岐阜 地震。 不気味な長野・岐阜県境の群発地震糸魚川静岡構造線断層帯との関連は?

5分でわかる岐阜県で起きる地震発生の確率と被害予想について

岐阜 地震

ないです 小地震が大きい地震の前触れというのはウソだと思ってよいです。 ネットで騒いでいる人は地震の専門家でも科学者でもないです。 目立ちたくって騒いでいるだけです。 長野の地震は群発地震という、マグニチュードが小さな地震がたくさん起きる現象ですね。 23日のNHKニュースで解説されています。 群発地震は長野と岐阜の間の山岳地帯でときどき起きています。 数年に1度起きています。 群発地震でも大きめの地震があると余震が続きますので地震数は増えます。 今回は松本市の山側の震度観測点のそばで起きているので、有感地震が増えています。 でも震度を観測している観測点が少ないです。 マグニチュードが小さな地震の特徴です。

次の

最近愛知県や岐阜、長野で地震が多発しています

岐阜 地震

岐阜県に被害を及ぼす地震は、主に陸域の浅い場所で発生する地震と、相模、駿河、南海トラフ沿いで発生する海溝型巨大地震です。 岐阜県とその周辺の主な被害地震(図をクリックすると拡大表示) 陸域の浅い場所で発生した被害地震としては、濃尾断層帯で発生した1891年の濃尾地震(M8.0)がよく知られています。 歴史の資料によると、745年の美濃の地震(M7.9)や762年の美濃・飛騨・信濃の地震(M不明)をはじめ、岐阜県では古くから被害地震の記録があります。 その中で天正地震と呼ばれる1586年の地震(M7.8)は、その被害の範囲から、1891年の濃尾地震(M8.0)に匹敵するような非常に大きな地震であったと考えられています。 また、飛越地震(飛騨地震とも呼ばれます)と呼ばれる1858年の地震(M7.0~7.1)では、県北部を中心に被害が生じ、その被害状況などから跡津川断層帯で発生したと考えられています。 比較的最近では、県北部を中心に死者3名などの被害が生じた1961年の「北美濃地震」(M7.0)、県中部を中心に死者1名などの被害が生じた1969年の岐阜県中部の地震(M6.6)などが知られています。 このほか、局所的に被害が生じたことがあります。 飛騨地方では小規模ながら群発地震の活動域が点在し、下呂市飛騨萩原付近、同市小坂、高山市高根などの他、長野県境の山岳地域にも活発な地震活動がみられます。 1847年の善光寺地震の際には、白川村の飛騨保木脇で山崩れがあり、圧死者数十名などの被害が生じたとの記録があります。 また、滋賀県の東部で発生した1819年の地震(M7 1/4)では、県西部を中心に被害が生じました。 このように周辺の地域で発生した地震によっても被害を受けたことがあります。 南海トラフ沿いの巨大地震でも、地震の揺れによる被害を受けています。 1707年の宝永地震(M8.6)や1854年の安政東海地震(M8.4)、安政南海地震(M8.4)の際に、県南部を中心に大きな被害が生じました。 1944年の東南海地震(M7.9)では、県内で死者・行方不明者16名、家屋全壊406棟など、さらに1946年の南海地震(M8.0)の際には、死者32名、家屋全壊340棟などの被害が生じました。 岐阜県には多くの活断層があります。 県北部では、、が平行に走っており、それに直交するように、石川県から延びるとそれと平行にがあります。 長野県との県境付近にとその延長上に、さらにそれに平行するようにが、県南西部には、さらに西部にはとその延長上に、があります。 また、県内に被害を及ぼす可能性のある海溝型地震には、があります。 なお、県南西部にあるとされていたは、調査の結果活断層ではないとされています。 県内の39市町村が、「」に指定されています。 762年6月9日 (天平宝字6) 美濃・飛騨・信濃 不明 詳細不明なるも被害のあったことは疑いなし。 1586年1月18日 (天正13) 畿内・東海・東山・北陸諸道(天正地震) 7.8 (8.2とする文献もある) 白川谷で山崩れ、城、住家倒壊300棟余、圧死者多数。 大垣で家屋倒壊多数。 1662年6月16日 (寛文2) 山城・大和・河内・和泉・摂津・丹後・若狭・近江・美濃・伊勢・駿河・三河・信濃 7 1/4~7.6 美濃で家屋被害多数。 1707年10月28日 (宝永4) (宝永地震) 8.6 美濃で家屋倒壊400棟。 1833年5月27日 (天保4) 美濃西部 6 1/4 大垣領で山崩れなどにより、死者11人、負傷者22人。 1847年5月8日 (弘化4) (善光寺地震) 7.4 道路崩壊や家屋倒壊があるが詳細不明。 飛騨保木脇村で山崩れ、圧死者数十人、住家埋没2棟。 1854年12月23日 (安政1) (安政東海地震) 8.4 高須、大垣、加納、不破郡、土岐郡、恵那郡で家屋倒壊多数。 1854年12月24日 (安政1) (安政南海地震) 8.4 両日の地震の被害は、美濃南部でひどく、美濃北部へ行くほど軽かった。 1855年3月18日 (安政2) 飛騨白川・金沢 6 3/4 保木脇で山崩れ、死者12人、家屋倒壊2棟。 1858年4月9日 (安政5) 飛騨・越中・加賀・越前(飛越地震。 飛騨地震とも呼ばれる) 7.0~7.1 飛騨北部・越中で被害大。 飛騨で死者203人、負傷者45人、家屋全壊319棟。 1891年10月28日 (明治24) (濃尾地震) 8.0 美濃で被害大。 死者4,990人、負傷者12,783人、住家全壊50,125棟、同全半焼4,451棟。 飛騨、郡上、恵那郡ではほとんど被害なし。 1909年8月14日 (明治42) (江濃地震、姉川地震とも呼ばれる) 6.8 県西部を中心に被害。 死者6人、負傷者141人、住家全壊6棟。 1944年12月7日 (昭和19) (東南海地震) 7.9 西南濃地方を中心に被害。 死者・行方不明者16人、負傷者38人、住家全壊406棟。 1946年12月21日 (昭和21) (南海地震) 8.0 西南濃地方で被害。 死者32人、負傷者46人、住家全壊340棟。 1961年8月19日 (昭和36) (北美濃地震) 7.0 石徹白、白鳥、御母衣などで被害。 死者3人、負傷者15人。 2004年9月5日 (平成16) 紀伊半島南東沖 7.4 負傷者2人。 「全国地震動予測地図」 のページです。 地震動予測地図の各種地図の閲覧、数値データ等のダウンロードが可能です。 将来ある特定の地震が発生した際に生じる長周期地震動の揺れの強さや性質を予測した地図です。 強震動評価 ある特定の震源断層に着目して、そこで地震が発生した場合に周辺の地域がどの程度の強い揺れに見舞われるかを示した地図です (震源断層を特定した地震動予測地図)。 高山・大原断層帯の地震を想定した強震動評価 ( / (28MB) )• 砺波平野断層帯・呉羽山断層帯の地震を想定した強震動評価 ( / (10MB) )• (PDF 2. 4MB) 「砺波平野断層帯・呉羽山断層帯の評価(一部改訂)」とあわせて示した、予測震度分布図です。 森本・富樫断層帯の長期評価(一部改訂)(平成25年11月22日公表)の公表とあわせて示した予測震度分布です。 森本・富樫断層帯の地震を想定した強震動評価 ( / (11MB) )• (PDF 1. 5MB) 「福井平野東縁断層帯の評価(一部改訂)」とあわせて示した予測震度分布です。 琵琶湖西岸断層帯の地震を想定した強震動評価 ( / (8. 6MB) )• (PDF 1. 6MB) 「琵琶湖西岸断層帯の評価(一部改訂)」とあわせて示した予測震度分布図です。 (PDF 2. 7MB) 「伊那谷断層帯の評価(一部改訂)」とあわせて示した、予測震度分布図です。 (PDF 1. 9MB) 「魚津断層帯の評価」とあわせて示した、予測震度分布図です。 文部科学省では、「新しい総合的かつ基本的な施策」(地震調査研究推進本部,2009)の中で今後推進すべき研究とされた長周期地震動について、平成22年度から研究機関に委託して調査研究を行っています。 文部科学省では、南海トラフから南西諸島海溝域までの震源モデルを構築、地震・津波の被害予測とその対策、発災後の復旧・復興対策を検討し、地域の特性に応じた課題に対する研究成果の活用を推進させるため、平成25年度より研究機関に委託して研究プロジェクトを実施しています。 東海・東南海・南海地震については、今後30年以内の発生確率が非常に高く、これら3つの地震は将来連動して発生する可能性も高いことから、これら3つの地震の時空間的な連動性を評価するため、海底稠密地震・津波・地殻変動観測や物理モデルの構築、シミュレーション研究、強震動・津波予測、被害想定研究等を総合的に行っています。 内閣府の南海トラフ巨大地震対策のページです。 長期評価等• 長期評価 海溝型地震の将来の発生可能性についての評価です。 内陸の活断層帯の将来の地震発生の可能性についての評価です。 活断層調査 【境峠・神谷断層帯】• (PDF 6MB) 【伊那谷断層帯】• (PDF 5. 7MB) 【魚津断層帯】• (PDF 3MB) 【砺波平野断層帯・呉羽山断層帯】• (PDF 7. 0MB)• (PDF 19MB) 【森本・富樫断層帯】• (PDF 7. 1MB) 【高山・大原断層帯】• (PDF 4. 0MB)• (PDF 6. 4MB) 【阿寺断層帯】• (PDF 8. 1MB)• (PDF 2. 5MB) 【屏風山・恵那山断層帯及び猿投山断層帯】• 【福井平野東縁断層帯】• (PDF 4. 9MB)• 【長良川上流断層帯】• 【濃尾断層帯】• (PDF 7. 5MB)• (PDF 6. 2MB) 【柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯】• (PDF 8. 5MB)• 【野坂・集福寺断層帯】• 【琵琶湖西岸断層帯】• (PDF 4. 【鈴鹿東縁断層帯】• 【布引山地東縁断層帯】• 【池田山断層】• このプロジェクトでは、首都圏や京阪神などの大都市圏において、大地震が発生した際の人的・動的被害を大幅に軽減するための科学的・技術基盤を確立することを目的とした研究開発を実施しており、理学・工学・社会学などの異分野の研究者が結集し、我が国の地震防災対策に最先端の科学技術を効果的に活用することを目指しています。 日本全国の活断層(活動セグメント)の分布とそのパラメータ、日本の活断層に関係する文献の書誌データ、文献から採録された調査地点ごとの調査結果データ、地下数十キロメートルまでの地下構造データが収録されています。 国土地理院の活断層図(都市圏活断層図)のページです。 地震活動等• 地震調査委員会による毎月(および臨時)の地震活動の評価です。 【2004年9月紀伊半島南東沖の地震】• 各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。 全国の地震活動の概要と地震に関する基礎知識、そして、日本を北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国及び九州・沖縄に区分し、その地方の地震活動の概要をはじめ、その地域に被害を及ぼす地震のタイプ、これまでに発生した主な被害地震の概要、都道府県別(北海道は地域別)の特徴について書かれています。 気象庁、防災科学技術研究所、大学などの地震観測データに基づく震源・震度に関する情報です。 地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。 地方自治体等• 岐阜地方気象台のページです。 岐阜県の気象・地震概況等を閲覧することができます。 岐阜県の「岐阜県総合防災ポータル」です。 地域防災計画等を閲覧できます。

次の

5分でわかる岐阜県で起きる地震発生の確率と被害予想について

岐阜 地震

濃尾地震を引き起こした根尾谷断層 写真中央を斜めに走る段差が根尾谷断層 濃尾地震は、6時38分50秒に発生した。 は、(現・)、北緯35度35分、東経136度20分付近。 1951 は付近(35. 6度、136. 4 に換算されているが、明治・大正期の地震については0. 5程度大きく見積もられているとされる。 また、震央距離と震度との関係など当時のデータから後に8. 0 とも推定される。 USGS でも8. 0としている。 が活動した典型的な内陸地殻内地震(いわゆる)であり、これは記録が残っている日本の内陸域で発生した地震としては観測史上最大である。 3日前の10月25日21時14分には下流域を震源とする、と思われる地震 M 6. 0 が発生している。 記録のある過去のでは、6月5日(17年4月27日)に美濃を中心として発生したが濃尾地震と類似した地震とする見方もある。 また1586年1月18日(13年11月29日)に発生したも、この地域を襲っており、より広大な範囲に被害をもたらしているが、震源域は不明な点が多い。 震源断層 [ ] 両白山地から濃尾平野北方にかけて位置するのうち、根尾谷断層帯、梅原断層帯、温見断層北西部が活動をした。 地表の変位は両端ほど垂直成分が多く中央部では水平成分が多くなり、根尾谷断層に沿って水平変位は最大で7. 6mを記録している。 根尾村水鳥(みどり)地区での根尾谷断層は上下差6m横ずれ量4mにも及び、写真技師 瀬古安太郎撮影の写真は、この地震の象徴として広く利用されている。 なお、この断層の写真撮影者には瀬古安太郎、、小川一真など複数の名前が挙げられている。 4 と推定されている。 北北西方向への延長線上には、1948年のを引き起こした福井地震断層が存在するほか、南南東方向への延長線上は1945年の方向と同一である。 時代では最大規模の地震であり、『新編日本被害地震総覧』によると、死者は7,273名、負傷者1,7175名、全壊家屋は14万2,177戸を数えた。 震央近くでは、揺れにより山の木が全て崩れ落ち、はげ山になったなどと伝えられる。 また岐阜市と周辺では火災が発生し被害を大きくした。 岐阜の壊滅を伝える新聞記者の第一報は、「ギフナクナル(岐阜、無くなる)」だったという。 濃尾地震の震度分布はにより求められ、名古屋など愛知県から岐阜県、福井県を貫く広い範囲で震度6相当となっている。 建築物では、伝統的な土蔵の被害は比較的軽かったがの城壁や、宿場町のからの建物の被害は言うまでもなく、欧米の技術で作られた近代建築でさえ、鉄橋の落下をはじめ、になっていなかったやのなどが破壊されたため、この地震によって耐震構造への関心が強まり、研究が進展する契機となった。 また、この地震後にが設置された。 人お雇い外国人で、写真家でもあるが、自らのカメラで被害状況を記録している。 なお震災の9年後に発表された『第一集東海道編』でも、岐阜の紹介ではと並んで濃尾地震が歌われている。 「 名高き金の鯱は 名古屋の城の光なり 地震のはなしまだ消えぬ 岐阜の鵜飼も見てゆかん 」 また唱歌『』(作詞)を以下の様に捩ったが震災直後の児童の間で流行した。 「 豆腐の始めは豆であり 尾張名古屋の大地震 松竹でんぐり返って大騒ぎ 後の始末は誰がする 」 各地の震度 [ ] 地震の観測は中央気象台(現・)、の他、やなどの委託観測所でも行われ、中央気象台に報告されていた。 当時のは「烈」(震度6相当)、「強」(4-5)、「弱」(2-3)、「微」(1)の4段階であったが、特に強い場合は「激烈」、基準より弱めの場合は「稍(やや)烈」などの表現が用いられていた。 震度 地方 観測所 激烈 ・ 強烈 北陸地方 東海地方 ・ 烈 ・ 北陸地方 ・・・・ 東海地方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・ 近畿地方 ・・・・・・・・・ 稍烈 東海地方 ・・ 中国地方 最モ強 北陸地方 敦賀支店(私設) 東海地方 強 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 北陸地方 ・新潟灯台・・・・・珠洲郡・・小松町・・・・・・・ 甲信地方 ・・・・・・・・・・・・・・・福島村 東海地方 ・・・・・・・・・富岡村・・・・・・・ 近畿地方 ・・・・・・・・・・・・・太秦村・・・醍醐村・淀町・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・浜田町・・・・・味野村・西軽部村・笠岡村・ ・・・・・ 稍強 関東地方 ・・・・・・ 北陸地方 東海地方 近畿地方 ・ 中国地方 帝釈村・・大竹村 四国地方 ・ 弱 東北地方 関東地方 ・・・・(私設)・・・・・・・・・・ 北陸地方 ・・・・・・・ 甲信地方 中野町 近畿地方 中国地方 二部村・・・・大森村・・・石井村・野谷村・・・高梁町・新見村・・・奴可郡八幡村・庄原村・・・宜山村・・広定村・・豊田郡久芳村・豊田郡・・吉浦村・・広島市三川町・観音村・佐伯郡・亀山村・・ 四国地方 ・・・・・・・・・・・ ・・柳河町・・ 極弱 関東地方 四国地方 微 東北地方 ・・・中村 関東地方 ・ 北陸地方 東海地方 ・ 中国地方 ・・・ 四国地方 九州地方 ・島原村・・・ 感触無 九州地方 前兆現象 [ ] 数日前から「動物の異常行動」や本震の数時間前から、「鳴動音」「地鳴り」があったことが報告されている。 また、宇佐美の報告によれば、前々日や前日に前震活動 があったことが報告されている。 報道 [ ] 避難所の様子 電信線が寸断されたこともあって、濃尾地震の全容はすぐには把握されなかった。 28日、大阪朝日新聞は号外を出し、彦根、四日市以東への電信が不通であること、工場が倒壊したことを報じる。 東京ではさらに把握が遅れ、東京日々新聞では、10月29日に金沢や横浜で大地震があったことを報道。 翌30日になってようやく「の再来」という認識で地震が報道され、以後情報が正確になっていった。 また、濃尾地震の情報は海外にも打電され、ロンドンの29日付のタイムズ紙でも報道された。 同紙は30日には横浜からのロイター電として、大阪、神戸の被害が大きいという推測記事を掲載。 日本を旅行中に大阪で濃尾地震に遭遇したメアリー・ジェーン・ビカーステスに、この報道を見た留守家族が、31日に日本へ安否確認の電報を打ち、彼女は11月1日に神戸でこの電報を受け取った。 ビカーステスはその後12月28日、英国帰国直前、フランスのカレー駅で待ち受けていた記者から、地震体験の取材を受けている。 学術的な意義 [ ] この地震によって、地質学者のは断層の地震との関係を確信し、を主張した。 地震学者の大森房吉は、この地震のを研究し、本震からの経過時間に伴う余震の回数の減少を表す を発表している。 地震から100年以上経てもなお、余震が続いている。 この地震は、内陸型地震としては特別に大きな規模の地震ではなく、同程度(長さ50km程度)の規模の断層は日本各地に見られる。 地震防災 [ ]• 地震を予知することは出来なくても予防は可能であるとの観点から、翌年の1892年に発足した震災予防調査会により、地震や防災に関する幅広い研究が進められ「地震予知」「建物の耐震性向上」「過去の地震史の編纂」などが行われた。 この震災予防調査会の活動は、1923年のを経てに引き継がれた。 岐阜県は濃尾地震が発生した10月28日を「岐阜県地震防災の日」として指定し、地震防災の啓発などを行っている。 また、毎月28日を「岐阜県防災点検の日」として、県民に災害への備えを呼びかけている。 脚注 [ ]• 河角廣 1951 、「」『東京大學地震研究所彙報』 第29冊 第3号, 1951. 5, pp. 469-482, :• 宇佐美龍夫、茅野一郎、「」『東京大学地震研究所彙報』 第48冊第5号、1970年, :• 村松郁栄、「」『地震 第2輯』 1962年 15巻 4号 p. 341-342,:• 宇津徳治、嶋悦三、吉井敏尅、山科健一郎 『地震の事典』 朝倉書店• 大森房吉 1913 、「」『震災豫防調査會報告』 68 乙 , 93-109, 1913-03-31, , :• 、守屋以智雄、松田時彦 『地震と火山の国』 岩波書店、1987年• 岐阜大学教育学部地学科• 歴史地震研究会 『歴史地震』 第21号• Mikumo, T. and M. Ando 1976 A search into the faulting mechanism of the 1891 great Nobi earthquake, J. Phys. Earth, 24, 63-87. 名古屋大学 地震工学・防災グループ ,• 金折裕司、川上紳一、矢入憲二、「」『活断層研究』 1991年 1991巻 9号 p. 26-40, :• 宮腰淳一,佐藤俊明1,福和伸夫 2003 、「」『地域安全学会論文集』 2003年 5巻 p. 77-86, :• 「」『地震 第2輯』 1989年 42巻 4号 p. 451-466, :• 「」『地震 第1輯』 1943年 15巻 12号 p. 336-341, :• 『世界一周の誕生 グローバリズムの起源』 園田英弘• 0とした場合に、最もよく適合する。 松田時彦、「」『東京大学地震研究所彙報』 第65冊第1号、1990年6月30日、p. 289-319, :• 毎月28日は「岐阜県防災点検の日」 関連項目 [ ]• 松若大五郎 後の大坂相撲横綱。 地震発生中に兄弟子のに救出されるが楯甲自身は死亡し、これをきっかけに楯甲の四股名を継承。 - 救援隊を派遣して現地に救療所を作った。 - 岐阜市にある震災犠牲者の慰霊施設。 外部リンク [ ]• 松田時彦, 「」 『地震研究所研究速報』 第13号、1974年3月、pp. 85-126, :• 中央防災会議• [ ]• 地震調査研究推進本部• 名古屋大学大学院環境学研究科附属 地震火山・防災研究センター• 岐阜大学教育学部地学科• :1891年(明治24年), M8. :1892年(明治25年), M6. :1893年(明治26年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1894年(明治27年), M7. :1895年(明治28年), M7. :1896年(明治29年), M7. :1896年(明治29年), M8. :1896年(明治29年), M7. :1897年(明治30年), M7. :1897年(明治30年), M7. :1898年(明治31年), M7. :1898年(明治31年), M7. :1899年(明治32年), M7. :1899年(明治32年), M7. :1921年(大正10年), M7. :1922年(大正11年), M6. :1922年(大正11年), M6. :1923年(大正12年), M7. 九州地方南東沖 :1923年(大正12年), M7. :1923年(大正12年), M7. :1924年(大正13年), M7. :1924年(大正13年), M7. 網走沖 :1924年(大正13年), M7. :1925年(大正14年), M6. :1926年(大正15年), M7. :1926年(大正15年), M7. :1927年(昭和2年), M7. :1928年(昭和3年), M7. 0 1930年(昭和5年) - 1939年(昭和14年)• :1930年(昭和5年), M6. :1930年(昭和5年), M7. :1931年(昭和6年), M7. :1931年(昭和6年), M7. :1931年(昭和6年), M6. :1931年(昭和6年), M7. 日本海北部 :1932年(昭和7年), M7. :1933年(昭和8年), M8. :1933年(昭和8年), M7. :1933年(昭和8年), M6. :1934年(昭和9年), M7. :1935年(昭和10年), M6. :1935年(昭和10年), M7. :1936年(昭和11年), M6. :1936年(昭和11年), M7. :1936年(昭和11年), M6. :1937年(昭和12年), M7. :1938年(昭和13年), M7. :1938年(昭和13年), M6. :1938年(昭和13年), M7. :1938年(昭和13年), M7. :1939年(昭和14年), M6. :1939年(昭和14年), M6. 8 1940年(昭和15年) - 1949年(昭和24年)• :1940年(昭和15年), M7. :1941年(昭和16年), M6. :1941年(昭和16年), M7. :1943年(昭和18年), M7. :1943年(昭和18年), M7. :1943年(昭和18年), M5. :1944年(昭和19年), M7. :1945年(昭和20年), M6. :1945年(昭和20年), M7. :1946年(昭和21年), M8. :1947年(昭和22年), M7. :1948年(昭和23年), M7. :1948年(昭和23年), M6. :1948年(昭和23年), M7. :1949年(昭和24年), M6. :1949年(昭和24年), M6. :1960年(昭和35年), M7. :1961年(昭和36年), M5. :1961年(昭和36年), M7. :1961年(昭和36年), M7. :1961年(昭和36年), M7. :1962年(昭和37年), M7. :1962年(昭和37年), M6. :1963年(昭和38年), M8. :1964年(昭和39年), M7. :1965年(昭和40年), M6. :1966年(昭和41年), M7. :1968年(昭和43年), M6. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1968年(昭和43年), M7. :1969年(昭和44年), M7. :1969年(昭和44年), M6. 6 1970年(昭和45年) - 1979年(昭和54年)• :1970年(昭和45年), M7. :1971年(昭和46年), M5. :1971年(昭和46年), M7. :1972年(昭和47年), M7. :1973年(昭和48年), M7. :1974年(昭和49年), M6. :1974年(昭和49年), M7. :1975年(昭和50年), M6. :1975年(昭和50年), M7. 日本海西部 :1975年(昭和50年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. :1978年(昭和53年), M7. 4 1980年(昭和55年) - 1989年(平成元年)• :1980年(昭和55年), M6. :1981年(昭和56年), M7. :1982年(昭和57年), M7. :1982年(昭和57年), M7. :1983年(昭和58年), M7. :1983年(昭和58年), M6. 三重県南東沖 :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M7. :1984年(昭和59年), M6. :1987年(昭和62年), M6. 日本海北部 :1987年(昭和62年), M7. :1987年(昭和62年), M6. :1989年(平成元年), M7. 1 1990年(平成2年) - 1999年(平成11年)• :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M6. :2000年(平成12年), M7. :2000年(平成12年), M7. :2001年(平成13年), M6. :2001年(平成13年), M7. :2002年(平成14年), M7. :2003年(平成15年), M7. :2003年(平成15年), M6. :2003年(平成15年), M8. :2004年(平成16年), M7. :2004年(平成16年), M6. :2004年(平成16年), M7. :2004年(平成16年), M6. :2005年(平成17年), M7. :2005年(平成17年), M7. :2005年(平成17年), M7. :2007年(平成19年), M6. :2007年(平成19年), M6. :2008年(平成20年), M7. :2008年(平成20年), M7. :2008年(平成20年), M6. :2008年(平成20年), M7. :2009年(平成21年), M6. 5 2010年(平成22年) - 2019年(令和元年)• :2010年(平成22年), M7. :2010年(平成22年), M7. :2010年(平成22年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), 9. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M6. :2011年(平成23年), M5. :2011年(平成23年), M7. :2011年(平成23年), M7. :2012年(平成24年), M7. :2012年(平成24年), M6. :2012年(平成24年), M7. :2013年(平成25年), M6. :2013年(平成25年), M6. :2013年(平成25年), M7. :2014年(平成26年), M7. :2014年(平成26年), M6. :2015年(平成27年), M8. 薩摩半島西方沖 :2015年(平成27年), M7. :2016年(平成28年), M6. :2016年(平成28年), M6. :2016年(平成28年), M7. :2016年(平成28年), M6. :2018年(平成30年), M6. :2018年(平成30年), M6. :2019年(令和元年), M6.

次の