快気祝い 意味。 退院のお祝いにのしは必要?退院祝いや快気祝いのマナー!

快気祝いと快気内祝いの違いと「のし紙」の書き方

快気祝い 意味

「お見舞い」や「退院祝い」といった言葉はよく使われますが、「快気祝い」や「快気内祝い」は、やや聞きなれない言葉です。 どんなときに使うのが適切なのか、また、2つの言葉に意味の違いはあるのか、わからないという人もいるのではないでしょうか。 勘違いしないように、快気祝いと快気内祝いについて、しっかり意味を確認しておきましょう。 この記事では、快気祝い(快気内祝い)についてのマナーをご紹介します。 迷ったときは、ご両親・身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。 例えば、結婚祝いは結婚した人に対して贈るお祝いのことを指し、反対に結婚内祝いとは、結婚祝いをくれた方にお返しを贈ることを指します。 ところが、「快気祝い」と「快気内祝い」は、どちらも 病気やケガをした人がお世話になったりお見舞いなどの心遣いをしてもらった人に対して贈るものです。 また、「内祝い」という言葉は、本来「身内の喜びを近しい方にお裾分けする」という意味合いのもので、快気内祝いは快気祝いよりも内々で行うものというニュアンスが含まれます。 そのような理由から、 「病気やケガが全快してすっかり良くなった」という場合には快気祝いを、 「病状が良くなって退院はしたものの、まだ通院は続く」というような場合には「快気内祝い」と使い分けるケースがあります。 このように、快気祝いや快気内祝いは、「自分の病気やケガが治ったこと」についてのお祝いですから、本来は「お見舞いのお返し」という意味は持たない贈り物でした。 しかし現在では、「お見舞いに来てくれた感謝を示すとともに、退院をお知らせするギフト」として利用されています。 なお、なかなか病気が良くならないがお見舞いのお礼がしたいという場合や闘病中に亡くなってしまった場合は、のし紙の表書きを「御見舞御礼」とします。 また、身内や友人などから退院した人に対してお祝いの贈り物をする場合は「退院祝い」という言葉を使います。 快気祝いを贈る時期 退院直後は、病院から自宅への移動疲れや、生活環境の変化などで体調が落ち着かない場合もあるでしょう。 また、通院が続くなど、回復までに時間がかかることも少なくありません。 「退院したのだから、すぐに快気祝いを準備しなければ」と焦ってしまうと、ストレスになってしまいますので、まずは自分の健康を取り戻すことを第一に考えましょう。 退院後、 1週間から10日ほどすると、徐々に生活も落ち着いてくると思います。 快気祝いは、そのころに贈る手配をするのがおすすめです。 なお、いくら毎日の生活が落ち着かないからといって、退院してから何ヵ月も経って「快気祝い」を贈るのは失礼です。 退院後、1ヵ月以内には贈れるように準備を進めましょう。 ただし、中には1、2週間のうちに贈るべきという風習の地域もあるため、詳しくは親族や贈答のマナーに精通した地元の人などに聞いておくと安心です。 快気祝いの贈り方 お祝い事には、「何度でもあってほしいこと」と、「二度と起こらないほうがいいもの」の2種類があります。 前者には、ほどいて結び直せることから「蝶結びの水引」を、後者には、結び直すことができないことから「結び切り」を使います。 快気祝いは、病気やケガが良くなったお祝いであるため、二度と起こらないほうがいいものです。 そのため 「紅白の結び切り」の水引がついたのし紙を使います。 表書きは、のし上に 「快気祝」や 「快気内祝い」、水引の下には体調を崩していた 本人の苗字を記載します。 名前も含めた姓名を記すのも間違いではありません。 快気祝いは、直接会える人に対しては、『退院しました』という報告や『お見舞いありがとうございました』といった感謝の言葉とともに渡すのがいいでしょう。 ただし、中には直接会うのが難しい人もいるかもしれません。 そのようなときは、郵送や宅配便などを利用して快気祝いを贈っても失礼にはあたりません。 直接渡す機会を待っているうちに、快気祝いを贈るのが遅れてしまうことがないよう、なかなか会う機会がなさそうな人には早めに発送の手配をするようにしましょう。 なおその際は、快気祝いだとわかるようにメッセージカードを添えるのがマナーです。 お見舞いへのお礼や回復の報告をしたためて同封するようにしましょう。 快気祝いの相場と金額の目安 現在では、お見舞いをもらった人に対して快気祝いを贈ることが一般的になっています。 そのため、快気祝いの相場も、もらったお見舞い品の金額から算出するケースが多くなっています。 現金でもらった方はもちろん、品物を贈ってくれた人についても、およその金額を予想して、その額の 半額から3分の1程度の額を目安に用意するようにしましょう。 快気祝いの定番品と贈ってはいけないもの 「二度繰り返さない」という意味を込めて、 食べ物や消耗品といった「消えてなくなる物」が、快気祝いの定番商品です。 「(病を)水に流す」という意味につながるため、入浴剤や洗剤なども人気です。 定番の焼き菓子のほか、最近ではフルーツを使ったみずみずしいスイーツなども多く贈られています。 果物の新鮮さは、健康なイメージを連想しやすく、色もカラフルなので快気祝いの明るいイメージに合っているためでしょう。 ただし、生ものや汁物は避けるべきという考え方もあるため、贈る品物は慎重に選ぶ必要があります。 一方、避けたほうがいい快気祝いとしては、 現金や商品券が挙げられます。 特に目上の人に対しては失礼にあたる場合があるので、贈らないようにしてください。 病気やケガの回復を祝い、お見舞いへのお礼の気持ちを伝える快気祝いには、病み上がりで準備をしなければならないという難点があります。 デパートに行ったり、品物を選ぶ時間が取れなかったりする場合や、相手の好みがわからない場合は、 カタログギフトを利用するのもおすすめです。 本人の体調と相談しながら、無理をせずに健康回復を報告することが大切です。 中でも相手に好きなものを選んでもらえるカタログギフトがおすすめです。 快気内祝いにはお礼状を添えましょう。 この記事では、快気内祝いの意味とお礼状の書き方をご紹介します。 送る相手別の文例も掲載しているのでぜひ参考にご覧ください。 この記事では、お見舞い返しに適した品物や相場、金額の目安を紹介しています。 贈り物に掛けるのし紙には水引の色や本数、表書きの書き方など、いくつか決まり事があります。 この記事では、いざ贈るとなると迷いがちな快気内祝いの「のし」の一般的なマナーをご紹介します。 快気祝いを贈る時期は、退院後少し落ち着いた時期の1週間から10日ほどを目安に手配をするのが一般的です。 「快気内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗 のし のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「快気内祝い」も紹介します。 快気内祝いで人気のハーモニックのカタログギフト。 ご予算3,000円前後でお求めいただける、快気内祝いにオススメのカタログギフトをご紹介します。

次の

病院見舞いのお返し「快気祝い」!そのマナーとおすすめの品物をご紹介

快気祝い 意味

ところが、快気祝いの場合は「快気祝い」も「快気内祝い」も同じことを指し、「病気・ケガをしたご本人から、お見舞いをいただいた方やお世話になった方へのお礼・お返し」とされているのです。 「お見舞いのお返し」という意味は後から広まったのです。 このことから「快気祝い」は「病気・ケガが全快した場合」に、「快気内祝い」はより内々でのささやかなお祝いで「退院はしたけれどもまだ療養・通院を続ける場合」に……と使い分けるケースもあるようです。 「全快祝い」「御見舞御礼」「退院祝い」とは ご本人からは「全快祝い」「御見舞御礼」 「全快祝い」は、「快気祝い」とほぼ同様と思ってよいでしょう。 「全快」ですから、退院するだけでなく、すっかり良くなったことをお知らせするときに用います。 「御見舞御礼」は、お見舞いをいただいたけれどまだ入院が長引きそうな場合などの「お返し」です。 紅白結び切りの熨斗を用意しましょう。 残念ながらご本人が亡くなった場合も「御見舞御礼」とします。 こちらは、熨斗ではなく無地の短冊を添えましょう。 「退院祝い」はお見舞いに代えて贈ることも 知人など周囲の方からご本人への「退院祝い」は、お見舞いが間に合わず退院を迎えられた場合や、全快ではないもののひとまず退院し、自宅療養を続けられる場合などに贈られます。 退院祝いは退院後1週間~1カ月程度までに贈るとされますが、以降も自宅療養を続けていらっしゃる場合などは「早く良くなってほしい」との願いから「祈 御全快(御快復)」などの熨斗をつけることもあります。 「ありがとう、元気になりました」を伝える、おすすめのギフト 食品・洗剤・タオルなどの消耗品が快気祝いの定番 快気祝いは「病気やケガ」がなくなったことを祝うものなので、「消えてなくなる品」や「消耗品」とされているものを贈るのがマナー。 中でもお菓子や洗剤、タオルなどは定番のアイテムです。 ギフトの定番の商品券やギフトカードは、場合によっては目上の方にお贈りするのが失礼にあたりますので、カタログギフトが無難です。

次の

病院見舞いのお返し「快気祝い」!そのマナーとおすすめの品物をご紹介

快気祝い 意味

快気祝いは「病気(ケガ)全快の報告・お見舞いのお礼」 快気祝いは本来、病気やケガが全快したことを喜んで、本人からお世話になった方へ「お祝いのお裾分け」(=内祝い)をするもので、快気内祝いともいわれます。 現在ではそれが転じ、全快したことをご報告するあいさつや、療養中のお見舞いに対するお礼として贈られることが一般的になっています。 快気祝いは「繰り返したくない・残したくない」お祝い 今回限りにしたいお祝いには「結び切り」の熨斗(のし)を お祝いとはいえ、そもそも病気やケガをしてしまったからこその「快気祝い」。 二度とない方がよいお祝いですから、熨斗はちょう結びではなく、ほどけにくい「結び切り」の水引がついたものを使います。 表書きは、上に「快気祝」、下に「病気(ケガ)をした方の姓(名まで入れることも)」を記すのが一般的です。 食品・洗剤・タオルなどの消耗品が快気祝いの定番 快気祝いは「病気やケガがきれいになくなった」ことを祝うものですから、 後に残る記念品ではなく「消えてなくなる品」を選ぶのがマナー。 中でもお菓子や飲みものなどの食品、洗剤、タオルなどが定番のアイテムとなっているようです。 せっかく健康になったのですから、お相手の健康にも気遣った品を選ぶといっそう喜んでいただけるでしょう。 商品券・ギフトカードよりもカタログギフトが無難 便利なギフトとして、商品券やギフトカードを快気祝いに贈りたいと思うこともあるかもしれません。 ただ、こうした 金券類は、基本的に「お金を贈ってもよい場合に、お金に代えて贈る」もので、特に目上の方へお贈りするのは失礼にあたるという見方が大半です。 お相手に好きなものを選んでいただきたいのであれば、金券類よりもカタログギフトを選ぶのが無難です。 そこで、食品・洗剤などの「消えてなくなる品」が含まれているカタログギフトを紹介します。 価格: 3,300円 税抜 カタログに掲載されている約1140点の商品に加えて、インターネット上から閲覧できる「e-Gift」には約480点の商品が掲載されています。 e-Giftなら忙しい人でも簡単にギフトを選べるので便利です。 価格: 5,800円 税抜 豊かな暮らしや人生についての情報を扱う月刊誌「サライ」とリンベルのコラボレーションによるカタログギフトです。 こだわりの詰まった上質な商品が多く掲載されており、どんな方でも満足感を得られる内容となっています。 価格: 5,800円 税抜 「婦人画報」で実際に掲載された商品の中から、ギフトとしてふさわしい商品が集められています。 優れた商品が多数掲載されており、快気祝いの気持ちを伝えるのにもぴったりだといえるでしょう。 のしを希望しない場合、リボンで包装された華やかな雰囲気で発送 快気祝いのマナーまとめ 快気祝いで物を送る場合、「消えてなくなる品」を選ぶのがマナーです。 そのため、特定の品物を選ぶのであれば、お菓子や飲みものなどの食品類、洗剤、タオルなどを選ぶのが基本であるといえるでしょう。 快気祝いとしては金券類も選択肢のひとつではありますが、送るお相手が目上の方である場合は失礼にあたるため注意が必要です。 品物選びに困るのであれば、カタログギフトを選ぶとよいでしょう。 カタログギフトならお相手に好きなものを選んでもらえるうえに、失礼になることもありません。 快気祝いのマナーをしっかり守りたいと思うなら、カタログギフトを選ぶのが最も無難だといえます。 快気祝いの気持ちをしっかり伝えるためにも送るお相手に適した品物を選ぶことが大切です。

次の