五等分の花嫁可愛い写真。 【五等分の花嫁】ついに生徒手帳の写真の女の子が動き出す!”あの子”の正体は誰だ!

あつ森 五等分の花嫁マイデザイン

五等分の花嫁可愛い写真

勝気でヒステリックな毒舌家だが、姉妹で最も繊細であり、姉妹を守るために風太郎を敵視したり、姉妹全員で花火大会を見ようと奮闘するなど姉妹思い。 料理好きでオシャレに気を遣うなど女子力が高く、社交的で友人も多い。 三玖曰く面食いであるとのこと。 当初は時折荒っぽい言動が目立ったが、次第に女子高生らしい口調に統一された。 五つ子の自宅に踏み込んできた風太郎を最も煙たがり赤点を取れば家庭教師はクビということを知った後はチャンスと思うほどだったが、月日が経つにつれ態度は軟化し、今では彼を徐々に強く意識するようになっている。 金髪に染めた風太郎の顔が好みらしいが、当初は同一人物であることを知らないまま告白までしている。 金髪のカツラを被った風太郎 通称キンタロー に林間学校のときより好意を寄せていたが、後に風太郎であることを知り、動揺するも自身の気持ちを整理し、風太郎に告白する。 告白した後は風太郎に自身を生徒ではなく異性と認識させようとする。 wikipedia. org 名言 それが私よ。 口数の少ないクールな性格だが、信頼した人物にはとても素直で風太郎への好意も認めている。 そのため積極的に風太郎にアプローチしようとしているが、恋愛に関して奥手なためにあまり進展していない。 大の運動音痴で料理下手だが、他の姉妹への変装が一番得意という一面がある。 成績は姉妹の中では一番良いが、それでもやはり赤点候補。 ゲームがきっかけで大の戦国マニアになった歴女だが、変わった趣味であることを自覚していたため他の姉妹にもずっと隠し続けてきた。 しかし、そんな自分の趣味と向き合ってくれた上、激励してくれた風太郎に好意を抱くようになる。 また、当初は感情表現に乏しくドライな面が目立ったものの、次第に口数が増え表情も豊かになっている。 五つ子の中で一番最初に風太郎に心を開いており、早い段階で好意も抱いている。 普段首に掛けているヘッドフォンを正しく使用している場面を誰も見たことがないとされているが回想シーンでは四葉から借りた戦国時代のゲームのプレイ中に使用している ゲーム自体は借りパクしている ことから主に自室でのみ使用している模様。 wikipedia. 明るく前向きな性格で、人の役に立つことを好む。 反面頼み事を断りきれないお人好しでもある。 非常に無邪気で思考や趣味趣向も子供っぽい。 しかし、自分の本心を明かさなかったり、自分に自信がないなど無邪気なだけではない面もある。 身内以外には丁寧語で話す。 自他ともに認めるほど姉妹中もっとも成績が悪く、風太郎からは「やる気があって頼りになるが一番の問題児」と評される。 今だに小学生の頃の下着を着用している。 運動能力が非常に高く、女子バスケ部や陸上部から助っ人を頼まれ本格的な入部を請われるほどの活躍を見せる。 姉妹の中では最初から風太郎に友好的な態度を取り続けて反発したことがないが、辛口な発言もする。 だが時間を共にしていく事で自分の中で風太郎の存在は大きくなっていき、彼に勉強を教わりたいと想いを抱くようになる。 一度友達から風太郎と付き合っているかと言われた事もあったが、自分では彼と釣り合わないと言っているが、内心では満更でもない様子。 以前の学校で落第の懸かった追試で姉妹の中で一人だけ落ちてしまい、現在の学校に転入することとなったため、他の姉妹に罪悪感を抱いていたが、風太郎から四葉にも出来ることがあり、他の姉妹達の力になれることを教えられてからは自分に自信を持てるようになる。 wikipedia. org 名言 違いますよ。 好きだから。 真面目だが何かと要領の悪い性格で、勉強もやる気があるがうまくいかない。 誰にでも丁寧語を徹底している。 かなりの食いしん坊であり、食事シーンが多い。 大の怖がりでオバケやホラー映画が苦手。 母親の月命日である14日には墓参りをしている。 風太郎と高校で最初に出会った姉妹であり、クラスメイトになる。 当初は自分から勉強を教えて欲しいと頼むも断られた挙げ句デリカシーのない一言を言われ、風太郎とは最悪な出会いを引きずり不仲が続いたが、次第に気を許すようになり喧嘩も少なくなっている。 後に、母と同じ教師になる夢を抱くようになる。 男性に対しては父親が家庭を捨てて蒸発したために少し潔癖な所がある。 wikipedia. org 名言 足で纏にはなりたくありません。

次の

コスプレイヤー・Yuki亭が披露した「五等分の花嫁」一花のコスプレに絶賛の声「完璧」「めっちゃ可愛い」

五等分の花嫁可愛い写真

五月の魅力• 五月の可愛いシーン まずは、五月の魅力を5つ子にちなんで5つ紹介します。 魅力1つ目は ポッチャリです。 オシャレに気をつかう二乃からは、肉まんおばけと揶揄され 「太っていたら男にモテないぞ」と言われていました。 しかし、男性は女性が思っているほど痩せている子が好きというワケではないですよね? NARUTOのキャラのシカマルも言っていましたが、意外とポッチャリした子が好きという男性も多いはずです。 なので、クラスの男子からはモデル体型の二乃よりも、もしかしたら五月の方が人気があるなんてこともあると思います。 二乃と 五月は、それぞれ 女子が好きな女子と 男子が好きな女子を象徴するキャラであるようにも見えます。 もちろん痩せている子が好きな男性もいれば、ポッチャリが好きな女性も少なからずいますが。 その特技というのは、 美食家(有名レビュワー)あることです。 「M・A・Y」が口コミサイトに星をつけると、お客さんの数が倍増する程の影響力を持っています つまり、ただ食べるのが好きなだけでなく、(フータローと違って)味もしっかり分かって食べているということです。 まさに五月の天職ですね。 ちなみに、MAYという英語は日本語に訳すと五月(ごがつ)になります。 そのまんまですね。 笑 続いて、魅力3つ目は 姉妹想いであることです。 フータローを京都の修学旅行で清水寺に行こうと誘ったことも、清水寺で2ショットの写真を撮ったことも、自分のためではありませんでした。 いつになく積極的に見えた五月でしたが、実は、フータローが昔に会った 「写真の子」が四葉であることを思い出させるための行動でした。 四葉が今までずっとフータローのことが好きだったということを五月は知っていたんですね。 続いて、魅力4つ目は 真面目なことです。 笑 グレているワケでも、不真面目なのでもなく、真面目なのに勉強ができないんです。 このちょっと不器用なところも五月の可愛いポイントだと思います。 、、、だと思いましたが、五月は他の姉妹よりも明らかにポッチャリしてますよね。 笑 同じ遺伝子を持っているとはいえ、食べる量が違えば体形も、そして、 胸の大きさも変わってくると考えるのが自然だと思います。 なので、胸の大きさもみんな平等、と思いきや、他の4人よりも食の良い五月はその分成長しているのかもしれませんね。 五月の魅力はここら辺にして、本題である 五月の可愛いシーン・名セリフを紹介していきます。 まず、第10位から! 第10位は 「下着を一セット持っています」です! 第10位 下着を一セット持っています【第85話】 ーコミックスより これは三玖とフータローが修学旅行中にデートしている時、ちょっとした事故(二乃のせい)で三玖がびしょ濡れになってしまった時の五月のセリフです。 恐らく下着にまで浸水したであろう三玖の下着の替えをなぜか五月は事前に用意していました。 五月にオネショ癖があるのでしょうか?笑 ちなみに、その時の粗品はこちらです。 ーコミックスより 三玖は係の人が用意してくれたのだと思い、ちょっと引きながらも装着しデートを再開します。 続いて、第9位は 「ハ・・・ハンバーグ・・・」です! 第9位 ハ・・・ハンバーグ・・・【第63話】 ーコミックスより これは旅館のお風呂でフータローと五月が 合言葉によって本物かどうかを確認しているシーンです。 フータロー「デミグラス」• 五月「ハンバーグ」 よりによって デミグラスハンバーグとは。 デミグラスと言えば、ハンバーグorソースなので、下手したら勘で当てられそうな気もしますが、合言葉が食べ物なのがいかにも五月らしいですね。 この旅館ではニセ五月が現れたため(犯人は三玖)、五月が本物かどうかを確認するための合言葉でした。 しかし、合言葉はさておき、重要なのは五月の 恰好とアングルです。 まるで隠しカメラを設置しているかのようです。 『五等分の花嫁』史上1番の露出度の高さではないでしょうか? この時の二乃といい勝負ですね。 ーコミックスより 続いて、第8位は 「どっちも地獄!」です! 第8位 どっちも地獄!【第92話】 ーコミックスより これは、フータローと一緒に ウォーターボートを乗れる権利をジャンケンで勝ち取った五月が、 フータローの股に挟まれるor フータローを股で挟むかを悩んでいるシーンです。 散々悩んだ末に フータローを股で挟むことを選択しました。 もしかすると五月は攻め(S)なのかもしれませんね。 笑 続いて、第7位は 「またご馳走してください」です! 第7位 またご馳走してください【第2話】 ーコミックスより これは、二乃に睡眠薬を飲まされたフータローをタクシーで自宅まで送り、そのついでにご飯をご馳走になった時に言ったセリフです。 第2話のシーンですが、五月は 初期の時の方が輝いているような気がします。 そのため、最近は三玖推しですが、最初の頃は五月推しでした。 最近は大人しいですが、後半追い上げる可能性は全然ありますね。 続いて、第6位は 「ああ私はどうしたらいいのでしょう!」です! 第6位 ああ私はどうしたらいいのでしょう!【第91話】 ーコミックスより これは、修学旅行(シスターズウォー)を終えた後に、修学旅行を通して5つ子とフータローの関係性が変化してしまったことを悩むシーンです。 五月はこれ以上トラブルが起きないように、他の4人がフータローに会うことを阻止しようとします。 一花は「?」になっておいますが、フータローを好きでなくなったワケではないはずです。 つまり、 五月以外の4人はフータローが好きであることが分かります。 では、五月はどうなのでしょうか? 好きとは言っていないだけで、もしかすると既に好きになっているのかもしれません。 続いて、第5位は 「勉強教えてくださいよ」です! 第5位 勉強教えてくださいよ【第1話】 ーコミックスより 食堂でフータローと同じ席に座った五月が100点のテストを見て、勉強を教わりたいとお願いするシーンです。 こちらは第1話ですが、輝きがハンパないですよね。 明らかに他のキャラとは扱いが違っていました。 最近は別の意味で扱いが違いますが。 (雑) 続いて、第4位は 「あなたは着実に五人の何かを変えつつあります」です! 第4位 あなたは着実に五人の何かを変えつつあります【第7話】 ーコミックスより 五月がフータローの家に給料を支払いに訪れた時のシーンです。 本当にこの頃の五月メチャメチャ可愛いですね(もちろん最近も可愛いです)。 五人の何かを変えつつあるの「何か」は 恋心でした。 五人ということは、五月もこの時点で好きになっていたということでしょうか? 「五人」というところを指摘された五月は四人と言い直していますが、もしかすると、もしかするかもしれませんね。 続いて、第3位は 自己紹介のシーンです。 第3位 中野五月です(自己紹介)【第1話】 ーコミックスより このシーンかなり懐かしいですね。 カメラ移りのせいか、結構膨らんで見えるのは気のせいでしょうか?笑 お昼に高カロリーの物を食べた後だからかもしれませんね。 メインヒロインっぽい• らいはと1番仲が良い• そして、この家族写真 これらを根拠に、 五月がフータローと結婚するのではないかと考える人は少なくありません。 この写真は、五月が将来の花嫁を暗示しているようにしか見えませんね。 なので、最初の頃の五月の行動を見ると 、花嫁の有力候補として見られるのも無理はありません。 そして、五月の可愛いシーン第1位はあの キスシーンです! 第1位 キス【第68話】 ーコミックスより キスしたいのに、届かなくてプルプルしているところが可愛いですね。 このシーンを 「五月の」可愛いシーンとして紹介しましたが、実際のところはまだ誰なのかは分かっていません。 が、 五月の恰好をしている+五月の可能性が高いということで、ここで紹介させていただきました。 ただ、問題なのはこの時点で五月はフータローのことが好きだったのかどうかです。 今のところまだ五月はフータローのことが好きでないのか、好きだけど隠しているのかは分かりません。 もし、この時点では好きでないのだとすると、このキスの相手(=結婚相手)が五月である可能性がかなり低くなります。 今後、五月がどう動くのか見ものですね。 詳しくは、下記の関連記事をご覧ください。 関連記事: については、別の記事で考察しているので、もしよかったら併せてご覧ください。 また、他のキャラクターの可愛いシーン・名セリフランキングの記事もあるので、是非ご覧ください。 まだ第1期を観ていないという方やアニメをもう1度観たいという方は、是非第2期が放送される前にご覧ください! アニメは日本最大級の動画サービスで視聴できます。 の 特徴は次のとおりです。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• 無料登録で600円分のポイントゲット!• 月額1990円で使い放題! なら登録してから 31日間無料で楽しむことができます! あまり大きい声では言えませんが、目当てのアニメなどを観た後で 解約すればお金はかかりません。 なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。 『五等分の花嫁』の マンガを無料で読む方法を知りたい方は、関連記事をご覧ください。

次の

【五等分の花嫁】ついに生徒手帳の写真の女の子が動き出す!”あの子”の正体は誰だ!

五等分の花嫁可愛い写真

第6話 扉を開けて で、棚から落ちてくる本から次女・二乃を庇うため、「 風呂上がりでバスタオル一枚」の二乃を、押し倒す格好になった風太郎。 しかも、タイミングよく帰宅した五女・五月に「証拠写真」を撮られる始末…。 急遽「五つ子裁判」(四女・四葉はバスケ部の助っ人で、まだ帰宅していないので、欠席)が開かれます。 二乃の剣幕に押され、不利な展開の裁判ですが…風太郎を嫌っている五月が、 「棚から落ちた本から、二乃を守った…? よく見ればそうとも受け取れますが、違いますか?」 まさかの助け舟。 長女・一花も三女・三玖も、「フータローにそんな度胸はない」と同調します。 納得がいかない二乃ですが、一花の 「そうカッカしないで…私たち、昔は仲良し五人姉妹だったじゃん」 その言葉を聞いた途端、家を飛び出します。 晴れて 無罪放免となった風太郎、帰宅しようとしますが…… マンションの外には、 不貞腐 ふてくされた二乃。 「過度な干渉は良くない」と、その場を立ち去ろうとする風太郎ですが… 「どうしても解けない問題があるから、解いてから帰らないとスッキリしない」 と、とってつけたような理由で、二乃の傍に。 「あんたみたいな得体のしれない男を招き入れるなんて、どうかしてるわ」 その言葉の裏に、五人の姉妹が大好きだから、その間に入ってくる風太郎が邪魔、だから嫌い、という気持ちを読み取った風太郎。 図星を突かれた二乃も、開き直って 「やっぱ決めた、私はあんたを認めない。 たとえそれで、あの子たちに嫌われようとも」 風太郎が嫌いだと、改めて宣言する二乃……。 風太郎は思う存分、自分の勉強に時間が割けます。 そんな上杉家を訪れたのは、五月。 風太郎の「給料」を届けに来たのです。 「まだ何も教えていない」から、受け取れないとする風太郎に対し、五月は 「あなたの存在は、五人の何かを変え始めてます」 言った後で改めて、自分は貴方が嫌いだという姿勢を、取り繕う五月ですが、五月も含めた五人姉妹に、少しづつ影響を与えているのは確かなようです。 せっかくもらった給料なので、妹・らいはに欲しいものを尋ねると、「ゲームセンターに行きたい」と。 同様、 「五月さんももちろん行くよね?ダメ?」 という、らいはの潤んだ瞳に五月も逆らえず…三人でゲーセンに。 まだ2巻ですからね、先は長い。 結論を急ぐのは早計です。 やっと帰って勉強できる…と帰りかけた風太郎ですが、 「お兄ちゃん、 五月さんが四人いる」 花火大会に出かけるところだった、一花~四葉の四人。 風太郎が、らいはの花火大会に行きたい、というおねだりを断れるはずもなく…風太郎の日曜日は、あえなく潰れました。 時間ギリギリまで頑張って、何とか宿題を終わらせ、花火大会に出かけます。 「花火はお母さんとの思い出」 三玖の言葉通り、「 五人姉妹が大好き」な二乃は、お店の屋上を借り切って、花火を見る準備は万端。 しかし、あまりの人の多さにはぐれてしまった、五人姉妹+上杉兄妹。 とりあえず合流できた、風太郎と二乃の二人で、予約を取っていた店の屋上に急ぎますが……。 何やら訳アリのようですが…。 その「髭のおじさん」が、「一花ちゃん見つけた!」と連れて行こうとしているのは…髪を結った三玖。 普段は髪型で見分けがつきますが、髪型を変えたりすると、やはり五つ子、そっくりなわけで…。 懸命に走って、やっと「髭のおじさん」と三玖に追い付き、三玖を取り返す風太郎。 「君は…なんだ君は…… 君は、この子の何なんだ!?」 『勉強関係ないのに協力的。 フータローのくせに 』 『なんで、勉強でもないのに、私たちのために一生懸命になるんですか? 』 『なんでお節介焼いてくれるの? 』 三玖にも、五月にも、一花にも聞かれた、「五人姉妹との関係性」。 「俺はこいつの、こいつらの、 パートナーだ。 返してもらいたい。 」 一花、女優だってよ……。 「髭のおじさん」は、一花をスカウトした芸能事務所の社長だったのです。 花火大会を諦め、オーディションを受けることに決めた一花。 「とりあえず役、勝ち取ってくるよ」 笑いながら駆けていこうとする一花に、風太郎は 「その 作り笑いをやめろ。 おまえはいつも大事なところで、笑って本心を隠す。 ムカッとくるぜ。 お前をパートナーだと言ったよな? 俺の家には借金がある。 その借金を返すために、家庭教師をやっている。 だが、おまえたち五人には手を焼きっぱなしだ。 結局、何の成果もあげられないまま、給料貰っちまった。 せめて もらった分の義理は果たしたい、それが俺の本心だ!」 風太郎の本心を聞き、オーディションに臨む一花。 『こんな時、みんなはどうやって笑うんだろう。 四葉なら、三玖なら、五月なら、二乃なら』 「先生、あなたが先生でよかった。 一花を連れて風太郎が向かった先は…一花を除く姉妹と、らいはの待つ公園。 「みんな怒ってるよね。 花火を見られなかったこと、謝らなくちゃ」 という一花に対し、風太郎は、 「花火を諦めるには、まだ早いんじゃないか?」 四葉がらいはにあげるために買ってくれた花火、それを一花も含めた「五人」でやろうと待っていてくれたのです。 「ごめん。 私の勝手でこんなことになっちゃって…本当にごめんね」 深々と頭を下げる一花。 「全くよ。 今回の原因の一端は、アンタにあるわ。 あと、目的地を伝え忘れた私も悪い」 自分の失敗を反省する二乃。 他の三人も、各々に反省……。 そして、五人は母親の言葉を思い出します。 「誰かの失敗は、五人で乗り越えること。 誰かの幸せは、五人で分かち合うこと。 喜びも、悲しみも、怒りも、慈しみも、私達全員で五等分」 五人に花火を見せるために、走り回った風太郎は、公園のベンチで眠ってしまいます。 今日はおやすみ」 第13話 人好きのお人好し 放課後の勉強会、「友達の友達が入院した」と、千羽鶴を折る四葉。 早く勉強会を始めたい風太郎は、千羽鶴折りを手伝いますが…そこを通りがかった教師が、このノートを配っておいてくれ、と四葉に頼みます。 そう、 四葉は底なしの「お人好し」。 二乃に邪魔されたも、「 バスケ部の知り合いが、大会の臨時メンバー探してる 」というのを聞いて、急いで駆けつけてましたし…。 『もしや、勉強を避けるために時間を稼いでいるのでは…!? だとしたら、二乃なんて目じゃないほどの悪女だぜ』 四葉に疑いを向ける、風太郎。 そこへ、件の「バスケ部」から四葉に電話。 バスケ部の部室に走る四葉を、追う風太郎。 「中野さん、入部の件考えてくれた?」 「はい、誘ってもらえて嬉しいです」 『あいつやっぱり!最初から勉強する気なんて、さらさら無かったんだ!』 「でもごめんなさい、お断りさせてください。 放課後は大切な約束があるんです。 第14話 始まりの写真 風太郎の父から、 「 昔は俺そっくりの、ワイルドな男だった。 あの子に会ってから、こんなに勉強するようになったんだよな。 その頃の写真、生徒手帳に忍ばせてるの、知ってるぞ。 」 と暴露される風太郎。 妹・らいはは写真を見たがりますが……前話でメアドを書いてもらうのに、生徒手帳を二乃に渡したままでした。 中野家に生徒手帳を取りに行った風太郎。 「返してほしかったら付いて来なさい」 生徒手帳を返す交換条件は、「 ピアサーで穴をあけること」。 どうやら、自分でやるのは怖いようです、二乃。 「3,2,1,0,って言ったら開けますよ~!」 とお約束でじゃれ付いてるうちに、生徒手帳が落ちて「悪ガキ」風太郎の写真が…。 「めっちゃタイプかも!」 という二乃に、「 親戚の子だ」とごまかす風太郎。 折り目の反対側に写っている、件の「 あの子」に気付かれず、セーフでしたが…。 風太郎と五姉妹、それぞれが子供の頃の写真を見ていると……風太郎の隣に写る「あの子」は、どうやら姉妹のうちの誰か…?.

次の