沖縄 セルラー 株価。 [9436]沖縄セルラー電話を保有して株主優待と高配当を受け取ろう

19期連続増配銘柄で増収増益も達成!沖縄セルラー電話(9436)の銘柄分析

沖縄 セルラー 株価

Contents• 沖縄セルラー電話とはどのような会社? 沖縄セルラー電話株式会社(おきなわセルラーでんわ、英: OKINAWA CELLULAR TELEPHONE COMPANY、略称:OCT)は、日本の電気通信事業者。 沖縄県で携帯電話事業を行う地域会社(モバイルネットワークオペレータ)である。 通称au沖縄セルラーまたはau沖縄。 KDDIの連結子会社であり、親会社のKDDI同様、auブランドを展開する。 全国にあったDDIセルラーグループが何度かの再編を経て現在のKDDIに統合された中、唯一、沖縄県だけが地域企業として残った。 mobileブランドが開始された2014年8月1日以降は、それまでのPHSに加えて、沖縄県域を対象とした携帯電話事業を行っているので、現在は沖縄県に特化した事業者は2社体制。 ただし、PHS以外の旧契約とSoftBankブランドはソフトバンク本体が担当。 シェアの高さから、電気通信事業法等の一部を改正する法律(平成13年法律第62号)によって、市場支配力のある事業者に対するドミナント規制(非対称規制制度)の指定対象事業者にリストアップされたが、政治決着によって翌2002年(平成14年)4月に除外された。 2012年(平成24年)3月現在はKDDIが株式の過半数を所有しているが、同社は主に沖縄地域の財界・有力企業が出資し、同県の経済振興を第一義として設立されたという経緯と、本土の日本移動通信(KDDIの前身の一つ)やDDIセルラーグループ各社(京セラ・第二電電《KDDIの前身》の合弁)が単体では非公開企業であるなか1997年(平成9年)4月15日に店頭公開(現ジャスダック上場)していることから、他の地域会社のように吸収合併を行わなかった。 現社長の北川洋は興銀(現みずほ銀行)出身で、2000年から2008年まで第二電電取締役やディーディーアイ(現KDDI)の執行役員などを歴任。 前社長の起橋俊男は、現在のKDDIが発足した直後に沖縄以外のセルラー各社を合併した上で関西セルラー電話が社名変更した株式会社エーユー(2001年10月KDDI本社に合併)の社長を務めていた。 資本金:1,414,581,000円• 従業員数:363名• 決算月:3月 現在の株価とPER 株価収益率 は?• 株価:4,220円• PER 株価収益率 :12. 5 倍• 売買高:12,700 株• 現在の配当利回り:3. 22 % 40万越えですね、なんとかボーナスで買えなくもないですが、、、 なかなかそんな勇気ないですよ泣 もう少し額が落ちてくれれば投資する気が起きるのですが PERが10〜15倍の範囲に収まっているのでだいたい日本平均のperになっていますね 指標的には手出ししても問題なさそうです。 スポンサードリンク 直近5年間の株価チャート 完全に7月ごろが1番の買い時でしたね。 私も買っておけばよかったと後悔している銘柄の一つです。 この時は資金力がなくKDDIも同じくらい安かったのでそちらを買いました。 沖縄セルラー電話の売上高と当期利益は? 素晴らしいですね!!!売上高・当期利益ともに右肩上がり! 間違いなく投資対象として考慮しないといけません。 右肩上がりですとよっぽど配当性向が高くない限り減配の可能性は低いですからね。 この調子でどんどんと企業成長して欲しいです。 スポンサードリンク 沖縄セルラー電話のEPS 1株あたりの利益 の推移は? 素晴らしいですね!!!EPSが右肩上がり! 企業収益も継続的に増えて行っているのが見て取れます。 EPSが継続的に上がっていると株価も大きな下げが起こりにくくなるので長期投資にはぴったりです。 この調子でどんどんと企業成長して欲しいです。 沖縄セルラー電話の1株配当と配当性向の推移は? 長期投資家なら必ず買っておきたい銘柄の一つです! 今の所、 19期連続増配予定銘柄です。 すばらしいですね、今期の配当金は136円を予定しているので、配当利回りは3. 配当利回りとしては悪くはない利回りですので、是非買っておきたい銘柄です。 また、通信事業銘柄ですので景気にも強いというのがポイント高いです。 沖縄セルラー電話の株主優待は? いかに経営陣が有能であるかこの数値を見れば一目瞭然です。 ROEのみの観点からするともちろん投資対象候補銘柄になります。 まとめ 上記のレーダーチャートは今回着目した項目を表したものです。 業績右肩上がり• 19期連続増配予定• 長期優待保有特典あり• ROEは優秀ライン• 株価は4,000円付近 上記より現在、非常に オススメ株になっています。 株価が4,000円付近と非常に高価で買いにくいですが、それ以外は完璧といっていいほど優秀な銘柄です。 19期連続増配予定銘柄で長期優待保有特典もあるので、長期投資家に非常にオススメ銘柄になっています。 もしこの銘柄がきになる方がいらっしゃいましたら四季報などで調べて見てはいかがでしょうか?

次の

19期連続増配銘柄で増収増益も達成!沖縄セルラー電話(9436)の銘柄分析

沖縄 セルラー 株価

沖縄セルラー電話 を評価してみました。 ディフェンシブ&サブスクリプションで魅力的な銘柄です。 19年連続増配で業績も良いですが、長期保有対象としてはどうでしょうか? この記事では、• 直近の四季報の数値を独自の計算式に入れて5段階評価をしています。 長期投資するメリットがあるかの視点での12項目を評価しています。 12個の5段階評価を考慮し、最終的なランクをつけています。 (Sランク~Dランク)• 最後に主観的なコメントもしています。 沖縄セルラー電話 とは 沖縄を拠点としたKDDIグループの携帯電話サービスを提供する電気通信事業者です。 KDDIと同じく、auとUQモバイルで携帯電話サービスを提供しています。 沖縄電気とコラボしたインターネット回線の提供もしています。 沖縄特有な海底ケーブルを通す事業や、離島へのサービスなど、地域由来なユニークな業態です。 沖縄県のみにKDDIとは別会社の沖縄セルラー電話がauサービスを提供しているのですが、このようなユニークな試みなどにより、沖縄県でのシェアは 約50%を占めています。 長期ではキャピタルゲインも狙えるかも。 Aランク : 安心できる優良銘柄。 長期投資での候補にできる。 購入後のチェックは必要。 Bランク : 依然優良銘柄だが、気になるところもある。 こまめにチェックして買い時と売り時を考える必要がある。 Cランク : 長期投資の対象としてはちょっと難しい銘柄。 購入にはより詳細な調査と分析が必要。 Dランク : 長期投資の対象としてはかなり難しい。 (優待が良ければ保有も可) コメント 良いポイントとしては、財務優良で、増収・増益をしていて、長期で連続増配をしているが配当性向は高くないです。 高配当で優待も魅力的です。 悪いポイントはありません。 やはり通信関連銘柄はディフェンシブ&サブスクリプションで強いです。 沖縄で50%の携帯キャリアシェア au を占めているのもとても良いと思います。 今の局面においてかなりおすすめできる銘柄です。 KDDI100株、沖縄セルラー100株を保有で優待2倍になるという感覚になります。 リーマンショック時影響 過去の景気後退局面であるリーマンショック時にどうだったかを確認し、今後の景気後退局面での予想をします。 リーマンショック時の影響はないです。 通信インフラはディフェンシブ銘柄なので、業績にも配当にも配当性向にも全く影響はありませんでした。 まとめ• ディフェンシブ&サブスクリプションで収益安定。 19年連続増配で減配などの懸念が少ない。 沖縄で トップシェアを持っている。 UQブランドも伸びている。 高配当で優待内容も良いので納得の人気銘柄。

次の

沖縄セルラー電話(株)【9436】:時系列の株価推移

沖縄 セルラー 株価

Contents• 沖縄セルラー電話とはどのような会社? 沖縄セルラー電話株式会社(おきなわセルラーでんわ、英: OKINAWA CELLULAR TELEPHONE COMPANY、略称:OCT)は、日本の電気通信事業者。 沖縄県で携帯電話事業を行う地域会社(モバイルネットワークオペレータ)である。 通称au沖縄セルラーまたはau沖縄。 KDDIの連結子会社であり、親会社のKDDI同様、auブランドを展開する。 全国にあったDDIセルラーグループが何度かの再編を経て現在のKDDIに統合された中、唯一、沖縄県だけが地域企業として残った。 mobileブランドが開始された2014年8月1日以降は、それまでのPHSに加えて、沖縄県域を対象とした携帯電話事業を行っているので、現在は沖縄県に特化した事業者は2社体制。 ただし、PHS以外の旧契約とSoftBankブランドはソフトバンク本体が担当。 シェアの高さから、電気通信事業法等の一部を改正する法律(平成13年法律第62号)によって、市場支配力のある事業者に対するドミナント規制(非対称規制制度)の指定対象事業者にリストアップされたが、政治決着によって翌2002年(平成14年)4月に除外された。 2012年(平成24年)3月現在はKDDIが株式の過半数を所有しているが、同社は主に沖縄地域の財界・有力企業が出資し、同県の経済振興を第一義として設立されたという経緯と、本土の日本移動通信(KDDIの前身の一つ)やDDIセルラーグループ各社(京セラ・第二電電《KDDIの前身》の合弁)が単体では非公開企業であるなか1997年(平成9年)4月15日に店頭公開(現ジャスダック上場)していることから、他の地域会社のように吸収合併を行わなかった。 現社長の北川洋は興銀(現みずほ銀行)出身で、2000年から2008年まで第二電電取締役やディーディーアイ(現KDDI)の執行役員などを歴任。 前社長の起橋俊男は、現在のKDDIが発足した直後に沖縄以外のセルラー各社を合併した上で関西セルラー電話が社名変更した株式会社エーユー(2001年10月KDDI本社に合併)の社長を務めていた。 資本金:1,414,581,000円• 決算月:3月 現在の株価とPER 株価収益率 は?• 株価:3,930円• PER 株価収益率 :11. 4 倍• 売買高:32,200 株• 現在の配当利回り:3. 96 % 30万越えですね、ちょっと高いですね こういう投資額に対しても簡単に投資できるくらいのお金持ちになりたいものです。。。 PERが10〜15倍の範囲に収まっているのでだいたい日本平均のPERになっていますね 指標的には手出ししても問題なさそうです。 スポンサードリンク 直近5年間の株価チャート どうみても3,000円前半の時が買い時ですね。 コロナの影響もほとんど回復しているので次の暴落が買い時かもしれません。 沖縄セルラー電話の売上高と当期利益は? 素晴らしいですね!!!売上高・当期利益ともに右肩上がり! 間違いなく投資対象として考慮しないといけません。 右肩上がりですとよっぽど配当性向が高くない限り減配の可能性は低いですからね。 この調子でどんどんと企業成長して欲しいです。 スポンサードリンク 沖縄セルラー電話のEPS 1株あたりの利益 の推移は? 素晴らしいですね!!!EPSが右肩上がり! 企業収益も継続的に増えて行っているのが見て取れます。 EPSが継続的に上がっていると株価も大きな下げが起こりにくくなるので長期投資にはぴったりです。 この調子でどんどんと企業成長して欲しいです。 沖縄セルラー電話の1株配当と配当性向の推移は? 今期の配当金は154円の予想で配当利回りは3. 完璧ですね。 本当に長期投資家は全員持っておいた方が良いと自信を持って言えます。 長期投資家が報われる配当の伸びをしています。 ちなみに連続増配年数は19期連続です。 今期も増配予定なので20期連続になりそうです。 通信キャリアですので新規参入が難しく景気にも非常に強いので間違いなく持っておいた方が良い銘柄です。 スポンサードリンク 沖縄セルラー電話の株主優待は? 沖縄セルラー電話のROE 自己資本利益率 の推移は? いかに経営陣が有能であるかこの数値を見れば一目瞭然です。 ROEのみの観点からするともちろん投資対象候補銘柄になります。 まとめ 上記のレーダーチャートは今回着目した項目を表したものです。 業績・配当と全てが右肩上がり• 株主優待あり 上記より現在、非常に オススメ株になっています。 正直、本当に良いところしかない銘柄です。 通信業などでディフェンシブ銘柄としてはもってこいですし、配当利回りも悪くなく、連続増配銘柄です。 おまけに優待もあり長期保有制度も有していることから長期投資家に非常にお勧めできる銘柄です。 私自身も今回のコロナで株価が3000円台前半に拾うことができ、優待ももらえそうなので非常に満足しています。 こちらは本当にお勧めできる銘柄の一つです。 もしこの銘柄がきになる方がいらっしゃいましたら四季報などで調べて見てはいかがでしょうか?

次の