集英社 新刊。 最新のジャンプコミックス|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

翌月以降のジャンプコミックス|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

集英社 新刊

天望良一 少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 32号• ジャンプGIGA 2020 WINTER• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 32号 イチオシ情報• 5周年記念!オンライン展覧会開催中!! サイド〝甲〟VSサイド〝乙〟WEB配信対決、開幕!! そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• アニメ2期2021年1月放送!• 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター.

次の

最新のジャンプコミックス|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

集英社 新刊

2020. 01 2020. 25 2020. 25 2020. 23 2020. 01 2020. 25 2020. 25 2020. 23 2020. 01 2019. 25 2019. 25 2019. 05 2019. 29 2017. 21 2017. 20 2016. 09 謹んで「熊本地震」災害のお見舞いを申しあげます。 熊本地震により お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 一日も早く平穏な日々が戻りますよう、復旧がなされますよう心よりお祈り申しあげます。 (株)集英社クリエイティブ 2016. 09 2015. 30 2014. 23 2014. 21 2013. 29 2013. 06 2013. 26 2012. 01 株式会社 創美社と株式会社 綜合社は統合合併し、株式会社 集英社クリエイティブに社名変更いたしました。 パンと牢獄 チベット政治犯ドゥンドゥップと妻の亡命ノート 著者:小川真利枝 チベット人の真意を映す映画を撮影したことで、中国で囚われの身になり、 獄中で「国際報道自由賞」を受賞したドゥンドゥップ・ワンチェン。 インドのダラムサラで道端のパン売りから始め、ついにはアメリカに亡命して、 家族を養い、夫の釈放を待ち続けた妻ラモ・ツォ。 この夫婦と4人の子どもたちの、十年の軌跡を追ったノンフィクション。 2017年12月25日、あるチベット政治犯が、故郷のチベットからスイスを経て米国への亡命に成功した。 このニュースは、ニューヨークタイムズを皮切りに、驚きをもって世界中で報じられた。 男の名はドゥンドゥップ・ワンチェン。 2008年、北京五輪開催直前に、 チベット人にインタビューした映画『恐怖を乗り越えて』をつくり、国家分裂扇動罪で懲役6年を宣告された。 作品は世界中で上映され、彼は獄中にいながらにして「国際報道自由賞」を受賞する。 しかし、拷問をふくむ過酷な獄中生活を終えたのちに彼を待っていたのは、軟禁生活だった。 一方、夫の活動について何も知らなかった妻ラモ・ツォは、チベット亡命政府のある インド・ダラムサラで夫逮捕の知らせを受け取り、難民となった。 読み書きのできなかった彼女は、道端のパン売りから始め、 子どもたち4人とともにしなやかに逞しく生き抜いていく。

次の

TOPページ|集英社クリエイティブ

集英社 新刊

関連リンク• 少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 32号• ジャンプGIGA 2020 WINTER• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 32号 イチオシ情報• 5周年記念!オンライン展覧会開催中!! サイド〝甲〟VSサイド〝乙〟WEB配信対決、開幕!! そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• アニメ2期2021年1月放送!• 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の