.サーバーの電気代 5.タイプ別 お水の価格、ウォーターサーバー本体のレンタル料以外にも月の最低注文本数はチェックです。 サーバーのレンタル代無料の場合、大体は月に注文しなければならないお水の最低本数(ノルマ)が定められています。 ノルマがある場合、毎月消費しなければならないお水の最低量が決まってしまう為、消費量が少ない月などは無駄な出費となってしまいます。 いくらレンタル代が安いとはいえ、無駄なお水が出てしまってはコスト高になります。 また、一人暮らしなど、水の消費量が少ないような場合も、ノルマあり、なしのレンタルシステムによっても月の費用が変わってきますので、タイプに合わせて比較してみて下さい。 お水の価格、種類 価格が安いのはRO水 お水の種類によって大きく価格が異なります。 ウォーターサーバーには天然水とROろ過水の2種類あり、特に天然水は種類が数多くあり、その採水地や、水に含まれるミネラル分などの成分や採水地によっても価格が違ってきます。 安全な水であれば特にこだわらないという方には、安い価格で提供されているROろ過水がおすすめです。 ROろ過水は水道水などをROろ過してボトルに充填しているので、コストを安く済ませることができる為、安い価格設定になっています。 天然水は12Lで1800円前後の価格帯が多いですが、ROろ過水は12Lで1000円~1200円程度と、天然水と比較すると非常に安い価格です。 ウォーターサーバーのレンタル代とノルマなし レンタル代無料の場合はノルマあり ウォーターサーバーのレンタル代無料としている場合が多くなっています。 ここで注意したいのが、ウォーターサーバーのレンタル代無料の代わりに月のお水の最低注文本数が決まっていたり(ノルマと言われます)するケースがほとんどで、レンタル無料の場合はお水は定期配送となっており、選択した期間でお水が定期的に配送されてくる仕組みとなっています。 毎月一定量の水を消費されるのであれば問題ないですが、それ程消費しないのであれば、ウォーターサーバーレンタル無料でもトータル費用で割高となってしまうので、レンタル代が安い価格であったとしてもトータル費用で安いかどうかを比較してみて下さい。 また、デザインされたインテリアとしてもお洒落なウォーターサーバーや、高機能のウォーターサーバーなどの場合は、若干レンタル価格が高かったり、レンタルでなく購入のみとなっているものもあります。 水の消費量 お水の配送単位によってロスになる場合も お水の価格やレンタル代だけでなく、毎月の水の消費量によっても安いかどうかの費用が異なってきます。 というのも、ウォーターサーバーは1回の配送で送ってもらうお水の単位が決まっています。 8L単位であったりとそれぞれ異なる為、月に消費する量よりも多くのお水が配送されてしまうような場合には、毎月ロスが出てしまい、たとえ1L当たりのお水の価格が安いとしても、ロスが出る分トータル的に高くついてしまう場合があります。 ウォーターサーバーの電気代 機種によって2~3倍の差 大半のウォーターサーバー会社ではレンタルできる複数のウォーターサーバー機種を揃えています。 エコサーバーはレンタル代有料となっている場合が多いですが、電気代が安い機種はレンタル代を考慮しても、トータル費用で安い場合があります。 比較する時に必ずチェックすることをおすすめします。 タイプ別に比較 一人暮らしの場合 一人暮らしのように、毎月の水の消費量が一定でないような場合は、ノルマなし(定期配送なし)のウォーターサーバーが向いています。 ノルマなしの場合、ウォーターサーバーのレンタル代が有料となりますが、無駄にお水が届くことがない為、トータルでは安い費用に抑えることが出来ます。 一人暮らしの場合はこちらで比較してみて下さい。

次の