長野 県 陸上 2019 ランキング。 日本グランプリシリーズ:2019ランキング

2019年度 長野県陸上競技大会日程

長野 県 陸上 2019 ランキング

2019年 長野県ランキング ランキングシステムのデータ表示について 当サイトに掲載されているランキングはあくまで暫定ランキングです。 以下の注意書きをお読みいただきご同意された上で閲覧をお願いいたします。 掲載される記録及び掲載までの期間• 日本陸連登録の競技者が対象です 小学生を除く。 県内の大会でコンピュータ処理をした大会は即時(翌日か翌々日)• 県内の大会でコンピュータ処理をしていない大会は記録部長にリザルトが届き承認された後約1ヶ月程度• 県外の大会は情報収集ができ次第掲載までの期間はまちまちです。 ランキングの決定• ランキングはあくまでも「暫定」です。 毎年末に全てのデータについて検証し公認された後WEBで決定データを発表します。 要覧掲載データとの相違• 長野陸協発行の要覧のデータについては毎年末に記録部で精査されますが、発行までの間に精査できなかった、あるいは間違っていた記録はWEBデータで修正されます。 ランキングデータに関するお問い合わせ• 県外大会で樹立された記録でランキングに掲載の無いものについては、長野陸協ホームページお問い合わせのコーナーにあるよりあらためて記録申請をして下さい。 以下のボタンをクリックして下さい.

次の

ptarmigans nagano

長野 県 陸上 2019 ランキング

静岡陸上競技協会記録委員会 静岡陸上競技協会記録委員会 インフォメーション ・随時更新している最新ランキングについて、県内の公認大会の結果は静岡陸協が独自で開発した大会運営ソフトで更新されますが、県外の公認大会の結果は、記録委員会のメンバーがボランティアで主催者が発信する公式HP等から静岡登録選手の記録を拾い出して作業をしています。 全てのリザルトが公式HPに即日アップではないことから、データ作成〆切時に主催者のHP等に大会結果がアップされていない場合、記録のランキングへの反映は次回に持ち越しになります。 ご理解とご協力をお願いします。 更新記録だけでなく静岡登録選手全ての記録処理をしているので催促する事はご遠慮ください。 ランキングのページに表記の通り、あくまでも「暫定版」です。 年末に年間記録を再チェックして翌年「確定版」となります。 いったん掲載されたランキングが修正されることもありますが、ご理解のほどよろしくお願いします。 できるだけタイムリーに、大会結果や、その時点までのランキング等を紹介していますが、ほとんどの作業が深夜に行うボランティアですのでご理解ください。 詳細は、インフォメーションをご覧下さい。 データベース 年度別ランキング 各年毎、静岡県の登録選手の公認大会における各種種目のランキングを掲載しています。 大会結果 各年に行われた県大会以上のレベルの大会結果。 県内選手の入賞者を掲載しています。 平成8年以前は、静岡陸協保管の記念誌「富士に競う〜栄光の記録集」に掲載されています。 地域最高記録 各種種目の東海記録・静岡県記録を掲載しています。 (R2. 11更新)• (R1. 30更新)• (R2. 6更新)• (R1. 30更新)• (R2. 6更新)• (R1. 30更新)• (R2. 6更新コンパインド追加) 年度別樹立した新記録 各種種目のその年に樹立した新記録(日本、東海、県)記録を掲載しています。 平均記録とトップ記録の推移•

次の

ptarmigans nagano

長野 県 陸上 2019 ランキング

5%増 〜12年ぶりに4兆8000億円を突破、増収企業は14社減少〜 はじめに 景気の後退感が明確になってきた。 堅調に推移してきた長野県の景気DI(TDB景気動向調査)に変化が生じたのは2018年半ば。 以後、減速感を強め、2019年はほぼ1年を通じて下降局面が定着。 年の終盤、10月〜12月には景気DIが3カ月連続して47都道府県別で最下位となるなど低迷ぶりが目立った。 米中貿易摩擦の長期化に加え、消費税率引き上げ、台風被害などの影響を色濃く受けた結果だが、2020年に入ってからは新型コロナウイルスの感染拡大により、世界規模で経済の冷え込みが急速に進行する事態となっている。 厳しい環境下、各社は業績の確保に向け様々な取り組みを展開してきたが、県内経済を牽引する大手企業の業績はどう推移したのだろうか。 帝国データバンクでは毎年、県内企業を対象に売上高ランキング(上位100社)を作成しているが、今回県内企業の2019年決算(2019年1月期〜2019年12月期)を対象とした売上高ランキングを集計し、動向を分析した。 当集計には金融機関や事業協同組合などは含めておらず、連結決算を採用している企業もすべて単体の売上高を採用している(3月31日現在で判明したデータに基づいて作成)。 調査結果• 1 上位100社の総売上高は4兆8265億8900万円、前年比3. 5%増 2019年県内企業売上高ランキングにおける上位100社の総売上高は、前年比3. 5%増の4兆8265億8900万円。 2年連続で増加し、12年ぶりに4兆8000億円を超えた。 2 売上高トップはセイコーエプソン、上位5社に順位の変動なし 県内企業売上高トップはセイコーエプソン(株)(諏訪市)。 記録が残る1985年以来、トップの座を維持している。 以下、5位までは前年と同順位、上位10社の顔ぶれに変化はなかった。 今回、新たにランクインしたのは5社。 3 増収企業は61社、前年から14社減少 100社のうち、増収となったのは61社、減収は35社(前期変則決算の4社は比較せず)。 増収企業は前年の75社から14社減少、減収企業は22社から13社増加している。 4 伸び率トップはネクストエナジー・アンド・リソース 増収企業のうち、伸び率が最も大きかったのは太陽光発電設備販売・施工のネクストエナジー・アンド・リソース(株)(駒ヶ根市)。 2019年6月期は前期から44. 1%増加した。

次の