クラリス ssr。 クラリス(SSR)の紹介と評価|SQOOLNETゲーム研究室

【グラブル】光クラリスSSRの説明から不安が溢れている件!説明文から既に使いづらそうでテクニカルブスとまで

クラリス ssr

それは古より続きし定められた道からの脱却。 されど少女は迷うことなくその道を選んだ。 【初心者向け評価】• 極めて強力な奥義を放てる奥義特化型アタッカー兼防御デバッファー。 ウェポンバーストこそないが、 水属性Ver. と同様の感覚で扱える。 1アビを使うと自身が脆くなってしまうのが最大の弱点。 1アビの使用は奥義で敵を倒せる時に限定するか、 あるいはいっそ、退場してサブメンバーと交代することを前提として戦うと良い。 【上級者向け評価】• その絶大な奥義火力から、イベント周回に有用。 周回の手間・時間を軽減し、古戦場においては肉集め速度の向上に貢献してくれる可能性がある。 5倍)というすば抜けた倍率が特長。 従って、ドロップ率UP装備で固めての周回や、防御力の高いHL戦、スキル・加護無効の黒麒麟戦など、ダメージが出にくい条件の戦闘では他キャラを突き放した奥義火力を発揮できる。 独自のリソースを維持する限り高火力を発揮できるという点でなどの英霊持ちに近い。 アビリティを使うとどうやってもリソース切れが避けられないジュリエットに対し、常時維持可能だが常時防御DOWNを背負っているという違いがある。 幸いというべきか、防御DOWNはLBで相殺可能。 ただし他にも振りたいところは多い。 貴重な属性攻撃DOWN持ち。 通常の攻防DOWNや属性防御DOWNとは違い、属性相性の計算に作用するため、闇属性の敵の攻撃力を別枠で下げられる。 詳しくはを参照。 得意武器(杖)は、同属性の十天衆と一致するため有利な点といえる。 杖キャラに不足しがちな火力とデバフを補い、逆に紙防御をカバーしてもらいやすく杖パ内でのポジションも良好。 ただし最終上限解放後の奥義効果の闇属性攻撃DOWNがクラリスのデバフより効果量が高く、クラリス側のデバフが無駄になってしまうのが少々残念なところ。 対アルティメットバハムートHL戦においては、高い敵対心UPを逆手に取ってシリウス対策として有用。 実装当時は扱いづらかったが、アビリティの使用コストの低減によって扱いやすくなっている。 うちもこんな服が錬成できるようになれたらなぁ…… 」 「お父様、お母様、うちは何を言われても、この思いは捨てないよ!」 「手加減って難しいんだよねぇ〜……。 光古戦場だから使ってみたけど1アビのデメリットちょっとすごいな。 肉集めの功労者だったな。 ありがとう光クラリス。 久遠上げてゼウス編成も組んでオメガ虚空に相方のイオにも指輪上げて肉集めからハデス戦まで大活躍させられて満足。 同志よ -- [9bF9JdJLuUo] 2020-05-26 火 11:18:52• 古のパークラ、光で復活 -- [PynYRX1GVeI] 2020-05-31 日 12:09:42.

次の

クラリス (SSR)の詳細・評価

クラリス ssr

しかし、課せられた使命は重く、時に悩む姿も見せながらも気ままに楽しいことを求めて放浪し、今日も爛漫な微笑みを炸裂させる。 【初心者向け評価】 主にキャラ単体の性能の評価 特殊な効果を持つアビリティを揃えるデバッファー。 強力な防御DOWNアビリティ一点だけで主力となり得る存在である。 始めたての頃に入手すると特殊なアビリティばかりなのでいまいち性能がわかりづらく、扱いにくい。 しかしシステムを理解すると器用に立ち回れるキャラである事が分かるだろう。 2アビは無属性ダメージのため防御力が高い敵にも貫通ダメージが通る他、デュレーション効果を備える優れもの。 3アビは希少なディスペルに加え、ボスのHPに対して割合で固定ダメージを与える攻撃アビリティ。 ボスのHP次第では数十万に届くダメージを装備に関わらず出せるのも強み。 デバフの付与率を上げるサポアビの恩恵もありどのジョブ・キャラとも相性がよく、優秀なサポートキャラといえる。 種族ヒューマンかつ得意武器が杖と、ヒューマン・エルーンが主軸になりやすくマグナ攻刃の武器種とも一致するコロマグ編成とは相性が良い。 しかしながら火力を上昇させるアビリティを持たず、また自身もアタッカーとしては優秀とは言い難い。 火属性は主人公のみで防御力を下限まで落とせるベルセルク+ゼノイフリート斧の組み合わせが非常に強力なため、現状火力重視の編成ではクラリスは外れる場合が多い。 とはいえエリュシオンを使う場合、クラリスを起用することでソウルピルファーで1アビの命中率を補助しつつ、防デバフを任せられるために他のアビリティを積む余裕が生まれる。 エリュシオンはパーシヴァルの恐怖との相性も良く、クラリスのディスペルと合わせてほぼあらゆる状況に対応できる非常に汎用性の高いパーティを組むことが可能である。 奥義効果の弱体耐性DOWNは属性変更済みローゼンボーゲンの奥義効果と相互上書きの関係。 使用間隔:6 5。 片面デバフであるため、ミゼラブルミスト等と累積する。 サポアビとリミボに弱体成功率UPはあるが、弱点属性にも外すときは外すので注意。 パーティの火力向上に非常に大きく貢献する重要なアビリティであるため、必中を期す場合はソウルピルファー等で補おう。 使用間隔:6。 対象の最大HP次第では表記通りの減少量にならないので注意が必要。 また、無属性ダメージという利点を生かして、討滅戦や曜日クエストの防御率が高いモンスターを処理するのにも向いている。 ダメージはキャラクターの攻撃力に依存するため、方陣武器とコロッサスマグナ石やサテュロスなどのキャラクター攻撃力を上げる石を使うことで威力の底上げが可能。 【アトミック・レゾリューション】 敵の現在HP 実数 の1%〜5%の無属性ダメージを与えつつ、ディスペル効果を与える珍しいアビリティ。 使用間隔は10ターンだったが修正で6ターンに。 無属性なので相手の属性、防御力に関係なくダメージを与えられる。 減衰値は70万程度。 ・邪やカグヤのダメージ上限上昇効果は乗らない。 その性質上ダメージのブレが非常に大きいが、マグナ級ボスにはいきなり数十万のダメージを出せるため、マルチバトルにおいて特に有用。 なお反射を使った相手に撃ちこむと、ダメージを与え、反射ダメージを受けないまま反射状態を消すという非常に優秀な効果を発揮する。 威力が敵の現在HPを参照するので、ディスペルを目的とするのかダメージを目的とするのかで、タイミングを考えて使おう。 クラリスがフロントにいる場合のみ適応される。 サブに入れている場合は発動しないので注意。 キャラについてのネタバレが含まれますので、閲覧にはご注意ください。 「錬金術の才能がない」と自虐的に評しているが、その実は「存在崩壊の錬金術」に特化して育てられた錬金術師。 その目的は、錬金術の開祖である自分の先祖(カリオストロ)を倒すためであり、クラリス自身もそれを使命として与えられている。 クラリス自身も理解していないが、開祖であり人体錬成すら会得しているカリオストロを倒すための方法が「存在崩壊」の錬金術であり カリオストロをして「最大の天敵」と言わしめる能力を持っている。 生意気に攻めてきやがった。 スキンも来たけど火のクラリスはほんと弱いね。 手のひら大回転の 準備はいいか? 古戦場前にクラリスかアンスリアに調整こないかな。 アンスリアは調整きたがクラリスは……無念… -- [G3p0kHUoxBo] 2020-05-04 月 13:02:02• 弱体耐性ダウンを1アビに、奥義効果は別のものを。 2アビは作り直し、リミアビは3振りで確定にして。 -- [EJg8z21cXW6] 2020-05-01 金 21:37:17• 新しいキャラは有用なものをまとめて残りの枠でそこらのアタッカー並みの火力出せるしね。 バレクラとか奥義アタッカー風味なLBに10T後の奥義追撃や奥義性能UP、3アビのターン飛ばしで特殊技受けるの調整できるからいいけど、火クラリスは火力下がった結果ターン数が嵩んで特殊受ける頻度上がってしまうから難しいわ…。 -- [ajku5MQjFOM] 2020-05-13 水 22:12:33• ブレグラで久しぶりに使ったけど、びっくりするほど弱い……割と人気あるキャラだけに最終上限まだ来てなかったのにも地味にびっくり。 属性違い多いけど -- [5uEq. qO2I9U] 2020-05-08 金 20:42:56• クラリスは闇が本属性だから… -- [RpacyfiPsi. ] 2020-06-19 金 07:48:40• 無属性が2つあるという理由でブレグラで久々に駆り出した、横でイルザが無属性100万出してたのは気にしない方向で -- [De7gq09VKz6] 2020-05-13 水 19:33:48• このこもデュレの被害者ではある 運営は間違いを認めない謝ったら死ぬ病患ってるから期待しないで最終待つくらいしかないな。 ゼタやドスみたくそのうちストイベ最終枠用意されると信じて。 -- [eqXqRXsLLXg] 2020-06-19 金 07:28:37• ラカム並のデュレ使えるならもうちょい出番あるんだけどな -- [cC7kuQo. TSw] 2020-06-27 土 00:41:06.

次の

クラリスSSR<祝福のまなざし>画像と特技と評価3D【デレステ】

クラリス ssr

ゲージ減少量が大きく、 敵を素早くブレイクさせるのに役立つ。 ライターA HPが1000万を超える敵のODゲージに対する減少効果は、減衰が適用され本来の減少量より少なくなる点には注意です。 戦う機会の多いティアマグはHP1000万以下なので、しっかり有効な働きをしてくれます。 敵の防御力を大幅に下げたり、敵の厄介な強化効果を消去したりと、特に ソロでバトルをおこなう場合はとりあえず編成しておいて問題ないレベルの性能。 2:火力を求めると編成から外れやすくなる 主な役割は敵の弱体化で、火力は出ないタイプ。 そのため 「倒せるかどうか」というボス戦で起用され、序盤はほぼ常にスタメンだが、火力を求めるようになると徐々に編成から外れやすくなる。 ライターA 特にClass. IVジョブ取得後など、防御DOWNが主人公で用意できるようになると出番が減っていく印象があります。 ですが、それでも「ディスペル」や「味方の弱体命中UP」を目的に編成することは多いです。 特にHLなどではディスペル要員として起用されやすく、「持っておきたいキャラ」であることは間違いないと思いますね。 クラリスの主な使い方 1:火属性の防御DOWN役として 主人公の『ミゼラブルミスト』と合わせて、敵の防御力を限界まで下げ、 安定してダメージを与えられる状況を作るのに役立つ。 自身のサポートや奥義効果により、防御DOWNの命中率を自身で補強できる点も優秀。 2:一部の防御が高い敵に 無属性ダメージは敵の防御に影響されないため、スライム系などの HPが低いかわりに防御が極端に高い敵に対してエクリプスは非常に有効。 3:初心者にとってのダメージソース アトミック・レゾリューションで、 戦力に左右されずに最大70万ダメージを出せるのが魅力。 敵のHPが多いほどダメージも増えるので、特に装備の整っていない初心者のうちは貴重なダメージ源として重宝する。

次の