眞子 様 小室 圭 さん。 眞子内親王と結婚できる?小室圭さんを占ってみると

小室圭さんの人格否定に眞子さま「怒り」 2年以上の蓄積か

眞子 様 小室 圭 さん

文/編集部 破談か、婚姻か 「納采の儀」延期発表から2年。 先月、眞子さまと小室圭さんの婚約延期問題に何らかの発表がなされる予定だった。 しかし今のところ秋篠宮家や宮内庁からのアナウンスは無く、関係者からは「このままだんまりを決め込むつもりではないか」との懸念も上がっている状況だ。 「実は、秋篠宮殿下は会見の場で、完全にアドリブで『来年2月に何らかの発表を』と仰ったのです。 おそらく会見特有の緊張感に後押しされ、後先考えず口を滑らせてしまったのでしょう…。 しかしその実情は伴っていません。 殿下は眞子さまに『なにか考えといてね』と仰っただけで、具体的に小室さん側と調整をするなど一切しておられません。 紀子さまも『あなたが言い出したんだからあなたが何とかしなさいよ。 私は知らないわよ』と冷淡です。 このままでは『再延期』を発表するだけになってしまい、さらなる避難は免れないというのに。 恋愛心理学に詳しいカウンセラーのY氏は以下のように話す。 「眞子さまと小室さんの現状はまさに『ロミオとジュリエット効果』の王道パターンと言えます。 ある程度の障害があった方が、その障害を乗り越える意欲がわき、相手への恋愛感情を高めるという心理効果です。 更に、眞子さまの場合、家族のみならず、国中から二人の仲を引き裂こうとされているわけです。 こんな状況は他に例がないでしょう。 しかしこの恋愛パターンは、燃え上がるだけ燃え上がって実際に結ばれたとしても、今度は当事者同士が『こんなはずではなかった』と上手く行かないことも多いのですが…」(Y氏) 美智子さま、眞子さまを「皇室追放」へ! さて、この効果を逆手に取り、眞子さまの「皇室追放」を画策しているのは美智子さまだという。 信頼できる上皇の消息筋によれば、美智子さまは眞子さまの破談をとうに諦め、今後は眞子さまが自発的に皇籍離脱するように仕向ける作戦に切り替えているというのだ。 「美智子さまは、眞子さまから『さっさと引っ越せ』と迫られたことで完全に眞子さまを見限ったようです。 心理学の権威から今後の対策について指南を何度か受けられました。 先日、美智子さまは眞子さまを呼びたて『今までワタクシが間違っていたわ。 小室さんは眞子に最良の相手です。 国中から石を投げられている状況でも、未だ眞子を思い続けるなんて、並の男じゃできないわ』と小室さんを褒めそやし、眞子さまのお心を緩めた状態で、『お金はどうとでもなる。 先に皇籍離脱を発表するのです。 あとは私が上手くやります』と背中を押されました。 美智子さまは最早、眞子さまを皇室に残しても害でしか無いとお考えなのです。 眞子さまもお金の面さえ見通しが立てばすぐにでもNYへ飛び立ちたいと願われていたので、『圭くんも喜んでました!お祖母様大好き!』と美智子さまの手のひらの上でコロコロされています」(上皇消息筋) 美智子さまの意図はさておいても、お金の面で苦労をしないと約束された状態には小室さんも 「さすが上皇后、話がわかる」と顔を緩めているに違いない。 成婚を果たした眞子さまは、真実の愛にたどり着けるのだろうか? 個人的には、皇室そのものがもう必要ないと思っています。 女性宮家は当然必要ありませんし、自然の流れで皇室は終わりを迎えようとしているのではないでしょうか。 皇室がなくても、国の代表は国民から相応しき人を時代に沿って選べば良いです。 国民が納得する人物が国を代表して公務する、そういった新しい時代と捉えて良いと思うんですね。 この記事に関わるような下らない問題すら、無くなりますし、個人的には、この小室さんは、然るべきタイミングでプロポーズしなかったのがいけないと思うんですね。 定職に就き、眞子さんを養える収入を得てからプロポーズするべきでした。 御人柄は、お話したこともないので存じ上げませんが、客観的印象としては、彼自身のそうした結婚に対する構えのない甘い考えがタイミングを見誤り、このような騒ぎ?に繋がっていったのではないでしょうか。 私は賛成も反対もしませんし、誰かを傷つけるつもりもありません。 ただあくまでも客観的な見解です。 眞子丼は小室圭のどこがいいのだろう? 低身長で頭のでかい、ずんぐりむっくり、これが海の王子?審査員も何を基準に決めたのかな?或いは応募者が小室圭一人だったりして。 最近良からぬ小室佳代のことがYouTubeに出ていて、何気なく読んでいたら、夫敏勝さんの自殺は保険金目当てでは無いか7年後に死亡保険金が7千万円が降りている。 約440万円の借金をしたA氏に息子圭を養子にしてくれないか、名前は夫婦で考え小室圭に付けた名前だから小室圭のまま養子、死亡保険金の受け取りはA氏の娘ではなく小室圭に書き換えてくれとか、申し入れをしていたようだ。 その前に同棲していた胡散臭い彫金師の不審死、その妻の不審死、舅と姑の自殺等彼女の周囲は不審死が大勢いる。 A氏に圭を養子に、保険金受取人の名義変更を要求はひょっとしたら保険金目当てに、自殺と見せかけて色々策略していたのでは無いか、夫勝敏さんの自殺も7千万円の高額保険金もおかしい、不審死の可能性もあるとのことだ。 凄いですね〜〜。 不思議なのはどうして佳代ような女、つまり後妻業にさせるかだ。 小室佳代の周りは不審死者が勝敏さん含めて五人もいるんですよ! これでも秋篠宮家は眞子丼の意地っ張りに負けるのか? 不審といえば川嶋家はそこまで行かなくとも、皇室利用という点では全くの同類ですね! 佳代は当時の明仁天皇に合わせろと宮内庁に要求していたそうだから、佳代の周りの胡散臭い連中が川嶋辰彦同様、美智子皇后の出自、紀子が礼宮との疑惑の交際、皇室に怒鳴り込み強引に結婚を迫った事とか、川嶋家を徹底的に調べて恫喝まがいの事を、また眞子丼との関係性を公表するとか川嶋辰彦と同様のことをしたと考えられる。 そうでなかったら、明仁天皇に合わせろとは言えない筈だ。 小室佳代の周辺は何でもありで、今度は皇室相手に問題を持ち込むとは。 悪しき平成の時代は正直終了して良かった。 今上陛下、雅子皇后陛下、敬宮愛子さまの天皇家は平成時代の薄ぎたない事は起こらない。 コロナウィルス問題で、秋篠宮の「皇嗣の礼」は中止、永遠に中止にするべき。 秋篠宮、紀子夫婦にその資格すら全く無いのだから。 もし、眞子さまと小室家 角田家 が婚姻したら、 佳代さんと反社会勢力に脅されて、一生、秋篠宮家は恐喝されるでしょう。 そして、反社会勢力に一生、お金を貢ぐことになるでしょう。 国民の血税を、反社会勢力に貢ぐなんて、絶対に、してはならない事です!!! 日本国と国民の安寧を祈ってくださるのが、天皇皇后両陛下と皇族の方々です。 反社会勢力は、自分達の利益と金の為なら、国民にあらゆる迷惑行為、嫌がらせ、犯罪行為をする人達です。 小室母子に暴露されたとしても、国民は、秋篠宮家がされてきた事を既に知っています。 皇宮警察官3名の自殺 のことも知っています。 反社会勢力に脅されて、国民の血税を、反社会勢力に流し続けされる事の方が、 国民にとっては、甚大な被害となります。 小室家 角田家 との婚姻は、絶対に、あってはならない事です!!! 日本国の皇室が終焉となってしまいます。 天皇皇后両陛下、国民と日本国の将来をお守りください。 天皇陛下の御英断で裁可を取り消してください。

次の

眞子さま「一時金1億円なんていらない!」小室圭さん「じゃあ結婚しない」破談の危機に|菊ノ紋ニュース

眞子 様 小室 圭 さん

昨年11月、秋篠宮さまは自身の誕生日会見で、2020年2月で眞子さまと小室さんの結婚延期から2年が経過するため、今後について何らかの発表をする必要があると述べられた。 これを受けてワイドショーは、眞子さまと小室さんの今後を案じる特集を組み放送。 一部の番組では、小室さんの母・佳代さんと元婚約者との金銭トラブルは解決していないが、小室さん側は解決済みとの主張をしていると伝えていた。 このことについて、小室さんの代理人弁護士が各番組へ訂正を要求した。 後日、『あさチャン!』(TBS系)、『Mr. サンデー』(フジテレビ系)『バイキング』(同)は、「小室さんが金銭トラブルについて解決済みだと主張した事実はない」と、訂正・謝罪している。 眞子さまはワイドショーに対して怒りを覚えており、日本での報道内容を留学中の小室さんにも報告。 二人でマスコミ対策を話し合った末の抗議だったのだという。 佳代さんの金銭トラブルが発覚して以降、小室家にまつわるネガティブな報道はテレビや雑誌で長期にわたり繰り返されてきた。 借金問題をはじめ、小室家の年表、家系図、父と祖父の自殺、祖母が信仰していた宗教、小室さんの前職場での悪評、自宅の場所や佳代さんの職場、佳代さんの元恋人……こうしたプライバシーを暴き続け、小室さんの人格を否定するような内容も少なくなかった。 たとえば昨年9月放送の『バイキング』では、小室さんの留学先であるフォーダム大学までスタッフが飛び、大学周辺で小室さんに関しての調査を行った。 このような報道に眞子さまが怒りを覚えるのは当然のことだろう。 マスコミの憶測や偏見を交えた報道によって、世論は大きく左右されている。 報道の結果、小室さんにはマイナスなイメージが定着、バッシングの矛先は小室さんとの結婚を望む眞子さま、そして秋篠宮家全体にも波及した。 またそれ以前に、公人ではない小室さんのプライバシーを詮索することの意義も問われる。 ただ、「眞子さまが怒っている」という情報が事実であるとするならば、怒りの矛先はテレビのみにとどまらず、週刊誌も同様だろう。 およそ2年以上にわたり、眞子さまはご自身をめぐる理不尽な報道に耐えてきたのではないだろうか。

次の

眞子さまと小室圭さん、結婚破談説広まる…秋篠宮さま、事実上の期限設定で破談へ誘導か

眞子 様 小室 圭 さん

「心から愛していて信じているから」でしょう。 思春期の初恋。 自分が一番きれいなときに好きになった男性。 大人に成長した自分が自らの意思で求めた幸福。 この幸せは永遠に続くと、普通に信じていた。 恋は盲目ってやつです。 邪魔するものは、親であれ友達であれ受験であれ、そっちが間違いだと思ってしまう。 親のために結婚するのではない。 世間体がなんだ。 女性なら誰にでもありそうな初恋の想い出です。 眞子様の場合は、皇族という特殊なお立場なので、それも反発する材料になってしまっているのかもしれません。 その初恋が成就して幸せになっているご夫婦もいますが、「あの時あんな男と結婚しなくてよかった」「なんであんな男を好きだったんだろ~」と思っている人も沢山います。 今回の場合、あの方ではちょっと…と、多くの人々が考える理由は、眞子さまが皇族だからではありません。 早く初恋の魔法から目覚めて、周囲の人の話を聞いて考え直されると良いなーと願っています。

次の