り っ くん ランド 売店。 陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」へのアクセスは意外と遠い!写真つき行き方解説。

陸上自衛隊広報センター りっくんらんど 売店

り っ くん ランド 売店

来館予約に当たってのお願い 当面の間、陸上自衛隊 広報センター(りっくんランド)館内での「3密:密閉、密集、密接」を防ぐために、入館は「 予約制(入場制限)」となります。 に記載されている応募要領に基づいて「 広報センターへのメールのみでの予約」となります。 【メール件名】• 【メール本文】• 1回目上映:10:20~• 2回目上映:11:05~• 3回目上映:14:20~• 4回目上映:15:05~ 2日前までに来館可能な方に対して、ご予約の際にいただいた連絡先(メールアドレス)に返信があります。 応募多数の場合には抽選となりますので、 広報センターから通知が届いた方のみ来館することができます。 通知を受けた方以外の広報センターへの来館はお断りさせていただきます。 当面の間、 団体予約は学校行事等(中学生の総合的な学習の時間、高校生の修学旅行等)で利用される場合に限定させていただきます。 見学予約の際にお送りいただいた個人情報は、万が一、新型コロナウイルス感染症に関する事象が発生した場合に、保健所等の行政機関による聞き取り調査などに協力する目的以外には利用することはありません。 以下の方はご来館をご遠慮ください。 なお、発熱等の症状がみられる方の入館はご遠慮いただきますのでご了承ください。 また、広報センター館内で激しく咳き込むなどの症状がみられる方はご退館をお願いする場合があります。 ご来館の際は、 必ずマスクを着用してください。 (マスクを着用されていない方は入館することができません) 広報センター内のトイレではハンドドライヤーが使用停止になっています。 手を拭くためのハンカチなどをご持参ください。 新型コロナウイルス感染予防のため、以下の展示・体験は休止となっています。 【利用休止の施設】• など この他にも、 直接、手で触れる展示物についても一部休止となっています。 来館される方は、 食べ物の持ち込みはご遠慮ください。 新型コロナウイルスへの感染予防への対策を徹底するため、ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 こちらの体験は「 予約制」となっています。 館内入り口受付で整理券を配布いたします。 【体験時間:1回2名まで】• 見学は「 自由見学のみ」で、新型コロナウイルスの感染予防のため、隊員同行ツアーは行っていません。 【見学時間】• 午前:10:00~11:20• 午後:14:00~15:20• 【見学時のお願い】• (外観の撮影は可能です)• おタバコは広報センター外喫煙所をご利用ください。

次の

りっくんランドで食事は出来る?お昼ご飯はどうする?

り っ くん ランド 売店

突然ですが、僕はどういうわけか子どもの頃から携行食や行動食というものに対していささか尋常ではない執着があるようです。 昔のRPG的なものに登場する干し肉やアニメ映画でもラピュタパンには妙にときめいたし、ドラゴンボールを読んでは仙豆に思いをはせていたものです。 現実でも時折無性にコンビーフが食べたくなったりします。 そんな僕なので、先日 陸上自衛隊広報センター『りっくんランド』に行ったときも戦闘糧食にはとにかく興味津々でした。 『りっくんランド』の売店はまるでそんな僕の心を見透かしていたかのように おそらく本物と同じ 戦闘糧食からお土産用のお菓子まで多種多様な食料品を取り扱っていました。 案外僕と同じように戦闘糧食に興味がある人が多くいるのかもしれませんね。 あと、それらの商品のパッケージを見るに、どうやらサバイバル用品、災害用備蓄食料品としての需要も見込んでいるように思いました。 どれも650円でカレーやハンバーグをはじめ種類もいろいろ。 そして一部では有名 ? な『SDFヌードル』もここで購入することができます。 中身はほぼ日清カップヌードルに準ずるものらしいと言われていますが、しょうゆとシーフードがありました。 そして『SDFソース焼きそば』。 これも日清製らしいです。 こちらは迷彩柄のパッケージとなっていますが、実用上の理由ではない……でしょう、きっと。 そして何といっても目玉はこれ。 そうです。 萌え絵ミリメシ『あつあつ防災弁当』です。 一瞬「まさか自衛隊までもが萌え絵で付加価値商法か 」と考えてしまいましたが、よく見てみるとこちらのミリメシは保存期間なんと3年の実戦仕様となっています。 なぜ本気スペックの方を萌えパッケージにしたのか真意はわかりませんが、もしかすると「二次元女子は劣化しない」「二次元は俺を裏切らない」という意味から、いざという時の信頼感を演出するメッセージとしての萌え絵なのかもしれません。 やはりミリメシはその特性上、食品としては保存期間が長いものが多いのでお土産にも適しているように思います。 話のネタにもなりますし。 もちろん本来の用途として災害用備蓄に備えておくのにもこれ以上ない一品です。 機会があれば実食レポートもしたいですね。 mod.

次の

りっくんランドの売店「アーミーショップさくら」のお土産が面白い!

り っ くん ランド 売店

りっくんランドの売店「アーミーショップさくら」には自衛隊らしいお土産が沢山! アーミーショップさくらにはここでしか買えないものや、もしくは防衛省まで行かなければ買えない商品が数多く置いてあります。 自衛隊を全面に出したパッケージのものが多く、食べ物を始め、ストラップやキーホルダー、小銭入れといった小物や、バッグ、Tシャツといった衣類関係のものも置いてあります。 お土産の定番 お菓子も自衛隊感が満載! お土産の定番といえばやっぱりお菓子かと思いますが、さくらにもスティックケーキ、まんじゅう、煎餅、クッキー、飴、チョコレート、サブレなどが置いてあります。 広報センターのイメージキャラクター、「りっくん」と「あさかちゃん」がプリントされたクッキー。 りっくんランドという愛称の元になっているキャラクターですね。 まんじゅうの中身はミルクあんが入っているのですが、それ以上にパッケージに使われている写真がなかなかレアな商品ですね。 次は 「ときめいて自衛隊」というポップな名前のチョコレート(7個入 税込380円) お米のパフ入りで、サクサク感と甘味のしっかりしたチョコレートになっています。 500円玉よりも少し大きいくらいのドーム型になっているので、1個の大きさが結構大きめになっていますね。 自衛隊カレーラーメン(6食入 税込970円) 見た目は醤油味のインスタントラーメン?っていう感じがするんですが、味の方はしっかりとカレーの味がします。 辛さの方もピリっとくる辛さがあり、寒い日なんかは体の中から温まりそうな一杯です。 そしてこのラーメンの面白いところがありまして、パッケージの裏に焼きそばとしての作り方も書いてあるというまさかの2WAY仕様になっております 笑 そしてコレ!さくらでもおすすめになってた商品。 迷彩パウンドケーキ(税込970円) どこから切っても迷彩柄というのが売りのパウンドケーキですが、抹茶パウダーやココアパウダーを使って色を作っているみたいです(グレーの部分はどうやって作ってるんだろ・・・?) 食べ物として色合い的に迷彩柄ってどうなの?って思うかもしれませんが、味の方は割とあっさりしていて美味しいです。 スポンサーリンク コーヒーなんかと一緒に食べたいケーキですね。 さくらのお土産は保存食も豊富! 自衛隊ということで、さくらには保存食もいくつか売られています。 ほんのりパンプキン味でそのまま食べても美味しいのですが、実はレンジとかで温めるとふっくら感がupしてとても美味しくなりました。 そしてこの缶入りパンの特徴なんですが、蓋を開ける時に大きな音がします。 熱源いらずという事で、電気などを使わないでも温めて食べる事が出来、プラスチックのレンゲや紙ナプキンまで同梱されています。 味は、牛丼、カレー、シチュー&ライスと3種類あるのですが、今回は牛丼を購入してみました。 袋の中に、白ご飯、牛肉の素、発熱剤というホッカイロみたいなのを入れて、そこに発熱溶剤を投入します。 温まり終わるまで30分程待つ必要はありますが、味の方はしっかりアツアツになっていてビックリするくらい美味いです! とにかく肉が柔らかくてつゆも結構入っているので、某牛丼チェーンにも引けを取らない美味しさだと思います。 1食1000円と、コスト的には少々高いかもしれませんが、保存食としてはもちろん、非常食としてもとても優秀な食料だと思います。 他にはこんな珍アイテムも売っています アーミーショップさくらにはバッグやハンカチ、手ぬぐいやタオルといった衣類雑貨も売っているのですが、自衛隊という事もあって迷彩柄のものが多いです。 Tシャツなんかも、ゴリゴリの迷彩柄で、普段着るにはなかなか勇気がいる(?)ものが多いんですが、中には割とシンプルなデザインのものも売っています。 サイズはS、M、L、XLとあり、XLでの価格は税込1650円になります。 そして最後はコレです。 一番度肝を抜かれた商品です。 迷彩柄のご祝儀袋(税込650円) ご祝儀袋に迷彩柄を使っても良いのか?という疑問より、このご祝儀袋を誰に使ったら良いものかを悩みそうなアイテムです 笑 使い終わった後は、迷彩柄のハンカチとしても使えるみたいです。 なお、 アーミーショップさくらで扱っている商品は通販などには対応していないそうなので、興味がある方は直接現地に足を運んで売店を覗いてみてください。 よく読まれている記事• November 7, 2019 に投稿された カテゴリ:• January 10, 2019 に投稿された カテゴリ:• September 30, 2019 に投稿された カテゴリ:• April 18, 2019 に投稿された カテゴリ:• October 28, 2019 に投稿された カテゴリ:• May 24, 2018 に投稿された カテゴリ:• May 13, 2019 に投稿された カテゴリ:• September 1, 2018 に投稿された カテゴリ:• May 30, 2019 に投稿された カテゴリ:• December 24, 2019 に投稿された カテゴリ:.

次の