プロテイン 腹痛。 プロテインを飲み始めたら下痢、腹痛になった人へ!原因は腸内環境!?

プロテインを飲んで腹痛や胃痛が起こる原因と対策

プロテイン 腹痛

胃弱のわたしでも飲めたプロテイン 結論から言うと、虚弱の症状やタイプにより変わってくるため、試してみるまでわからないというのが正直な感想です。 わたしを例に出すと、15年くらいずっと胃弱で、乳製品はかならず腹痛という感じです。 なので、筋トレする人々が一般的に飲んでいる乳製品由来のホエイプロテインだとお腹が痛くなります。 胃弱でも飲めたプロテイン「サンフード」 人工的に加工・抽出された栄養素など、カラダにとって不自然な成分は使われていません。 全てオーガニック素材から作られ、発芽玄米のプロテインに加え、ミネラルやビタミン類も配合されています。 食品添加物や過敏症の方もトライしやすいです。 飲んでも、独特な化学調味料の味はしませんでした。 独特の食物繊維も豊富なので、便秘がちの方もいいですね。 玄米のザラつきと香り、素材の味が若干あるものの、飲みやすさはバツグンです。 アメリカ製の商品で、通販もしくはコスメキッチンというオーガニックショップの店舗で買えます。 》 プロテインは動物性と植物性の2種類がある プロテインは大きく分けて植物性と、動物性があります。 動物性プロテイン:ホエイ、カゼイン• 植物性プロテイン:ソイ、ピー、 いろんなプロダクトを果敢に試した結果、腹痛orお腹がゆるくならなかったプロテインは今のところ2つのみです。 ホエイプロテインは全滅 カゼインはやや腹痛。 ソイ、ピーはいける。 お腹がゆるくなる程度で、飲めるのはいくつかあります。 とはいえ、飲めたとしても、口当たりがピー・カゼイン・ソイは重くもったりしていて、オエっとなったり、控えめに言っても激マズです。 虚弱はプロテインで腹痛になりやすい 健康な人でも、タンパク質を普段から取っていない場合は、お腹が痛くなったりします。 そして、普段から食が細くなりがちな虚弱は、さらにプロテインでお腹痛くなる率が高いです。 そのメカニズムは別記事で詳しく解説しています。 関連記事: 飲みやすくてお腹に優しいプロテインは割高 デメリットはコストがかかる点が挙げられます。 良い原料を使い、かつ美味しく、胃にも優しいプロテインとなると、一般的に市販されているプロテインより割高です。 できれば普段の食事でタンパク質が多いメニューを摂る方が好ましい・・・というのはわかってはいます。 虚弱だと食欲が少なかったりと、食事量を増やすこともなかなか厳しいです。 なので、朝食を置き換えてみたり、プロテインをプラスして飲むことからはじめてみましょう。 プロテインを美味しく飲む3つの方法 プロテインの味付けが独特で、甘すぎて飲めないこともしばしば。 甘さを薄めるために、コクがありスッキリした味になる飲み物を混ぜたりと工夫すると飲みやすいです! 割ものを水以外にする:アーモンドミルク、豆乳、牛乳 水しかない場合:コーヒーを混ぜる インスタントコーヒーでもいいですし、買ってきたコーヒーで割ってもイイ感じになります。 美味しいドリンクに混ぜる:タピオカ、スムージー 自分が好きな美味しいドリンクに混ぜます。 タピオカはカロリーが高くダイエットには不向きです。 最も美味しくないプロテインから制覇する 美味しくないプロテインを最初に飲むと、それ以降に飲むプロテインがマシに感じます。 この作戦でいくのであれば以下の順番でいきましょう。 水飲んでもしばらく消えない😂 次点で、独特の臭み 牛乳を拭いた雑巾の匂い があるカゼイン。 その後に即リバース…。 ソイも喉に張り付くような後味です。 でも、ピーよりは飲めます。 まとめ:体質に合ったプロテインを選ぼう 食事で十分なたんぱく質を取れるのが1番好ましいですが、なかなか難しいのが実情です。 試してみるまでどのプロテインが合っているかわからないので、根気強く探していくしかないのですが、少しでも役に立てれば幸いです。

次の

スタミナ抜群の「カゼイン」プロテインとは

プロテイン 腹痛

ソイプロテインと乳糖不耐症は関係なし 乳糖不耐症は乳製品に含まれる「乳糖」が原因です。 大豆から作られるソイプロテインには「乳糖」は含まれていないので、ソイプロテインと乳糖不耐症は関係ありません。 ソイプロテインでお腹を下す場合は、他の原因を疑いましょう。 冷たい水でプロテインを溶かしている 冷たい水を急に飲むことでお腹が冷え、下痢や腹痛になってしまうのはよくあること。 プロテインが原因だと思っていたら、 単に冷たい水で飲んでいるのが原因だったということもよくあります。 プロテインを一気飲みするor過剰摂取している 胃腸が弱い体質の方に多いですが、 プロテインを一気に飲み干すとお腹を下すことがあります。 プロテインの成分が原因ではなく、体調や体質によって引き起こされる腹痛や下痢と言えます。 また、一気に飲むだけでなく、一度に飲む量が多いと腹痛や下痢になりがちです。 多少の量の乳糖では問題なくても、大量に摂ることで反応を起こしてしまうのです。 プロテインの主成分以外で体に合わないものが含まれている ほとんどのプロテインには、 主成分であるタンパク質以外にも様々な栄養素が含まれています。 例えばやなど。 それらの成分が体質に合っていないため、プロテインを飲むと腹痛や下痢になってしまうことがあります。 プロテインに含まれている成分は多岐にわたるので一概には言えませんが、プロテインを飲んで下痢を起こす場合、主成分以外に含まれているものにも意識を向けましょう。 プロテインによる下痢や腹痛で、今回紹介した原因で思い当たるものはありましたか? ここからは、上で挙げたそれぞれに対する対処方法を紹介していきます。 プロテインで腹痛や下痢にならないための5つの対策 腹痛になる原因が分かったところで、それぞれの対策を見ていきましょう。 乳糖不耐症であっても、腹痛にならずにプロテインを飲めるので、安心してくださいね。 プロテインで腹痛にならないための対策• 乳糖不耐症の人はWPI製法のプロテインを選ぶ 乳糖不耐症でもプロテインを飲みたい場合は、 乳頭が含まれていないホエイプロテインを選ぶのがおすすめです。 実は、ホエイプロテインには主に4種類の製造方法(WPC製法、WPI製法、CFM製法、WPH製法)があり、 WPI製法で作られたホエイプロテインには乳糖がほとんど含んでいません。 そのため、WPI製法のホエイプロテインであれば、乳糖不耐症の方でも飲むことができます。 *注意点:WPIプロテインには微量ながら乳頭が含まれています。 ほぼ完璧に乳頭を取り除いたプロテインを飲みたい方は、CFM製法とWPH製法のプロテインを選びましょう。 ただし、2つの製法は価格が高く、種類も少ないというデメリットがあります。 ホエイプロテインとソイプロテインで厳密な効果は変わりませんが、タンパク質を摂取できることに変わりはないので、 乳糖不耐症の方はソイプロテインを選ぶのもおすすめです。 常温の水に溶かして飲む シンプルな対応ですが、プロテインを冷水で溶かすのではなく、 常温の水で溶かして飲みましょう。 ジムには常温が出る水道がない場合も多いですが、トレーニングを始める前に水を入れておけば、トレーニング終了後には常温の水になっているので簡単に試してみることができます。 一度に飲む量を見直す プロテインを一気に飲み干さないように、少しずつ飲むようにしましょう。 プロテインは液体ですが、多少なりとも咀嚼する(噛む)ことで口に含まれる唾液が分泌されて消化促進の効果がありますし、胃に入る前に体温に近い温度になるので胃にも優しいです。 ゆっくり噛みつつ飲むことで、腹痛や下痢を抑えることができますよ。 【参考】 プロテインを飲むタイミングとは? 4. 今飲んでいるプロテインの成分を見直す プロテインは含まれている成分が全て記載されているので、あなたにとって 腹痛などの体調不良を引き起こす成分がないか調べましょう。 また、プロテインは原価が高い商品なので、安さを売りにしているプロテインは注意が必要です。 安かろう悪かろうではありませんが、 一定の品質を担保している大手メーカーが販売しているプロテインを選ぶのがおすすめです。 プロテインバーやプロテインチップスを活用する プロテインを飲む目的はタンパク質の摂取なので、腹痛や下痢を回避したいのであれば、 プロテインバーやプロテインチップスを活用するのもおすすめ。 お菓子感覚で食べられますし、持ち運びにも便利です。 まとめ:プロテインによる腹痛や下痢は対策次第! プロテインを飲んで下痢や腹痛になる原因と対策を紹介してきました。 プロテインは高たんぱく低カロリーの栄養補助食品として、筋トレをはじめダイエットや減量にも使える優れものです。 一度腹痛になったからと辞めてしまうのではなく、原因を理解してプロテインを飲めるようになりましょう。 【参考】 プロテインの副作用について 【参考】 50以上のプロテインを飲んだプロトレーナーが選ぶオススメのプロテイン.

次の

【乳糖不耐症】ホエイプロテインを飲んだら腹痛に襲われるのはなぜ?

プロテイン 腹痛

原因は悪玉菌による腸内環境の悪化 人の腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」がいるという話をきいた事があると思います。 簡単にいうと、名前の通り、 善玉菌は腸内環境を整える、体にとって良い活動をしていて、悪玉菌は増えすぎると悪さをするという性質を持っているタイプの微生物です。 実は、プロテインをはじめとする タンパク質(動物性のホエイやガゼイン)は、悪玉菌のエサになりやすい性質を持っており、悪玉菌はタンパク質をエサに、体にとって有害な物質や 悪臭の元になる「硫化水素、インドール・スカトール」などを発生させます。 タンパク質の摂取量が急に多くなったり、体調不慮等により腸内の悪玉菌が多数派になると、おならの臭いがきつくなったり、 腸の働きを助けている善玉菌が弱くなり、下痢や便秘などの原因になってしまいます。 だからといってタンパク質の摂取を制限すれば悪玉菌が弱って体が健康になる、というわけではありませんので、体作りに必要な タンパク質を摂取しつつ、腸内環境を整えていく必要があります。 下記に5つのポイントをご紹介しておきますので参考にどうぞ! 5、泡をのまない これは オナラを減らすには非常に有効です。 食べ物を 飲食する時に空気を取り込むと、そのうち3分の2がオナラとして排出されますので、人によっては泡を飲むのをやめるだけで、おならがずいぶん減るかもしれません。 非常に安価なプロテインは泡立ちもスゴいので 「泡はオナラにしかならない」と割り切って、飲まないようにしましょう。 さいごに プロテインによる下痢やオナラがくさくなった時の腸内対処法はご理解いただけましたか? 私の場合は、 泡をのまないようにして、バナナをプロテインをのみながらたべるようにしたら、ものすごく改善されました。 人間の体にはある程度の適応能力があるため、多少タンパク質の摂取量を増やしても、 体が慣れることでお腹の不調が解消されることもよくありますので、 タンパク質摂取量を増やすときは、徐々に食生活を変えていきましょう。 本当はオーガニックから摂取できるといいのですが、お金がかかりますもんね(涙)•

次の