プリズンブレイク シーズン6 ネタバレ。 プリズン・ブレイク【海外の評価とネタバレ】シーズン5 第 9 話「瞳の奥」(最終話)

プリズンブレイク シーズン3 6話「3時13分」感想・ネタバレ 脱走までの時間はあと少し

プリズンブレイク シーズン6 ネタバレ

プリズンブレイク シーズン3 6話「3時13分」 出し抜こうと思わないで リンカーンとの交渉役のスーザンの過去つらい…。 人質交換だったのに、勝手な行動をしたせいでアメリカ兵が多く死んでしまって…。 アメリカ兵?イラク兵? に強姦されたのか。 つらい…。 しかもただ強姦されただけじゃなくて、逃げられないように足も刺されてるっぽいしさぁ…辛いよ…。 見返す気にもなれない。 でも現実にこんなことあるんだろうなぁ…。 脱獄する正しい時間を教えなかったことで、本当にLJが殺されそうになるなんて…誰が思うよ。 マイケルだって、サラとLJを助けるために出し抜こうとしたことで…サラが死んでしまうなんて思わなかったはずだ。 でも実際にサラは首を切られて殺されてしまった…。 相手より上に立とうとしたせいで、戦いを挑んだことで殺されてしまった。 LJを殺す時に、サバイバルナイフみたいなものと、人間を溶かす薬みたいなものもちゃんと準備されてて…。 準備万端だったわ…。 脊髄を切る?ことで痛みを感じることなくすぐに死ぬことができる…ということも知ってたし。 今回の敵は上手すぎるし、人質を取られているのが痛い…。 犯人は誰だ!? あのアメリカ人の新入りの…名前もわからないが、あいつを殺したのは一体誰なんだろう!? マホーンでは無さそうなんだよな…。 マホーンのマットレスにナイフが入っていたけど、そもそもマホーンならナイフとか無くても殺せるでしょ。 そして殺す理由も無い。 だってもう少しで一緒に脱獄できるはずだからね。 殺すことのリスクの方が大きい。 ウィスラーも…別に殺すほどではないんだよなぁ…。 殺すほど邪魔をしたわけでも無い。 ベリックも殺す…理由は…あるにはあるけどなぁ~~。 「男と寝る趣味は無い!」って大勢の前ではっきり言われちゃったから…あると言えばあるんだけども…。 ベリックが殺すってのも変な感じ。 ティーバッグなのか? ティーバッグは理由が薄くても殺すけど、あいつを殺す理由にはならないし…。 サミーという色の濃い黒人さんを追い詰めたいから…というのも理由にはなるけど、他の方法だってあるしなぁ…。 裏切者はこいつだった ルチェロが何か拾っているなと思ったけど、葉巻の吸い殻だったのか。 そしてあの葉巻は元々サミーに届けられていたもの。 あの葉巻をもらったヒゲのロン毛が勘違いで殺されてしまっただけで…本当の裏切り者はサミーだったのか…。 サミーを売ると、ティーバッグにとって良いことがいっぱいだけどあの葉巻の真実を知っているのはマイケルだけだし…。 どう交渉していくんだろう?? 脱獄するの? サラが死んでいることをマイケルに教えてしまった~~~~~~!! リンカーンも…困るよね…。 スーザンに渡されたあの写真では、絶対にマイケルを騙せない。 マイケルならきっと気づいてしまう。 でも写真を見せないとマイケルは脱獄してくれない。 脱獄しないとLJは死んでしまう。 出し抜こうとしたから殺されてしまったんだけども…それでもマイケルを責められないよね。 だってそれだけサラ達を大事にしていたってことなんだもの…。 こんなことならサラと電話できなきゃよかったのに…!! サラが死んでしまったことでウィスラーに決闘を申し込んでしまったマイケル。 マホーンは司法取引的なもので先にSONAから脱出をしてしまったし。

次の

【プリズン・ブレイク】 シーズン5のネタバレと徹底解説。カニエル・オウティスとは何者なのか?

プリズンブレイク シーズン6 ネタバレ

2009年にオリジナルシリーズとなるシーズン4の放送が終了。 2017年には念願の新作となるシーズン5が放送され、日本でもアメリカでの放送から1週間遅れて順次放送されました。 オリジナルシリーズからは、主人公のマイケルやリンカーン、サラ、ティーバッグ、スクレ、シーノート、ケラーマンの7人が出演。 物語は最終的にハッピーエンドで終了し、久しぶりにあのキャラクターを見ることができて、ファンの多くは満足したかと思います。 そのシーズン5の放送終了直後から、すでに続編となるシーズン6の製作を望む声が多く、実際に2018年初頭、製作陣やFOX側が正式にシーズン6を製作することを発表しました。 当初は2019年に放送されると予想されていたのですが、予定が遅れてそのあと翌年2020年になってしまうと言われていましたが、さらに2020年内の放送も現段階ではないそうです。 ここでは『プリズン・ブレイク』の最新作であるシーズン6に関する情報を、噂や予想も含めて紹介していきたいと思います。 がシェアした投稿 — 2020年 1月月8日午前6時45分PST マイケル役の俳優ウェントワース・ミラーはシーズン6に関して下記のように投稿。 みんなの熱意に感謝する。 新シーズンがいつなのか検討もつかない。 また、それを決める会話に関わっていない。 プロデュース、編集、放送… とテレビ番組は時間がかかる。 2020年内にシーズン6は放送されそうにない。 私は間違ってるかもしれない。 ドラマが放送されるまでにはいくつものプロセスがあり、制作には時間が掛かります。 そして、まだ役者陣にも何の連絡もなく、撮影も始まっていない段階ですから、今年の放送はないのではないかと彼は言っています。 が、これも単なるウェントワース・ミラーの予想であり、彼自身も何も分かりませんので、最後に「間違ってるかも」と書いてあります。 dominicpurcell がシェアした投稿 — 2020年 1月月28日午後7時45分PST リンカーン役の俳優ドミニク・パーセルは、「辛抱・我慢」といったような意味の英単語を投稿。 2年くらい前から彼はこのように投稿しており、ファンは「まだかまだか」と待ちくたびれているわけですが、もちろん彼も何の情報も持っていないからには、このように投稿せざるを得ません。。。 2019年更新 当初は2018年か2019年に撮影が始まり、2019年中には放送されるのではないかと予想されていたのですが、未だに撮影も始まっていないことから、おそらく 放送は2020年になるのではないかと現在予想されています。 (撮影自体はおそらく2019年中) 遅れた原因として、リンカーン役を演じる俳優のドミニク・パーセルは「米ディズニーによる21世紀フォックスの買収が遅れている」ことが原因であることを自身のインスタグラムで投稿。 この買収のプロセスが遅れているそうで、そのため撮影も開始されていないと。 しかし、2019年3月20日午前0時2分に買収が完了しているため、おそらくもう時期撮影に入るのではないかと個人的には楽観視しています。 ドミニク・パーセルは同時に「脚本家も幹部もウェンワース・ミラー(マイケル)も自分も準備できてる」と答えており、撮影に向けて準備万端であると投稿しています。 まだFOX側から正式な発表はないですが、幹部や製作陣が撮影のGOサインを出せば、すぐにでも撮影に取り掛かると思われますので、発表までもうしばらくの辛抱です…。 そして気になることがもう1点あります。 ドミニク・パーセルが「 netflix」というハッシュタグを付けて投稿していること。 2018年の暮れにドミニク・パーセルは「Netflixがシーズン6を買う交渉をしている」と投稿しており、また、違うニュースサイトでもNetflixが過去のシーズン1〜5の権利と最新作シーズン6の放送権を買おうとしていると報じており、ひょっとするとシーズン6はこれまでのFOXではなくNetflixで配信される可能性が出てきています。 そもそも数年ぶりにシーズン5の製作が決まった理由の1つに、Netflixでの過去シーズンの視聴が放送終了から時間が経っているにも関わらず多かったというのもありますので、Netflix的には自分たちで配信したいんでしょうね。 ただ、FOX側も人気作であるがゆえに簡単に手放すとも考えられませんので…その辺は何とも言えませんね。 (FOXというかディズニー?笑) ちなみに、シーズン6は前回と同じように全9話くらいのミニシリーズになる予定。 今現在、『プリズン・ブレイク』やほかのフランチャイズ作品(24など)を復活させるという計画はないが、クリエイターたちが語るべき時だと思って脚本と一緒にやってきたら、我々は聴く準備はできている。 なぜなら、それらのフランチャイズ作品に関して、私はとても誇りに思っているし幸運をもたらすものだからだ。 2月にはすぐに制作するような旨の発言をしていたのですが、ここへきて一転し、制作の段階にはないとの発言をしています。 そしてこの発表のあと、『プリズン・ブレイク』脚本家のTwitterにて以下のように投稿されました。 Hi, Prison Breakers! Nothing is ever dead remember when Sara was decapitated? , but for now, the elusive season 6 is not in the cards. But we love you and are so grateful for all of you. — Prison Break Writers PBWritersRoom やあ、『プリズン・ブレイク』ファンのみんな。 ちょっと残念なニュースをシェアするよ(上記で紹介したCEOによる言葉)。 何もなくなってないけど、いま、シーズン6は制作される段階にはないよ。 T リンカーン役の俳優ドミニク・パーセルのつい先日の投稿を見てもそろそろ動きがあるような感じだったのですが、今回のこの発言でまったく動きがない感じだということがわかりました。 シーズン6の計画は発表されてから1年半以上が経過し、当初は2019年に放送されるのではないかと言われていましたが、これだと2020年、いや2020年以降になってしまうかもしれませんね。 とにかく今回の悲報は残念でしかありません…。 先日の、放送局FOXのCEOの発言を受けたコメントです。 何かしらの動きがあるのを首を長くして待つしかなさそうですね…。 ただし、ドミニク・パーセルの投稿からマイケル・スコフィールドとリンカーン・バローズが出るのはほぼ間違いないと思いますし、シーズン5にも登場した主要キャストもおそらくみんな登場するのではないでしょうか? マイケル・スコフィールド 主人公ということもありますし、自身のSNSでも2020年に入ってからシーズン6に関する投稿をしていることからも、登場することはほぼ確実ですね。 リンカーン・バローズ 準主役ということもありますし、度々SNSでファンに対してシーズン6に関する情報を伝えていることからも、登場は間違いないかと思います。 『プリズン・ブレイク』には2人の兄弟は必要不可欠です! サラ・タンクレディ サラは高い確率で出ると思います。 ただ懸念すべきなのが、サラ役を演じる女優のサラ・ウェイン・キャリーズがNBC局の新ドラマ『Council of Dads』で主演を務めることが決まったそうで、撮影はまだ先だそうですが、主演ということで影響があるのかどうか気になりますね。 また、夏放送予定の海外ドラマ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のシーズン5で監督としてメガホンを握ることも決まっているようですが、こちらは時期的におそらく問題ないかと思います。 シーズン5の最後に家族3人で仲良くしている光景がありましたので、シーズン6で出てこないのは不自然ですよね。 数年前に過去の性的暴行を複数の女性から告発された、ティーバッグ役を演じるロバート・ネッパーですが、あの騒動以降SNS関係は一切更新していないのですが、一応テレビドラマには2019年も2020年も引き続き出ているそうですので、おそらく出演に悪影響はないかなと思います。 フェルナンド・スクレ スクレに関しては、シーズン5で最初と最後のほうで少しだけしか登場しませんでしたので、ひょっとするとシーズン6では出番が多いのでは?と期待してしまいます。 物語の内容次第では出ると思いますが、正直出るか出ないかは微妙なところです…。 リンカーン役のドミニク・パーセルは、スクレ役を演じている俳優のアマウリー・ノラスコが投稿したバイクに乗っている写真を引用して「シーズン6のために鍛えてるな」という旨の投稿をしています。 シーノート シーノートに関しては、シーズン5で結構登場シーンは多く活躍してましたから、シーズン6には登場しないのではないかと予想します。 ただ、過去シーズンに登場している7人は登場する可能性が高いことから、彼も登場するかもしれませんね。 物語次第ということでしょうか・・・。 シバ シバに関しては、ある英語圏のニュースサイトが登場するようなニュアンスで記事を書いていましたし、シーズン5の最後でリンカーンと仲良くしていたことから、リンカーンの恋人役として出る確率は結構高いと思います。 アレクサンダー・マホーン シーズン5には登場しなかったものの、多くのファンが待ち望んでいるのがアレクサンダー・マホーンですが、日本のファンのみならず、本国アメリカのファンもマホーン好きは多いようで、新作シーズン6での登場が期待されています。 また、SNS上でファンからの「ケラーマン、マホーン、ソフィアを復活させて!」という投稿に返信する形で、一言だけ「マホーン」と投稿しました。 ただ、脚本家のポール・シェアリングがファンからの「シーズン6では誰が見たい?」という質問に対して、「マホーン」と回答したのに対し、その会話にケラーマン役を演じている俳優のポール・アデルスタインが入ってきて、「えへん!(咳払い)」と呟きました。 そして、ポール・シェアリングは返信する形で「あなたをもう一度殺すことができる」と返答しています。 ですので、登場するかどうかに関しては非常に難しいところ。 個人的には出ないのではないかと思います。 LJ(リンカーンの息子) 個人的には登場はないとは思いますが、ドミニク・パーセルは自身のインスタグラムに、息子LJとリンカーンが一緒に写っている写真を載せ、そこに「シーズン6」のハッシュタグを付けて自身のSNSに投稿したことがあります。 意味深ではありますが、これを投稿したのはまだだいぶ早い段階ですので(数年前)、ドミニクが「再び共演したいから登場させて!」と脚本家に対してSNS上で訴えているようにもとれます…。 物語の内容にもよりますが、彼が出る可能性は低いと個人的には思いますね。 ジョン・アブルッチ 以前「アブルッチが次回作には登場する」なんていう噂もありましたが、個人的には彼が出ることは高い確率でないと思います。 シーズン2で明らかに銃で撃たれて死んだシーンが映っていましたので…。 2018年3月11日に脚本家のポール・シェアリングはTwitterで1話目の脚本が書き終えたことを報告しており、あれからもう1年以上が経過しているため、脚本のほうはもうとっくに完成していると思われます。 まだ何も漏れ伝わってきていませんが、脚本家曰く「はじめに戻る」と答えていることから、つい「フォックス・リバー刑務所でも出てくるのか?」とか色々考えてしまいます。 (何がはじめに戻るのか不明なので、何とも言えませんが…) 気になるのはドミニク・パーセルが「フォックスリバー(刑務所)に戻る」と書いているため、本当にフォックス・リバー刑務所が再び舞台になるのではないかとも勘ぐってしまいます。 エピソード数はミニシリースということで、おそらくシーズン5と同様で全9話ほどになると思われます。 『プリズン・ブレイク』はこれまでシーズン3ではパナマを舞台にし、シーズン5ではイエメンを舞台にして物語を展開してきました。 ですので、新作もどこかアメリカ以外の国が舞台になる可能性は十分高いと思います。 が、はじめに戻るということを考えれば、アメリカ国内が妥当ではないかとも思いますね。 新世代がメイン!? あるニュースサイトによると、どうやらシーズン6は新世代(のメンバー)がメインで描かれるのではないかとの情報があります。 マイケルやリンカーンなど旧メンバーももちろん参加しますが、彼らがメインというよりも新世代のメンバーを手助けするために登場するのではないかと記事には書かれています。 マイケルとサラの一緒に過ごすシーン ファンから「シーズン6ではサラとマイケルが夫婦として一緒に過ごすシーンをもっと見たい!」と尋ねられた脚本家は、「うん、もちろん!ただ、すべてが順調にいくわけではないことは知っといてね」と答えています! 確かにシーズン5ではあまり絡むシーンが見れなかったので、今度は息子マイクも含めて家族で仲良くしているシーンを見たいですね。 マイケルがCIAのオファーを受け入れる? 米国のあるニュースサイトによれば、シーズン6の内容に関して、シーズン5の最後CIAからオファーを受けたマイケルは、シーズン6ではそのオファーを受け入れて協力するのではないか、と推測しています。 まぁ、シーズン5とは全く違う内容になると思いますので、おそらくこの案はないと思います! トラウマで普通の生活に奮闘する 晴れて妻サラと息子マイクと再会して家族団欒の日々が待っているのかと思いきや、マイケルは過去の出来事のトラウマで普通に生活するのが難しい… とある記事には書かれています。 画像: The Best Break 2018 新作シーズン6はどこで配信されるのかは不明です。 これまでは米国のFOXが放送していましたので、日本でもFOXチャンネルで放送し、複数の動画配信サイトでも配信していました。 ところが、この度FOXが買収されディズニーになったということで、一体どうなるのかはわかりません。 また、Netflixも権利を買う…. なんて言われていますから、ひょっとするとNetflixで配信になる可能性もあります。 もし米国でNetflixで配信されたなら、おそらく日本でもNetflixで配信されると思われます。

次の

『プリズン・ブレイク』シーズン1ネタバレと感想。小ネタを盛り込んで解りやすく解説!

プリズンブレイク シーズン6 ネタバレ

兄の無実を信じ、刑執行から救うため奮闘する弟のマイケル・スコフィールド。 刑執行まで30日というタイムリミットのなか、マイケルは刑務所の設計図をそうとわからないよう、自分自身の体にタトゥーを入れた。 そして、故意に銀行強盗を犯し、まんまと兄が収容されているフォックスリバー刑務所へ収監されることに成功。 兄に接触し、脱獄を企てるのであった…。 <シーズン2 全22話 > 刑務所内でのさまざまな駆け引きや人間模様をへて、フォックスリバー刑務所からマイケルとリンカーン、他6人の囚人が脱獄した。 自由を手にしたと思われたが、それは恐怖の始まりでもあった。 彼らは自らの目的のため、昨日の友が今日の敵となっていくのもかまわずそれぞれの道を進む。 一方、彼らを逮捕するために、FBIのアレクサンダー・マホーン捜査官は天才的な捜査能力で着々と彼らを追い詰めていく。 マホーン捜査官とマイケルの頭脳戦が繰り広げられるなか、その裏でマイケルとリンカーンを始末すべく、大統領でさえも操る謎の組織が暗躍するのであった…。 <シーズン3 全13話 > 舞台は自由の国アメリカから南米のパナマへ。 そこは1年前の暴動以来看守が存在しておらず、軍がその周囲を包囲しているだけの荒廃した刑務所だった。 マイケルは組織から「ジェームズ・ウィスラー」という囚人を脱獄させろという命令を受けていた。 タイムリミットは1週間。 入ったら最後、生きて出ることは不可能なソナ刑務所で、人質のサラとリンカーンの息子を救うため脱獄に挑むのであった…。 <シーズン4 全22話 > マイケルらは、組織から「スキュラ」と呼ばれるデータカードを奪うように指示をされる。 組織幹部が持つデータカードをひとつずつ盗んでいくが、マイケルの体に異変が…。 黒幕との全面対決。 追われる立場から、仲間たちとともに自分たちをハメた組織を追うのであった…。 <ファイナル・ブレイク 全2話 > ファイナル・シーズンのラストシーンでの空白の4年間を描いたストーリー。 自由を得たマイケルたち。 そこでマイケルとサラが結婚式を挙げる。 幸せ絶頂の2人のもとに、突然警察によってサラが殺害容疑で拘束されてしまった。 愛するサラのため、マイケルはリンカーンらと新たな脱獄計画を企てる。 しかしそこには、新たな壁がたちはだかるのであった…。 それは、マイケルが今も生存し、中東イエメンの刑務所に服役しているかもしれないという紛れもない証拠だった…。 マイケルを救い出すため、フォックス・リバー州立刑務所の脱獄囚であるスクレ、ティーバッグ、シーノート、そして兄リンカーンが手を組み、国を越えた過去最大の脱獄計画が始まる…! ファン待望の続編、「プリズン・ブレイク シーズン5」は、国を超えたさらなる難易度の高い世紀の脱獄劇が繰り広げられます。 しかも、スクレ、ティーバッグ、シーノート、リンカーンが手を組むなんて…ティーバッグは裏切らないでほしいけど 笑 さて、ここでは、「プリズン・ブレイク シーズン5」を含む「プリズン・ブレイク」シリーズを視聴できる動画配信サービスをご紹介します。 まずは、 月額1990円で対象作品が見放題となるU-NEXTです。 なお、「プリズン・ブレイクシリーズ」は見放題対象作品のため、月額利用料金だけでイッキ見することができます。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はU-NEXTの公式サイトにてご確認ください。 また、月額888円で対象作品が見放題となる、FODプレミアムでも「プリズン・ブレイク」シリーズを配信しています。 こちらも、「プリズン・ブレイク」シリーズは見放題対象外ですが、シーズンごとにお得な割引価格となる全話パックも用意されているので、レンタルDVDよりは断然お得です。 Amazonアカウントをお持ちなら、Amazonアカウントに登録している情報を使って、簡単に決済が可能になりました。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアムの公式サイトにてご確認ください。 <マイケル・スコフィールド> 演:ウェントワース・ミラー IQ200の元建築技師。 30歳。 死刑執行を待つ無実の兄を助けるため、全身に刑務所の設計図のタトゥーを入れている。 故意に銀行強盗を犯し、兄のいる刑務所に収監され兄とともに脱獄を企てる。 幾度となく困難に陥るが、冷静沈着で判断力に優れた切れ者。 「バイオハザードIV アフターライフ」でクリス・レッドフィールド役を演じました。 そういえば、この時も檻の中に閉じ込められていましたね。 また、2013年にはサンクトペテルブルク国際映画祭(ロシア)から招待を受けましたが、ロシアでは同性愛プロパガンダ禁止法が成立しており、ミラーさんは出席を拒否。 というのも、ミラーさんは同性愛者だったからです。 この映画祭に関わる問題によって、図らずもカミングアウトすることとなりました。 2014年秋にアメリカで放送されたTVドラマ「ザ・フラッシュ」にゲスト出演し、兄役のドミニク・パーセルさんと再共演を果たしました。 2016年にアメリカで放送される「ザ・フラッシュ」のスピンオフ作品「レジェンズ・オブ・トゥモロー」でも共演することが決まっています。 そして、バイオハザードVIではクリス・レッドフィールド役で再び出演するかもしれないと囁かれています。 ぜひ、期待したいところです。 <リンカーン・バローズ> 演:ドミニク・パーセル マイケルの兄。 喧嘩っぱやく直情的だが弟や息子との絆を大切にしている。 副大統領の弟殺害を命じられ、思いとどまるも、組織の工作により逮捕。 殺人容疑で死刑を言い渡される。 2014年12月、アメリカのTVドラマ「新ビバリーヒルズ白書」のナオミ役などで知られる女優のアナリン・マッコードさんとの破局が伝えられています。 ドミニクさんは44歳、アナリンさんは27歳と歳の差カップルでした。 その他の主な主演作 「ミッション:インポッシブル2」 「インビンシブル」 「ブレイド3」 「キラー・エリート」 「ウォールストリート・ダウン」 主演 「ザ・バッグマン 闇を運ぶ男」 <サラ・タンクレディ> 演:サラ・ウェイン・キャリーズ 州知事の愛娘で、フォックスリバー刑務所の女性医師。 友人の少ない、孤独を好む女性。 元薬物中毒者という過去がありながらも、医師という仕事に誇りを持ち、相手が囚人だろうと決して軽んじることなく勤勉に仕事をこなす。 2010年からはアメリカのTVドラマ「ウォーキング・デッド」で主人公の妻ローリ役を演じています。 その他の主な出演作 「聖なる予言」 「フェイシズ」 「イントゥ・ザ・ストーム」 <フェルナンド・スクレ> 演:アマウリー・ノラスコ 気のいいプエルトリコ人。 マイケルの同房者であり、かつ親友。 当初はマイケルの脱獄計画を迷惑だと思い関わりを拒むが、自分の子を妊娠している恋人の心変わりを恐れ、脱獄に参加する。 「プリズン・ブレイク」後は、テレビシリーズなどで活躍。 ちなみに、「プリズン・ブレイク」に出演する前の2001年には北野武監督作品「BROTHER」にも出演しているという過去もあります。 マイケルに匹敵する天才。 十分な裏付けをとらずに捜査の方向性を決定する性格を問題視されるが、その判断は間違いがない。 大ヒット映画「アルマゲドン」のスペースシャトルの機長をしていたという印象がありますが、他にも多数の映画で一癖も二癖もあるキャラクターを演じています。 「プリズン・ブレイク」後に出演しているニコラス・ケイジ主演の「ドライブ・アングリー」では監査役でインパクトの強い役を演じました。 殺人事件で終身刑となり服役。 残忍で目的のためにはどんな犠牲も厭わぬ危険な性格。 何度となく危機に陥るが、持ち前の狡猾さと悪運で生き延びる。 ティーバッグは吹替えの若本規夫さん サザエさんのアナゴさん役 の熱の入った演技に引き込まれた人も多いのではないでしょうか? ティーバッグ役の印象が強すぎるためか、プライベートでホテルのエレベーター内で会った女性2人がロバートさんの姿をみて「ハッ」と息をのんで怖がったというエピソードを始め、ティーバッグが与えた影響は大きいようです。 とにかく劇中では残虐非道なキャラですが、数多くの名言も残しており、人気キャラクターの一人です。 個人的に好きなシーンは、盗んだ車のカーナビの問いかけに対して 「ユゥゥゥゥ~タァァァァ~」という場面が今でも鮮明に思い出されます 若本氏の演技がすごいのもありますけど)。 キャスティングは現段階では未発表ですが、どう考えてもマイケル&リンカーンは「プリズン・ブレイク」には欠かせないので、マイケル・スコフィールド&ドミニク・パーセルは出演するでしょうね …じゃないと、話にならない! とはいえ、まだまだ内容は未確定。

次の