つくば 外科。 岡野整形外科内科クリニック|茨城県つくば市|椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・膝十字靭帯損傷・巻き爪

岡野整形外科内科クリニック|茨城県つくば市|椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・膝十字靭帯損傷・巻き爪

つくば 外科

[火]坪井医師:セカンドオピニオン・免疫療法 [火]榎本医師:午前10時50分から診察開始 [水]土田医師:午前9時30分から診察開始 [木]山本医師:セカンドオピニオン・脳腫瘍 [土]阿久津医師:第4週診察 脳神経外科 常勤医師 榎本 貴夫 (えのもと たかお) つくばセントラル病院 副院長 出身校 千葉大学医学部 専門分野 脳神経外科学一般、脳波を中心とする神経生理学、医学英語教育学、小児神経学 学位・認定 医学博士、日本脳神経外科専門医 診療信条 構えずに世間話をでもする感覚できてください。 趣味 芸術一般、油彩絵画 私は千葉大学を卒業してすぐ当時まだ未開発であった脳神経外科を専攻しました。 またCTもMRIもない時代でした。 機械に頼らない医療を実践していたのです。 鳥取大学で小児神経学、ロンドンで小児脳神経外科学を学び筑波大学で臨床・研究を行いました。 現在は当病院で地域の皆様へ医療を提供することに専念しております。 現在診ている主な疾患は頭痛、運動機能障害など神経疾患一般、てんかん(頭痛、腹痛など症状は極めて多彩です)、認知症、睡眠時無呼吸症候群、外国人(英会話可能な)患者などを主に診ております。 どうぞお気軽にご利用ください。 坪井 康次 (つぼい こうじ) 腫瘍センター長 専門 脳神経外科一般、腫瘍治療学、放射線生物学、がん免疫学 得意分野 放射線およびガンワクチンによる悪性腫瘍の治療 担当日 火曜・金曜午前 趣味 水泳、ワイン 私は筑波大学で脳外科を修練する傍ら大阪で救急医療、米国のロスアラモスで放射線生物学を修めました。 今は陽子線(放射線)を使ったガン治療を筑波大学で、ガンワクチンを使用した悪性腫瘍の治療をセントラルで行っております、脳:神経に関する相談事はもとより全身のガン治療の治療、セカンドオピニオンなどでもお気軽に受診していただければ幸いです。 土田 幸広 (つちだ ゆきひろ) 出身大学 筑波大学 学位・認定 医学博士 脳神経外科専門医 がん治療認定医 がん治療暫定教育医 日本医師会認定産業医 診療信条 患者さん、患者さんのご家族の立場に立った診療を心掛けています。 青木 司 (あおき つかさ) 脳神経外科 非常勤医師 山本 哲哉 (やまもと てつや) 現職 横浜市立大学脳神経外科教授 専門 脳神経外科一般 得意分野 脳腫瘍の治療、頭部・顔面の痛みけいれんなど 担当日 木曜日午前 趣味 アイスホッケー、音楽鑑賞など 脳・神経に関するお困りごと、気になること、脳腫瘍に関する相談(セカンドオピニオンをも含め)などお気軽にご来院受診していただければ幸いです。 松丸 祐司 (まつまる ゆうじ) 現職 筑波大学脳卒中センター教授 専門 脳血管障害、脳神経外科一般 得意分野 カテーテルを使用した血管内治療(神経系) 担当日 金曜日午前 趣味 野外活動、登山、写真 私は脳卒中、特にくも膜下出血(脳動脈瘤)、脳梗塞の予防的治療、発症後治療でメスを使わず、切ることなく治療することを一生の仕事としています。 相談事をも含め是非お気軽に足を運んでください。 後藤 正幸 (ごとう まさゆき) 出身大学 山形大学 学位・認定 日本脳神経外科学会専門医 日本脳神経血管内治療学会専門医 筑波大学大学院で、脳虚血再生医療の研究を行っています。 地域の患者さんのお役に立てるよう、尽力します。

次の

脳神経外科|診療科案内|セントラル総合クリニック 茨城県牛久市

つくば 外科

診療案内• 脳・脊髄脊椎・末梢神経の外科的治療を要する疾患を、成人・小児を含めて広く対象としています。 特に「脳神経外科から手術のなくなる日」を目指し、治療の選択を広げ、その中から最も有効かつ侵襲の少ない治療法を選択しています。 うち手術件数は年間約450件で、原発性脳腫瘍の直達手術が半数を占めます。 その他に血管内手術等は約60例行っています。 脳腫瘍のうち神経膠腫は、外科療法に加えて放射線療法・化学療法・免疫療法など一連の治療計画に沿って治療を行っています。 補助療法も年々改良を加え、悪性神経膠腫の長期生存例もみられるようになりました。 髄膜腫・下垂体腺腫・聴神経腫瘍の手術法は確立され、神経内視鏡を用いた手術により良好な成績を上げています。 眼窩内及び副鼻腔内などの頭蓋底腫瘍に対しても、眼科・耳鼻咽喉科・形成外科などと連携して治療を行っています。 特に陽子線医学利用研究センターにおける陽子線治療や、腫瘍細胞傷害性リンパ球移入療法・ワクチン療法など最先端治療の発展を目指しています。 脳血管障害は、脳動脈瘤・脳動静脈奇形に対して、手術療法のみならず、血管内治療も盛んに行っています。 虚血性脳血管障害に対してもカテーテルを用いた血管形成術、ステント留置術などを行っており、良好な成績を上げています。 難治性の大型AVMに対しては、陽子線治療に基づいた集学的治療を計画し、全国の病院から御紹介をいただいています。 また顔面痙攣、三叉神経痛などに対する手術治療も行っています。 パーキンソン病、不随意運動、ジストニア、難治性疼痛、痙縮、てんかんに対する機能外科治療も神経内科やリハビリテーション科と連携して行っています。

次の

茨城県つくば市・牛久市で胃カメラ・大腸カメラなら筑波胃腸病院まで

つくば 外科

つくばフジクリニックは皮膚科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を専門とするクリニックです。 アトピー性皮膚炎、水虫、イボなど一般的な皮膚の病気、脂肪種や粉瘤の日帰り手術といった保険診療から、ボトックス、ヒアルロン酸注入などプチ整形、サーマクール、フォトRF、CO2フラクショナルレーザーなど最新の美容機器を用いた美容診療まで幅広く対応いたします。 また アンチエイジング、リバースエイジングを目標に、診療科目の枠にとらわれず最新の治療を提供したいと考えております。 プライベートを重視し、十分な相談時間をとらせていただくため、完全予約制としております。 予約電話をかけるのはご面倒かもしれませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 一般診療から美容外科まで、ご遠慮なくご相談ください。 つくばフジクリニック 院長 藤本 美津夫 つくばフジクリニックをご利用いただきありがとうございます。 週末の都内の動向からは、すでに感染集団(クラスター)を追跡して封じ込めることができなくなり新たな段階に入ったと考えられます。 感染者数とされているものは感染が確定したものであり、はるかに多くの無症状の感染者が交流することで、感染が拡大している状況です。 感染者数が増えれば重症者が増え、集中治療を行う医療機関、スタッフに大きな負荷がかかり機能停止に至ります。 これ以上の感染拡大を防ぐため、本日にも緊急事態宣言が発令されることが予想されます。 本日6日は通常通り開院し、ご予約の患者様の診療には可能な限りの対応をいたしますが、緊急事態宣言による自粛要請が発せられた場合は、院長の判断により治療の制限、延期をお願いすることをご了承ください。 つくばフジクリニックをご利用いただきありがとうございます。 武漢肺炎に関連する情報が目まぐるしく変化する中、試行錯誤で診療の継続方法を模索しております。 美容上の悩みは人生を左右する大きな問題である一方、即座に生命の危機に直結するものではないため、不要不急の診療とみなされるかも知れません。 どこまでご希望にお応えして診療をおこなうか、判断に迷うところです。 本日は飛沫感染防止のためスタッフは帽子、保護メガネを着用、2時間毎換気、洗面、トイレはご使用ごとにアルコール清拭して対応させていただきました。 物々しい対応に戸惑われたかもしれませんが、当院では約60人が入居する老人施設の診療管理を担当しているため、先手を打って厳重な対応をとりました。 スタッフが感染すると、当院がクラスター(感染集団)となって市内へ感染を拡大させてしまうことになります。 このリスクを軽減するため、当面の間は患者さん自身がマスクを着用できない状況での下記美容施術を一時休止させていただきます。 1.顔面のレーザー脱毛 2.フォトRF施術 3.水光注射 4.二重瞼、黄色腫・ほくろ切除など不要不急の顔面手術 5.その他飛沫感染リスクが高いと判断される施術 治療の再開につきましては、本ホームぺージで適宜情報提供させていただきます。 みなさまのご協力をお願いいたします。 つくばフジクリニックをご利用いただきありがとうございます。 世界的に武漢肺炎が拡がる中、都内でもウイルス感染確定者数が徐々に増加しております。 エクスプレス で都内と直結するつくば市内でも今後は感染が拡大する可能性は低くありません。 武漢肺炎ウイルス感染者の多くは無症状あるいは軽い風邪症状で回復すると考えられますが、一部は重症化し、中には一時的な人工呼吸器管理が必要となる場合があります。 つくば地域でも人工呼吸器管理が可能な施設や機器の台数には限りがあり、短期に多くの重症者が発生することだけはさけなければなりません。 当院スタッフは定期的に検温を行い、可能な限り終日マスク着用、手洗い、手指消毒の徹底、都内などへの外出を避けて、クリニックでの院内感染を防ぐ努力をしております。 ご来院のみなさまにも、ご面倒とは思いますが、来院前の体調チェック、マスクの着用をよろしくお願いいたします。 都内に緊急事態宣言が出ても、直ちにつくば市内が都市封鎖されるわけではないと思われますが、1-2週間のタイムラグを経て市内での感染が拡大し外出の制限が要請されることも予想されます。 他国の情勢を見れば、都市封鎖下でも医療機関や食料品関連の店舗が完全閉鎖されるわけではなく、通常の診療は継続されるでしょう。 しかし緊急性のない診療に関しては外出制限要請期間(約21日)が終了してからとすることが望ましいと考えます。 当院の診療も支障がない限り継続していきますが、来院がご心配な方は遠慮なく予約の変更をお申しつけください。 予約のキャンセル、延期につきましてはキャンセル料は発生いたしません。 あけましておめでとうございます。 本日6日より通常の診療体制に復帰いたしました。 今年もよろしくお願いいたします。 早速お詫びしなければならないのですが、当院脱毛サイト、男性サイトのメールサーバーが不正アクセスを受け、昨年12月27日以降2万件弱のスパムメールが受信されたため、サーバーが自動的に停止する状態となりました。 スパム攻撃が収束した時期をみてメールをダウンロードして確認いたしましたが、多くのメールが文字化けして判読できない状態にあります。 現在業者の方と解決に向けて努力しておりますが、メール対応が著しく遅れることになります。 問題を解決すべく対応策を検討しておりますが、それまでの間、お急ぎの方は申し訳ありませんが、お電話にてご連絡いただけるようよろしくお願い申し上げます。 新年早々、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

次の