おちょくる 方言。 大阪の河内弁の汚い!怖い方言の特徴や例文を一覧で紹介

人に話したくなる方言

おちょくる 方言

「中丹地方」とは,京都府・兵庫県にまたがる丹波地方の京都府部分北部と丹後地方の南部を言います。 (丹波と丹後の中間ということから,「中丹」と呼んでいます。 ) 具体的には 旧丹波にあたる福知山市・綾部市・夜久野町・三和町と,旧丹後にあたる舞鶴市・大江町の三市三町をさします。 このページではその中でも福知山市を中心に使われている言葉を取り上げました。 地域的には 近畿地方ということもあり テレビ・ラジオの影響もあって 若者が話す言葉は大阪弁に近づきつつありますが,年輩層には,まだまだこの地域独特のあたたかみのある言葉が残っています。 愛すべきふるさとに残る方言を いつまでも伝えるためにこのページを作りました。 【お断り】 ・このページは,わたし個人の生活経験などから調査・編纂したもので,学術的には何ら意味のない資料であることをご理解ください。 ・方言辞典には,お年寄りしか使わないような方言もあります。 また,最近使うようになった言い方もあります。 ・言葉によっては,活用形も紹介していますので,重複があります。 ・小学生が見ることを想定し,「不適切な言葉の不掲載」 「ひらがなの多用」 「会話例の掲載」を心がけました。 【お願い】 ・このページの内容に関するご意見や この地域の方言をご存知でしたら メールをいたければうれしく思います。 この方言辞典を作成していく中で,国語辞典を参考にしました。 調べていくうちに, 今まで当地方や関西の方言だとばかり思っていた言葉が国語辞典にのっていることがわかりました。 そのため 1. 共通語として 広く使われている。 2. 方言であるが 広く通用している。 と判断し,今回は方言辞典へのリストアップを見合わせました。 以下に紹介します。 くべる 火に木を入れる じべた 地面・大地 しんきくさい じれったい すか 当てがはずれること 「当てもん引いたら すかやった。 」 すばしこい 動作がすばやい すみっこ すみ ちらかす つっかけ かんたんにはける げたやぞうり とっくに ずっと前に なでる そっとこする・さする べっぴん 美人 水くさい 水っぽい・味がうすい 他人のようによそよそしい 「きょうの みそ汁 みずくさいで。 」 「何ゆうとん みずくさい。 」 雪かき 除雪・雪を取りのぞくこと.

次の

人をからかう時にはこんな心理が働いている9つのポイント

おちょくる 方言

「中丹地方」とは,京都府・兵庫県にまたがる丹波地方の京都府部分北部と丹後地方の南部を言います。 (丹波と丹後の中間ということから,「中丹」と呼んでいます。 ) 具体的には 旧丹波にあたる福知山市・綾部市・夜久野町・三和町と,旧丹後にあたる舞鶴市・大江町の三市三町をさします。 このページではその中でも福知山市を中心に使われている言葉を取り上げました。 地域的には 近畿地方ということもあり テレビ・ラジオの影響もあって 若者が話す言葉は大阪弁に近づきつつありますが,年輩層には,まだまだこの地域独特のあたたかみのある言葉が残っています。 愛すべきふるさとに残る方言を いつまでも伝えるためにこのページを作りました。 【お断り】 ・このページは,わたし個人の生活経験などから調査・編纂したもので,学術的には何ら意味のない資料であることをご理解ください。 ・方言辞典には,お年寄りしか使わないような方言もあります。 また,最近使うようになった言い方もあります。 ・言葉によっては,活用形も紹介していますので,重複があります。 ・小学生が見ることを想定し,「不適切な言葉の不掲載」 「ひらがなの多用」 「会話例の掲載」を心がけました。 【お願い】 ・このページの内容に関するご意見や この地域の方言をご存知でしたら メールをいたければうれしく思います。 この方言辞典を作成していく中で,国語辞典を参考にしました。 調べていくうちに, 今まで当地方や関西の方言だとばかり思っていた言葉が国語辞典にのっていることがわかりました。 そのため 1. 共通語として 広く使われている。 2. 方言であるが 広く通用している。 と判断し,今回は方言辞典へのリストアップを見合わせました。 以下に紹介します。 くべる 火に木を入れる じべた 地面・大地 しんきくさい じれったい すか 当てがはずれること 「当てもん引いたら すかやった。 」 すばしこい 動作がすばやい すみっこ すみ ちらかす つっかけ かんたんにはける げたやぞうり とっくに ずっと前に なでる そっとこする・さする べっぴん 美人 水くさい 水っぽい・味がうすい 他人のようによそよそしい 「きょうの みそ汁 みずくさいで。 」 「何ゆうとん みずくさい。 」 雪かき 除雪・雪を取りのぞくこと.

次の

京都府の方言

おちょくる 方言

質問者さん岐阜か愛知ですね。 嫁さんがケッタマシーンというので、マシーンってなんだよって大うけでした。 熊本の方言ですが、 「おろ良か(おろ良い)」・・良くないこと 「のさん」・・困った 「とぜんなか」・・退屈。 「徒然草」にみられるような古語のようです。 「なおす」・・しまう。 「ねんかかる」・・背もたれによりかかる。 「あとぜき」・・開けたら閉める。 ウケはしないですが、おもしろいと思う方言は「あとぜき」です。 これは九州の方言ということもなく熊本でしか通用しないようです。 熊本ではこれを方言だとは思っていない人もいます。 しかしショッキングなことに置き換えられる共通語はありません。 あとぜきには「扉を開けた場合は自己の責任で閉める」という意味があります。 ドアを開けて入って「あとぜき!」「あとぜきして!」と言われたらそれはドアを閉めるようにという意味です。 しかし、もしその扉を開けた人がその人ではない場合は、あとぜきとは声を掛けません。 単に扉を閉めろという意味ではなく、責任を持って閉めろというニュアンスがあるようなのです。 また「あとぜき」と扉に貼ってある場合は、「この扉を開けて入ってよい。 開けたら閉めるように」という意味もあります。 例えば両開きのドアに「あとぜき」と貼ってあったら、そちらのドアを開ける必要があります。 反対側は開けられることを想定されていません。 いくつも引き戸があるようなところだったら、「あとぜき」と貼ってあるところが入口です。 No12再びです。 「おちょくる」 調べました。 知らないで使ってましたが、どうやら方言のようです。 とか など。 目からうろこです。 そういえば、No5さんの「じゅうがわりぃ」に似た言葉、仙台にもあります。 「いづい」 一番近い共通語で表すとすると「しっくりこない」 例えば洋服を着て、脇の下がなんとなくきつくて、なんとなく嫌な感じを「いづい」などと表現します。 仙台弁については、 にも記載されています。 ウィキペディアにも「仙台弁とラムちゃん」のことが取り上げられてる(泣笑) ジャージの意味で使われる「ジャス」が昭和4大方言(大笑) そういえば生徒手帳にも「ジャージ着用」ではなく 「ジャス着用」と印刷されていたような気がします。 こんばんは。 自分の地方では、老若男女全てが「おばさん」になってしまう言葉があります。 それは、 「おばんです」 若いけど「おばんですー」、男だけど「おばんですー」 とは使いませんが。 方言で「こんばんは」の意味です。 初めてこの言葉を聞いた当時は中学生だったので (転勤で来て父の知り合いから言われたのですが) 「おばんじゃねーよ、このくそおやじ、俺はまだ中学生だー、どこに目ぇつけんとんのや!」 とこっそり心の中で思いましたが言い返せませんでした。 ちなみに下で青森の方が使っている言葉で 「こえぇ」疲れるという意味だそうです。 最初わからなくて「何が怖いんですか?」って真顔で聞いてしまいました。 それと似た言葉で「がおる」 どちらも疲れるという意味ですが最近まで違いがわかりませんでした。 「こえぇ」が身体が疲れるという意味に対して、「がおる」が精神的に疲れるという意味だそうです。 「がおる」は「かおる」という名前の人が「がおー」と言っているわけではないようです。 (最初はそう思ったことは内緒) 聞いた感じで「がおる」と似ているのが「おがる」 植物が大きくなる、子供が成長するという意味で使うようです。 「おがったこたぁー」(おっきくなったことー)のような使い方をします。 「がおる」と「おがる」って似てますよねって地元の人に言ったら大笑いされました。 あともう一つ。 「いたましい」、発音的には「いだますぃ」に近いです。 「悲惨な」という意味ではなく「もったいない」という意味です。 身体いだますぃから今日は無理しないとか、 懐がいだますぃ、(お金が勿体無い)とかそういう意味ですね。 でも最高のビッグヒットはやっぱり中学生にして既に「おばん」にされてしまった言葉です。 「おばんですー」「おじんですー」二人合わせて「ちゅーねんずでーす」って今は父の知り合いに言い返してやりたいです(笑.

次の